主体思想塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯39度1分3.25秒 東経125度45分48.50秒 / 北緯39.0175694度 東経125.7634722度 / 39.0175694; 125.7634722

主体思想塔
:주체사상탑
Pyongyang Juche tower.JPG
情報
用途 観光塔
高さ 170 m
竣工 1982年
所在地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 平壌市
テンプレートを表示
主体思想塔
各種表記
ハングル 주체사상탑
漢字 主體思想塔
発音 チュチェササンタプ
日本語読み: しゅたいしそうとう
MR式
2000年式
英語表記:
Chuch'e sasang t'ap
Juche sasang tap
Tower of Juche Idea
テンプレートを表示

主体思想塔朝鮮語:주체사상탑、チュチェササンタプ、しゅたいしそうとう)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌市中区域にある、主体(チュチェ)思想を体現したというである。高さ170メートル。金日成の70歳の誕生日を記念して建てられ、1982年に完成した。

概説[編集]

塔の東西壁面部分は18段、南北壁面部分は17段で、その合計は金日成の70歳を示す「70」となる。また使用された花崗岩の数は25,550個であり、これは誕生から70歳までの日数を表す(金日成の生まれた日の1912年4月15日から1982年の完成までにあった閏年閏日(=2月29日)の17日分は除くが)。台座部分に彫られた誌は12編、サイズは縦4m、横15mで、金日成の誕生日「1912年4月15日」を示す。塔の正面上部にはチュチェ(주체)の金文字が飾られている。

花崗岩でできており、世界で最も高い塔である。エレベーターで150メートルまで登れ、平壌市内が一望できる。最上部の20メートルには、をかたどった透明の烽火(のろし、ポンファ)のオブジェが載っており、には中からオレンジ色に光り且つ揺らめき、あたかも全体がろうそくの炎のようになる。のろしの下部は展望台になっている。塔の前には、労働者知識人農民の3人の像が建てられている。

また主体思想塔の正面の川(大同江)の中ほどに強烈な噴水があり、主体思想塔と同じ高さ170メートルもの噴水を吹き上げている。

塔から見える景色ガイド[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]