スペースニードル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シアトル市中心からスペースニードルを眺める

スペースニードル(Space Needle)とは、アメリカワシントン州シアトルの中心地区にあるタワーである。1962年万国博覧会の時に建てられたもので、当時、累計230万人が入場した万国博で、毎日2万人がエレベータを使ってこのタワーに登った。現在は私営である。高さ184m(605フィート)、幅のもっとも広いところは42m(138フィート)、総重量9,550トン。320km/hの風速と、M9.1クラスの地震に耐えることができるように設計されている。また25本の避雷針を備える。シアトル、及びアメリカ合衆国北西太平洋地区の著名な目印として知られる。

主な施設、例えばスカイシティーレストランみやげ物店などはみな、地上から159m離れた展望台に設置されている。展望台からは、シアトル市街地のほか、オリンピック山脈カスケード山脈レーニア山エリオット湾に浮かぶ島などが見渡せる。現在、このタワーはシアトルにある他の建物に比べて低い。しかしシアトルを紹介した写真の中では、しばしば他の建物より大きく写っている。これはスペースニードルが他の建物より1km以上離れていて、カメラマンがスペースニードルが他の建物より前に来るように撮影しているからである。北から南の方向に向かって撮影するため、スペースニードルの後ろにはシアトルの高層ビルとレーニア山が写る。初めてシアトルに来てスペースニードルに行く旅行客はみな驚く。なぜなら思ったほど高くなく、街の中心部から遠く、また展望台からの景色もいたって普通であるためである。旅行客は16km/hの速度のエレベータで展望台に上がることができる。展望台まで43秒ほどである。時には見学者が多すぎるために1時間ほど列に並ばなくてはいけないことがある。

建物[編集]

シアトルの夜景に浮かぶスペースニードル

スペースニードルのデザインは長い検討を経て決められたものである。主に二つのデザイン構想があり、そのひとつの構想は万国博の参加者で企業家のエドワード・カールソンが考えたもので、それとは大きな気球を地面と結びつけるものである。もうひとつの構想は建築家のジョン・グラハムが考えた空飛ぶ円盤である。エドワードの構想もジョンの構想も、どちらも認められることになるが、最終的なデザインは実はビクター・ステインブリュークのものである。タワーは少なくともM9.0の大地震にも耐えうる設計がなされている。しかし1965年に起きたM6.8クラスの地震でトイレの水が漏れ出している。これ以外に、タワーは強風にも耐える必要があった。10km/hの風でも16mmしか塔は揺れない。

展望台のレストランは展望回転式で、47分間で360度のシアトルの景観を楽しめる。1993年タワー内のエレベータの交換が行われた。速度は16km/hになり、降下時は雨の落ちる速度と同じになった。

1999年12月31日(大晦日)、スペースニードルの展望台が「スカイビーム」という光によって強く光り輝いた。光の光度は85万カンデラで、シアトル全体の上空を明るく輝かせた。スカイビームはアメリカ独立記念日やいくつかの特別な日にしか点灯しない。スカイビームのアイデアはもともと1962年の万国博のポスターから来たもので、なぜならポスターの上には同じようなビームが描かれている。スカイビームは大変明るいため光害を引き起こし、天文学者の反感を買った。もともと1年間に75回点灯させる予定だったが、最後の1年は12回も点灯することはなかった。アメリカ同時多発テロ事件の時には、スカイビームは12日間点灯し、哀悼の意を示した。

当時、184mのスペースニードルはミシシッピ川より西の建築物の中で一番高かったが、現在ではシアトルの他の建物(その中で一番高いのは284mのコロンビアセンター)と比べても低い建物になってしまった。

歴史[編集]

60年代のスペースニードル

シアトルにある「Brendan J. Cysewski」という喫茶店がいわゆる「スペースケージ」というデザインを生み出す。実はこれがスペースニードルの最初のデザインになった。このデザインのスケッチはエドワードがこれを見るまで、ずっとこの喫茶店に置かれていた。エドワードはホテル企業の会長で、実のところ芸術的デザインにまったく理解はなかったが、彼がドイツを遊歴している時、シュトゥットガルトテレビ塔en:Fernsehturm Stuttgart)というタワーを見て、インスピレーションを感じ、また1962年の万国博覧会のテーマが「21世紀」である事を知っていたため、そこで彼は気球のような建築物をデザインした。しかし、それはすぐに構造上の問題に突き当たり、頓挫することとなる。

この時ジョンがスペースニードルの設計に携わる。ジョンは有名な建築家で、以前は世界で最初のショッピングモール-シアトルノースモールを設計したことがある。スペースニードルのデザインでは、彼は気球のデザインをあきらめ、円盤デザインを採用することにした。そして彼と他の12名の建築家と共に検討と研究を重ね、万国博の開幕18ヶ月前にようやく最終のデザインを完成させる。

空から見たスペースニードル

1961年、7万5千ドルする37メートル四方の土地が必要になるが、不幸にも市は財政上彼らを援助しなかった。しかも博覧会会場の中でしか建築許可を与えなかった。資金不足からスペースニードルを建てる場所が見つからなかった。この時開幕まで残すところ1年だった。

スペースニードルの耐震性は信頼のおけるものである。なぜならこのタワーは直径40メートル、深さ10mの円筒状の基礎の上に建てられているからである。多くのコンクリートミキサー車が丸一日の時間をかけて、この深い穴を埋めるのは、おそらくアメリカ西部で史上最大のコンクリート事業だろう。この基礎はほぼ6000トンの重量があり、250トンもの鉄骨が入っている。

現場では日夜作業が進められ、最上階にある5層目も順調に完成した。十分な水平さは、タワーの回転式レストランに小型モーターを使い回転させることができる程であった。エレベータも開幕の一日前に設置が終わった。展望デッキには「Orbital Olive」の名が入り、タワー本体には白色、入り口は赤色、屋根には金色でペイントされた。1962年4月、スペースニードルは完成した。すべての工程を完成させるのに要した時間は1年足らず、建築費用は450万ドル。

万国博の期間中、毎日2万人ほどの観光客がタワーに上ったが、終始2万人を超えることはなかった。もし1日あたり50人ほど多ければ、2万人を超えていたのが悔やまれる。工事中スペースニードルはアメリカ西部でもっとも高い建物だった。

1982年に、タワーはさらに一層増築された。この一層はもともと設計段階では存在していたのだが、技術的な問題で、建築後20年を経てようやく加えられた。この層は最多で360人収容可能である。

1987年7月、タワーは南西に95m「移動」した。いわゆる移動は、地図上の位置を修正したに過ぎない。なぜならアメリカ海洋大気庁が10年を期限とした衛星イメージマップ計画を始めたからである。つまり衛星写真を利用して地図を修正するわけで、スペースタワーのようなランドマーク性のある建物は優先的に更新される。

2000年に補修工事が行われた。この工事にかかった費用は建築費用の5倍(2100万ドル)。

飛び降り[編集]

かつてスペースニードルから飛び降り自殺が3件起きた。この3件はいずれも70年代に起きたもので、そのうちの2件は1974年に起きている。この時にはまだ安全ネットが張られていなかった。3件目は1978年に起きている。この3件以外に、もうひとり自殺を図っているが、安全ネットにより一命を取り留めている。[1]

飛び降り自殺以外に、ベースジャンピングする者もいる。かつて6人がこのタワーの上から飛び降りた。事前に申請しておかなくては法律を犯すことになるのだが、この6人中2名が逮捕されている。

文化的影響[編集]

スペースニードルは、かつて多くの映画とテレビドラマの舞台となった。また、Windows8のロック画面にも現れる。

スペースニードルが舞台になった作品[編集]

など。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]