ルースキー島連絡橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルースキー島連絡橋
完成したルースキー島連絡橋
完成したルースキー島連絡橋
所在地 ロシアの旗 ロシア
ウラジオストクルースキー島
東ボスポラス海峡
長さ 3,100m
最大支間長 1,104m
形式 斜張橋
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
建設中のルースキー島連絡橋

ルースキー島連絡橋(ルースキーとうれんらくきょう、ロシア語: Мост на остров Русский)は、ロシア極東ウラジオストクムラヴィヨフ・アムールスキー半島ルースキー島の間の東ボスポラス海峡を跨ぐ2本ある主塔(高さ324m)の間が1104メートルの世界最長の斜張橋。別名「ルースキー島橋英語: Russky Island Bridge[1]」。

概要[編集]

2012年ロシアで初めてのAPECがウラジオストクで開催され(2012年ロシアAPEC)、その会場となるルースキー島へのアクセス改善のために連絡橋が建設された。

2009年、日ロ両政府が合意の上、日本の大手重機メーカーが掘削機などの建設機械の供給などを通じて技術協力を行った。

この橋の完成はAPEC開催までには間に合わないという予測があったが、当時のウラジーミル・プーチン首相の監視のもと、常識を超えるスピードで工事が進められた。

2012年4月12日未明に橋をつなぐ最後のパネルが設置され、舗装等の仕上げ工事を行った後、4月13日に完成した。開通式はウラジオストク市創設記念日の7月2日に行われたが、工事の遅れにより正式開通は8月1日となった[2][3]

2本の橋脚(高さ324m)の間が1104mと世界一の規模である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この名称は長大橋ランキング 本四高速に記載されている。
  2. ^ ロシア:世界最長の斜張橋が完成 - 毎日新聞 2012年04月14日
  3. ^ ロシア:ウラジオストクに世界最長の斜張橋開通 - 毎日新聞 2012年08月01日

参考文献[編集]

  • 松尾寛「ウラジオストク・レポート第1回 ロシア極東開発、本格始動」『NHKテレビテキスト テレビでロシア語』2010年4月号、日本放送出版協会

関連項目[編集]