小中千昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こなかちあき
小中千昭
生年月日 1961年4月4日(53歳)
出生地 日本の旗日本東京都
民族 日本人
ジャンル 脚本家
活動期間 1988年 -
主な作品

特撮
ウルトラマンティガ
ウルトラマンガイア

ドラマ
エコエコアザラク 〜眼〜
アニメ
デジモンテイマーズ
serial experiments lain
ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー
THE ビッグオー』シリーズ
怪 〜ayakashi〜
デビルマンレディー

小中 千昭(こなか ちあき、男性、1961年4月4日 - )は、脚本家小説家東京都生まれ。成城大学卒業。

人物[編集]

代表作に、実弟のSF映画監督小中和哉との映画『くまちゃん』(音楽も担当)、特撮『ウルトラマンティガ』『ウルトラマンガイア』、アニメ『serial experiments lain』などがある。アニメ『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』では全エピソードの脚本を執筆している。

初期は主にホラー作品の脚本を執筆。『邪願霊』『ほんとにあった怖い話』などのオリジナルビデオ作品で、のちに映画監督の中田秀夫黒沢清、脚本家・高橋洋らが展開していく「ジャパニーズ・ホラー映画」に大きな影響を与えた。その表現方法は「小中理論」と呼ばれ、著書『ホラー映画の魅力』(岩波書店)の中で詳細に語られている。

1996年のOVA版『魔法使いTai!』を皮切りにアニメ作品も多く担当するようになる。

『インスマスを覆う影』、『ウルトラマンティガ』、『アミテージ・ザ・サード』、『デジモンアドベンチャー02』、『THE ビッグオー』、『GR-GIANT ROBO-』等、担当作品にはクトゥルフ神話を絡めたものが多い。また『デビルマンレディー』『怪 〜ayakashi〜』等、アニメにおいてもホラー的要素の強い作品を多く手掛けている。

マッキントッシュの愛用者としても有名。ドール・メイカーや、「#3b3オーケストラ」のベーシストとしても活動。

主な作品[編集]

オリジナルビデオ[編集]

映画[編集]

  • 死霊の罠2 ヒデキ(1992年)
  • くまちゃん(1993年)
  • THE DEFENDER(1996年) - 原案・脚本
  • DOOR Ⅲ(1996年)
  • ガラスの脳(2000年)
  • 蛇女(2004年) - 原案・脚本
  • 稀人(2004年) - 原案・脚本
  • 楳図かずお 恐怖劇場「まだらの少女」(2005年)
  • 楳図かずお 恐怖劇場「DEATH MAKE」(2005年)
  • ミラーマンREFLEX(2006年)
  • キノの旅(2007年)

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

エッセイ[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]