エリザベス・ベア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベス・ベア
Elizabeth Bear
Elizabeth Bear at Eurocon 2011.jpg
誕生 Sarah Bear Elizabeth Wishnevsky
1971年9月22日(43歳)
アメリカ合衆国の旗コネチカット州ハートフォード
職業 小説家SF作家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル SFスペキュレイティブ・フィクション
主な受賞歴 ヒューゴー賞ローカス賞ジョン・W・キャンベル新人賞
処女作 『HAMMERED』
公式サイト Elizabeth Bear Dot Com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エリザベス・ベアElizabeth Bear1971年9月22日 - )はアメリカ合衆国小説家SF作家。2005年にはジョン・W・キャンベル新人賞、2008年には「受け継ぐ者」(Tideline) でヒューゴー賞 短編小説部門、2009年には「ショゴス開花」(Shoggoths in Bloom) でヒューゴー賞 中編小説部門を受賞。ジョン・W・キャンベル新人賞受賞者でヒューゴー賞の小説部門を複数回受賞したSF作家は2009年現在で5人しかいない[1]

経歴[編集]

コネチカット州ハートフォードで生まれる。コネチカット大学で歴史学と人類学を専攻するが中退。メディア産業専門家、厩務員、大規模病院の微生物処理マニュアル作業員、校正作業員など様々な職を転々とした。

ある期間、短編One-Eyed Jack, the Suicide King, Follow Me Light, This Tragic Glassなどの舞台としたネバダ州ラスベガスに住んでいたが、2006年1月コネチカット州へ戻る。

処女長編『HAMMERED—女戦士の帰還—』が2005年1月に出版され、同年6月には続編『SCARDOWN—軌道上の戦い—』、11月には『WORLDWIRED—黎明への使徒—』が出版された。この三部作はカナダ軍中級准尉ジェニー・ケイシーを主人公にした作品で、ジェニー・ケイシーは他に "Gone to Flowers" という短編にも登場している。このシリーズは2006年のローカス賞 第一長篇部門を受賞した。

2006年に初の短編集 The Chains That You Refuse が出版され、Blood and Iron ではファンタジーのシリーズ "The Promethean Age" を開始。

Viable Paradise という創作ワークショップでインストラクターを務めており、かつては Clarion West Writers Workshop でも教えていた。

作品リスト[編集]

長編[編集]

  • 《サイボーグ士官ジェニー・ケイシー》シリーズ
    • HAMMERED—女戦士の帰還— (Hammered, 2005)
    • SCARDOWN—軌道上の戦い— (Scardown, 2005)
    • WORLDWIRED—黎明への使徒— (Worldwired, 2005)
  • The Promethean Age シリーズ
    • Blood and Iron (2006)
    • Whiskey and Water (2007)
    • Ink and Steel (2008)
    • Hell and Earth (2008)
  • Jacob's Ladder 三部作
    • Dust (2007)
    • Chill (2009)
  • New Amsterdam シリーズ
    • New Amsterdam (2007)
    • Seven for a Secret (2009)
  • 他長編
    • Carnival (2006)
    • Undertow (2007)
    • A Companion to Wolves (2007) - サラ・モネットと共著
    • All the Windwracked Stars (2008)

短篇集[編集]

  • The Chains That You Refuse (2006)

受賞歴[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]