CMNF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CMNFは「Clothed Male(s) and Naked Female(s)」(着衣の男性と裸の女性)の略。

服装に格差をつけることで、不自然さ・アンバランスさによるエロティシズムや支配従属関係を明示または暗示する。

性的なコンテンツにおけるシチュエーションのひとつであり、また広く一般の文化や表現物、そして日常生活においても見られる。

日常生活におけるCMNF[編集]

元来、一般的な洋装のファッションにおいて、男性に比べて女性の服装の露出度が高いことは、社会通念において認められている。これをソフトなCMNF的傾向と評価できる。

例えばビジネスの場において、男性が脚部を露出したファッション(ハーフパンツなど)を着用することはマナー違反とされるが、女性がスカートを着用し脚部を見せることは、広く許容されている。

パーティー等においても、男性の正装であるタキシードモーニングはほとんど肌を露出しないのに対し、女性のイブニングドレスカクテルドレスウェディングドレスは、腕や肩などを広く露出するスタイルが一般的である。

一般文化におけるCMNF[編集]

スポーツ舞踊舞台、一般表現物などにおいても、ソフトないし露骨な形でのCMNFが見られる。

例として、フィギアスケートにおいて、男子選手より女子選手のコスチュームのほうが、明らかに露出度が高い。バレエやペアの競技ダンスアイスダンスでも同様である。

広告やマスメディアにおいても、CMNF的なシチュエーションはよく見られる。

CMNF白黒写真の例

性的な文化におけるCMNF[編集]

性的な文化の中でも、特にSMは典型的な支配従属関係を表した文化であるため、CMNF的なシチュエーションが広く見られる[要出典]

服装においてその関係性を表すため、S側の男性は服を着てM女性は全裸ということが非常に多い。

また典型的なSMでなくても、女性に羞恥心や屈辱を感じさせるため、CMNF的なシチュエーションを利用することも多い。 いわゆる露出プレイや、女囚ものなどにおける強制的な脱衣がその例である。

性風俗のカルチャーではストリップ劇場や女体盛りなどがよくCMNF的な題材で取り上げられる[要出典]

ファッションヘルスでも、話し合いによる合意の上で、着衣の男性客が、全裸の女性従業員に、抱擁や指マンやクリいじりやアナルくすぐりなど性的いたずらをするプレーもよくある。追加料金払わなくてもOKしてくれる女性従業員も多いが、いやがる女性もいる。写真を撮らせてくれる店もある。また、着衣の自分の姿と全裸の女性従業員とのツー・ショット写真を大切にしている男もいる。かなり、安価なヌード鑑賞となる。男性ヌードを拒否する男にとって、素敵な性的遊びとなる[要出典][誰?]

テレビにおけるCMNF[編集]

美術におけるCMNF[編集]

着衣の男性が、女性のヌードを描くほうが、着衣の女性が男性ヌードを描くよりも、はるかに多い[要出典]

大学や各種学校の美術の授業で、裸婦デッサンが行われ、着衣の男が多人数で着衣の女性もいた上で、全裸の女性がポーズをとることとなる。

描いている男性画家と全裸のモデル女性とは、CMNF状態となる。画家のアトリエで、「ポーズをつける」と称して、モデル女性の体に触るのもいる。隠しカメラで盗撮する画家もごくたまにいる[要出典]

ヌード鑑賞目的であることを隠して、公民館などのクロッキー会に参加する男も、たまにいて問題となっている[要出典][誰?]

CMNFが描かれている有名絵画[編集]

ティツィアーノ

ドミニク・アングル

エドゥアール・マネ

映像作品[編集]

これらは、CMNFシーンがあるものであり、「ドレミファ娘の血は騒ぐ」のように男性ヌードが一切ない作品もあるが、男性ヌードが出てくる別シーンが含まれるのも少なくない[要出典]

^男性ヌードなし

アダルト

  • 全裸若女将 - ソフト・オン・デマンド 2001年
  • 全裸オーケストラ^ - ソフト・オン・デマンド 2002年
  • 全裸バレエ - ソフト・オン・デマンド 2004年
  • 白鳥の湖 The エロス 全裸バレエII - ソフト・オン・デマンド 2004年
  • 全裸バレーボール - ディープス 2004年
  • 全裸バスケットボール - ディープス 2004年

日本映画・一般

アメリカ映画

イギリス映画

フランス映画

イタリア映画

ハンガリー映画

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]