CITICプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CITICプラザ(中信廣場)
中信廣場
施設情報
所在地 中華人民共和国広州
状態 完成
建設期間 1993年 - 1997年
地上高
最頂部 391.1 m
屋上 321.9 m
最上階 297.0 m
各種諸元
階数 80 階
延べ床面積 205,239 m²
エレベーター数 36

CITIC プラザ簡体字: 中信广场繁体字: 中信廣場英語: CITIC Plaza)とは、中国広州市にある超高層ビル。広州のランドマークでもある。2010年4月現在、世界で11番目、アジアで8番目、中国本土で5番目に高いビルとなっている。1997年の竣工時には中国で最も高いビルであり、現在でも華南(香港を除く)で最も高い。また世界最高層の鉄筋コンクリートによる超高層ビルでもあり、高い耐震性を誇る。中国有数の金融グループ・中国中信集団公司(CITIC、旧中国国際信託投資公司)により開発され、同グループが本拠を置くほか、世界の大企業が拠点を置いている。

広州市東部の新市街で金融や商業の新たな中心地となった天河区の天河北路に位置する。ビルは天河体育センターに面し、背後には中国国鉄広州地下鉄広州東駅があるなど、オフィスや住宅として恵まれた位置にある。

23,000平方mの敷地に、80階建の超高層ビルと38階建のホテル形式の高級住宅2棟、4階建の商業施設が建ち、地下1階と地下2階には地下鉄三号線の駅(林和西站)がある。

ビルの開発は、熊谷組有限公司(香港)と蜆殼電器工業(集団)有限公司という二つの香港上場企業の合弁である熊谷蜆殼発展(広州)有限公司が行った。設計やビル管理なども香港企業が行っている。オフィス空間は、内部の柱の少なさ、および上等のガラスウォールの採用により、明るく広々とした空間となっている。また光ファイバー通信網や衛星通信施設、セントラル空調システム、予備電力、日立製の高速エレベーター、大規模な地下駐車場などのインフラも備えている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯23度08分40.00秒 東経113度19分10.00秒 / 北緯23.1444444度 東経113.3194444度 / 23.1444444; 113.3194444