高木恭造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高木 恭造(たかぎ きょうぞう、1903年10月12日 - 1987年10月23日)は、日本の方言詩人(津軽弁)、医師。

概要[編集]

青森県青森市出身。青森県立青森中学校弘前高等学校卒業。青森日報社、出版社勤務を経て1933年に満州医科大学医学部卒業。青森日報社時代、当時主筆を務めていた詩人・作家の福士幸次郎の助言により方言による詩作に取り組むようになる。満州から引き揚げ弘前に眼科医院を開業する傍ら詩や小説などの創作を再開、全国で方言詩の朗読公演を行なうなど精力的に活動した。代表作「まるめろ」は海外でも翻訳され、その朗読と共に作品としても高い評価を得た。

津軽弁での優れた詩を多数創作し、彼に魅せられた人物も多く、ローカルタレントの伊奈かっぺいもその一人。

高木の死後、伊奈かっぺいと現青森市長の鹿内博らによって、高木の命日である10月23日を「津軽弁の日」に決定。 昭和63年の第1回以来、一般公募による津軽弁を用いた文芸作品を披露する模様が人気を博し、現在では年末に青森放送で放送されている。

推理作家の高木彬光は恭造の甥にあたる。

作品リスト[編集]

詩集[編集]

  • 方言詩集「まるめろ」(昭和6(1931)年)
  • 「わが鎮魂歌」(昭和10(1935)年)
  • 「鴉の裔」(作文社、昭和14(1939)年)
  • 方言詩集「まるめろ」(津軽書房、昭和28(1953)年、棟方志功装丁版)
  • 「詩人でない詩人の詩でない詩」(作文社、昭和40(1965)年12月1日)
  • 方言詩集「まるめろ」(津軽書房、昭和42(1967)年10月15日、作者朗読ソノシート付き)
  • 「架空都市」(昭和51(1976)年)
  • 方言詩集「雪女(ユギオナゴ)」(津軽書房、昭和51(1976)年10月20日、作者朗読ソノシート付き)
  • 「末期の呪文」(昭和55(1980)年)
  • 方言詩集「まるめろ」(津軽書房、1988年5月) ISBN 480660013X

小説集[編集]

  • 「奉天城附近」(昭和17(1942)年)
  • 「肉体の図」(昭和23(1948)年)
  • 「方言による三つの物語」(津軽書房、昭和40(1965)年5月1日)
  • 「婆々宿」(作文社、昭和42(1967)年4月15日)
  • 「落葉の群れ」(津軽書房、昭和43(1968)年6月15日)

エッセイ集[編集]

  • 「幻の蝶-ある詩人の回想」(昭和49(1974)年)

文集[編集]

  • 「高木恭造詩文集 第1巻」(津軽書房、昭和58(1983)年10月) ISBN 4806600148
  • 「高木恭造詩文集 第2巻」(津軽書房、昭和58(1983)年11月) ISBN 4806600156
  • 「高木恭造詩文集 第3巻」(津軽書房、平成2(1990)年10月) ISBN 4806600164

その他[編集]

  • 詩・文・写真集「津軽」(新潮社、昭和38(1963)年)
  • 方言詩+写真集「津軽残照」(路上社、昭和60(1985)年1月10日、写真:葛西梧郎) ISBN 4947612134

外部リンク[編集]