危険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

危険(きけん、: Danger: Gefahr)とは、未来において、損害や損失が発生する可能性があることである。最悪の場合は、そのものの存続が困難になる。リスクも参照すること。

法律における危険[編集]

法律に記載のある危険は次のように分類できる。一般に認知されている危険は、これ以外にもあり得る。また、法学上用いられる危険という用語、概念については、危険負担未遂などの項目を参照。

経済現象における危険[編集]

経済現象は一つの行為に対して複数個の結果が対応し、いずれの結果が生じるかはその時の状態に依存する。不確実性下における行為決定で所得の減少(損失)を伴うことを危険(risk)を接頭辞に持つ語として表すことがある。

数理科学における危険[編集]

確率論における危険[編集]

全く偶然に起こると見なされる事象において、その時間間隔 d の分布は密度関数 f(d)=\exp (-d/c)/c を持つ指数分布に従うと考えられる(ポアソン分布)。ここで、h(d)=f(d)/\int^{\infty }_{d} f(c)dc危険率(hazard rate)という。

統計的品質管理における危険[編集]

抜取検査(ロットから抽出した標本品質特性の値を、あらかじめ定めた判定基準に照合して、その合格・不合格を判定する検査)において、

  • 不合格の確率を条件とするものを生産者危険
  • 合格の確率を条件とするものを消費者危険

という。

関連項目[編集]