コルコバードのキリスト像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 南緯22度57分5秒 西経43度12分39秒 / 南緯22.95139度 西経43.21083度 / -22.95139; -43.21083

コルコバードのキリスト像

コルコバードのキリスト像(コルコバードのキリストぞう、ブラジルポルトガル語:Cristo Redentor、クリスト・ヘデントール)は、ブラジルリオデジャネイロコルコバードの丘にある、巨大なキリスト像。

1931年のブラジル独立100周年を記念して、1922年から1931年にかけて建設された。高さ39.6メートル(内台座の高さが9.5メートル)、左右30メートルであり、635トンの重量がある。

クリスチャン人口が80%を超えるブラジルのキリスト教のシンボルで、リオデジャネイロとブラジルの象徴になった。世界遺産リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」(2012年登録)に含まれている。

新・世界七不思議[編集]

コルコバードの丘からの眺望

このキリスト像は、2007年7月に、新・世界七不思議の一つに選ばれた。他の六つが古いものであるのに対し、このキリスト像だけは20世紀の建造物である。

この新・世界七不思議はユネスコ世界遺産とは異なり、最終選考は専門家による審議に拠らず、選出のために一般からの電話投票とインターネット投票が行われた。そのため、ブラジルではリオデジャネイロに本拠を置く同国最大の放送局・メディア企業であるグローボを筆頭に、ブラデスコ銀行などの有力企業の後援の元、数百万ドルが投じられ、この自動応答式の電話投票を無料で行える“Vote no Cristo”(キリスト像に投票しよう)キャンペーンが行われ、7月初めまでの時点でおよそ1000万人のブラジル人がキリスト像に票を投じた。[1]

キリスト像の抱擁姿[編集]

2010年児童虐待キャンペーン一環として、キリスト像をスクリーンとして投影される形で抱擁姿が披露された。 [1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://markezine.jp/article/detail/14114

関連項目[編集]

外部リンク[編集]