役割語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

役割語(やくわりご)とは、話者の特定の人物像(年齢性別職業階層時代容姿・風貌・性格など)を想起させる特定の言葉遣いである[1][2][3]。主にフィクションにおいてステレオタイプに依存した仮想的な表現をする際に用いられる。金水敏が提唱した。

役割[編集]

様々な物語作品やメディア作品(外国語作品の翻訳も含む)、特に子供向け作品やB級作品において、老人は「そうなんじゃ、わしは知っとるんじゃ」、貴婦人は「そうですわ、わたくしは存じておりますわ」のような言葉遣いを用いる。そのような言葉遣いの老人や貴婦人は現実にはほとんどいないが、日本語話者であれば言葉遣いを見聞きするだけで「老人」「貴婦人」のイメージを自然に思い浮かべることができる。これらは物語作品やメディア作品で繰り返し使われることで、特定のイメージが社会で広く共有されるに至った言葉遣いである。物語の中で、老人としての役割を担う登場人物は老人の役割語を、貴婦人としての役割を担う登場人物は貴婦人の役割語を話すのである。

役割語は、「標準語[4]」とメディアの発達に伴って複雑化してきたものである。東京で作られた「標準語」のコンテンツがメディアによって日本全国に発信され受容されることで、「標準語」の台詞は日本全国どの方言話者でも容易に自己同一化(感情移入)できるものとなり、同時に非「標準語」が役割語として生産・拡散・固定化されていくのである。そのため、役割語には感情移入を妨げて脇役であることを示す効果があり、フィクションの主人公が強烈な役割語を話すことは少ない(主人公の個性として、ある程度の役割語は付加される)。主人公が強烈な役割語を話す場合や、登場人物がそのステレオタイプに合った役割語を話さない場合には、特別な設定を描写する必要が出てくる[5]

金水は、役割語のイメージ喚起力を認め、役割語なくして日本語の作品は成り立たないとしているが[6]、型通りの役割語の多用は日本語の本来の多様性を覆い隠し、陳腐さと表現の狭さをもたらすことを指摘している。また役割語は差別的なステレオタイプに鈍感であり、安易な役割語の使用は、時として表現者の意図した、あるいは意図しない偏見・差別意識を伝えてしまう場合もあると金水は述べている[3]

小説家の清水義範は、小説の中で使われる言葉について次のように書いている。

小説の中の会話は、小説用に再構成された虚構のことばである。私などは、なるべくそういう型としてのことばではなく、リアルなことばを書きたいと思っているのだが、それでも完全にそう書けるわけではない。
そのことの、最も端的な例が、女性の台詞である。近頃の若い女性が自分のことを、ぼくと称しているだとか、暴走族系の女性が、ちくしょうめ、ざけんじゃねえや、と言っているという次元の話ではなく、実は今日では、女性ことばと男性ことばの差がほとんどなくなっているのだ。
「きったねえよなあ。やってらんないよ」
「それ、できたらすぐ送っといてよ」
「やめろってば。うっとうしい奴だなあ」
こういうことば、すべて女性もこのようにしゃべっているのである。ところが小説には、なかなかそうは書けない。特に脇役の女性にこうはしゃべらせられない。それをしてしまうと説明が必要になるのだ。男まさりの少女だがそこがチャーム・ポイントで、案外心は優しいのである、とかなんとか。でも、そこに出てくるだけの少女にそういう説明をするというのもヘンだから、ついつい、型としての女性ことばをしゃべらせてしまう。
「やめてってば。うっとうしい人ねえ」と。
かくして、小説のなかには小説の中の記号としての女性ことばが氾濫する。
(中略)
小説とは、現実をリアルに写そうとしながら、かえって記号的に語ってしまうこともあるのだ。

清水義範、『日本語必笑講座』[7]

日本語での例[編集]

役割語は実際に話されている(話されていた)位相語をステレオタイプ化させたものが多いが、人工的に創作されるものもある。役割語を特徴づける要素は様々あるが、人称代名詞(特に一人称代名詞)と文末表現が重要な指標となる[8]

老人語[編集]

フィクションにおける老人語は、一人称「わし」や断定「じゃ」、打ち消し「〜ぬ(〜ん)」、「おる」など、西日本方言的な特徴を持つ。こうした表現は現代の広島弁などに似ているが、起源は江戸時代上方語と考えられている。江戸時代前期には江戸語が未確立で、江戸においても上方語が規範的な言葉とされていた。江戸時代後期になると町人層で江戸語が確立していくが、保守的な老人や知識人は上方風の言葉を使い続けたと考えられる。そこから、歌舞伎や戯作などで老人を表現するのに誇張した上方風の言葉が使われるようになり、江戸において老人の役割語として固定化されていったという[9]

方言[編集]

特定の地域の方言、または架空の似非方言(複数の方言の合成など)が役割語として使用されることもある。例えば、農民や田舎者を表現する際には、東北地方と関係のない設定でも、「おら〜するだ」のような東北弁風の似非方言が使われる。大阪弁は商人・道化役・犯罪者と結びつけられやすい(大阪弁#役割語としての大阪弁を参照)。九州弁広島弁土佐弁には男性的な言葉というイメージがあり、特に広島弁はヤンキーや不良と結びつけられやすい(九州男児坂本龍馬のイメージとヤクザ映画の影響が大きい)[10]児童文学作家さねとうあきらは、「〜じゃのう」などの児童向けの昔話に使われる似非方言について、「民話にとっての『標準語』『エスペラント語』」、「『これは地方の話だよ、今の話ではないよ、話しているのはお年寄りだよ』ということを示す仕掛け」であるといい、山奥の話では「おら」「〜だべ」などの東北弁風、海が舞台で南を思わせる話では「わし」「〜じゃ」などの関西・九州弁風、というように似非方言を使い分けているという[11]

有りんす詞(ありんすことば)[編集]

「なんだか、ご法事にあふやうでありんす」(黄表紙『無益委記』)などと出身を分からなくするために、花魁の言葉のうち、なかば人工的に作られた「廓詞」。「ありんす」は「あります」の音変化で新吉原の遊女が用いた。金水は江戸時代には一般的ではなく、明治以降の使用とされる、と書いている(金水編『<役割語>小辞典』p.19)。

アルヨことば[編集]

ステレオタイプな中国人を表現する際には、語尾「ある」(〜あるよ、〜あるね、〜あるぞ、〜あるか)や命令・依頼表現「〜するよろし(い)」、助詞の省略などの特徴を持つ役割語が用いられる。こうした表現は幕末から明治にかけての外国人居留地で自然発生したピジン日本語に由来するとされるが、当時は中国人に限らず西洋人も使っていた言葉遣いで、「ある」ではなく「あります」という形も多かった。その後、台湾満州などへの日本人の大量入植に伴い、中国人と日本人の接触が増え、ピジン日本語が多用されたため(協和語も参照)、「中国人=アルヨことば」というイメージが固定化された[12]

金水によれば、文法的な面から次のような特徴が指摘されるという[13]

  • 動詞・形容詞原形およびタ形、動詞の打ち消し「〜ない」、名詞、形容動詞語幹に「ある」が付いて、文末を構成する。平叙文では「〜ある」「〜あるよ」「〜あるな」等の形になり、疑問文では「〜あるか」となる。
  • 依頼・命令を表す形式として、動詞原形のうしろに「よろし(い)」が付いて、「買うよろし(い)」等となる。
  • 丁寧体・普通体の区別はない。
  • 「が」(を)等の動詞が欠落することがある。
  • その他、音声的な訛りが伴う。

キャラ語尾[編集]

登場人物の台詞に手っ取り早く個性を加える表現方法として、発話の最後に特定の語尾を付ける役割語がある(「モーグリの「〜クポ」、コロ助の「〜ナリ」、動物を擬人化させた際の「〜ワン」や「〜ワニ」など)。これを金水は「キャラ語尾」と名付け[14]、のちに定延利之は「キャラコピュラ」と「キャラ助詞」に分けられるとした[15]

他言語での例[編集]

日本語以外の言語にも役割語は存在するが、役割語がどの程度確立されているか、どの要素が役割語の指標となるかは言語ごとに違いがある。そのため、役割語のイメージを他言語間で共有することは難しく、物語作品やメディア作品が翻訳される際、役割語の翻訳の仕方によって、作品や登場人物の印象が原語版と変わってしまうことが多々ある。例えば『吾輩は猫である』は、猫が「吾輩」や「である」という堅く偉ぶった言葉を使うところに可笑しさがあるが、『I Am a Cat』や『我是猫』と翻訳されるとその可笑しさは削がれてしまう。

英語では、人称代名詞のバリエーションが少なく、また方言の使用が地方色よりも「無教養」というイメージに結びつきやすいなど、日本語に比べて役割語の使用は限られている[16]。英米文学で訛りや俗語らしさを表現する手法として、読むのに支障が出ない程度に綴りを意図的に崩す「視覚方言」(Eye dialect)がある。

朝鮮語では、日本語の男性語・女性語・老人語ほどはっきりした役割語ではないものの、敬語の使い分けなどによって性別や年齢の違いをある程度表現できる(朝鮮語の文法#敬語参照)。方言のステレオタイプは日本語と似ている部分があり、ソウル方言東京方言と同じように標準的で都会的、北部の咸鏡平安方言は東北方言と同じように素朴で地味というイメージがある[17]

参考文献[編集]

  • 金水敏『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』岩波書店、2003年ISBN 978-400006827-7
  • 金水敏『役割語研究の地平』くろしお出版、2007年ISBN 978-4-87424-396-1
    • 山口治彦「役割語の個別性と普遍性 -日英の対照を通して-」
    • 定延利之「キャラ語尾が現れる環境」
    • 鄭惠先「日韓対照役割語研究 -その可能性を探る-」
    • 金水敏「役割語としてのピジン日本語の歴史素描」
  • 金水敏編『<役割語>小辞典』(研究社 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 金水(2003)205頁
  2. ^ 金水敏, 役割語の探求, http://www.let.osaka-u.ac.jp/~kinsui/zyugyou/history/2000/kangaku/kougi.html 2008年4月28日閲覧。 
  3. ^ a b 金水敏 (2003), 役割語の不思議な世界, http://www.let.osaka-u.ac.jp/~kinsui/ronbun/nightessay.html 2008年5月4日閲覧。 
  4. ^ ここでの「標準語」は、メディアや教育を通じて、幼少期から日本語話者に刷り込まれる、役割語の基準点のような性質を持つ言葉を指す。一般に標準語と認識されているアナウンサーの端正な言葉遣いから、「俺は知らねえよ」のような東京方言的な言葉遣いまで含む。
    金水(2003)、63-72頁。
  5. ^ 金水(2003)、63-80頁
  6. ^ 金水(2003)、202頁。
  7. ^ 清水義範『日本語必笑講座』講談社、2003年、37-38頁。
  8. ^ 金水(2003)205頁
  9. ^ 金水(2003)28頁
  10. ^ 田中ゆかり『「方言コスプレ」の時代 -ニセ関西弁から龍馬語まで』岩波書店、2011年
  11. ^ 「疑問解決モンジロー 昔話の『じゃ』は方言?」 - 2007年4月30日朝日新聞
  12. ^ 金水(2003)175-203頁。
  13. ^ 「日本マンガにおける異人ことば」(伊藤公雄編『マンガのなかの<他者>』臨川書店 2008年pp.14-60)。
  14. ^ 金水(2003)、188頁。
  15. ^ 金水(2007)27-28頁
  16. ^ 金水(2007)、9-25頁。
  17. ^ 金水(2007)71-93頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]