ノーデンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノーデンス(Nodens)は、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの幾つかの作品に登場する神格である。ラヴクラフトの『未知なるカダスを夢に求めて(幻夢境カダスを求めて)』における描写から、人間に対して比較的好意的な存在と解釈されるため、クトゥルフ神話的には「旧神」(Elder Gods)の一柱とされることが多い。

ラヴクラフトの典拠となったのは、彼が愛読していたアーサー・マッケンの著作だと考えられているが、ラヴクラフト作品のノーデンスの性質はマッケンのそれとは大きく異なっている。 なお、ノーデンス自体の原典は、ケルト神話におけるヌアザと同一視されるイングランド西部のセヴァン河の神だと推測されている。

ラヴクラフトの『霧の中の不思議の館』においては、白髪と灰色の髭をもつ老人の姿で現れ、貝殻の形をしたチャリオットを操る、海の神のような性格を持つ。

また、同時期に執筆されたとされる『未知なるカダスを夢に求めて(幻夢境カダスを求めて)』においては、幻夢境(ドリームランド)の地下に広がる暗黒世界「偉大なる深淵」を治めており、「偉大なる深淵の主」(Lord of the Great Abyss)とも、「大帝」とも呼ばれる。 TRPGクトゥルフの呼び声では、夢にとり憑く黒く痩せこけた顔のない魔物、夜鬼(ナイトゴーント)を召喚して使役する設定になっている。

「ラヴクラフト作品には見られない」と評される旧神のイメージは、『未知なるカダスを夢に求めて』のラストに登場するノーデンスから作られたのではないかとの見方もできる。ラヴクラフトの楽しみとして書かれたとされるこの作品では、他の作品とは異なり、明らかに「救世主」的な役回りでノーデンスが登場している。

その他[編集]

ハドソンのゲームであるアースライトでは、最強クラスの能力を持つ宇宙戦艦にノーデンスの名が付けられている。