久保ミツロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
久保ミツロウ
(旧:久保美津子)
本名 久保美津子[1]
生誕 1975年9月19日(39歳)
日本の旗 長崎県佐世保市[2]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1999年[3] -
ジャンル 少女漫画(旧筆名時)
少年漫画
青年漫画
代表作 3.3.7ビョーシ!!
トッキュー!!
モテキ
アゲイン!!
受賞 1993年 『なかよし』まんがスクール期待賞
1994年 『なかよし』まんがスクールギャグ部門銀賞
テンプレートを表示

久保 ミツロウ(くぼ ミツロウ、本名:久保美津子[1]1975年9月19日 - )は、日本漫画家長崎県佐世保市[2]出身。女性。血液型はA型[2]

経歴[編集]

小学生の時、兄が購入していた雑誌『New Type』でアニメや漫画の情報を仕入れたり、『週刊少年ジャンプ』『りぼん』『なかよし』『花とゆめ』など月40冊くらいの漫画雑誌を読んだりしていた[3]。特に好きだった漫画は室山まゆみの『あさりちゃん』や新沢基栄の『ハイスクール!奇面組[3]。小学1年生の時に「将来、漫画家になりたい」と思う様になり、4年生の時にはペン描きや他愛のないストーリーを作っては描いていたという[3]

高校生の時に地元の小さな同人誌即売会があり、そこでオリジナル作品を出品していた[3]。3年生の時に『なかよし』の漫画賞に投稿し、シルバー賞を受賞[3]。卒業後、アルバイトをしながら漫画家を目指していた時に福岡県で行われた『なかよし』の漫画スクールに参加、そこに来ていた編集者に久保の投稿作品がある漫画家に賞賛されたことを伝えられ、その1ヶ月後に漫画家の田中政志から直接電話がかかり、田中の誘いで上京[3]。田中が原作、久保が作画を担当する漫画を描く事になったが、『少女フレンド』『mimi』に持ち込んだもののボツになり[3]、力不足を感じた久保は編集者に頼み吉田まゆみアシスタントをすることになった[3]

1996年、アシスタント1年目に『mimi』から3話限定作の依頼を受けて描いた『しあわせ5はん』でデビュー[4][3]。当時のペンネームは本名[1]の「久保美津子」[5]。しかし同誌が直後に廃刊になり、その後『Kiss』に移ったものの、恋愛もののネームが上手くいかず苦悩していた[3]。そんな中、『mimi』の元編集者から『週刊少年マガジン』でホストを題材にした漫画の執筆を依頼され、「久保ミツロウ」名義で『3.3.7ビョーシ!!』を連載、少年誌デビューとなる[3]。以降は「久保ミツロウ」のペンネームで作品を発表し続け、いずれの連載も長期連載のヒット作としている。

2008年からイブニングにて連載していた『モテキ』が、2010年にテレビドラマ化。好評を得て2011年には映画化された。

近年では漫画の仕事を変わらず続けながらも、トークイベント・ラジオ・テレビ出演といった漫画以外の仕事も時には行なっている。

人物[編集]

  • 『週刊少年マガジン』で連載されている西本英雄のルポ漫画『もう、しませんから。』に何度か登場しているが、顔出しNGで、自画像は本人の希望で常にヒゲもじゃに描かれている。しかし、2012年5月18日には「生のタモリに逢えるのなら」と今まで断り続けていたテレビ出演のオファーを受け、同年5月21日放送の『笑っていいとも!』へ顔出しでのテレビ初出演を果たした[6]
  • かなりの遅筆で、山本航暉の『ゴッドハンド輝』と、自身の『トッキュー!!』のコラボレーション企画を行った時、山本の筆の速さに驚いたという。
  • 作品には、自分の出身地である九州の方言を話すキャラクターを登場させている。
  • Perfumeの大ファンであり、彼女らが『ポリリズム』でブレイクする遥か前の握手会に参加している。『モテキ』ドラマ化の際にはPerfumeの曲起用を要望し、映画化においてはPerfumeが出演するに至った。完成試写会では握手会以来の握手を交わし涙した事を漫画コラムに記している。
  • かつて入居していたマンションは過去に伊集院光が住んでいたものであり、本人が忘れ物を取りに来たことがある[7]

トークの仕事[編集]

  • 2011年10月からは能町みね子とのトークライブ『男子禁制!!俺たちデトックス女子会』を不定期で行なっている。
  • ラジオパーソナリティを一般人からも公募していたオールナイトニッポン0 (ZERO)のオーディション(応募総数1609組[8])を能町みね子とのコンビで勝ち抜き、2012年4月3日から『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン0(ZERO)』が開始した。翌年、番組は時間帯を変えて『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン』となり、2014年3月25日まで放送された。
  • 2012年12月からヒャダインとのトーク番組『久保ヒャダこじらせナイト』が放送開始。数か月おきに3回放送された後、能町みね子を加えた『久保みねヒャダこじらせナイト』として週一回レギュラー放送されている。
  • 2014年4月15日からは『俺たちデトックス女子会Podcast』を不定期に配信している。iTunesPodcastランキングでは登録初日に1位だった。

笑っていいとも!との関係[編集]

久保は『笑っていいとも!』に7度出演している。

  • 2012年5月21日に香取慎吾が司会を務めるコーナー『お昼にいいの!?ちょっと怪しい課外授業』に講師として出演。
  • 2012年7月30日に『テレホンショッキング』のゲストとして出演。
  • 2013年5月13日に『テレホンショッキング』のゲストとして能町みね子とともに出演。
  • 2014年3月3日に『お昼にいいの!?ちょっと怪しい課外授業復活スペシャル』に講師として出演。
  • 2014年3月10日に『しんご×ミツロウの妄想マンガ描いていいとも!』に出演。
  • 2014年3月17日に『私も知ってるタモゆる名言』に能町みね子とともに出演。『しんご×ミツロウの妄想マンガ描いていいとも!』は時間の都合で無くなったが、慌ただしくも久保のマンガは番組エンディングで披露された。
  • 2014年3月24日に『三村リベンジアンケートだんだん減らしまSHOWファイナル』および『しんご×ミツロウの妄想マンガ描いていいとも!』に出演。

また、『笑っていいとも!』をベースにしたFNS27時間テレビのためのタモリイラストおよび『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』のためのタモリイラストを担当した。

作品リスト[編集]

連載[編集]

  • しあわせ5はん(原作:美春羽里) - 『mimi』(1996年11月号 - 1997年1月号、『久保ミツロウ 初期作品集 しあわせ5はん/くらげ』に収録)- デビュー作
  • やすらぎタレント安藤君物語 くらげ(原作:森浩美) - 『Kiss』(1997年No.14 - 1998年No.1 1998年No.13、『久保ミツロウ 初期作品集 しあわせ5はん/くらげ』に収録)
  • 3.3.7ビョーシ!! - 『週刊少年マガジン』(2001年34号 - 2003年28号、全10巻、文庫版全5巻)
  • トッキュー!!(原作:小森陽一) - 『週刊少年マガジン』(2004年6号 - 2008年33号、全20巻、文庫版全7巻)
  • モテキ - 『イブニング』(2008年23号 - 2010年9号、全4巻+別冊1巻(4.5巻))
  • アゲイン!! - 『週刊少年マガジン』(2011年19号 - 2014年19号、全12巻)

読切[編集]

  • 幸子の夢はいつひらく?(Kiss)
  • リンダリンダ(週刊ヤングマガジン、2003年35号、『モテキ』1巻に収録)
  • モテキ ガールズサイド(イブニング、2010年15号・16号、『モテキ』4.5巻に収録)

レギュラー出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

漫画以外の連載[編集]

アシスタント経験者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 本人のTwitterでの発言より
  2. ^ a b c “著者紹介”. イブニングCK (講談社). http://kc.kodansha.co.jp/author/list.php/1000004546 2010年9月21日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l “久保ミツロウ先生インタビュー/2008年4月号”. 日本漫画学院. (2008年). http://www.manga-g.co.jp/interview/2008/int08-04.html 2010年9月21日閲覧。 
  4. ^ 『mimi』(講談社)1996年11月号 原作:美春羽里
  5. ^ イブニングの紹介より
  6. ^ 久保ミツロウが「笑っていいとも!」の1コーナーに出演 - マイナビニュース2012年5月22日閲覧
  7. ^ TBSラジオ『伊集院光 深夜の馬鹿力』2002年1月21日深夜放送分、同年1月28日深夜放送分。概要としては、番組リスナーだった久保が新居のクローゼットから「伊集院光の忘れ物」とメモのついた金具を発見し、そのことを「ここに住んでいましたか?」と番組へFAXを送ったために発覚した(1月21日)。伊集院が翌週(1月28日)に詳細を語った際、久保の名前は直接は明らかにされていないが、「『マガジン』で『3.3.7ビョーシ』を連載している漫画家さん」と紹介されている。また、伊集院が部屋へ訪問した際、久保は性別を明らかにしていなかったため、ラジオでは性別を言わないよう釘を差した。しかしその後、久保自身がマスメディアに露出し女性であるということも明らかにするようになったため、伊集院は自分に何の断りもないことをぼやいていた。
  8. ^ 久保ミツロウ×能町みね子、オールナイトニッポン新番組担当 - コミックナタリー2012年3月21日閲覧
  9. ^ “米林昇輝”. 漫画レビュー.com. http://www.manngareview.com/authers/show/952 2010年9月21日閲覧。 
  10. ^ “棚橋なもしろのプロフィール”. マンガ家・雑誌 (コミックナタリー). http://natalie.mu/comic/artist/2230 2010年9月21日閲覧。 
  11. ^ “卒業生が「マガジンスペシャル(講談社)」で堂々デビュー!”. SDG News (札幌デザイナー学院). (2007年1月20日). http://www.sdg.ac.jp/news/entry/20070120m.html 2010年9月21日閲覧。 
  12. ^ 2011年11月10日の久保の発言より
  13. ^ 2011年11月18日の野田の発言より
  14. ^ 2013年2月19日放送『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン0(ZERO)』より

外部リンク[編集]