能町みね子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

能町 みね子(のうまち みねこ、自称2003年[1] - )は、日本エッセイストライターイラストレーター漫画家北海道生まれ、茨城県育ち、東京都在住。

来歴[編集]

出身地は上記のとおりだが、能町自身による自称によれば、2003年2月にお菓子王国[2]で誕生。誕生より間も無く、お菓子王国史編纂係見習いとして日本で修業開始。修業内容は物書きとして生計を立てること[3]。女性になろうと決めた時が能町みね子としての誕生日であるという考えから、誕生年は2003年で現在11歳だと公言している[4]

2005年より、ブログ「オカマだけどOLやってます。」を開始し、身体上・戸籍上の性が男性であった(性同一性障害の診断書を得ている)ことを隠して女性としての社会生活を送る様子を描いて注目される。当ブログが人気を得て「ブログの女王」などのメディアでも紹介され、それを元とした同タイトルの書籍を2006年に発売。その後性別適合手術を経て戸籍においても女性となり、2007年、当初の目的を果たしたとして、ブログ「オカマじゃなくなりました。」の更新を終えた。

書籍発売と同時期より、ブックマン社ウェブサイトでエッセイ「くすぶれ!モテない系」を連載。それを機にイラストレーター兼エッセイストとして、「モテ」とは一線を画した独自の視点で多くの雑誌連載やウェブ連載、挿絵などを手掛ける。大の相撲ファンであり、ラジオ番組でも相撲コーナーを作っている。

「能町みね子」の名は、父方と母方の祖母の名前を組み合わせたもの。

物書き以外の仕事について[編集]

トークライブやラジオ・テレビ番組への出演も仕事として行なっている。特に久保ミツロウとのトークライブ「男子禁制‼︎俺たちデトックス女子会」は2011年10月より不定期ながら継続して開催されている。

また、ラジオパーソナリティを一般からも公募していたオールナイトニッポン0 (ZERO)のオーディション(応募総数1609組[5])を久保ミツロウとのコンビで勝ち抜き、2012年4月3日から『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン0(ZERO)』の放送が開始された。翌年には時間帯を変えて『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン』となり、2014年3月25日まで放送された。2014年4月15日からは「俺たちデトックス女子会Podcast」をスポンサーなしで不定期に配信していて、iTunesPodcastランキングでは登録初日に1位であった。

テレビ番組は久保ミツロウヒャダインとともにメインキャストを務める『久保みねヒャダこじらせナイト』が2013年10月より週1回レギュラー放送されている。

以上の他にも、大相撲関連のイベントなどに時おり出演している。

体質[編集]

主にクッキーを好んで食べる。能町自身によれば、頭髪は全体が生まれつきの金色だが、プリンが食べたくなった時だけ、根元が黒くなると語っている[6]。それ以外の色の時は薬品で染めている。

仕事[編集]

下記には続行中の仕事と書籍のみを記載。過去の仕事については能町みね子とは-はてなキーワードにおいて詳しい記述がある。

連載中[編集]

放送中[編集]

書籍[編集]

単著[編集]

共著[編集]

イラスト担当[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 戸籍上は1979年3月生まれ(『逃北〜つかれたときは北へ逃げます』p.86)。
  2. ^ 人間界ではない世界に存在する国。
  3. ^ このあたりの事情は2014年3月20日のTwitterにて詳しい。
  4. ^ 久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン2014年3月5日放送分より。また、2014年3月20日のTwitterにも記述あり。
  5. ^ 久保ミツロウ×能町みね子、オールナイトニッポン新番組担当 - コミックナタリー2012年3月21日閲覧
  6. ^ 2014年3月20日のTwitterでの発言より。
  7. ^ 能町みね子 超大河伝奇ロマン!!! 中野の森BAND
  8. ^ 牛込の加寿子荘
  9. ^ cakes
  10. ^ サンデー小町
  11. ^ 能町みね子の勝手に東京カワイイ印
  12. ^ 東京トレンドランキングWeb

外部リンク[編集]