新沢基栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新沢 基栄
本名 新沢 基栄
生誕 1958年6月10日(55歳)
日本の旗 日本 新潟県柏崎市大字野田(のた)
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1980年 -
代表作 ハイスクール!奇面組
テンプレートを表示

新沢 基栄(しんざわ もとえい、男性、本名同じ、1958年6月10日 - )は、日本漫画家日本工学院専門学校美術科卒。血液型A型

代表作は『ハイスクール!奇面組』(週刊少年ジャンプ集英社))。1985年にはテレビアニメ化もされている。

経歴[編集]

実家は醤油屋。地元の高校を卒業して上京し、日本工学院専門学校に入学した。

専門学校を卒業後、日雇いの運送屋で最低限の生活費を稼ぎながら、当時勢いを感じ始めた[1]週刊少年ジャンプ』にて漫画家デビューを目指し、集英社『フレッシュジャンプ』賞の選外となるも、『週刊少年ジャンプ』編集者に見出されて、1980年に同誌にて『3年奇面組』でデビュー。それ以前は妹の影響で少女漫画志望であったため、初期の同作品にはその面影が色濃く残っている。

『3年奇面組』、その続編の『ハイスクール!奇面組』が大ヒットとなりテレビアニメ化もされるなど、一躍人気漫画家となる。しかし漫画家として順風満帆だった最中、高校生の時に同級生と遊びでやった相撲が原因で患った腰痛が過酷な週刊連載活動の中で悪化する[2]。「締め切り間際の魔術師」と印刷会社から苦笑されながらも辛うじて連載は続いていたが[2]、ついにそれが限界を迎えて『奇面組』の原稿を落とす事態に陥り、それを重く見た集英社の上層部との相談の結果、『奇面組』は1987年に連載終了となる。もともと新沢としてはそれ以前に登場人物の高校卒業(1985年春)に合わせて終了させる意向だったが、編集部の引き止めによって連載は継続されていた。また、同社の上層部には先述の休載に至るまで新沢の意向が伝わっていなかったと本人は語る[3]

休養後、1988年に連載開始した『ボクはしたたか君』も人気を博すが、再び慢性化していた腰痛が悪化したことが原因で休載となり、未完のまま打ち切りとなる。

それ以後は長期に渡り連載を持たず、新沢の元アシスタントだった佐藤正のアシスタントをするなどしていたが、数本の読み切り作品を経て2001年より『フラッシュ!奇面組』(スクウェア・エニックス月刊少年ガンガン』)の連載を開始する。しかし、腰の様子を見ながら仕事をしていたためか休載しがちであり、結局2005年6月号を最後に中断してしまった。

その後、2009年12月17日発売の『大人の科学マガジン』(学研教育出版刊)Vol.26掲載、「大人のひみつシリーズ モテる・モテないのひみつ」(原作:こざきゆう)にて作画を手掛けた。

特色、仕事の進め方など[編集]

『奇面組』を描いていた頃は、コマ割り等の技術面でのノウハウがなかったため、浮かんだことや台詞を絵にして直接描き、13~15ページ程度の漫画なら10ページ位まで描いてから終わり方を考えていた。テンポ良く話を進めることを優先し、打ち合わせなども大雑把に話を決めるだけであった。またアイデアも落書きから得ていた[1]

また担当から予定より早い締め切りを教えられており、新沢が「担当さんが苦労したくなかったから」と話している[1]

エピソード[編集]

  • 中・高校時代は地元新聞社の投稿欄にイラストを投稿。常連というほど掲載されていた。
  • 高校時代は生徒会の副会長を務めていた。
  • ハイスクール!奇面組』の主題歌をうしろゆびさされ組が歌っていた縁で、たびたび夕やけニャンニャンの生放送の見学に出向いていたが、人気が出るにつれおニャン子クラブの親衛隊や不良たちから目の敵にされ、外出は命懸けだった[4]。うしろゆびさされ組のメンバー選出に関しては特に意見は挟まなかったが、結果として2人が河川唯宇留千絵のイメージに合う可愛らしさで喜ばしいと絶賛した。
  • 恐竜好きである[3]
  • ポアロのアルバム「おもちゃやめぐり」のジャケットをデザイン。奇面組の面々による、日常生活のひとコマ風ジャケットである。
  • 『帰ってきたハイスクール!奇面組』を発表当時、トヨタ・ヴィッツを購入。本編の1エピソード「はじめての新車」はこの時の経験をもとにして描かれた[5][6]
  • オトナファミ』(2008 JUNE)に『ハイスクール!奇面組』のアニメ版DVD-BOXの紹介記事が掲載された。その記事の「原作者インタビュー」では、最も影響を受けた漫画家として梶原一騎を挙げている。また、『奇面組』を描いたことである程度有名になれたが、「もう、これ以上インパクトのある漫画は描けないかもしれない」と述べている。また、「自分のライフワークと思うようになった」とも語ったこともある[1]
  • 毎年柏崎市でお盆に開かれるふるさとまつりで、直筆イラストの絵あんどんを出品している(千円から上限3万円までの範囲で入札するチャリティーオークション。応募者多数の場合は抽選で落札者を決定)。
  • したたか君以降、フラッシュまでの間連載を持たなかった理由としては、「また漫画を描きたいという衝動がくるのを待っていたが全然来なかったから」とのこと。新沢自身は人一倍漫画を描くのが好きなわけではないらしく、放っておかれたらその後も何もしていなかっただろうとコメントしている。

アシスタント[編集]

作品リスト[編集]

連載作品[編集]

読切作品[編集]

  • 3年奇面組場外編 ひまわり・ちゅーりっぷ(『週刊少年ジャンプ』、1981年4月10日増刊号掲載)
  • 教師のらいせんす(『週刊少年ジャンプ』、1982年1月10日増刊号掲載)
  • Mr.愛NG(『週刊少年ジャンプ』、1983年13号掲載)
  • 怪傑豪くんマン(『フレッシュジャンプ』、1984年2月23日号掲載)
  • Kの日記帳(『フレッシュジャンプ』、1985年2月23日号掲載)
  • DATTE!潮鐘(『週刊少年ジャンプ Spring Spcial』、1986年掲載)
  • 古代さん家の恐竜くん(『週刊少年ジャンプ Autumn Spcial』、1987年掲載)
  • おやおや親父(『週刊少年ジャンプ』、1988年18号掲載)
  • パートナー真児くん(『週刊少年ジャンプ』、1990年40号掲載)
上記の9作品は単行本『新沢基栄短編集 古代さん家の恐竜くん』に収録。
  • 必殺!学園救助隊キャラクター(『週刊少年ジャンプ』、1992年25号掲載)
  • ミラクル探偵天野J(ジャック)(『週刊少年ジャンプ Winter Spcial』、1993年掲載)
  • 大人のひみつシリーズ モテる、モテないのひみつ(原作:こざきゆう)(学研教育出版『大人の科学マガジン』Vol.26、2009年12月17日掲載)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d TEAM MUSCLE編「新沢基栄怒涛の30問30答!!」『奇面組解体全書』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、2002年4月24日、ISBN 4-8342-1683-7、10-16頁。
  2. ^ a b 新沢基栄「作者近況報告」『ハイスクール!奇面組 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年8月15日、ISBN 4-08-851368-1、128頁。
  3. ^ a b Popeye増刊「新沢基栄ロングインタビュー&裏話」『帰ってきたハイスクール!奇面組』マガジンハウス、2000年12月1日、雑誌27136-12/01、26-30頁。
  4. ^ 新沢基栄「今だから言える!なつかしのエピソード集 その6 待ちぶせの悲劇」『ハイスクール!奇面組 第19巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年12月9日、ISBN 4-08-851369-X、124頁
  5. ^ Popeye増刊「Making of 帰ってきた ハイスクール!奇面組」『帰ってきた ハイスクール!奇面組』マガジンハウス、2000年12月1日、雑誌27136-12/01、141頁。
  6. ^ 新沢基栄「奇面の源Part.4 Act.4『はじめての新車』の巻」『帰ってきたハイスクール!奇面組』〈ジャンプコミックスデラックス〉、ISBN 4-08-859419-3、79頁。

外部リンク[編集]