クトゥルフ神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クトゥルフ神話(クトゥルフしんわ、Cthulhu Mythos)とは、パルプ・マガジン小説を元にした架空の神話体系である[1]

概要[編集]

パルプ雑誌の作家であるハワード・フィリップス・ラヴクラフトと、友人である作家クラーク・アシュトン・スミスロバート・ブロックR・E・ハワードオーガスト・ダーレス等の間で、架空の神々や地名や書物等の固有の名称の貸し借りによって作り上げられた。

太古に地球を支配していたが現在は地上から姿を消している、強大な力を持つ恐るべき異形のものども(旧支配者)が現代に蘇るというモチーフを主体とする。中でも、旧支配者の一柱であり、彼らの司祭役を務めているともされる、太平洋の底で眠っているという、タコイカに似た頭部を持つ軟体動物を巨人にしたようなクトゥルフは有名である。

邪神の名前である「Cthulhu」は、本来人間には発音不能な音を表記したものであり、クトゥルフやクトゥルーなどはあくまで便宜上の読みとされているため、クトゥルー神話ク・リトル・リトル神話クルウルウ神話とも呼ばれる。ラヴクラフトから彼の遺著管理者に指名されたロバート・バーロウによると、ラヴクラフト自身はKoot-u-lewと発音していたそうである。またラヴクラフトの書簡には、発音方法が記されたものがある。それによると『Cluh-luhのように音節を分け、舌の先を口蓋にしっかりとつけたまま、唸るように吠えるように、あるいは咳をするようにその音節を出せばいい[2]』と書かれている。1974年出版のラヴクラフト全集を訳した大西尹明はクトゥルフと表記した理由を「発音されると考えられる許容範囲内で、その最も不自然かつ詰屈たる発音を選んだがため」としている。なお、ラヴクラフトの作品中で明確に「人間には発音不可能」とされているのは、「Cthulhu」と「R'lyeh」のみである。

この神話体系で用いられた固有の名称は、後の作家たちにも引き継がれているが、名称に伴う設定については各作家の自主性に任され、たとえばコリン・ウィルソンの『精神寄生体』[3]や『賢者の石』[4]では、本神話大系の名称にも使用されている邪神クトゥルー自体はあくまでもラヴクラフトの創作上の存在とされており、この辺りが世界観の共有を必要とするシェアード・ワールドとは異なっている。

ラヴクラフトは自身の作品群や世界観について、1928年に「アーカム・サイクル(アーカム物語群)」と呼んだ後、1930年頃に「クトゥルフその他の神話(Cthulhu & other myth)……戯れに地球上の生物を創造したネクロノミコン中の宇宙的存在にまつわる神話」と書いている[5]

「クトゥルフ神話」という語は長らくダーレスの考案とされてきた。そのため、「クトゥルフ神話」はダーレスが独自の見解を加え体系化した後の呼称として、ラヴクラフトの作品群やその世界観を指す「原神話」や「ラヴクラフト神話(Lovecraft Mythos)」と区別する意味で、「ダーレス神話(Derleth Mythos)」と呼ばれることもあった。特にダーレスによって持ち込まれたとされている、「旧神」「旧支配者」という善悪二元論的な対立関係に否定的な立場の読者はこの両者を明確に区別しているが、近年、ラヴクラフトがダーレスの「旧神」設定を自作に取り込んだ形跡が指摘されてもいる[6]

成り立ち[編集]

クトゥルフ神話は多数かつ多様な作品によって構成されており、その源泉を単純に述べることは困難だが、創始者とされるラヴクラフトは、自らが理想とするホラー小説について「宇宙的恐怖コズミック・ホラー)」という概念を提唱している。これは無機質で広漠な宇宙においては人類の価値観や希望には何の価値もなく、ただ意志疎通も理解も拒まれる絶対的他者の恐怖に晒されているのだという不安と孤独感をホラー小説に取り込んだもので、吸血鬼幽霊など人間の情念に基づいた恐怖を排除する傾向、宇宙空間や他次元などの現代的な外世界を取り上げるなどの要素がある[7][8]。ただし、ラヴクラフトの「宇宙的恐怖」にまつわる言説については時折変化があり、気に入ったフレーズとして場当たり的に用いていた可能性もある。また、ラヴクラフトの全ての作品が「宇宙的恐怖」を描いていたわけでもなく、「クトゥルフ神話」を「宇宙的恐怖」という言葉との関係を強調したのはむしろ、ラヴクラフトの作品を単行本化したオーガスト・ダーレスだろう。また、ヒロイック・ファンタジーの文脈を取り入れたロバート・E・ハワード善悪二元論的な作品を描いたオーガスト・ダーレスブライアン・ラムレイを始めとして、「宇宙的恐怖」以外のテーマを持つ作品も多く存在する。

従来、ラヴクラフトがクトゥルフ神話に描いた恐怖は、彼自身の恐怖感に由来していると考えられてきた。彼の作品には、自身の家系から来る遺伝的な狂気への恐怖、退行、悪夢などいくつかの共通したモチーフが見られる[9]。また、ラヴクラフトは海産物に対して病的な恐怖を抱いていたことが、クトゥルフなどの造型に関係しているのだと見なす向きもあった[10]

さらに、ラヴクラフトが東洋人ポーランド人黒人などのマイノリティに対して恐怖感と嫌悪感を持っていたことも知られている[11]。多くの人種の平等を唱えながら、ネグロイドオーストラロイドだけは生物学的に劣っているとして、この二者に対して明確な線引きが必要だと主張した[12]。当時としては問題にはならないが、現代であれば人種差別主義と言えるほどの偏見であり、これはそのまま『クトゥルフの呼び声』や『ダンウィッチの怪』での、人間と人ならざるものとの混血といったモチーフに結びついている[13]

また、ニューヨークに象徴される現代アメリカ文化に対する嫌悪感も強く描写されており、ラヴクラフトの恐怖と嫌悪は人種云々以前に現実全般(己自身をも含む)に及んでいたものと思われる[14]

発展[編集]

一連の小説世界はラヴクラフトとフランク・ベルナップ・ロングクラーク・アシュトン・スミスオーガスト・ダーレスらの固有名詞・設定のやり取りによって創始され、彼の死後、ダーレスやリン・カーターらがそれらの設定を整理して「クトゥルフ神話」として体系化していった。ラヴクラフト自身、後期の作品群にはある種の体系化を試みた形跡が見られ、共通した人名、地名、怪物名、書名等が現れ、作品間の時系列的関係にも考慮の跡がみられる。しかし、背景をなす神話世界の全体像に関してはもっぱら暗示するにとどまった。

ラヴクラフトの愛読者であったダーレスは、自分の解釈に基づいて1925年にマーク・スコラーと共に『潜伏するもの』などを執筆し、「旧神」が邪悪な旧支配者を封印したとする独自の見解や、旧支配者と四大属性の関連性を匂わせるなど新たな解釈を行なった。ダーレスは1931年にラヴクラフトに「潜伏するもの」の原稿を送っているが、ラヴクラフトが力作と褒めて彼を激励し、『インスマスを覆う影』においてその設定を取り込みすらした形跡がある。この同時期にラヴクラフトは他の友人へ書き送った手紙の中でもダーレスのことを高く評価しているので、この激励は年少の友人へのリップサービスというわけでもなかったことが窺われる。その後、ダーレスは自らの解釈に基づく作品を多数発表していくことになるが、他の作家たちもそれぞれ好き勝手な解釈や設定を付け加えていた。なお、ダーレスによると、「クトゥルフ神話」という名称は、神話の基本的な枠組を明らかにした作品がラヴクラフトの『クトゥルフの呼び声』であることに基づいており、神名ではなく作品名に由来するものである。

ダーレスはアーカム・ハウスという出版社を創設してラヴクラフトの作品を出版する一方、「クトゥルフ神話」体系の普及に努め、他の作家が「クトゥルフ神話」作品を書くように働きかけた。これによってラヴクラフトという作家は広く認知されることとなったが、ダーレスは、ラヴクラフトの文学を後世に伝え広めた最大の貢献者として称賛される一方で、ラヴクラフトのコズミック・ホラーを世俗的な善vs悪の図式に単純化したという理由で死後に批判されることにもなった。 とはいえ、ダーレスの存命中、アーカム・ハウスから刊行された新たな作家によるクトゥルフ神話作品は、必ずしも旧神や四大属性などのダーレスの独自設定に準拠しておらず、ダーレスがその「体系」を強要した形跡は見られない。

なお、ダーレスはラヴクラフトやスミスの書簡集も出したが、クトゥルー神話については、あくまでも作品として発表されたものに記された部分にだけ注目していた。だが、書簡の中でのみ言及されている設定や神々の名もあった。最初にそこに注目したのはリン・カーターだった。たとえば彼は、クラーク・アシュトン・スミスが作品としてではなくロバート・バーロウ宛ての書簡の中で述べたツァトゥグァの系図を採用し、作品中にクグサクスクルスの名前を導入したりした。今日では、書簡で述べられていた設定は、次々とクトゥルー神話作品に取り入れられている。

ラヴクラフトは彼に先行する作家アルジャーノン・ブラックウッドロード・ダンセイニアーサー・マッケンエドガー・アラン・ポーなどから影響を受けている。今日ではマッケンの『白魔』やロバート・W・チェンバースの『黄の印』など、ラヴクラフトに先行する作品もクトゥルフ神話体系の一部と見なす見解もある。

多くの執筆者の手によって諸々の作品が書かれたこと、創始者のラヴクラフトが構想の全貌を体系化することを試みていなかったことから、クトゥルフ神話が誕生した正確な年を特定することは(そのことに意味があるかどうかは別としても)困難である。「クトゥルフ神話」という名称がラヴクラフトの『クトゥルフの呼び声』に基づいていることから、「クトゥルフの呼び声」が執筆された1926年(または発表された1928年)をクトゥルフ神話誕生の年と見なすことも可能であろう。

ラヴクラフトが創始したクトゥルフ神話作品の基本パターンは、好事家や物好きな旅行者が偶然から旧支配者にまつわる伝承や遺物に触れ、興味を引かれて謎を探求するうちに真相を探り当てて悲劇的最期を遂げ、それを本人(が残した手記で)あるいは友人が語るというもので、特定の地名や神名、魔術書などの独特のアイテムが作中にちりばめられる。

クトゥルフ神話はこうしたアイテムによって定義されているとも言え、小説の素材として多くの作家に利用されてきた。ラヴクラフト以後の作家によって書かれた神話作品は、こうしたラヴクラフトの基本プロットを踏襲して、そこに新たに創作した遺物を付け加えるなどクトゥルフ神話の一部と呼ぶに相応しい本格的なものから、単に旧支配者の神名や召喚の聖句などが作中に出てくるだけのものまで、さまざまに共有・拡張され、神話体系ができあがっている。そして、これらの神名や新しい土地、魔導書等の名やキャラクターは、ジェームズ・アンビュールの知られざるルー=クトゥの魔神たち(Devil Gods of Lu-Kthu)や、フランクリン・シーライトの創造したアブドゥル・アルハザードの末裔アラン・ハッサードと言った具合に、今も増え続けている。

作家たちの想像力を尽くした、この世のものとも思えない異形の旧支配者たちは、怪奇ファンのみならず多くの読者を楽しませており、今や怪奇小説一つの枠に納まらなくなりつつある。近年、カナダのPermuted Pressから、そうした他ジャンルのクトゥルフ神話(ニャルラトテップの一人称による暗黒小説、シュブ=ニグラスをヒロインとした正統派ロマンス小説、ハーマン・メルヴィル白鯨ジュール・ヴェルヌのキャラクターであるネモ船長を導入した作品等)を集めた『CTHULHU UNBOUND VOL.1』(ISBN-10: 1934861138 )『CTHULHU UNBOUND VOL.2』(ISBN-10: 1934861146 )が刊行されている。小説のみならず、漫画やゲームの世界にも神話世界は拡張され続けている。

日本でのクトゥルフ神話[編集]

日本でのクトゥルフ神話の始まりは、少なくとも1956年において、早川書房のアンソロジー『幻想と怪奇2』に「ダンウィッチの怪」の収録が確認されている[15]。ラヴクラフトやクトゥルフ神話が広く知れ渡ったのは、1972年SFマガジン9月臨時増刊号で、クトゥルフ神話が初めて特集されたこと[15]。翌1972年の専門誌『幻想と怪奇』第4号で「ラヴクラフト=CTHULHU神話」と題され特集された[15]ことから、1970年代頃から注目されていると推定できる。

初めは翻訳作品だけだったが、1980年代には日本の小説家によるクトゥルフ神話作品が書かれるようになる。紹介された時期がアメリカで作品の書かれた頃よりずっと後だったせいか、ダーレスによるクトゥルフ神話よりはラヴクラフト作品に近づける傾向が強い。中には、栗本薫の『魔界水滸伝』のようにラヴクラフトからも離れた独自解釈を行った作品も見られる。  ただ翻訳作品が無いだけで、作品自体は江戸川乱歩により紹介はされていた。  高木彬光が1956年に書いた『邪教の神』にはファンタジー要素は一切無いが、クトゥルフ神話を想起させる邪教の神が出ており、これが日本の小説家により書かれたクトゥルフ神話の最初であるという説もある。  

また1990年代後半の18禁PCゲームの隆盛の中においてはホラーモノの定番のモチーフの一つとして用いられ、度々クトゥルフ神話及びその独自解釈、はてはパロディーや女体化させた萌え系作品等様々な要素を含んだ作品が数々生まれた。そうした流れを受けて今日においてはライトノベルや漫画でも同じくそうした作品が度々作られたことで、クトゥルフ神話自体の認知度も高まっている。

なお、クトゥルフを女体化させた作品の最古の例は日本ではない。1949年アメリカデイヴィッド・H・ケラーによって発表された「最終戦争」(The Final War)が最古の作品である。

クトゥルフ神話の神々と生物[編集]

旧支配者(古き神々、古き者ども)[編集]

旧支配者(Great Old Ones)」という呼称自体は、ラヴクラフトによる小説作品「クトゥルフの呼び声」で言及されているものの[16]、ラヴクラフト自身は旧支配者の名前や正体について触れておらず、クトゥルフは旧支配者(Great Old Ones)の祭司とされる。後続の作家・研究家による解釈は、はこの「祭司」という記述を旧支配者の配下、あるいは指導者とするなどまちまちである。また、ラヴクラフトは「狂気の山脈にて」において、「旧支配者(Great Old Ones)」という呼称を古のものについて用いている。

後のクトゥルフ神話作品においてこのカテゴリに分類されている神性を旧支配者と呼び、旧神と対立する邪悪な神々として位置づけたのはフランシス・T・レイニーによる「クトゥルー神話小辞典」以降であり、ダーレスは旧神を登場させた「潜伏するもの」において、「Great Old Ones」の語を旧神について用いている。

外なる神[編集]

外なる神(The Outer GODS)」とは、旧支配者とは別格の神々。元は単数でヨグ=ソトースの呼称であった。1980年代に、ケイオシアム社のTRPG『クトゥルフの呼び声』に見られるようになったが、今日では小説やゲーム、コミックなどでも多用されるようになった。

旧神[編集]

旧神と日本語訳されている存在はダーレスの創作したものであり、本来はどれが旧神と言えるものではない。しかしながら、Nodens(大いなる深淵の主ノーデンス)が旧神の一柱であるとされることが多く、又、ブライアン・ラムレイフランクリン・シーライトの様に、旧神を敢えて創造し作中に登場させる作家も出て来た。 英語ではGreat Old Ones、Old Ones、The Elder Gods、又はthe Elder Gods。

地球本来の神々[編集]

異形の神[編集]

「異形の神々(Other Gods)」は地球の神々を守る一団

旧支配者及び外なる神の従者[編集]

異種族[編集]

その他[編集]

クトゥルフ神話に登場する書物、地名とアイテム[編集]

魔導書と書籍[編集]

架空の地名[編集]

町、市の名前
地球上の施設、遺跡、大陸など
ドリームランド(幻夢境)Dreamlands
地球外

アイテム[編集]

クトゥルフ神話に登場するキャラクター・組織[編集]

キャラクター[編集]

組織[編集]

クトゥルフ神話の作家と作品[編集]

クトゥルフ神話作家[編集]

広義にクトゥルフ神話の作家とされる者は多数に上るが、いくつかの世代に分ける事が理解の助けとなる。

ラヴクラフトの先達
ラヴクラフトに影響を与えた先達のホラー作家たち。ラヴクラフト自身これらの作家の作品から積極的に固有名詞を借用するなどしてクトゥルフ神話世界構築の助けとした。
ラヴクラフト世代
ラヴクラフトと同時期にパルプ雑誌で活躍していた同世代の作家たち。これらの作家たちとの固有名詞やアイデアの交換、相互の借用によりクトゥルフ世界が成り立っていく。
アーカムハウス世代
ダーレスによるアーカム・ハウスの設立、およびクトゥルフ神話の再編が進んでからの作家たち。アーカム・ハウスから作品を刊行した者を含む。
ダーレス死後の世代

日本のクトゥルフ神話作家[編集]

小説家
漫画家
評論家

クトゥルフ神話に影響を受けた作品[編集]

クトゥルフ神話は、多数の作品に影響を与えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 風間賢二 『ホラー小説大全[増補版]』 角川ホラー文庫、2002年、70-71頁。ISBN 9784043665013
  2. ^ 学研 エソテリカ別冊 クトゥルー神話の本 P.041 より
  3. ^ 『精神寄生体』ISBN-10: 489342081X
  4. ^ 『賢者の石』ISBN-10: 4488641016
  5. ^ "H.P.Lovecraft Collected Essays Volume 5: Philosophy", 『定本ラヴクラフト全集』第5巻 P458
  6. ^ 「解説」『インスマウスの影』 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト、原田雅史、森瀬繚(解説)、PHP研究所〈クラシックCOMICS〉、2010年9月1日ISBN 978-4569791074
  7. ^ ハワード・フィリップス・ラヴクラフト 『文学における超自然の恐怖』 学習研究社2009年9月ISBN 978-4054037472
  8. ^ 「はじめに」『「クトゥルフ神話」がよくわかる本』 株式会社レッカ社(編)、佐藤俊之(監修)、PHP研究所〈PHP文庫〉、2008年12月17日ISBN 978-4-569-67136-9
  9. ^ 『クトゥルフ・ハンドブック』27頁、山本弘ホビージャパンISBN 4-938461-46-3
  10. ^ 『クトゥルフ・ハンドブック』111頁。
  11. ^ 『クトゥルフ・ハンドブック』110-111頁。
  12. ^ 『履歴書』(1934年2月13日付F・リー・ボールドウィン宛書簡の一部)『ラヴクラフト全集 3』- H・P・ラヴクラフト、大瀧啓裕訳、東京創元社創元推理文庫〉、ISBN 448852303X
  13. ^ 『クトゥルフ・ハンドブック』111頁。
  14. ^ 『クトゥルフ・ハンドブック』27頁、234-236頁。
  15. ^ a b c 学研 エソテリカ別冊 クトゥルー神話の本 P.164 主要翻訳書・参考書年表より
  16. ^ Wikisource reference Howard Phillips Lovecraft. The Call of Cthulhu/Chapter II. - ウィキソース. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]