敵役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

敵役かたきやくてきやく)とは、映画テレビドラマ・舞台演劇などの作品において、主役に敵対する存在として立ちはだかる役柄。敵役は英語でアンタゴニスト(Antagonist)と言う。悪役とも呼ばれるが、厳密には若干の差異がある。

定義[編集]

フィクションの世界において、主役(主人公)と敵対するキャラクター。ただし、必ずしもではない点で悪役との差異がある。

敵役は多くの場合同情すべき生い立ちや納得できる主人公との対立理由を持ち、十分共感できるキャラクターとしてデザインされる。むしろライバルに属することもある。悪役は見るものの共感を否定してひたすら憎まれることに存在理由をもつキャラクターであり、見る者が共感できるか否かが悪役と敵役を見分けるポイントであるといえる。そのため、ストーリーの展開次第では「主役と和解し、友または良き仲間となる」「主役を認め、敵対関係ながらも協力者となる」というパターンが存在する。ただし、悪役と敵役の境界や定義は見るものの主観によるため、明確に区別できるものではない。

関連項目[編集]