ヌレークダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌレークダム
ヌレークダム
所在地 タジキスタン
位置 北緯38度22分17秒
東経69度20分54秒
河川 バクシュ川
ダム諸元
ダム型式 アースダム
堤高 300.0 m
利用目的 洪水調節発電農業
着工年/竣工年 1961年/1980年
テンプレートを表示

ヌレークダム(ヌレクダム、: Nurek Dam)は、タジキスタンを流れるヴァクシュ川に築かれたダム。300mの堤防は高さにおいて世界最大を誇る。北緯38度37分15秒、東経69度34分92秒に位置し、ソ連時代の1961年に着工、1980年に完工したアースダムである。水力発電を行っている。また、同国で建設中のログンダムはヌレークダムを越える高さで建設されており、完成時にはヌレークダムは世界2位の高さとなる予定。

建設[編集]

ヌレークダムはソ連統治下にあった1961年から1980年の間に建設された。安全性を確保する為に堤体内中心部に土質遮水壁(コア)を設けている。

水力発電[編集]

ダムには合計9個のタービンが設置されている。 タービン1個あたり300メガワットの発電容量があり、合計で2.7ギガワットとなる。現在に至るまで改良が続けられ、1994年の時点で国の電力需要4.0ギガワットのうち、約98%を賄っていた。

貯水[編集]

ヌレークダムの貯水容量はタジキスタンで最大であり、10.5立方キロメートルの容量を持つ。長さは70キロメートル、表面積は98平方キロメートルである。貯水の利用形態は発電のみならず、14kmのダンガラ用水路を通して700平方キロメートルの農地の灌漑にも使われている。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「ヌレークダム」は、ダムに関連した書きかけ項目です。
加筆・訂正してくださる協力者を求めています。(建築CPダムPJ