村川透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

村川 透(むらかわ とおる、本名:高橋-(たかはし-)、旧姓:村川1937年3月22日 - )は、日本の映画監督音楽家。別名:山形 透山形県村山市出身。福島大学経済学部卒業。上野国館林藩里正の血筋で、江戸前期に活躍した俳人・村川素英の子孫にあたる。

来歴・人物[編集]

福島大学卒業後の'59年、日活に入社し営業部に所属するも、方向性の不一致から同年に退社。翌年助監督として復職し、舛田利雄中平康西河克己らに師事。職能系助監督として『伊豆の踊子』『あゝひめゆりの塔』『嵐の勇者たち』など多数の作品に参加。特に日米合作映画『トラ・トラ・トラ!』では日本側演出部総チーフとして現場を取り仕切り、舛田利雄、深作欣二とともに実質的な監督として活躍。その手腕はアメリカ側監督であったリチャード・フライシャーも絶賛した。

'72年、監督デビュー作である日活ロマンポルノ映画『白い指の戯れ』(脚本:神代辰巳)が高評価を受けるが、ほどなくして日活を退社。郷里の山形に戻るも、'76年に恩師の舛田と日本テレビプロデューサー・山口剛らの計らいにより、テレビドラマ『大都会 闘いの日々』で監督復帰。この時に松田優作と出会い、'78年には松田を主演に迎えた『最も危険な遊戯』で映画監督としても本格復帰した。

その後松田とは、『蘇える金狼』『野獣死すべし』など多数の作品でコンビを組み、またテレビドラマでも松田主演の『探偵物語』をはじめ、『西部警察』『あぶない刑事』『はみだし刑事情熱系』などの人気シリーズを手掛けた。

松田優作没後も多くの作品を発表し続け、出身地の山形県村山市では「村川透映画祭」がコンスタントに開催されている。また、舞台を中心に活動していた柴田恭兵を『大都会 PARTII』のゲスト出演に推薦、その後『大追跡』のレギュラーに起用され、その人気を全国区へ広げたことでも知られている。

帰郷していた時代は、鋳物職人高橋敬典(妻の父であり、人間国宝)の下で働いたり、兄・村川千秋(『野獣死すべし』に指揮者役で出演)による山形交響楽団設立に携わったこともあった[1]。クラシック、ジャズ、ポップス問わず音楽方面への造詣が深いことでもよく知られ、自らもアマチュアサクソフォニストとして活動。日活時代には演奏者として劇伴のレコーディングに参加することもあった。後に『遊戯』シリーズなどで組む作曲家・キーボーディストの大野雄二とは当時からの旧知であったという。

また、目撃者役、人質役、タクシー運転手役など自作へのカメオ出演が多いことでも有名である(師匠である舛田利雄の影響も濃いと思われる)。近年では山形透の芸名を用い、出演者として直接クレジットされることも多い。

2014年6月、兄・千秋と共同で実家敷地内にアートスペース「アクトザールM」を開館した。

作風[編集]

同時期に活躍していた長谷部安春小澤啓一澤田幸弘といった日活ニューアクション畑の監督陣との比較では、相対的に独創性の強さが際立っていることで知られ、その演出手法の中でも特に有名なもののひとつとして「手持ちキャメラの多用」が挙げられる。これは動・静問わず様々な場面で使用され、更に望遠ショット、長廻し、シンクロ録音などを組み合わせることにより、ドキュメンタリーフィルムを思わせる迫力とリアリズムを醸し出している。その一方でトリック撮影(主にハイスピード撮影)などを大胆に取り入れることによって、アクションシーンに重厚感を持たせることも得意としている。

その他の技術面では、ナイトシーンなどにおけるブルーライトや逆光を利用した独特のライティングにも定評があり、崔洋一原隆仁などの後進にも大きな影響を与えた。

主な作品[編集]

劇場映画[編集]

ビデオ映画[編集]

テレビドラマ[編集]

連続
単発

作詞[編集]

番組出演[編集]

その他[編集]

  • オイディプスの刃(1976年公開予定 / 角川春樹事務所)
松田優作主演作品だったが、パリロケ中に製作中止となった。後の1986年に成島東一郎監督、古尾谷雅人主演で完成。

関係人物[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 山形新聞2006年2月26日朝刊掲載

外部リンク[編集]