性愛文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

性愛文学(せいあいぶんがく、Erotic literature)は、エロティカ(性愛作品、Erotica)の一部。さまざまな古来、どこの文化にもある性的な表現、造形の文学的な形態と見られる。文学の一ジャンルではあるが、性行為を直接描写する官能小説と重複する部分もあり、あまり日の当たることはない。

最も古いそのジャンルのものは、『カーマ・スートラ』だと言われている。これに数えられる作品の大半は、中長編小説がほとんどだが、なかには短編も存在する。往々にして、官能小説ポルノグラフィー)とその範囲が重複し合うこともある。ただし、官能小説は直接的な性描写を中心として重んじるのに対し、性愛小説はあくまでも文学の範疇に留まり、直接的な性描写は二義的、もしくは避けられる場合が多い(下記の分類においては、「わが秘密の生涯」、「O嬢の物語」、「花と蛇」は官能小説の古典とみなされる事が多い)。

代表的な作品[編集]

欧米
アジア
日本

関連事項[編集]