一青窈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一青 窈
基本情報
出生名 顏 窈
別名 窈ちゃん、一青っち
出生 1976年9月20日(37歳)
血液型 O型
学歴 慶應義塾大学環境情報学部
出身地 台湾の旗 台湾
ジャンル J-POP
職業 歌手作詞家俳優
活動期間 2002年 -
レーベル コロムビアミュージックエンタテインメント2002年 - 2009年
フォーライフミュージックエンタテイメント(2009年 -2013年
ユニバーサルミュージック (2013年 -)
事務所 株式会社 大家(ターチャー)
共同作業者 武部聡志
小林武史
公式サイト www.hitotoyo.ne.jp

デヴィッド・タオ井上陽水阿久悠

一青 窈(ひとと よう、1976年9月20日 - )は、女性歌手作詞家俳優慶應義塾大学環境情報学部卒。姉は舞台女優の一青妙(ひとと たえ)。

来歴

父は台湾人、母は日本人(石川県出身)。中国語漢字名は顏窈(イエン・ヤオ)で、「顏」は父親の姓。「一青」は母親の姓。父はの金鉱経営で成功し、台湾の5大財閥に数えられた顔一族の長男・顔恵民であった。戦前から戦後にかけて日本に長く滞在していた父と母が出会い、台湾で妙と窈が生まれた[1]

幼稚園卒園後に父を台湾に残し、母、姉と日本で生活することとなる。小学生2年の時に父がで死去。以降、母の姓の一青を名乗る。小学校高学年の頃に宮沢賢治の詩に触発され、詩を書き始める。初等部から森村学園に通い、美術部とバスケットボール部に所属、生徒会では書記を務める。高校生の時に母も癌で亡くす(参考)。

半年の浪人期間を経て、AO入試で慶應義塾大学環境情報学部(SFC湘南藤沢キャンパス)に入学[2]。慶應義塾広告学研究会、ジャズ研究会、K.O.E.(アカペラサークル)に所属し、ストリートライブを行うなどした。K.O.E.で現ゴスペラーズ北山陽一と出合い、自作の詩を見せたところ「お前の詩は面白い。FAXしてくれたらいくらでも曲を付けるから歌え」と提案され、以降自分の詩で歌うこととなる。

その後、小学生の時から書きためていた詩がレコード会社の目に留まり、2002年、「もらい泣き」でデビュー。同曲がヒットし、ファーストアルバム『月天心』で大ブレイク。数々の音楽賞や新人賞を受賞する。2003年第54回NHK紅白歌合戦に初出場。2004年、「ハナミズキ」が大ヒット。映画『珈琲時光』主演で女優デビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2006年、初のベストアルバムを発表。

2006年、日本人アーティストとして初めて、カーボンオフセットライブを逗子海岸の音魂(Otodama Sea Studio)で行い、現在(2009年)まで毎年継続している。ベストアルバム『BESTYO』の初版もカーボンオフセットしている。台湾でもCD・DVDが発売されており、『もらい泣き』『大家』『月天心』のジャケットは台湾オリジナル仕様となっている。台湾のキリンビールのCMにも出演し、台湾の愛唱歌『望春風』が使われた。

2008年12月には、岩松了演出の音楽劇「箱の中の女」の主演を務めた。

人物・特徴

日本語・英語・北京語を話せるトライリンガルである。姓の「一青」は母の出身地である石川県に地名としても存在する(石川県鹿島郡中能登町一青、2005年2月28日までは石川県鹿島郡鳥屋町一青)。姓の一青と同じ名前の吟醸酒「池月 一青(ひとと)」が石川県鹿島郡の鳥屋酒造株式会社から発売されている。亡くなった母親について、「二十一世紀の音霊」にて「想いを巡らすだけで涙がでてくる」と述べており、「大家」・「ぱぱへ」など父親への想いを歌った曲は数曲あるのに対し、母親への想いを歌った曲は9thシングル『つないで手』に収録されている「ささやき並木」が初めてである。

台湾のR&B歌手デヴィッド・タオ(陶喆)の熱烈なファンで彼の影響も受けている。少女時代からの中森明菜のファンであり、現在でもカラオケではよく中森の曲を歌う。

デビューする前は車椅子利用者向け情報誌『WaWaWa』で詩を提供したり、同誌編集長・阿部恒世とともに福祉施設でのライブ活動を行ったりしていた。ゲーム『真・三國無双2』で全中国語詞の楽曲『生路〜CIRCUIT〜』をエンディングテーマとして提供。同曲は同ゲームのサウンドトラックCD『真・三國無双 究極音盤』に収録されており、後にシングル『江戸ポルカ/夢なかば』のカップリングでタイトルを『生路〜MAZE』に変え一部日本語に直して入っている。『真・三國無双4Empires』において新たなヴァージョンの『生路』がエンディングテーマに使用されている。

身長155cm。バスケットボール部には小中高一貫して所属し、動きが素早かったことから「ジジ(『魔女の宅急便』に登場する黒猫)」というあだ名を付けられた。現在でもバンドメンバーとバスケットボールをすることがある。

尊敬する人物は井上陽水根本敬阿久悠谷川俊太郎座右の銘は「来る者拒まず、去る者追わず」。

音楽の原点として、幼少期に父親から送られた「ディズニーのお話しレコード」をあげている。母親が闘病していた際に母親とともに行ったミュージカルから音楽療法に興味を持ち、大学入試時には音楽療法についての論文を書いた。病院に野外音楽堂を建てるのが夢であるという。音楽プロデューサー武部聡志は「一青の詞は日本一」と評した。作詞はすべて実体験に基づいているという。

環境問題に強い関心を持ち、ap bank fesなどの環境問題をテーマにしたライブに積極的に参加し、その知識や環境問題への姿勢からap bank dialogueでは出演アーティストの中で唯一ゲストとして出演する。

建築に興味があり、『ダ・ヴィンチ』などの誌上で坂茂藤森照信隈研吾といった幾人かの著名な建築家との対談を交わしている。

普段から自転車に鍵を掛けず自転車が盗難に遭うと「私が強く信じていなかったから」と考えることにしており、現在まで6台盗まれているという[3]

2004年10月、「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録が決定したことを記念して、熊野古道(世界遺産)に程近い和歌山県熊野本宮大社旧社地大斎原特設ステージにて、「一青窈 in 熊野 花逢娘(かほうにゃん)」と題して記念コンサートが行われた。2005年8月には、築130年の伝統を誇る京都祇園甲部歌舞練場で、一夜限りのライブ「夢街バンスキング〜はいらんせ〜」を開催[4]

音楽作品

シングル

発売日 タイトル
1st 2002年10月30日 もらい泣き
2nd 2003年3月19日 大家(ダージャー)[5]
3rd 2003年7月9日 金魚すくい
4th 2003年11月12日 江戸ポルカ/夢なかば
5th 2004年2月11日 ハナミズキ
6th 2005年4月20日 影踏み
7th 2005年9月21日 かざぐるま
8th 2005年12月7日 指切り
9th 2007年9月19日 つないで手
10th 2007年12月5日 「ただいま」
11th 2008年1月30日 受け入れて
12th 2008年11月19日 はじめて
13th 2009年10月7日 ユア メディスン〜私があなたの薬になってあげる
14th 2009年11月4日 うんと幸せ
15th 2010年2月24日 冬めく/花のあと
配信 2011年12月1日 時代
2012年1月25日 Lesson
2012年2月29日 パラソル哀歌
2012年3月28日 他人の関係
16th 2012年5月23日 dots and lines/とめる
17th 2012年6月6日 道案内/愛と誠のファンタアジア
18th 2014年3月26日

アルバム

オリジナルアルバム

発売日 タイトル
1st 2002年12月18日 月天心(つきてんしん)
2nd 2004年4月7日 一青想(ひとおもい)
3rd 2005年12月21日 &(アンド)
4th 2008年3月5日 Key
5th 2010年4月21日 花蓮街(かれんがい)
6th 2012年6月27日 一青十色(ひとといろ)

他のアルバム

発売日 タイトル
ベスト 2006年11月29日 BESTYO(べすちょ)
ライブ 2008年11月19日 一青窈 CONCERT TOUR 2008「Key〜Talkie Doorkey」LIVE CD @ NHK hall
ベスト 2010年8月10日 ハナミズキ 〜君と好きな人が 百年続きますように〜
カバー 2012年4月8日 歌窈曲

DVD

発売日 タイトル
2003年10月1日 姿見一青也(すがたみひととなり)
2004年12月1日 一青窈 LIVE TOUR 2004〜てとしゃん〜
2006年2月1日 一青窈★夢街バンスキング〜はいらんせ〜
2006年9月6日 一青窈 Yo&U Tour '06
2008年5月21日 思草歌(しぐさうた)
2008年11月19日 一青窈 CONCERT TOUR 2008「Key〜Talkie Doorkey」 LIVE DVD @ NHK hall
2010年8月11日 水蝶花

作詞提供

発売 曲名 収録された作品
2005年2月23日 空蝉(うつせみ) 中村雅俊「空蝉(うつせみ)」
2006年4月5日 Tower Salyu「Tower」
2006年9月6日 name Salyu「name」
2006年9月13日 交差点days 綾瀬はるか「交差点days」
2007年1月17日 故に Salyu「TERMINAL
Apple Pie
be there
heartquake
2009年1月28日 えいさ ジェロえいさ
2009年12月23日 台湾へいらっしゃい 清水ミチコ「バッタもん」
2010年3月24日 cruise Salyu「MAIDEN VOYAGE
2010年4月21日 私の虹 Sindyひとつ
2010年12月8日 女の歌 伊藤咲子「女の歌」
2011年9月7日 兆し 城南海「兆し」
2012年12月5日 青林檎 小柳ルミ子「青林檎」

参加作品

発売日 曲名 収録された作品
2002年2月21日 生路〜CIRCUIT〜 Original Soundtrack「真・三國無双 究極音盤」
2003年1月22日 春よ、来い 武部聡志「PIANO MAN〜FOR YUMING LOVERS〜」
2004年11月10日 ジェラシー Various Artists「YOSUI TRIBUTE
2007年10月17日 東京の屋根の下 Various Artists「服部良一 〜生誕100周年記念トリビュート・アルバム〜
2007年11月28日 AIDS チャリティ ProjectRED RIBBON Spiritual Song〜生まれ来る子供たちのために〜
2008年4月23日 夜明けのうた feat. 一青窈 和田アキ子「わだ家」
2008年7月30日 白い蝶のサンバ Various Artists「歌鬼 (Ga-Ki) 〜阿久悠トリビュート〜」
2009年2月18日 バンバンバン feat. 一青窈 ムッシュかまやつ「1939〜MONSIEUR」
2009年6月3日 時をかけるシンガー 坂上弘「千の風になる前に」
時をかけるシンガー(Nacked ver.)
2010年1月13日 サイコロ Original Soundtrack「ANOTHER BANDAGE
2011年1月12日 SPY/一青窈 feat. SOIL&"PIMP"SESSIONS Various Artists「We Love Mackey
2012年3月7日 JAPAN UNITED with MUSIC「All You Need Is Love
2012年5月2日 世界中の人に自慢したいよ Various Artists「KING OF SONGWRITER 〜SONGS OF KIYOSHIRO COVERS〜」
2012年9月19日 宝石心(ほうせきしん) 谷村新司「NINE」
2012年10月17日 Over The Rainbow feat. 一青窈 伊藤志宏「LADIES & PIANOMAN」
2012年12月12日 元気のうた KAN+キマグレン+一青窈「YEAH! YEAH! YEAH!〜100万人でつくろう元気のうた〜」
2012年12月19日 Fever 村上“ポンタ”秀一「Rhythm Monster」

タイアップ

曲名 タイアップ
sunny side up UHF放送局系アニメ「愛してるぜベイベ★★」オープニングテーマ
大家 クリエイティブ21配給映画「風を聴く〜台湾・九份物語〜」挿入歌
音木箱 NHKテレビドラマ「窓を開けたら」主題歌
あこるでぃおん〜Long ver. NHK教育テレビ福祉ネットワーク」オープニングテーマ
今日わずらい テレビ東京系「もうひとつの歴史 芭蕉の苦悩と決断そして恋」エンディングテーマ
江戸ポルカ 東京国際ファンタスティック映画祭2003公式イメージソング
夢なかば TBS系ドラマ「向田邦子の恋文」主題歌
生路〜MAZE NHKテレビ「NHK 青春メッセージ '04」テーマソング
ハナミズキ 日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」主題歌
東宝配給映画「ハナミズキ」主題歌
年年歳歳 UHF放送局系アニメ「愛してるぜベイベ★★」エンディングテーマ
一思案 松竹配給映画「珈琲時光」主題歌
影踏み 日本中央競馬会CMソング
うれしいこと。 ボシュロム・ジャパン「レニュー マルチプラス」CMソング
かざぐるま 東宝配給映画「蝉しぐれ」イメージソング
指切り エムティーアイmusic.jp」CMソング
アンモナイト MUSIC ON! TV「Harmony with the Earth」CMソング
さよならありがと ミサワホーム「CENTURY」CMソング
つないで手 全薬工業「新リコリス・ゼンヤク」2007年CMソング
ビターズ・エンド配給映画「きみの友だち」主題歌
ドミノ 全薬工業「新ジキニン顆粒」2007年CMソング
「ただいま」 TBS系ドラマ「愛のうた!」主題歌
受け入れて 虫プロダクション配給アニメ映画「パッテンライ!! 〜南の島の水ものがたり〜」主題歌
宙ぶらりん リコー「2008リコーMLB開幕戦」告知CMソング
東京テアトル配給映画「山桜」主題歌
はじめて 日本テレビ系「行列のできる法律相談所『カンボジアに学校を!』」プロジェクトイメージソング
花のあと 東映配給映画「花のあと」主題歌
うんと幸せ ギャガ配給映画「私の中のあなた」イメージソング
ケイダッシュステージ=リンクライツ配給映画「それでも花は咲いていく」主題歌
TOP OF THE WORLD ライオン香りつづくトップ」CMソング
サイコロ 東宝配給映画「BANDAGE」挿入歌
冬めく 日本テレビ系「スッキリ!!」エンディングテーマ
テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマ
泣きべそ 松竹配給映画「唐山大地震 -想い続けた32年-」イメージソング
dots and lines 読売テレビTOKYO MXBS11アニメ「ZETMAN」オープニングテーマ
とめる 読売テレビ・TOKYO MX・BS11アニメ「ZETMAN」エンディングテーマ
道案内 ローソン「夢を応援基金」テーマソング
愛と誠のファンタジア 角川=東映配給映画「愛と誠」主題歌
角川=東映配給映画「愛と誠」劇中歌
home 木下工務店CMソング
遠くへ行きたい 読売テレビ・日本テレビ系「遠くへ行きたい」テーマソング

出演

ラジオ

  • BUG A BLUE(InterFM
  • Night Market YO!(bayfm
  • ボシュロム レニュー presents Donut talk(JFN系列)
  • アルージェ Presents 一青窈 ハチミツドキ(TOKYO FM
  • RADIO SESSIONS 一青窈 bestyo settyon(2007年、JFN)
  • 一青窈のもそもそラヂオ(JFN)
  • 一青窈と江古田ちゃんのオールナイトニッポンR(2009年、ニッポン放送)

テレビ

  • 和の絆 世界遺産モン・サン・ミッシェルに響く! 〜若き和楽器奏者たちの挑戦〜(2010年、BS日本) - ナレーター
  • ごぶごぶ(2012年10月23日、2013年12月10,17日、毎日放送) - ゲスト
  • ミチコ靖子窈の女子会 〜夢に唄えば〜 シリーズ(NHK BSプレミアム 2012年12月24日、2013年5月11日、2013年11月9日)

テレビドラマ

CM

映画

  • 珈琲時光(2004年) - 主演・井上陽子 役
  • 恋するイノセントマン(2006年) - バーの店員(友情出演)
  • 愛と誠(2012年) - 早乙女美也子 役

音楽劇

  • 箱の中の女(2008年) - 主演

執筆

著書

雑誌の連載

  • TR(トーキンロック!)
  • ダ・ヴィンチ「一青窈のふむふむのヒトトキ」
  • SPRING「一青窈と佇む」
  • 短歌「万窈のとびら」

ライブ

詳細は一青窈の公演を参照

受賞歴

2003年

2004年

  • ベストヒット歌謡祭ゴールドアーティスト賞(ハナミズキ)
  • 日本有線大賞優秀賞(ハナミズキ)
  • 山路ふみ子映画賞新人女優賞(珈琲時光)

2005年

関連受賞

脚注

  1. ^ 朝日新聞 2008年10月27日 夕刊「一青姉妹と顔家 1」参考。
  2. ^ 面接の際にはア・カペラで"The hills are alive"を歌った。
  3. ^ 人生が変わる1分間の深イイ話に一青が投稿したエピソードによる。島田紳助曰く、「深イイ話じゃなくて、マヌケな話」。
  4. ^ 「バンスキング」とは「幸せの先取り」と言う意味である。
  5. ^ 2007年秋公開の亡父の故郷を舞台としたドキュメンタリー映画『風を聴く〜台湾・九份物語〜』に父への想いを歌った楽曲「大家」を挿入歌として提供した。同作では実姉の一青妙もナレーターを務めている。 『大家(ダージャー)』の歌詞にある「あの遊園地」は本来、一青窈が幼少の頃両親と過ごした場所である「よみうりランド」で書かれていたが、放送上の事情を考慮し、差し替えられて発表された。セカンドアルバム『一青想(ひとおもい)』やベストアルバム『BESTYO(べすちょ)』にはオリジナルの歌詞のバージョンが収録されている。2006年12月3日によみうりランド内のオープンシアターEASTにて初のフリーライブ「BESTYO Free CONCERTYO(べすちょ・ふりー・こんさーちょ)」を開催したが、交渉にあたり歌詞差し替えの経緯を知った同園側は「名前を使われているのは光栄」と開催を快諾したという。このライブでは1万人余を動員。当日はよみうりランド遊園地の入園料が無料となった。同園が特定のアーティストのために入園無料にするのは、1964年の開園以来初めてのことであった。[要出典]
    一青 窈 入園料無料のよみうりランドで初のフリー・ライヴをレポート! - VIBE-NET.COM ニュース

参考

外部リンク