AFAA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

The Adult Film Association of America(AFAA)は、アメリカ合衆国で最初のポルノ映画製作者の団体。検閲法と戦い、わいせつ裁判から業界を守る事を意図して組織され、1年ごとに成人映画賞の授賞式を開催した。

沿革[編集]

AFAAは1969年に、アストロ・ジェムコ・フィルム社のサム・チャーノフが初代会長として、カンザスシティ (ミズーリ州) に設立した。他の著名な会長には、1971年に第3代会長に選出され、評議委員長となるまで4回再選された映画プロデューサーデイヴィッド・F・フリードマン、そしてポルノ女優で雑誌出版者のグロリア・レナードがいる。

AFAAは1976年から1985年まで成人映画賞の授賞式を開いた。当時は類似する賞の中でも最も権威のあるものだったが、年を経るに連れ偏向を指摘されるようになった。特に1983年の『禁芯 (Virginia)』の勝利のために、ますます偏りを責められる事となり[1]、X-Rated Critics Organization (XRCO - 成人映画批評家の団体) が設立されるに至った。成人映画賞の役目は、大半がAVNアワードに取って代わられた。

ポルノビデオの出現で、AFAAは Adult Film and Video Association of America (AFVAA) と名前を改めた。アダルト・エンターテインメントの同業組合としての役割は1991年に組織されたFree Speech Coalition(言論の自由連合)によって引き継がれた。FSCはAFAAを最も重要な前身と認めている[2]

AFAAアワード[編集]

Best Actor(最優秀主演男優)[編集]

  • 1976年:ジェイミー・ギリスミスティ・ベートーベン (The Opening of Misty Beethoven)
  • 1977年:ジェイミー・ギリス 『ネイクド・セックス (A Coming of Angels)
  • 1978年:アルド・レイSweet Savage
  • 1979年:ジェイミー・ギリス 『U.S.A.セックスマシーン (The Ecstasy Girls)
  • 1980年:ジョン・レスリー 『私に汚い言葉を云って (Talk Dirty To Me)
  • 1981年:ジョン・レスリー 『Wicked Sensations
  • 1982年:ジョン・レスリー 『もっと汚い行為(こと)をして (Talk Dirty To Me, Part II)
  • 1983年:ポール・トーマス 『シャナ・グラント/禁芯 (Virginia)
  • 1984年:ジョン・レスリー 『ハリウッド・スキャンダル/悦楽の昼と夜 (Dixie Ray Hollywood Star)』『ワイフ・スペシャル/堕ちる (Every Woman has a Fantasy)』(双方の映画で同時受賞)
  • 1985年:ジェリー・バトラーSnake Eyes

Best Actress(最優秀主演女優)[編集]

Best Supporting Actor(最優秀助演男優)[編集]

  • 1976年:カルロス・トバリナ 『Tell Them Johnny Wadd Is Here
  • 1977年:ジョン・レスリー 『ネイクド・セックス (Coming of Angels)
  • 1978年:ロジャー・ケイン 『Bad Penny』;ジョン・シーマン 『Sweet Savage
  • 1979年:ボビー・アスタイア 『エロ・コレクション/檻の中の淫虐 (People)
  • 1980年:リチャード・パチェコ 『私に汚い言葉を云って (Talk Dirty to Me)
  • 1981年:ロバート・カーマン 『Outlaw Ladies』;リチャード・パチェコ 『先天性アクメニアン (Nothing to hide)
  • 1982年:ジェイミー・ギリス 『ROOM MATES/ブルーコア (Roommates)
  • 1983年:ロン・ジェレミー 『ニンフォマニア/けもの好き (Suzie Superstar)
  • 1984年:ロン・ジェレミー 『All The Way In
  • 1985年:ジョン・レスリー 『タブー・セックス4/錯乱 (Taboo 4)

Best Supporting Actress(最優秀助演女優)[編集]

  • 1976年:ジョージナ・スペルヴィンPing Pong
  • 1977年:アネット・ヘブン 『ネイクド・セックス (A Coming of Angels)
  • 1978年:ジョージナ・スペルヴィン 『メイクラブ/テイク・オフ (Take Off)
  • 1979年:ジョージナ・スペルヴィン 『U.S.A.セックスマシーン (Esctacy Girls)
  • 1980年:ジョージナ・スペルヴィン 『激芯/アーバンクライマックス (Urban Cowgirls)
  • 1981年:ホリー・マッコール 『先天性アクメニアン (Nothing To Hide)
  • 1982年:ヴェロニカ・ハート 『ダーティ・リップス/女の欲望 (Foxtrot)
  • 1983年:ケイ・パーカー 『スイート・ヤング・フォクセス (Sweet Young Foxes)
  • 1984年:チェルシー・ブレイク 『A感アクトレス/バック・バイブ (Great Sexpectations)
  • 1985年:リサ・デリュー 『マシュマロ・ウェーブ/巨乳 (Raw Talent)

Best Director(最優秀監督)[編集]

Best Film(最優秀作品)[編集]

  • 1976年:『ミスティ・ベートーベン (The Opening of Misty Beethoven)
  • 1977年:『アネット・ヘブンのスパークポルノ (Desires Within Young Girls)
  • 1978年:『レディ・ブルー/グレート・ポルノ (Legend of Lady Blue)
  • 1979年:『バビロン・ピンク (Babylon Pink)
  • 1980年:『私に汚い言葉を云って (Talk Dirty to Me)』;『激芯/アーバンクライマックス (Urban Cowgirls)
  • 1981年:『先天性アクメニアン (Nothing to Hide )
  • 1982年:『ROOM MATES/ブルーコア (Roommates)
  • 1983年:『ミス・ジョーンズの背徳2 (The Devil In Miss Jones Part II)
  • 1984年:『ハリウッド・スキャンダル/悦楽の昼と夜 (Dixie Ray Hollywood Star)
  • 1985年:『タブー・アメリカン・スタイル (Taboo American Style)

Best Screenplay(最優秀脚本)[編集]

  • 1976年:『ミスティ・ベートーベン (The Opening of Misty Beethoven)
  • 1977年:『アネット・ヘブンのスパークポルノ (Desires Within Young Girls)
  • 1978年:『レディ・ブルー/グレート・ポルノ (Legend of Lady Blue)
  • 1979年:『U.S.A.セックスマシーン (Esctacy Girls)
  • 1980年:『ダイナミック・ポルノ (The Budding of Brie)
  • 1981年:『The Dancers
  • 1982年:『ROOM MATES/ブルーコア (Roommates)
  • 1983年:『歓痛する女 (In Love)
  • 1984年:『ハリウッド・スキャンダル/悦楽の昼と夜 (Dixie Ray Hollywood Star)
  • 1985年:『マシュマロ・ウェーブ/巨乳 (Raw Talent)

Best Sex Scene(最優秀セックスシーン)[編集]

  • 1983年:『シャナ・グラント/禁芯 (Virginia)
  • 1984年:『Firestorm
  • 1985年:『ニュー・ウェイブ・フッカーズ/序章・禁じられた果実 (New Wave Hookers)』;『Passage Thru Pamela

脚注[編集]

外部リンク[編集]