シュエダゴン・パゴダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯16度47分54秒 東経96度8分58秒 / 北緯16.79833度 東経96.14944度 / 16.79833; 96.14944

Shwedagon-Pagoda-anatomy.jpg

シュエダゴン・パゴダ (Shwedagon Pagoda) はミャンマーヤンゴン中心部に存在する寺院(パゴダ、パヤー)である。

歴史[編集]

伝説によれば、シュエダゴン・パゴダは約2500年前に建てられたとされている。考古学的研究によれば6~10世紀の間に建立されたと考えられている。地震によって幾度も破壊されており、現在の仏塔の原型は15世紀ころ成立したと考えられている。

1608年、ポルトガルの探検家フィリプ・デ・ブリト・エ・ニコテ ( ビルマ人には"Nga Zinka"として知られている ) は、シュエダゴンを略奪し、1485年にShin Sawbuを引き継いだDhammazedi王によって寄贈された30トンの鐘を取り上げた。ブリトの意図は大砲を作るために鐘を溶かすというものであったが、鐘を運んでバゴ川を渡る際に、鐘を川に落としてしまい、二度と回収できなかった。

2世紀後、第一次英緬戦争中の1824年5月11日に英国が上陸し、シュエダゴンを街を見下ろす指令を行う要塞である考え、すぐさま奪取、占領した。そして、2年後に退去するまでストゥーパを要塞のようなものとして残した。

構造[編集]

シュエダゴン・パゴダの境内は、東西南北の門から入り階段(現在はエスカレーターもある)を上がった上部にある。境内は高さ約100メートルの黄金のストゥーパを中心に60余りの仏塔や廟が林立する空間になっており、供物や土産物を売る店も数多い。

なお、ミャンマーでは寺院の境内には裸足で入るものとされており、このパゴダも例外ではない。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]