台北101

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯25度2分1秒 東経121度33分52秒 / 北緯25.03361度 東経121.56444度 / 25.03361; 121.56444

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
台北101
Taipei101.portrait.altonthompson.jpg
施設情報
所在地 中華民国の旗 中華民国 台北市 信義区
座標 北緯25度2分1秒
東経121度33分54秒
座標: 北緯25度2分1秒 東経121度33分54秒
状態 完成
建設期間 1999年 - 2004年
用途 複合
地上高
最頂部 509.2 m
屋上 449.2 m
最上階 439.2 m
各種諸元
階数 101 階
延べ床面積 412,500 m²[1]
エレベーター数 61基(全て東芝製)
関連企業
設計 李祖原建築事務所
施工 KTRT JV
台北101
各種表記
繁体字 臺北101
簡体字 台北101
拼音 Táiběi Yīlíngyī
注音符号 ㄊㄞˊ ㄅㄟˇ ㄧ ㄌㄧㄥˊ ㄧ
発音: タイペイ イーリンイー
台湾語拼音 Tâi-pak It-khòng-it
テンプレートを表示
新年カウントダウン(2007年)
TMD(マスダンパー)

台北101(タイペイいちまるいち、中国語: 臺北101)は、中華民国台北市信義区にある超高層ビル。高さ509.2mで、地上101階、地下5階からなり、名前はこれに由来する。

建設段階の名称は台北国際金融センター(中国語: 臺北國際金融大樓)。7年間の工期を経て、2004年世界一の超高層建築物として竣工した[2]。設計は李祖原建築事務所、施工は熊谷組を中心としたJVにより行われた。総工費は約600億元。

2004年12月31日、エントランスでオープンを祝う式典が催され、陳水扁中華民国総統も出席してのテープカットが行われた。また、2005年12月31日の大晦日にはこのビルのある市政府で、カウントダウンイベントが行われ、台北101から電飾と共に2分強の間、「節」などから大量の花火が打ち上げられた。

毎年5月(開催当初は6月)には、このビルの1階から展望デッキのある91階までの2046段の階段を駆け上がる「台北101國際登高賽」レースが開催されている。

概要(構造)[編集]

509.2メートルという高さは2007年7月にブルジュ・ハリーファ(ブルジュ・ハリファ)に抜かれるまでは、完成建築物としては世界一高いものだった。全面ガラス張りの近代的建築ながら、輪郭は伝統的な宝塔の節がイメージされている。また、環境設計や安全を踏まえ設計された。例えば、この外面のガラスは8トントラックが乗っても耐え得るほどの強靱さをほこり、さらに、紫外線熱量を2/3カットする性能を持ち併せ、内部が暖まるのを防ぎ冷暖房を効きやすくしている。

杭は8本の巨大な柱で、支持層(岩盤)の下30メートルまでしっかり打ち込まれている。

27階から90階にかけて、逆台形をした8階分を一節として、8つの「節」が縦に連なる。24階から27階にかけて、中華圏の昔の貨幣(通貨)をイメージしたオブジェが各方位に設置されている。

台湾圏と香港圏において8は縁起の良い数字であることから多用されている。

エレベーター[編集]

エレベータ東芝エレベータ製で、毎分1,010メートル(時速60.6キロメートル)の速さで上昇できる。この速度はそれまで横浜ランドマークタワーのエレベータが持っていた記録を更新し、2004年、世界最速としてギネスブックに認定された。このギネスブック認定証は89階エレベーターホールに飾られている。 ちなみに下降は毎分600メートル(時速36.0キロメートル、サンシャイン60ビル東京スカイツリーのエレベータと同じ速度。)である。展望台入り口のある5階(地上25メートル)から展望台のある89階(地上382.2メートル)まで、37秒で到達する。 エレベーター内の両サイドにディスプレーがあり、上昇時、下降時共に、階層(楼層)、高さ(高度)、分速(速度)、37秒からのカウントダウンタイマー(計時器)がリアルタイムに表示される。またエレベーター作動と同時に、天井には星空が現れ、音楽が流れだし、エレベーターガールのアナウンスと共に別世界へといざなわれる。

エレベーターに小銭を縦においても倒れない程の上がり方で、世界で反響を呼んだ。

主な施設[編集]

  • 地下5階 - 地下2階: [駐車場]
  • 地下1階 - 5階: ショッピングモール・レストランで2003年11月14日に、ビル完成に先行して開業。5階部に展望台エントランス
  • 9階 - 84階: おもに、金融関連・IT企業などのオフィス
  • 35階、85階-86階: レストラン
  • 88階: 綺麗珠寶会社の珊瑚と宝石の展示及び販売エリア、エレベーター乗り場(帰路はこの階より5階へアクセスする)
  • 89階: 屋内展望台、記念品商店と入口(行路は5階よりこの階に到着する)
  • 91階: 屋外展望台と101紹介ビデオの放映室(悪天候時のアクセスは不可)

風圧のための制振構造[編集]

このレベルの超高層建造物になると、制振においては、地震などより風圧による振動の方が遥かに考慮すべき問題である。特に台湾は大型台風が頻繁に直撃する気候でもあり、暴風対策には非常に力をいれた設計になっている。

87階 - 92階の中央部の吹き抜け空間には、風による振動を緩和する目的だけのために、巨大なTMD(チューンドマスダンパー)が設置されている。マスダンパー全体の重量は660トン(660公頓)、最大一枚あたり直径5.5メートル(5.5公尺)、厚さ12.5センチメートル(12.5公分厚)の輪切りの鋼板を、41層を重ね溶接して球状にし、92階から長さ42メートル(42公尺長)、4本ごとに束ねられている太さ直径9センチメートル(9公分)のケーブル計16本で吊っている。そしてこのマスダンパーの効果で、理論上は風力による振動を最大40%抑制できる。

アクセス[編集]

交通[編集]

台北捷運 (MRT) の板南線市政府駅より少し距離があるので、無料の送迎車両がでている(その他、台北101を経由する路線バス(信義幹線:世貿(=世界貿易センター)にて下車、台北駅から20分)もあり)。2013年11月24日、このビルの地下にはMRTの信義線台北101/世貿駅が開業した。

展望台へのアクセス[編集]

入口は建築物主体の隣のショッピングモールの五階にある。

  • 営業時間:(月~日)10:00~22:00、但し、最後入場時間は21:15。
  • 旧正月前後や長期休暇期間は、営業時間が変更となる場合がある。
  • バッグパックは展覧台に持ち込めないため、五階のロッカーに預ける

ことになっているが、2013年9月の実態では、中型バックパックを通常に 持ち込めている旅行者が見られた。

展望台の入場料[編集]

2013年6月現在、入場料は以下の通り。

  • 一般券:500台湾ドル
  • 割引券:450台湾ドル(中華民国の学生、軍・警察関係者、65歳以上の高齢者、身体障害者手帳を持つ者に限る)
  • 団体券:450台湾ドル(20人以上の団体、電話予約が必要)
  • 身長110cm以下の子供は無料入場。(大人1人につき、子供1人無料)
  • 団体チケットの購入は3日間前までに電話予約。
  • 当初は、91階の屋外展望台へは別料金となっていたが、その後、89階の屋内展望台と一体料金となった。

オフィス、レストランへのアクセス[編集]

建築物主体の入口から入って、オフィスフロアへのエレベーターへ通じる専用口より入る。入り口にはセキュリティゲートが設けてあり、通過には、入居の企業が発行した社員カードおよびゲストカードが必要で、通常観光客は入ることは出来ない。

  • 観光客は35階、85階、86階のレストランに行く前に、電話の予約が必要。

入居する企業[編集]

かつて入居していた企業[編集]

イベント[編集]

ライトアップ[編集]

1、2009年現在の日没~22時の通常ライトアップの時刻表

  • 月曜日:赤色
  • 火曜日:橙色
  • 水曜日:黄色
  • 木曜日:緑色
  • 金曜日:青色
  • 土曜日:藤色
  • 日曜日:紫色

年越し花火[編集]

2004年以降、毎年の大晦日の夜12時に、年越し花火が上げられる。

かつて開催されたイベント[編集]

  • 1、人気バンドの五月天(メイデイ)の「空に一番近い」コンサート。(2005年、91階の展望台)

その他[編集]

工事中の事故[編集]

2002年3月31日台湾島北部でM7.1の大地震が発生。この揺れで、当時建築中だったこのビルの頂点の56階=約250メートルに設置されていた作業用タワークレーンが、まっ逆さまになって地上に落下した。死者5名のほか、車が下敷きになるなどの被害が出た。また、この地震での死者はこの5人であると見られている。

注釈[編集]

  1. ^ SkyscraperPage.com : 台北101、台北
  2. ^ アラブ首長国連邦で建設中の超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の高さが2007年8月12日、531.3メートルとなり、世界一の超高層建築物の記録を樹立した

外部リンク[編集]