伝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伝承(でんしょう、: folklore: tradition populaire)は、ある集団のなかで古くからある慣習風俗信仰伝説技術知識などを受け継いで後世に伝えていくこと、もしくは、そのように伝えられた事柄や物を指す。歴史学民俗学にとって、重要な資料となる。

伝承、民間伝承、伝統[編集]

伝承」は、英語folkloreフランス語tradition populaireにあたる言葉で、庶民柳田國男のいう常民)のあいだでみられる知識や技術の継承および後世への伝達を意味している。古くは「俚伝」とも訳され、「民俗」の語も同じ意味で用いられる。

民間伝承」という語もよく用いられ、流布しているが、「民間」という語は、日本においては長らく官界に対するものとして用いられることが多いので、本来はfolkの訳語としては必ずしも適切ではない。

サクソン語形の複合語であるフォークロアfolk-lore )の語は、イギリスの古代学者ウィリアム・ジョン・トムスWilliam John Thoms)が1846年に雑誌「アシニーアム」のなかで民間古事(庶民につたわるしきたりや習わし、行事)と民間文芸(庶民に伝わる口承文学、言い伝え)などの両者をフォークロアの語のもとに包括しようと提議したことに始まるとされ、そののち欧米各国も採用するところとなったが、ドイツのみは当初からフォルクスクンデVolkskunde)の語を用いてきた。

フランスイタリアではtradition populaireという語もあるが、フォークロアそのままを用いることが多い。トラディシオンtradition という語はフランスでは政治的な意味合いで受け取られることが多く、研究というよりは政治的・心情的な態度をあらわすので使用を避ける傾向がある[1]。日本においても、民俗学におけるトラディシオンを「伝承」と訳して「伝統」とはあまり訳さないのも同じ理由によっている。「伝統」と呼称した場合、中立的な観点が阻害されることがしばしばありうるからである。

しかし今日、その一方で「民間療法」、「民間信仰」、「民間芸能」・「伝統芸能」・「民俗芸能」、「伝統行事」・「民俗行事」などの用語と混用する傾向も顕著である。

伝承の種類[編集]

行為伝承と口頭伝承[編集]

民俗行事芸能など、その行為が伝承されていくことを行為伝承というのに対し、神話叙事詩伝説民俗語彙など口頭で伝承されるものを口頭伝承もしくは口承といい、また、口碑と呼ぶことも多い。なお、古民家のことを伝承家屋と呼ぶこともある。

さまざまな伝承[編集]

それぞれの伝承は複合的な性格を有するので、単純に分類することはできない。以下の分類例はあくまでも便宜的なものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『民俗学辞典』(1951)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 柳田國男監修、(財)民俗学研究所編『民俗学辞典』東京堂出版、1951.1、ISBN 4-490-10001-9
  • 祝宮静『民俗資料入門』岩崎美術社、1971.9
  • 西垣晴次『民俗資料調査整理の実務』柏書房<地方史マニュアル7>、1975.9