高木彬光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高木 彬光
(たかぎ あきみつ)
誕生 高木 誠一(たかぎ せいいち)
1920年9月25日
青森県青森市
死没 1995年9月9日(満74歳没)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1947年 - 1991年
ジャンル 推理小説占い
代表作 『白昼の死角』
『破戒裁判』
主な受賞歴 探偵作家クラブ賞(1950年)
処女作 『刺青殺人事件』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

高木 彬光(たかぎ あきみつ、1920年9月25日 - 1995年9月9日)は日本推理小説作家。本名は高木 誠一津軽方言詩人医師高木恭造の甥に当たる。

来歴[編集]

青森県青森市生まれ。4代続いた医者の家系だった。幼少時に母親と死別。

旧制青森中学校(現青森県立青森高等学校)から四修で第一高等学校理科乙類に入学。東京帝国大学理学部化学科の受験に失敗し、京都帝国大学薬学部に進んだが1年で中退、京都帝国大学工学部冶金学科卒。

非嫡出子として生まれ、一高入学の年に父親が亡くなり、家は破産して一家は離散し、親族からの援助で学業を続けた。その暗い生い立ちのせいもあってか「出身地・青森」には生涯思い入れを見せず、家庭内でも津軽弁を使わなかった。

京大卒業後、中島飛行機に就職したが太平洋戦争終結に伴い職を失う。1947年、骨相師の勧めにより小説家を志し、出来上がった長編『刺青殺人事件』が江戸川乱歩に認められて、翌1948年に出版の運びとなり、推理作家としてデビュー。

他、代表作に『能面殺人事件』(1950年、第3回探偵作家クラブ賞受賞)、『わが一高時代の犯罪』(1951年)、『人形はなぜ殺される』(1955年)、『成吉思汗の秘密』(1958年)、『白昼の死角』(1960年)、『破戒裁判』(1961年)など。主要作品に登場する探偵は神津恭介(かみづきょうすけ)。そのほか百谷泉一郎弁護士、霧島三郎検事など、魅力的な探偵キャラクターの創造で知られる。推理小説だけでなく、時代小説SF小説、少女向け小説も執筆している。

占いに通じていたことでも知られ、易に関する著作もある。また大学時代に学んだ冶金学の知識を生かし、秋田県で鉱山の発掘に熱中したこともあった。将棋も趣味であり、文壇名人戦の常連であった。

晩年は脳梗塞を幾度も発症し、その後遺症に苦しみ、闘病記『甦える』も執筆している。

エピソード[編集]

  • 「謎の美人易者」として一世を風靡した黄小娥の大ファンであった。手相にも詳しく、昭和56年には角川文庫より「手相占い」が出版された。
  • 『成吉思汗の秘密』 、『邪馬台国の秘密』および『古代天皇の秘密』は、いずれも神津恭介が入院中の退屈しのぎに歴史上の謎に挑むという長編小説であり、これらの作品は、ジョセフィン・テイの『時の娘』(1951年)に端を発した病院のベッドで動けない探偵が極めて限られた情報から推理する「ベッド・ディティクティヴ」という形式をとっている。
  • 『成吉思汗の秘密』において、義経=ジンギスカン説とする論理の弱さや矛盾点を海音寺潮五郎に批判される。高木は表立った反論は行わず、作品を改訂した際に神津恭介が「ある歴史小説家」への回答を行うくだりを追加した。
  • 坂口安吾の未完の探偵小説『復員殺人事件』に、『樹のごときもの歩く』と題した後半部分を加筆して完結させた。
  • 山田風太郎とは年齢・境遇が近かったこともあって親しく、高木がアイディアを出して山田が執筆した合作『悪霊の群』がある。互いの死去時の葬儀委員長を約束していたが、高木の死去時に山田も大病を患っており、果たせなかった。
  • 作品の参考にするため刑法・刑事訴訟法にはかなり通じており、丸正事件で被疑者以外の真犯人を名指し名誉毀損で訴えられた弁護士正木ひろしの、特別弁護人を引き受けたこともある。

著書[編集]

  • 妖鬼の塔 偕成社 1949
  • 死神博士 偕成社 1951 のちソノラマ文庫 
  • 幽霊馬車 偕成社 1951
  • わが一高時代の犯罪 岩谷書店 1951 のち角川文庫光文社文庫ハルキ文庫 
  • 能面殺人事件 岩谷書店 1951 のち春陽文庫、角川文庫、双葉文庫   
  • 刺青殺人事件 岩谷書店 1951 のち角川文庫、光文社文庫、ハルキ文庫、「白雪姫」角川文庫  
  • 黒衣の魔女 偕成社 1952 
  • 悪魔の口笛 ポプラ社 1953 のち文庫 
  • 白蝋の鬼 ポプラ社 1953 のちソノラマ文庫 
  • 素浪人奉行 東京文芸社 1953 のち春陽文庫 
  • 宇宙戦争 偕成社 1954
  • 紅地獄絵巻 東京文芸社 1954
  • 蛇神様 東京文芸社 1954 のち角川文庫、春陽文庫  
  • 怪盗白面鬼 東京文芸社 1954
  • 呪縛の家 和同出版社 1954 のち角川文庫、光文社文庫  
  • どくろ観音 千両文七捕物帳 同光社 1954 のち春陽文庫 
  • 吸血魔 ポプラ社 1954.6
  • 新選組 偕成社 1955 (実録時代小説)
  • 復讐鬼 東京文芸社 1955
  • 悪霊の群 山田風太郎共著 東京文芸社 1955
  • 死美人劇場 東方社 1955 のち角川文庫、春陽文庫  
  • 白妖鬼 東方社 1955 のち角川文庫 
  • 幽霊西えゆく 東方社 1955 のち角川文庫 
  • 魔弾の射手 東方社 1955 のち角川文庫 
  • あばれ振袖 正続 東京文芸社 1955-56 のち春陽文庫 
  • 人形はなぜ殺される 大日本雄弁会講談社 1955 のち角川文庫、光文社文庫、ハルキ文庫  
  • 雄鷲雌鷲 城昌幸,陣出達朗連作 和同出版社 1955
  • 血ぬられた薔薇 東方社 1955 のち角川文庫、春陽文庫  
  • 妖婦の宿 東方社 1955 のち角川文庫、春陽文庫  
  • 邪教の神 東方社 1956 のち角川文庫、「私は殺される」春陽文庫  
  • 随筆探偵小説 鱒書房 1956
  • 千両文七 東方社 1956 「刺青の女」春陽文庫
  • 血髑髏組 東京文芸社 1956 「血どくろ組」春陽文庫 
  • 折鶴秘帖 同光社 1956 のち春陽文庫 
  • 振袖剣光録 東京文芸社 1956 のち春陽文庫 
  • 妖説地獄谷 東京文芸社 1956 のち春陽文庫 
  • ボルヂア家の毒薬 東方社 1956 「猟奇の都」角川文庫 
  • 眠れる美女 和同出版社 1956
  • 振袖夜叉 東京文芸社 1957 のち春陽文庫 
  • 御用盗変化 東京文芸社 1957 のち春陽文庫 
  • あばれ千両肌 同光社出版 1957
  • 悪魔の嘲笑 東京文芸社 1957 のち角川文庫 
  • 鼠六匹二万両 和同出版社 1957
  • 浮気な死神 東方文芸社 1957 
  • 蛇の環 東京文芸社 1957
  • 無想剣進上 和同出版社 1957 のち春陽文庫 
  • 死を開く扉 東京文芸社 1957 のち角川文庫 
  • 刺青一代女 東京文芸社 1957
  • 神津恭介探偵小説全集 全10巻 和同出版社 1957-58
  • 鬼来也 正続 東京文芸社 1958 のち春陽文庫 
  • 青貝進之丞人斬控 東京文芸社 1958
  • 悪魔の火祭 桃源社 1958 のち角川文庫 
  • 樹のごときもの歩く 坂口安吾共著 東京創元社 1958
  • 小太郎の旗 東京文芸社 1958
  • 白鬼屋敷 桃源社 1958
  • ハスキル人 東方社 1958 のち角川文庫 SF短編集
  • 私の殺した男 和同出版社 1958 のち角川文庫 
  • 修羅王参上 東京文芸社 1958
  • 成吉思汗の秘密 光文社 1958 のち角川文庫、光文社文庫、ハルキ文庫  
  • 隠密独眼竜 東京文芸社 1958 のち春陽文庫 
  • 謎の唐人屋敷 東京文芸社 1958
  • お前の番だ 東京文芸社 1958
  • 三尺の墓 東京文芸社 1958
  • 火車と死者 講談社 1959 のち角川文庫 
  • 隠密愛染帖 東京文芸社 1959 のち春陽文庫 
  • 人肌変化 桃源社 1959 のち春陽文庫 
  • 目撃者 東京文芸社 1959
  • 黒魔王 東京文芸社 1959
  • 怪傑修羅王 同光社出版 1959 のち春陽文庫 
  • 幽霊復活 東京文芸社 1959 「二十三歳の赤ん坊」角川文庫
  • 長脇差大名 和同出版社 1959 のち春陽文庫 
  • 大前田探偵局事件簿 同光社出版 1959
  • 断層 桃源社 1959 のち角川文庫 
  • 蛇神魔殿 浪速書房 1959
  • 隠密飛竜剣 東京文芸社 1959 「柳生旅日記」
  • 死神の座 講談社 1960 のち角川文庫、光文社文庫  
  • 人蟻 森脇文庫 1960 のち角川文庫、光文社文庫 
  • 白昼の死角 光文社 1960 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • 魔剣青貝流 東京文芸社 1960
  • 花の千両肌 朝日書房 1960
  • 東京秘密探偵局 章書房 1960
  • 神秘の扉 浪速書房 1960 のち角川文庫 
  • 暗黒街の鬼 東京文芸社 1960
  • 振袖変化 東京文芸社 1961 のち春陽文庫 
  • 破戒裁判 東都書房 1961 のち角川文庫、光文社文庫 
  • 誘拐 光文社 1961 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • 占い人生論 巌松堂出版 1961
  • 竜巻街道 正続 東京文芸社 1961 「たつまき街道」春陽文庫 
  • まぼろし姫 東京文芸社 1961 のち春陽文庫 
  • 白魔の歌 光風社 1961 のち角川文庫  
  • 秘密探偵局捜査メモ 第1-2 雄山閣出版 1961
  • 江戸の夜叉王 桃源社 1962 のち春陽文庫 
  • 展覧会の絵 東京文芸社 1962
  • 追跡 光文社 1962 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫 
  • 青竜の剣 東京文芸社 1962
  • 大江戸悪魔祭 東京文芸社 1962 「江戸悪魔祭」春陽文庫 
  • 肌色の仮面 光文社 1962 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫 
  • 易の効用 運命開拓法 講談社 1963
  • 占い推理帖 文藝春秋新社 1963 (ポケット文春)
  • 黒白の虹 光文社 1963 (カッパブックス) のち角川文庫 
  • 隠密月影帖 東都書房 1963 のち春陽文庫 
  • 失踪 講談社 1964 のち角川文庫 
  • 影なき女 神津恭介事件簿 アサヒ芸能出版 1964 (平和新書) のち角川文庫 
  • 検事霧島三郎 光文社 1964 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫 
  • 捜査検事 光文社 1964 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫 
  • 密告者 光文社 1965(カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • 雪姫絵図 東都書房 1965 のち春陽文庫 
  • 法廷の魔女 講談社 1965 のち角川文庫 
  • ゼロの蜜月 光文社 1965 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • 出獄 神津恭助推理ノート 桃源社 1965 (ポピュラー・ブックス)
  • 高木彬光妖奇長篇選集 第1-4 東京文芸社 1965
  • 秘密探偵局捜査メモ 第3 青樹社 1965
  • これが法律だ 神津恭介推理ノート 桃源社 1965 (ポピュラー・ブックス)
  • 羽衣の女 東京文芸社 1966 のち角川文庫 
  • 脱獄死刑囚 桃源社 1966 (ポピュラー・ブックス)
  • 犯罪の環 桃源社 1966 (ポピュラー・ブックス)
  • 暗黒街の帝王 大前田英策推理ノート 桃源社 1966 (ポピュラー・ブックス)
  • 魔炎 大前田英策推理ノート 桃源社 1966 (ポピュラー・ブックス)
  • 偽装工作 光文社 1966 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫 
  • 波止場の捜査検事 光文社 1966 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫 
  • 盲目の奇蹟 神津恭介推理ノート 桃源社 1966 (ポピュラー・ブックス)
  • 占い推理帖 人相篇 文藝春秋 1966 (ポケット文春)
  • 都会の狼 光文社 1966 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • ぼくのヨーロッパ飛びある記 日本文華社 1966 (文華新書)
  • 消えた魔人 ポプラ社 1967 (名探偵シリーズ)
  • 恐怖の蜜月 大前田英策推理ノート 桃源社 1967 (ポピュラー・ブックス) のち角川文庫 
  • 黒白の囮 読売新聞社 1967 のち角川文庫、光文社文庫  
  • 最後の自白 近松検事シリーズ 光文社 1967 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫 
  • 殺人シーン本番 神津恭介推理ノート 桃源社 1967 (ポピュラー・ブックス)のち春陽文庫 
  • 風来浪人 桃源社 1967 (ポピュラー・ブックス) のち春陽文庫 
  • 脅迫 双葉新書 1967 のち角川文庫
  • 炎の女 光文社 1967 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • 青銅の顔の女 桃源社 1967 (ポピュラー・ブックス)
  • 吸血の祭典 世界の神秘と怪奇 日本文華社 1967 (文華新書)
  • 幽霊馬車 偕成社 1968 (ジュニア探偵小説)
  • 霧の罠 光文社 1968 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • 追われる刑事 光文社 1969 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫 
  • 紫の恐怖 桃源社 1969 (ポピュラー・ブックス)
  • 幽霊の顔 桃源社 1969 (ポピュラー・ブックス)
  • 高木彬光人相教室 あなたの人相はどのタイプ? 双葉新書 1969
  • 裂けた視覚 光文社 1969 (カッパ ノベルス) のち角川文庫 
  • 世界怪奇犯罪小説集 桃源社 1970
  • 復讐保険 桃源社 1970 (ポピュラー・ブックス)
  • 花の賭 双葉新書 1970 のち角川文庫
  • 女か虎か 双葉新書 1970 のち角川文庫 
  • 検事霧島三郎の記録 双葉新書 1970
  • 灰の女 光文社 1970 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • 黄金の鍵 光文社 1970 (カッパ・ブックス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • 易占入門 あなたにもできる易 講談社 1971
  • 天皇の密使 帝国の死角第1部 光文社 1971 (カッパ・ノベルス)  
  • 風雲の旗 桃源社 1971 (ポピュラー・ブックス) のち春陽文庫 
  • 方位学入門 知らないと危ない方角の吉・凶 光文社 1971 (カッパ・ブックス)
  • 連合艦隊ついに勝つ ミッドウェー海戦からレイテ海戦まで ベストセラーズ 1971 のち角川文庫、光文社文庫 
  • 昭和47年度幸運の暦 ベストセラーズ 1971
  • 高木彬光長編推理小説全集 全16巻 光文社 1972-74
  • 神曲地獄篇 光文社 1973 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫 
  • 邪馬台国の秘密 光文社 1973 (カッパ・ノベルス)
  • なりひら盗賊 日本文華社、1973 のち春陽文庫 
  • ミイラ志願 光文社 1973 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫
  • ノストラダムス大予言の秘密 1999年7月はたして人類は滅亡するか! 日本文華社 1974 のち角川文庫 
  • 一.二.三-死 光文社 1974 (カッパ・ノベルス) のち角川文庫、光文社文庫  
  • 暗黒街の密使 日本文華社、1975 「魔の首飾」角川文庫 
  • 邪馬台国推理行 角川書店 1975
  • 幻の悪魔 光文社カッパノベルス、1975 のち角川文庫、光文社文庫 
  • 高木彬光名探偵全集 1-11 立風書房 1975-76
  • 人相学入門 人を見る眼を養うために 講談社 1976
  • 手相学入門 転ばぬ先の杖として 講談社 1976 「手相占い」角川文庫 
  • 二幕半の殺人 角川文庫 1976
  • 大東京四谷怪談 立風書房 1976 のち角川文庫、光文社文庫  
  • 狐の密室 徳間ノベルス 1977.7 のち角川文庫 
  • 幽霊の血 桃源社 1977.5 (ポピュラー・ブックス)
  • 邪馬壱国の陰謀 日本文華社 1978.4 (文華新書)
  • 帝国の死角 角川文庫 1978.3
  • 巨城の破片・万華の断片 角川書店 1979.1 のち文庫
  • 殺意 角川文庫 1979.4
  • 大予言者の秘密 易聖・高島嘉右衛門の生涯 光文社 1979.7 (カッパ・ブックス) のち角川文庫、「「横浜」をつくった男」光文社文庫  
  • 甦える 脳梗塞・右半身麻痺と闘った900日 光文社 1982.9
  • 刺青物語 角川文庫 1983.4
  • 人斬り魔剣 春陽文庫 1984.7
  • 相性判断 この人があなたの幸運を招く 光文社文庫 1985.2
  • あなたの運命はこうなる! 易占がズバリ予知!! 日本文芸社 1985.9
  • 首を買う女 神津恭介シリーズ 角川ノベルズ 1986.11 のち文庫 
  • 古代天皇の秘密 神津恭介シリーズ 角川ノベルズ 1986.10 のち文庫
  • 恋は魔術師 角川文庫 1986.6
  • 姿なき女 大前田英策シリーズ 角川ノベルズ 1987.3 のち文庫 
  • 妖術師 角川文庫 1987.6
  • 現代夜討曽我 光文社 1987.6 (カッパ・ノベルス)のち文庫 
  • 七福神殺人事件 角川ノベルズ 1987.11 のち文庫
  • わが闘病記 脳梗塞・死からの脱出 曜曜社出版 1987.5
  • 蛇性の女 春陽文庫 1988.12
  • 仮面よ、さらば 墨野隴人シリーズ 角川ノベルズ 1988.5 のち文庫、光文社文庫 
  • 神津恭介への挑戦 出版芸術社 1991.7
  • 朱の奇跡 出版芸術社、1991 「帰ってきた探偵たち」光文社文庫
  • 五人の探偵たち 光文社文庫 1991.4
  • 真犯人 天山文庫 1992.1
  • 神津恭介の復活 出版芸術社 1993.9
  • 神津恭介の予言 出版芸術社 1994.9
  • 神津恭介の回想 出版芸術社 1996.6
  • 吸血の祭典 出版芸術社 1996.1 (ふしぎ文学館)
  • 被害者を探せ 検事霧島三郎 双葉社 1996.7
  • 高木彬光集 リブリオ出版 1997.10 (ポピュラーミステリーワールド第3巻)
  • 骸骨島 復刻版 神月堂 2002.7
  • 初稿・刺青殺人事件 扶桑社文庫 2002.11
  • 夜の皇帝・深夜の魔王 神月堂 2003.8
  • 悪魔の山 神月堂, 2004.12 (神津恭介シリーズ未収録短編集 1)
  • 高木彬光易占集 1-4 東洋書院 2005-06
  • 蝙蝠館の秘宝 ポプラポケット文庫 2006.2
  • 乱歩・正史・風太郎 山前譲編 出版芸術社 2009.11

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 高木晶子 『想い出大事箱 父・高木彬光と高木家の物語』 出版芸術社、2008年5月。ISBN 978-4-88293-345-8

外部リンク[編集]