加戸野五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かどの ごろう
加戸野 五郎
本名 石田 民五郎 (いしだ たみごろう)
生年月日 1913年
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 秋田県
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1938年 - 1964年
活動内容 1938年 東宝映画
1947年 新東宝設立に参加
1948年 チーフ助監督
1950年 監督に抜擢
1955年 本格的に監督昇進
1961年 新東宝倒産
配偶者 橘美千子
著名な家族 石田民三

加戸野 五郎(かどの ごろう、1913年 - 没年不詳)は、日本の映画監督である。本名石田 民五郎(いしだ たみごろう)。

人物・来歴[編集]

1913年(大正2年)、秋田県に生まれる。兄に映画監督の石田民三(1901年 - 1972年)がいる。

1937年(昭和12年)9月10日に設立された東宝映画に入社、1938年(昭和13年)には、並木鏡太郎監督の『長曽禰虎徹』に助監督としてついていた。

第二次世界大戦後、1947年(昭和22年)、東宝争議からスピンアウトして設立された新東宝の設立に参加、演出部に所属し、市川崑に師事した。翌1948年(昭和23年)、チーフ助監督に昇進、1950年(昭和25年)には、『青春デカメロン』で監督に抜擢された。

1955年(昭和30年)、本格的に監督昇進し、『長脇差大名』を監督した。1957年(昭和32年)、8本目の監督作『続・若君漫遊記 金比羅利生剣』の撮影中に、町娘役の女優前田通子(当時23歳)に対し、二階の階段の上で裾をまくれと演出をし、拒否される。同件はもつれにもつれ、人権擁護局から新東宝に謝罪命令が下るに至る。

新東宝で20本を監督したが、同社が1961年(昭和36年)の5月には製作を停止し、8月末には倒産した。

新東宝の倒産後は、1964年(昭和39年)に三協が製作した、扇町京子主演の初期のピンク映画覗かれた個室』を監督した以降の記録が不明である。

フィルモグラフィ[編集]

東宝映画[編集]

新東宝[編集]

[編集]

外部リンク[編集]