脱解尼師今

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脱解尼師今
新羅
第4代国王
Silla-monarch(1-12).png
王朝 新羅
在位期間 57年 - 80年
都城 金城
姓・諱 昔脱解
生年 紀元前19年
没年 80年
后妃 阿孝夫人
陵墓 北壌井丘
脱解尼師今
各種表記
ハングル 탈해 이사금
漢字 脱解尼師今
発音: タルヘ・イサグム
(タレ・イサグム)
日本語読み: だっかい・にしきん
ローマ字 Talhae Isageum
テンプレートを表示

脱解尼師今(だっかい にしきん)は、新羅の第4代の王(在位:57年 - 80年)であり、姓は(ソク)、名は脱解(タレ)。吐解尼師今(とかい にしきん、토해 이사금、トヘ・イサグム)とも記される。第2代の南解次次雄の娘の阿孝(アヒョ)夫人の婿。新羅の王族3姓(朴・昔・金)のうちの昔氏始祖。

即位まで(誕生説話)[編集]

三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀は、誕生及び即位については以下のように記している。

倭国の東北一千里のところにある多婆那国[1]で、その王が女人国(不明)の王女を妻に迎えて王妃とし、妊娠してから7年の後に大きな卵を生んだ。王は王妃に向かって、人でありながら卵を生むというのは不吉であり、卵を捨て去るように言った。しかし王妃は卵を捨てることに忍びず、卵を絹に包んで宝物と一緒に箱に入れて海に流した。[2]やがて箱は金官国に流れ着いたが、その国の人々は怪しんで箱を引き上げようとはしなかった。箱はさらに流れて、辰韓の阿珍浦(慶尚北道慶州市)の浜辺に打ち上げられた。そこで老婆の手で箱が開けられ、中から一人の男の子が出てきた。このとき、新羅の赫居世居西干の39年(紀元前19年)であったという。老婆がその男の子を育てると、成長するにしたがって風格が優れ、知識が人並みならぬものになった。長じて、第2代南解次次雄5年(8年)に南解次次雄の娘を娶り、10年には大輔の位について軍事・国政を委任された。南解次次雄が死去したときに儒理尼師今に王位を譲られかけたが、「賢者は歯の数が多い」という当時の風説を元に餅を噛んで歯型の数を比べ、儒理尼師今に王位を継がせた。儒理尼師今が57年10月に死去したときには、王(儒理尼師今)の遺命に従って脱解が王位についた。

  • 昔脱解が船で渡来した人物であることを示す挿話などと併せて、出生地を日本列島内に所在すると見る向きが多く、丹波国但馬国肥後国玉名郡などに比定する説がある。

治世[編集]

百済多婁王と蛙山城(忠清北道報恩郡)をめぐって度々戦争があった。また73年倭人が木出島[3]に進入してきたが、角干(1等官の伊伐飡の別名)の羽烏を派遣したが勝てず、羽烏は戦死した。77年には伽耶と戦って大勝した阿飡(6等官)の吉門を波珍飡(4等官)に引き上げた。

65年には後の金氏王統の始祖となる金閼智(第13代味鄒尼師今の7世祖)を瓠公が発見し、跡継ぎとして養育することとなった。実際には脱解尼師今の後は儒理尼師今の子が王位を継いで婆娑尼師今となり、儒理尼師今系の4人の王の後で脱解尼師今の孫が伐休尼師今が王位につくという複雑な継承となり、金氏の王統が直ちに立てられたわけではなかった。詳細は朝鮮の君主一覧#新羅の王系図参照。

在位24年にして80年8月に死去し、首都金城(慶州市)の北壌井丘に葬られた。

姓名の由来[編集]

『三国遺事』によるとはじめ姓名がわからなかったので、箱が流れ着いたときに鵲(カササギ)がそばにいたことから鵲の字を略して「昔」を姓とし、箱を開いて生まれ出てきたことから「脱解」を名とした、という[4]

脚注[編集]

  1. ^ 上垣外憲一は、神話である以上、他系統の伝承が混ざっているだろうと述べた上で、脱解は丹波国で玉作りをしていた王で、交易ルートを経て新羅にたどり着いたというのが脱解神話の骨子であるとし、神話の詳細な虚実は措くとしても、昔氏は倭国と交易していた氏族だと推測できるとした(上垣外2003 p.73)。なお『三国遺事』では脱解の出身地は多婆那国ではなく龍城国とされる。
  2. ^ 「初其國王 娶女國王女爲妻 有娠七年 乃生大卵 王曰 人而生卵不祥也 宜棄之 其女不忍 以帛裹卵並寶物置於(木へんに賣)中 浮於海」
  3. ^ 慶尚南道蔚山広域市の目島と比定する説が有力。(→井上訳注1980)
  4. ^ 『三国遺事』の説は文字表記から付会したもので、「脱解」は新羅語で太陽(または日の出)を意味し、もともと太陽神の神話だったことを表している。西川権は「昔」は日本語の「前」(さき)の当て字として、天之日矛が土着したとされる但馬の「前津耳」(さきつみみ)や延喜式内社但馬国養父郡佐伎都比古阿流知命神社と関係し、三宅連氏の祖先で前(さき)を氏とした一族とみている。脱解も日本語のタケ(武・建)であるという。また新羅において漢風の一字姓は6世紀から使用されたので当初から昔氏という姓があったわけではないが、大林太良は脱解の出現には神話の三機能体系のうち第三機能を表しているとし、濱名極光は昔と赤が類音であることから赤または銅をシンボルカラー、龍をトーテムとする部族だったかと推定している。

参考文献[編集]

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]