ラフォーレ原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフォーレ原宿
La Foret Harajuku
Laforet-Harajuku-Tokyo-01.jpg
店舗概要
所在地 150-0001
東京都渋谷区神宮前1-11-6
北緯35度40分8.7秒 東経139度42分19.8秒 / 北緯35.669083度 東経139.705500度 / 35.669083; 139.705500座標: 北緯35度40分8.7秒 東経139度42分19.8秒 / 北緯35.669083度 東経139.705500度 / 35.669083; 139.705500
開業日 1978年昭和53年)2月11日
施設所有者 森ビル
施設管理者 森ビル流通システム
敷地面積 2,776 m²
商業施設面積 9,959 m²
延床面積 15,672 m²
店舗数 123店
駐車台数 42台
最寄駅 東京メトロ千代田線明治神宮前駅
JR山手線原宿駅
外部リンク ラフォーレ原宿 公式サイト

ラフォーレ原宿(ラフォーレはらじゅく、La Foret Harajuku)は、東京・表参道(渋谷区神宮前一丁目)にあるショッピングセンターファッションビルである。

森ビルの関連企業である森ビル流通システム株式会社(東京都渋谷区、会長=森稔)が運営しており、新潟市にも同名の系列施設が設置されている。

概要[編集]

1978年昭和53年)10月[1]表参道明治通りの交差点(渋谷区神宮前一丁目)に、現在の地上6階、地下2階建ての建物が竣工、若者向けのファッションビルとして開業した。ラフォーレ原宿が建設される以前、この場所は穏田三丁目という住所で、交差点の角はセブンスデー・アドベンチスト教団の東京中央教会[2]、その北側隣りは伝説のドライブイン・レストラン 『ルート5』[3]であった。

完成後のラフォーレはこの地区のランドマークとなるとともに、流行のファッショントレンドを発信、またここからは多くの若手ファッションクリエイターや起業家などが生まれた[4]。さらに、ラフォーレはユニークなイベントの企画や、インパクトのある広告活動などでもしばしば話題となった[4]

「ラフォーレ (La Foret)」とはフランス語で「森 (The Forest)」の意であり、設置・運営者である森ビルに由来している。建物としてのラフォーレ原宿は延べ床面積が15,672平米であり、所在地の敷地面積は2,776平米である[4]

新潟店[編集]

1994年平成6年)、同年に完成した複合ビル「ネクスト21」の商業施設として開業した。同ビルの地下1階から6階に入居し、「ラフォーレ原宿・新潟」の名称で営業している。開業当初は松山(愛媛県)、小倉(北九州市)に続く3店目の地方店舗であったが、現在は本店(渋谷区神宮前)以外で唯一の店舗となっている。

ラフォーレミュージアム[編集]

森ビル流通システムが運営する多目的ホール「ラフォーレミュージアム (La Foret Museum)」が、ラフォーレ原宿(本店)の6階、及び六本木(港区六本木一丁目、六本木ファーストビル)の2ヶ所に設置されている。

ラフォーレミュージアム原宿は、ラフォーレ原宿が開業した4年後である1982年(昭和57年)に設置された[1]。また、ラフォーレミュージアム六本木の開業は、設置場所である六本木ファーストビルが竣工した1993年(平成5年)である[1]

過去に存在した店舗[編集]

松山[編集]

地方出店第一号として1983年(昭和58年)12月愛媛県松山市松山中央商店街に開業したが、建物の老朽化などを理由に2008年(平成20年)1月をもって閉店した。

小倉[編集]

1993年(平成5年)、地元企業・小倉興産(元住友金属工業子会社)が42.1%を出資して北九州市小倉北区浅野に開業したが、2007年(平成19年)1月28日をもって閉店した。

出資者であった小倉興産は閉店半年前の2006年(平成18年)7月アパマンショップホールディングスに吸収合併されており、アパマンショップHDにより2012年(平成24年)4月に、北九州市漫画ミュージアムを中心とした漫画・アニメをコンセプトとするビル「あるあるCity」としてリニューアルオープンした[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 沿革(ラフォーレ原宿) 森ビル流通システム株式会社、平成23年8月4日閲覧
  2. ^ 東京中央教会は、ラフォーレ原宿の裏手に改築されており、現在も存在する
  3. ^ 治通り沿い、現在のラフォーレ原宿の立体駐車場入口付近に所在していた
  4. ^ a b c ラフォーレ原宿 森ビル株式会社、平成23年8月4日閲覧
  5. ^ あるあるCity

外部リンク[編集]