ランドマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ランドマーク: landmark)は、目印となる地理学上の特徴物を指す。元来の意味としては、探検家などの人が一定の地域を移動中にまたそこに戻ってくるための目印である。

目印となる特徴物(この都市の場合は紅白煙突

概説[編集]

陸標、灯台鉄塔のような土地における方向感覚の目印になる建物、国、地域を象徴するシンボル的なモニュメント建物、空間を意味する。また、広い地域の中で目印となる特徴的な自然物、建物や事象も含まれる。ニューヨークの自由の女神、パリのエッフェル塔などは都市、国家を象徴するランドマークで高層ビル等は町や都市のランドマークである。都市計画都市論の分野で1970 - 1980年代頃からよく使われるようになった。

ケヴィン・リンチ『都市のイメージ』[1]では都市のイメージを構成する要素として、ランドマーク(Landmarks 目印)、パス(Paths )、ノード(Nodes 結節点)、エッジ(Edges 縁)、ディストリクト(Districts 地域)の5つを挙げたが、特に「ランドマーク」の存在が重視された。モニュメント記念碑)、特徴のある建物構造物など容易にそれと気づくことの出来るようなものという意味で用いられている。

このようなランドマークは、方向を見定める場合の手軽な道案内としての役割、その都市のイメージを決定付けるものである。どこまでも同じようなビルの続く街では人間は方向感覚を失ってしまうものであり、その都市の印象が残らない。ランドマークはその都市の顔となり、住民に親しまれるとともに、来訪者に強い印象を与える。

また、小さな教会寺院モスク神社火の見櫓取水塔煙突といった建造物も集落や狭い地域のランドマークになり得る。カーナビゲーション用の地図、携帯電話による道案内用の地図などの電子地図において、著名な建物などを特に「ランドマーク」として扱い、地図画面上に実物を模したアイコンを表示したり、その建物に関する詳細情報を案内することがある。

有名なランドマーク[編集]

アジア[編集]

ヨーロッパ[編集]

アフリカ[編集]

北アメリカ[編集]

南アメリカ[編集]

オセアニア[編集]

ランドマークを扱った主な作品[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]