クロニクル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロニクル
Chronicle
監督 ジョシュ・トランク
脚本 マックス・ランディス英語版
原案 マックス・ランディス
ジョシュ・トランク
製作 ジョン・デイヴィス
アダム・シュローダー英語版
製作総指揮 ジェームズ・ドッドソン
出演者 デイン・デハーン
アレックス・ラッセル英語版
マイケル・B・ジョーダン英語版
マイケル・ケリー
アシュリー・ヒンショウ英語版
撮影 マシュー・ジェンセン[1]
編集 エリオット・グリーンバーグ
製作会社 デイヴィス・エンターテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年2月3日
日本の旗 2013年9月27日[2]
上映時間 83分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,000,000[4]
興行収入 $126,636,097[5]
テンプレートを表示

クロニクル』(Chronicle)は、ジョシュ・トランク監督、マックス・ランディス英語版脚本による2012年アメリカ合衆国SF映画である。トランクの映画監督デビュー作である。シアトルを舞台とし、何処にも居場所の無いナイーブな少年アンドリュー(デイン・デハーン)、その従兄弟のマット(アレックス・ラッセル英語版)、皆の人気者スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン英語版)の高校生3人組が超能力を手に入れ次第に暴走してゆく物語をファウンド・フッテージ形式で描く。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アンドリュー・デトマー デイン・デハーン 水島大宙
マット・ギャリティー アレックス・ラッセル英語版 阪口周平
スティーブ・モンゴメリー マイケル・B・ジョーダン英語版 高橋英則
リチャード・デトマー マイケル・ケリー 後藤敦
ケイシー・レター アシュリー・ヒンショウ英語版 佐古真弓
カレン・デトマー ボー・ピーターソン 土井美加
モニカ アンナ・ウッド

製作[編集]

『クロニクル』の脚本は『FEAR ITSELF フィアー・イットセルフ英語版』のマックス・ランディスと『キル・ポイント』のジョシュ・トランクが共同で執筆した。トランクにとってはフィーチャー映画監督デビュー作ともなる。予算の都合により、カナダのバンクーバーだけでなく、南アフリカのケープタウンでも主要撮影が行われた[1][6]。トランクは『クロニクル』が影響を受けた作品に『AKIRA』、『キャリー』、『フューリー』を挙げている[7]。撮影は2011年5月から18週間かけて行われ、8月に終了した[8]

公開[編集]

興行収入[編集]

2013年6月28日時点でアメリカ合衆国とカナダでは累計6431万4970ドル、それ以外の国々では5880万ドル、全世界で1億2311万4970ドルを売り上げている[5]

アメリカ合衆国とカナダでは2012年2月3日に2907劇場で封切られた[9]。20世紀フォックス側は、公開初週末は800万ドル程度を期待し、興行ウォッチャーたちは1500万ドルと予想した[10]。封が切られると公開初日のみで865万ドル売り上げ[10]、さらに初週末3日間で2200万ドルを売り上げて同日公開であった『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』(2100万ドル)を抑えて1位となった[9]。これはスーパーボウルの週末の初動成績としては歴代4位の記録である[9]。『クロニクル』は国際的にも成功し、オーストラリア、中国、イギリスなど33の外国市場でも初登場1位を記録した[11]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは165件のレビューで支持率は85%となった[12]。またMetacriticでは31件のレビューで加重平均値は69/100となった[13]

シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは4ツ星満点中3.5ツ星を与え、「スーパーヒーローのオリジン・ストーリー、SFファンタジー、乱れたティーンエイジャーたちのドラマの要素含んだエンターテインメント映画」と評した[14]

受賞歴[編集]

部門 候補 結果
サターン賞 SF映画賞 『クロニクル』 未決定

続編[編集]

ジャック・スタンレーを脚本家に迎えて、続編が製作されることが発表された[15]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Holben, Jay (March 2012). “Power Trip”. American Cinematographer (Hollywood, California: ASC Holding Corp.).  Pages 42–46, 47–49. Interview with cinematographer Matthew Jensen. Includes 8 production photos, 11 photos total.
  2. ^ 特殊能力を手にした高校生の“記録映像”「クロニクル」が限定公開”. 映画.com (2013年6月28日). 2013年6月28日閲覧。
  3. ^ Chronicle”. British Board of Film Classification (2012年1月24日). 2012年1月27日閲覧。
  4. ^ 'Chronicle': Like 'Paranormal Activity,' but with superpowers?”. Los Angeles Times (2011年10月21日). 2011年10月22日閲覧。
  5. ^ a b Chronicle (2012)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2012年6月11日閲覧。
  6. ^ Cape Town stars as the location for US box office smash hits”. filmcontact.com (2012年2月14日). 2012年2月19日閲覧。
  7. ^ Woerner, Meredith (2012年2月2日). “Chronicle captures every teen’s fantasy of fighting back, say film’s creators”. io9. 2012年5月25日閲覧。
  8. ^ Cape the big star as US film crew rolls in”. filmcontact.com (2011年5月15日). 2012年3月3日閲覧。
  9. ^ a b c Ryan J. Downey (2012年2月6日). “'Chronicle' Makes Fourth Highest Super Bowl Debut”. MTV Movie News. 2012年2月7日閲覧。
  10. ^ a b Joshua L. Weinstein (2012年2月4日). “'Chronicle,' 'Woman in Black' Shatter Box Office Expectations on Friday”. The Wrap. Reuters. 2012年2月7日閲覧。
  11. ^ Box Office: 'Chronicle' soars on Super Bowl weekend [Updated]”. Los Angeles Times (2012年2月5日). 2012年2月7日閲覧。
  12. ^ Chronicle (2012)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年2月3日閲覧。
  13. ^ Chronicle Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic”. Metacritic. CBS Interactive. 2012年7月9日閲覧。
  14. ^ Ebert, Roger (2012年2月1日). “Chronicle review”. Chicago Sun-Times. 2012年2月6日閲覧。
  15. ^ 青春SF『クロニクル』の続編が製作!脚本家が決定”. シネマトゥデイ. 2014年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]