息っ子クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
息っ子クラブ
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル
活動期間 1986年4月 - 1987年2月
レーベル EPIC/SONY
メンバー
背番号1:沢向要士
背番号2:並木秀介
背番号3:岩城憲
背番号4:雫廣充
背番号5:佐藤吉紀
背番号6:篠崎裕利
背番号7:清水光

息っ子クラブ(むすっこクラブ)は、1986年にシングル「僕達のSEASON」で歌手デビューした日本の男性アイドルグループ。1987年2月15日に行なわれた武道館コンサートをもって解散した。

経歴[編集]

  • フジテレビ系列で放送していたバラエティ番組である『夕やけニャンニャン』にてオーディションを行ない、おニャン子クラブの男性版グループが結成された。
  • 織田裕二もオーディションを通過しメンバーになる予定だったが、本人が辞退したため篠崎裕利がメンバー入りした。
  • 奥田民生もオーディションには参加していた。
  • 以下の理由により、「おニャン子のメンバーとは『おはようございます』『お疲れ様でした』以外の会話は厳禁」という決めごとがされ、おニャン子クラブのメンバーとの交際も禁じられていた。
    • おニャン子クラブのメンバーの中に当時学生が多かったため
    • おニャン子クラブのメンバーへの情が移ったり、おニャン子クラブのファン(特に男性)から反感を受けるのを防ぐため
    • おニャン子クラブ・息っ子クラブともに、芸能人および一人間としてのモラル向上のため
  • 男性アイドルがジャニーズ事務所の独擅場であったことや、番組視聴者の多くが男性ファンだったためか、おニャン子クラブのような爆発的な人気は得られず解散している。もっとも夕やけニャンニャン自体にシブがき隊のメンバーが登場していたことなどから、ジャニーズ事務所側は必ずしも敵対的ではなかった。

メンバーリスト[編集]

おニャン子クラブが会員番号制であったのに対し、息っ子クラブは背番号制であった。

  • 背番号1 沢向要士(さわむかい ようじ) - エイプリル・ミュージック(現ソニー・ミュージックアーティスツ)所属となり、1987年5月にCBSソニーから「沢向要士 THE BURST」としてソロデビュー。その後もテレビドラマやVシネマなど俳優業をメインにしながら歌手活動を行っている。2000年代に一旦芸能活動を休止していたが、2009年に澤向 要進と表記を改め芸能活動を再開した。
  • 背番号2 並木秀介(なみき しゅうすけ) - 俳優養成機関を卒業し、劇団「大人の麦茶」に所属。俳優・CMモデルとして活動。
  • 背番号3 岩城憲(いわしろ けん) - 芸映所属となり、1987年6月にフォーライフから「岩城憲&Tears Project」としてソロデビューし歌手活動を行う。その後、音楽プロデューサーに転進し活動中。
  • 背番号4 雫廣充(しずく ひろみつ) - 芸能界を引退。芸能事務所を経営。
  • 背番号5 佐藤吉紀(さとう よしのり) - グループのセンターポジション。解散後も単独で『夕やけニャンニャン』に出演していたが、その他は特に活動も無いまま芸能界を引退している。
  • 背番号6 篠崎裕利(しのざき ひろとし) - 当時は現役大学生であった。解散と同時に芸能界を引退。
  • 背番号7 清水光(しみず こう) - 当時は現役高校生であった。解散と同時に芸能界を引退。

これらのほか、補欠組も考えられていた。

作品[編集]

発売はEPICソニー

シングル[編集]

  1. 僕達のSEASON (1986年9月5日)
    作詞:秋元康 /作曲:東郷昌和 /編曲:新川博
    c/w 彼女はガールフレンド ※「佐藤吉紀 with 息っ子クラブ」名義
  2. ちょっと辛いあいつ(1986年12月12日) - フジテレビ系アニメ『ハイスクール!奇面組』エンディングテーマ
    作詞:秋元康 /作曲:長島ぜんじ /編曲:矢島賢
    c/w 気紛れな君が好き ※「佐藤吉紀 with 息っ子クラブ」名義

アルバム[編集]

  • 7 JUNK BOYS(1987年1月21日)

ビデオ[編集]

  • 7 JUNK BOYS(1987年2月15日)

出演[編集]

バラエティー[編集]

ドラマ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]