エマニュエル・アルサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エマニュエル・アルサン(Emmanuelle Arsan, 1932年 - )は、フランスの女性作家、生まれはタイバンコクでタイ人女性のペンネームである。元々は映画脚本家。16歳でフランスの外交官と結婚。1968年ロバート・ワイズ監督で、スティーブ・マックイーンリチャード・アッテンボローらが出演した映画『砲艦サンパブロ』に、マラヤット・アンドリアンヌ(Marayat Andriane)の名で出演、メイリーの役を演じている。 その後、執筆活動に転じ、『エマニュエル夫人』(原題は、単に「エマニュエル」。ファーストネームなので、こちらが正しい)で、一躍有名作家の仲間入りを果たした。レズビアンや露出、自分の恋人を他の男性に抱かせたりといった、通常の男女の愛情表現としての性行為から外れた新しい愛のかたちを描いて、女性たちにも読まれた。

作品は、オランダ出身の女優、シルビア・クリステルの主演で映画化(『エマニエル夫人』)され、シリーズとして3作作られ、その後数多くのリメイクが作られた。アルサン自身も、『エマニュエル夫人』の続編を執筆している。

その後の作品でも一貫して、男女の愛のかたちのさまざまを追求している。女性の性意識に大きなインパクトを与えた作家であるが、その影響ほどには作品は日本では読まれていない。

主な作品[編集]

エマニエル夫人 清水正二郎訳 浪速書房 1970
エマニエル夫人 川北祐三訳 二見書房 1974
エマニエル夫人 長島良三訳 二見書房 1975
エマニエル夫人 安部達文訳 二見書房 1991.8 のち文庫
  • 性夢 安部達文訳 二見書房 1970
  • エマニュエル、あるいは快楽の学校
  • エマニュエル、あるいは愛の園
  • 頭から足の先までエマニュエル
  • 反処女エマニエル夫人 安部達文訳 二見書房 1974
反処女エマニエル夫人 長島良三訳 二見書房 1975
  • エマニエルの子供たち 長島良三訳 二見書房 1975
  • シビルの部屋
  • ラウラ(著者自らが監督して『卒業生』として映画化)
  • 少女ネア 安部達文訳 二見書房 1977.7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]