信頼できない語り手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

信頼できない語り手(しんらいできないかたりて、信用できない語り手、英語:Unreliable narrator)は、小説映画などで物語を進める手法の一つで、語り手ナレーター語り部)の信頼性を著しく低いものにすることにより、読者観客を惑わせたりミスリードしたりするものである。

概要[編集]

この用語はアメリカの文芸評論家ウェイン・ブース(Wayne C. Booth)の1961年の著書『フィクションの修辞学』(The Rhetoric of Fiction) の中で初めて紹介され、語り手に関する議論において「一人称の語り手は信頼できない語り手である」との論が張られた。

信頼できない語り手の現れる語りは、普通一人称小説(ジュネットの言う「等質物語世界的」)であるが、三人称小説(同じく「異質物語世界的」)の語り手も信頼できない語り手となることがある。読者が語り手を信頼できなくなる理由は、語り手の心の不安定さや精神疾患、強い偏見、自己欺瞞、記憶のあいまいさ、知識の欠如、出来事の全てを知り得ない限られた視点、その他語り手が観客や読者を騙そうとする企みや、劇中劇妄想などで複雑に入り組んだ視点になっているなどがある。

語り手の信頼度には、『白鯨』の信頼の置けそうなイシュメールから、ウィリアム・フォークナーの『響きと怒り』における複数の語り手たち、ウラジーミル・ナボコフの『ロリータ』におけるハンバート教授まで大きな幅があるが、全ての語り手は一人称小説であれ三人称小説であれ、知識や知覚の限界があることから信頼できないともいえる。

語り手の陥っている状態は、物語の開始と同時にすぐ明らかになることもある。例えば、語り手の話す内容が最初から誤っていることが読者にも分かるようになっていたり、錯覚や精神病などである。この手法は物語をよりドラマチックにするため、劇中で明かされることが多いが、語り手の信頼できるか否かが最後まで明らかにされず、謎が残されたままの場合もある。

信頼できない語り手の例[編集]

子供の語り手[編集]

子供が語り手となる物語では、経験不足や判断力不足のため、「信頼できない語り手」になることがある。

1884年の『ハックルベリー・フィンの冒険』では、主人公ハックは未熟なためもあり、登場する人物達に対する判断は、実際以上に寛大なものになっている。ハックが作者の「マーク・トウェインさん」をとがめる場面もあり、作中人物と現実の作者が交錯している(「第四の壁」を破る例でもある)。逆に、『ライ麦畑でつかまえて』のホールデン・コールフィールドは、周りの人物達を酷評しがちである。

読者を騙す語り手[編集]

読者や他の登場人物を騙そうとする人物も、信頼できない語り手である。

アガサ・クリスティの『アクロイド殺し』は、探偵と行動を共にする語り手の書いた手記という形式になっているが、実は語り手が犯人だったという設定をトリックに利用している。語り手は「嘘は書かなかった」ものの、決定的な描写をあいまいに書いている。こうしたトリック(叙述トリック)は、発表当時に一部からアンフェアだと批判されたが、現在ではよく利用されている。日本では横溝正史が『蝶々殺人事件』『夜歩く』で「事件の記述者=犯人」という形式を採用している。その性質上、映像化が難しいため主に小説で利用される。

1995年の映画『ユージュアル・サスペクツ』で、警察に尋問される語り手が「信頼できない語り手」となっている。語り手は事件に関する詳細を語るが、カイザー・ソゼについて知ることの全てを語っておらず、語った内容も虚実があいまいである。

シャーロック・ホームズシリーズ』の主な語り手であるジョン・H・ワトスンは誠実な人物として描かれるが、事件の描写についての正確性をシャーロック・ホームズから疑問視される事がある(ただし、ホームズ自身がミスリードしている場合もある)。

ジーン・ウルフの『ケルベロス第五の首』では、異星人というSFの設定を用いて、正体を隠そうとする語り手を登場させている。

精神に問題のある語り手[編集]

知的障害や精神疾患のある語り手は、健常者とは違う表現をするため、結果的に「信頼できない語り手」になることがある。

ウィリアム・フォークナーの『響きと怒り』における複数の語り手の中には、知的障害を抱える人物が登場する。

メメント』では、語り手は前向性健忘のため記憶を10分以上保てなくなっており、過去の出来事や自分の動機が何だったか、信頼できる方法で語ることが困難な状態である。またカットバックが多用されているため、視聴者も何が真実なのかが不明のままになっている。小説版では章の時系列が曖昧な構成になっている。

夢野久作の『ドグラ・マグラ』では、本人の自覚しない理由で、精神病院に入院している人物が主人公となっている。「自分が犯したかもしれない犯罪」を解決しようと努力する話であるが、「その物語自体が、発作による記憶であるかもしれない」ことが示唆されている。

江戸川乱歩の『孤島の鬼』の中盤に登場する日記では、生まれた直後から土蔵に閉じ込められて育てられた少女が書き手であり、一般知識の大きな欠落と別の異常環境要因が歪な記述となって現れ、「どうしてあの人には顔がひとつしかないの」といった文が登場する。

H・P・ラヴクラフトによる「クトゥルフ神話」では、恐怖に晒されて正気を失った一人称の語り手を起用することが多く、これらの語り手を信頼できなくすることで謎を謎のまま残している。また語り手が自分の見た出来事を超自然的に解釈することを堅く拒み通すものの、最後に恐ろしいものに直面したことを認めざるを得なくなる、という手法もしばしば使っている(『ピックマンのモデル』など)。

記憶のあいまいな語り手[編集]

精神疾患というほどでもないが、事故直後のショックや物忘れ、思い出したくない過去があるなど、あいまいな記憶を持つ人物が語り手になっている場合も、信頼できない語り手となることがある。

イギリスの小説家カズオ・イシグロは『日の名残り』などで、自分の人生や価値観を危うくするような過去の記憶から逃げている等、記憶を操作していたり記憶があいまいだったりする一人称の語り手を登場させ、最後には語り手が記憶と事実のずれに直面せざるを得なくなるような物語を多く書いている。

複数の信頼できない語り手[編集]

複数いる語り手たちが私利私欲、個人的な偏見、恣意的な記憶のために全員信頼できないという作品もある。

映画『羅生門』や、その原作である芥川龍之介の『藪の中』では、ある武士の死について複数の人物が検非違使に証言をするが、各人の語る証言は詳細が異なり、それぞれが矛盾する内容になっている。『藪の中』が下敷きにしたアンブローズ・ビアスの『月光の道』もほぼ同様である。特に映画版の『羅生門』の影響で、各証人の発言が矛盾する展開が起こる映画が多く製作されたため、この様な手法を映画用語でRashomon effectと呼ぶことがある。

男女間の立場についての食い違いはモチーフとして広く取り上げられ、『ヒー・セッド シー・セッド 彼の言い分 彼女の言い分』や『グリース』などでは、男性側と女性側とで自分たちの関係についての言い分が完全に食い違う。またさだまさしの歌う『検察側の証人』では、ある破局に対し全く異なる主張をする3人の語り手が、1・2・3番を歌う形を採っている。

小説『告白』では、登場人物達は作中で行われた事象を全て把握しているわけではなく、殺人事件の実情を被害者の母親である主人公は「主犯はともかく、直接手を下したもう一人の犯人には殺意はなかった」と思っていたのに対し、事件を行ったもうひとりの犯人は「殺意を持って殺した」としているといった錯誤がいくつもある。

三人称の信頼できない語り手[編集]

一人称の登場人物ではなく、ある登場人物に焦点を当てる一元視点の三人称小説(異質物語世界的)の語り手も、視点の限界から一種の信頼できない語り手と似た効果を生むとシュタンツェルは指摘する。また、物語を見回す全知の三人称の語り手も、重要な出来事を省略することによって読者や観客を騙す場合もある。

アンブローズ・ビアスの短編小説『オウル・クリーク橋の出来事』はその古い例で、語り手が述べるある男の物語は途中からすべて空想だったことが明らかになる。

参考文献[編集]

  • ウェイン・C. ブース(1961年)『フィクションの修辞学』米本弘一ほか訳(1991年)、水声社
  • F. シュタンツェル(1979年)『物語の構造:〈語り〉の理論とテクスト分析』 前田彰一訳(1989年)、岩波書店 ISBN 4000022792
  • ジェラール・ジュネット(1972年)『物語のディスクール:方法論の試み』、和泉涼一・青柳悦子訳(1985年)、水声社 ISBN 4000022792

関連項目[編集]

外部リンク[編集]