朝鮮神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朝鮮神話(ちょうせんしんわ)は朝鮮半島大韓民国朝鮮民主主義人民共和国)に伝わる神話のこと。文献神話と口伝神話で分けられる。

文献神話[編集]

文献神話の大部分は建国神話である。

口伝神話[編集]

口伝神話の大部分は巫俗の歌(巫歌)である。

ソルムンデハルマング神話
ソルムンデハルマングは朝鮮神話に登場する創世神(「ハルマング」は朝鮮語で「老婆」という意味)。朝鮮半島の人格神であると同時に女神であり、頭が天に着くほど背の高い巨人である。海に落ちて溺れ死んだとも、9人の息子のために粥を作り、その粥に落ちて死んだとも言う。済州島の女神で、他の地方では麻姑などと呼ばれる。
デビョルワン、ソビョルワン神話
太初にはすべてのものが話すことができ、また太陽と月が2つずつあった。チョンジワンの息子であるデビョルワン、ソビョルワンは言語を整理して、弓で太陽と月を1つずつ射落とした。ソビョルワンのまやかしによって、デビョルワンは冥府の王に、ソビョルワンは現世の王となった。
バリ姫(鉢里公主、ko:바리공주)神話
親から捨てられたバリ姫(「バリ」は朝鮮語で「捨てる」という意味)が親を生かすために試練を経験する話。バリ姫は巫女の守護神である。
ザチョンビ神話
両班の娘であるザチョンビが幾多の試練を乗り越えた後、神の息子であるムンドリョン(「ドリョン」は朝鮮語で「若様」という意味)と結婚する話。ザチョンビは穀物を持って地に帰って来たため、農業の神になった。