アシスタント (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アシスタントは、主に日本の漫画において漫画家助手として原稿作成の補助を行う職種である。

概要[編集]

編集者や漫画家と日常的に接するため、自作品へのアドバイスが受けやすく、漫画家予備軍が、漫画家としてデビューするための修行の場と考えられていた。多くの漫画家がアシスタントの経験があり、仕事に比較的余裕のある漫画家同士がお互い忙しい時に手伝う場合も多い。しかし、最初から漫画家を目指していない専業アシスタント(プロアシスタント)も存在する。

アシスタント経験者がデビューした場合、一般にアシスタント先の漫画家との間には師弟関係が成り立つものとされる。

仕事[編集]

作画の補助を行うのが一般的であり、背景や群衆の描写・ベタ塗り・スクリーントーン貼り・枠線引き・消しゴムかけなど、工程別に分業されていることが多い。

一般的には経歴や技量によって任される仕事のレベルは変わる。初心者は消しゴムかけやベタ塗りなど一般人でも出来るような作業が多い。ある程度の画力があれば簡単な背景やモブ(群衆)の描写を任され、ベテランになると大きな背景や主要人物のペン入れを任されることもある。

また、作業環境のマネジメントを担当するチーフ・アシスタントという存在もある。大抵はその現場に一番長く勤めていて、職場の雰囲気や漫画家の作画スピードなどをよく理解している人物である事が多い。

中にはストーリー作りやキャラクターデザインに関与したり、スタジオの経営や漫画家のブレーン的な役割をするアシスタントも存在している。

逆に食事担当の「メシスタント」という冗談のような役割や、何らかの都合で作画ができない時には作画レベルが高くないアシスタントに部屋の掃除洗濯、画材や食品の買い出しなど、漫画とはあまり縁のない作業をさせることもある。

二次作品の執筆[編集]

アシスタントが原作の二次作品を執筆する場合もある。『名探偵コナン』の特別編(学年誌掲載分)や、『ケロロ軍曹』の4コマ漫画ケロロランド掲載)の一部がこれに該当する。

また、『ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』執筆中の藤子・F・不二雄の死去を受けてアシスタント(むぎわらしんたろう)が後を引き継いで完結させた例がある。

収入[編集]

漫画家としてデビューするまでの下積み等、一時的な修行の場と見なされていたためか、一般に高給とは言いがたく、一部を除き福利厚生もないに等しい。雑誌のアシスタント求人欄では給料が公開されることもない。ただし、腕の立つ専業アシスタントには、高度な作画技術を武器にアシスタント先を掛け持ちし、相応の報酬を得ている者もいる。また、プロダクションの切り盛りや漫画家のブレーンの役割を担う管理職的なアシスタント(=チーフアシスタント)ともなると、専属契約と引き換えにかなりの報酬を受け取っている場合もある。

アシスタントの給与原資は雑誌掲載時に漫画家に支払われる原稿料のみであり、一部のチーフアシスタントを除き、単行本による印税アニメ化映画化・関連グッズによる収入は還元されないのが一般的である。

アシスタントになる方法[編集]

最も手っ取り早いのが、漫画雑誌などに掲載されるアシスタント募集に応募するという方法である。また編集者が漫画賞への投稿者を修行のために漫画家に斡旋したり、デビュー前の漫画仲間がアシスタントになったり、漫画家同士で作画を手伝うケースも一般的である。

中には売れなくなった元漫画家がアシスタントとなることもある。1960年代に週刊漫画雑誌が興隆すると、漫画家たちは短時間に作品を仕上げる必要が生じたため、多くのアシスタントを雇うようになったが、その中には貸本漫画の衰退によって仕事を失った元貸本漫画家が多くいた。

勤務形態[編集]

原稿の進行状況に合わせて漫画家の仕事場(自宅が多い)に通勤し、仕事量は漫画家の作業状況により左右されるため、出勤してもずっと待機時間などという場合もある。しかし締め切り厳守という業界の鉄則があるため、作業が集中して数日間泊り込みで不眠不休で作業しなけらばならないケース(俗に修羅場という)も多く、勤務状況は概して過酷である。

非常勤、または仕上げなどの追い込みの日のときだけ手伝いに来るアシスタント(ヘルパー)も存在する。

アシスタント探し[編集]

かつては漫画家や編集者がつてを頼って探すのが一般的であったが、インターネットの普及によりアシスタント探しもネット上で行われるようになってきた。

特にJ.A.C.(Japan Assistants Club)の利用率が高い。他には赤松健が立ち上げたマッチングサイト「GANMO(がんも)」などがある。

アメリカンコミック[編集]

アメリカンコミックでは人物や背景の専門にとどまらず、下絵を専門にするペンシラー、ペン入れを担当するインカー、彩色を行うカラーリスト、文字を担当するレタラーなど、各専門家による高度な分業体制が取り入れられており、日本の漫画のようなアシスタントは一般的ではない。スタッフの権利は対等であるため巻末には名前と役割が明記され、印税なども契約に従って分配される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]