なかむらたかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかむら たかし
本名 中村 孝
生年月日 1955年9月12日(59歳)
職業 アニメ監督漫画家キャラクターデザイナーアニメーター
主な作品
監督

ロボットカーニバル - ニワトリ男と赤い首
とつぜん!ネコの国 バニパルウィット
パルムの樹
ファンタジックチルドレン
『寫眞館』


アニメーター
黄金戦士ゴールドライタン 』(作画監督・原画)
幻魔大戦』(原画)
未来警察ウラシマン』(キャラクターデザイン・作画監督・絵コンテ・原画)
風の谷のナウシカ』(原画)
カムイの剣』(原画)
迷宮物語 - 工事中止命令』(作画監督)
AKIRA』(作画監督)
ピーターパンの冒険』(キャラクターデザイン・場面設定・絵コンテ)
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(キャラクターデザイン・画面構成)
鉄人28号』(キャラクターデザイン・絵コンテ)

なかむら たかし(本名:中村孝、1955年9月12日 - )は、日本のアニメーターアニメーション監督、アニメ演出家漫画家山梨県出身。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。

略歴[編集]

青年時代に大友克洋の漫画に影響され、漫画家を志して上京する。同時に『鉄腕アトム』『鉄人28号』などを見てアニメの世界にも憧れており、1971年に16歳でタツノコプロに彩色として入社し、後に動画演出を担当する。この頃、『太陽の王子 ホルスの大冒険』や『ファンタジア』に衝撃を受ける。

会社では原画は無理だと演出課に回され、絵コンテの清書などをするが、疑問を抱いて退社、漫画を描きつつ、和光プロダクションに入社する。その後、アニメルームで原画家として数々の作品に参加する。作画監督デビューは『ヤッターマン』。スタジオ解散後にフリーに転じている。

建造物・自然物のリアルで緻密な崩壊シーン、ダイナミックなアクションやエフェクトの描写で実力を発揮。その仕事ぶりは後進のアニメーターに多大な影響を与えた。特に岩が砕ける描写が話題となり、「岩石アニメーター」「岩石崩しのなかむらたかし」と呼ばれた(これは『ホルス』の影響である)。フルアニメーションのように大量の枚数を描くのが特徴であった。金田伊功などに影響を受けている。

オムニバス作品『ロボットカーニバル』に参加、この中の1本「ニワトリ男と赤い首」で監督デビューしている。以後、演出家としての活動が増え、アニメーターとしての活動は縮小傾向にある。監督作品に『パルムの樹』『寫眞館』などがある。

漫画家としては「ザ・モーションコミック」(徳間書店)、「月刊ベティ」(アニドウ)、「コミックモーニング・パーティー増刊」(講談社)などで作品を発表していた時期がある。モーションコミックに連載された作品『夢の中へ』は、後に単行本化され現在は絶版となっているが、スタイル社から『TWILIGHT』として事実上復刊された(書き下ろしなど単行本初収録作品も含む)。初期の絵柄は大友克洋の影響を受けている。

2006年から2010年にかけて「月刊コミックラッシュ」で、ファンタジー漫画『キングアビス』を連載。雑誌掲載分の大半が単行本化されないままでいたが、2014年2月に雑誌掲載分を上・下巻に分けて収録した『キングアビス アダマ篇』がパイインターナショナルから刊行された。

主な参加作品[編集]

単行本[編集]

外部リンク[編集]