宇宙魔神ダイケンゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宇宙魔神ダイケンゴー』(うちゅうまじんダイケンゴー)は、1978年(昭和53年)7月27日から1979年(昭和54年)2月15日までテレビ朝日系で毎週木曜日18:00 - 18:30(関東地区)に全26話が放送された、鳥プロ制作のロボットアニメ

あらすじ[編集]

広い銀河の果てまでも、悪を叩いて流れ星。行く手を阻むか宇宙の地獄。怒れ正義のダイケンゴー!(オープニングナレーションより)

将軍ロボレオン率いるマゼラン帝国の銀河系侵攻に対して、銀河連盟は主星エンペリアスを中心に迎え撃つものの、圧倒的な戦力比により劣勢に陥る。エンペリアスの第1王子であるザムソンは、ロボレオンとの一騎打ちに敗れ、その命を落としてしまう。

マゼランの勢力に対抗するには950年周期でエンペリアスに接近する彗星「魔神の星」の力を借りて、守護神「ダイケンゴー」を復活させるしかない。覚醒したダイケンゴーと共にマゼランに立ち向かうことを決意する第2王子・ライガーだったが、エンペル王は弟のユーガーをパイロットに任命した。

しかし出発当日、無断でダイケンゴーに乗り込んだライガーは王の制止を振り切り、発進させてしまう。ライガーは同乗したクレオとアニケ・オトケと共にダイケンゴーを駆り、反撃を開始するが、直後にロボレオンからダイケンゴーを引渡すことを条件に和平交渉を行いたいという話を持ちかけてきた。しかしライガーはそれを連盟を降伏させる罠だと拒否、それを不服とした王は苦渋の決断の末、ライガー討伐の指示を出した。

連盟をも敵に回してしまったライガーたちだったが、それでも戦い続けることを決意する。ライガーは父の誤解を解き、銀河系に平和を取り戻すことができるのか。

概要[編集]

タツノコプロを退社し、独立した鳥海尽三が立ち上げた『鳥プロ』が製作した最初で最後の作品。同時期に退社した陶山智酒井あきよし達と共に企画・制作した。大宇宙を舞台に活躍する主人公達の物語を描いたロボットアニメである。数々のアニメソングを歌ってきた歌手堀江美都子が、初めてアニメの声優を担当した作品でもある。

「地球以外の星が舞台」と言う事もあり(但し、地球が舞台となるエピソードが複数ある)、登場人物のファッションは中世の西欧風を基調としながらも和洋折衷や男女混交のデザインが盛り込まれ(ライガー王子の衣装は女性のスカートのように裾が下まで伸びている等)、地球とは違った民族感覚であった。ベルトのバックルから取り出す「ベルト剣[1]」や、ダイケンゴー自体は元が石像だったりするなど、今までのロボットアニメに見られなかった設定も存在する。

『宇宙魔神ダイケンゴー』は最初から全26話(2クール)の予定だったが、放送が延長されることなく予定通り2クールで終わった[要出典]。鳥プロは『野生のさけび』の構成・脚本協力を最後に解散しており、現在における版権などは東映エージエンシーの管理下に置かれている。

『ダイケンゴー』はタカトクトイスが初めてロボットアニメに本格進出した作品でもある。同社が発売した『ビルドプラン ダイケンゴー』は、各ビークル形態の再現度が高いにもかかわらず合体後のプロポーションが殆ど崩れず、その上各関節が可動するという、当時としては完成度の高い玩具であったため、商品の売り上げはかなり良く、鳥プロに延長を希望して見るものの実現にはならなかった。

キー局ではローカルセールス枠であったために、朝日放送では平日早朝(現在の「おはよう朝日です」)枠で放送する一方、九州朝日放送では金曜日17:00-17:30枠で先行放送が行われたりと、本作の放送時間帯は地域毎に異なっていた。また、テレビ朝日系フルネット局が所在しながら系列外の局が放送した地域もある。(その項参照)なおキー局では、終了後は再放送枠に戻した後、1ヶ月半後の1979年4月2日よりローカルニュース番組『6時のサテライト』を開始する。

テレビ東京の開局当初[2]、少ないコンテンツを補填する目的で他局から様々な作品を購入するなどで再放送(テレビ東京での初回放送)をする事が多く、この『ダイケンゴー』もレンタル形式でテレビ東京での放送を過去に行った[3]事がある。

本作のヒットによりタカトクトイスは同じ鳥プロ原作の『龍虎巨人ゴーカイザー』を商品化する。

2008年9月22日から12月15日まで、東映チャンネルの「わくわく!!アニメタイム」枠にてニューマスター版の再放送が行われた。

登場人物[編集]

ライガー(17歳):石丸博也(次回予告ナレーションも兼任)
主人公。エンペリアスの第二王子。剣の名手で熱血漢。コンバットシップのパイロット。
当初は文字通りの「荒くれ者」だったが、旅を通して人間的に成長を遂げる。
クレオ(16歳):堀江美都子
ダレスの娘。武道に秀で、気が強く男勝りの美女。ダイケンバギーのパイロット。
アニケ:西尾徳
ライガーに仕えるサポートロボットの兄。ダイケンキャタピラーのパイロット[4]
オトケ:井上瑤
ライガーに仕えるサポートロボットの弟。兄より身長が高い。兄と同様ダイケンキャタピラーのパイロット[4]
エンペル王(50歳):藤本譲
ライガーたちの父。銀河系連盟の主星・エンペリアス星の王。常に冷静沈着。
物語前半で命令を破る形となったライガーの「逮捕」命令を出した事で(但しダルスによって「暗殺」命令に曲解された)、「父親としての立場」と「連盟の盟主としての立場」の間で悩むこととなった。
エリザ王妃(42歳):樽井京子
ライガーたちの母。心優しく、平和を愛する女性。
ザムソン(20歳):山田俊司
ライガーとユーガーの兄。戦死したと思われていたがサイボーグとして甦る。
ブライマン:納谷悟朗(ナレーションも兼任)
馬型メカ・サラブレッダーを駆り、ライガーを助ける謎のサイボーグ戦士。
ユーガー(15歳):島田敏
ライガーの弟。15歳。兄とは正反対でおとなしく実直な少年。だが正義感は兄にも引けを取らない。
当初は父王の命令でダイケンゴーのパイロットになるはずだった。最終話では銀河連盟軍を指揮し、宇宙嵐に守られたマゼラン星への突破口を開くなど活躍した。
ダレス(45歳):筈見純
クレオの父。エンペリアスの軍務大臣だがマゼラン軍に内通している。第12話でロボレオンと通信をしているところをユーガーに見られ、それを機にクーデターを起こしダイケンゴーを手土産にするも、用済みとしてロボレオンに粛清されかける。
しかし、密かにダイケンゴーに乗っていたライガーたちに救われ、そして赦されるも撤退したロボレオンが放った不意打ちからライガーを身を挺して救い、武人として最期を遂げる。
マゼラン大帝:田中崇
マゼラン星の支配者。絶大な力を持っているらしい。
バラクロス(?歳):友近恵子
マゼラン星の総司令官。腹黒く残虐非道な女性。宇宙忍術の使い手でもある。
ロボレオン:青野武
バラクロスに作られたロボット将軍。降伏してきた者を容赦なく粛清する程冷酷だがコミカルな一面も。バラクロスの前ではメロメロで、口癖は「めまいが…」。一人称は「ロボ」。
ゴーリッキ:笹岡繁蔵
ダルスの従者で怪力無双の大男。ダルスのクーデターの際も付き従っていたが、最後はロボレオンに裏切られたダルスを守るべくロボレオンと戦い善戦するも倒される。
グッダー博士:田中崇
マゼラン軍の科学者。瀕死のザムソン王子をブライマンに改造し、ひそかにサポートを続ける。

登場メカ[編集]

ダイケンゴー[編集]

エンペリアス星に代々伝われている伝説の守護神。魔神の星のエネルギーを受けて復活した。

巨大戦闘機であるコンバットシップ(乗員一名)、バギー型の巨大マシンダイケンバギー(乗員一名)、巨大戦車のダイケンキャタピラー(乗員二名)が合体して巨大ロボット・ダイケンゴーとなる。通常は移動基地・ダイケンベースに変形して宇宙を駆け巡る。各マシンへの分離には「ケンゴーセパレーション」、基地形態への合体は「ダイケンゴーベースアレンジャー」、魔神形態への合体は「宇宙魔神ダイケンゴー」と云うコールを用いる。

全長120.0m、体重800t。動力源は光子力エネルギー。単独のワープ[5]も可能である。

顔面の装甲が二つに割れると、中には般若のような牙を持った口があり、そこから炎を吐く(ダイケンファイヤー)。

武器[編集]

  • ダイケンファイヤー
口から放たれる火炎放射。そこから必殺技につなげるパターンをとる。
  • ダイケン宇宙魚雷
両腹蛇腹部が収納されそこから発射される型の魚雷。[6]
  • ダイケンチャク
ウイング端部ピトー管状の部分左右一対が電磁結合されヌンチャク状の武器になる。
  • ダイケンカッター
爪先から飛び出して敵の獣骨メカ等を切り裂く。
  • アローフェンサー
脚部に収納され膝頭より取り出す細身の剣。2本装備しており、基本的に二刀流で戦う。柄部後端で接続しそれを回転させて切り刻む「回転大輪剣」や、二刀流を生かして相手を十文字に切り裂く「必殺十字剣」が必殺技。使用頻度は十字剣の方が圧倒的に多い。尚取り出す際には頭部上で二本を交える独特の構えを取る。
  • ダイケンシールド
防御武装。五角形の肩のシールドを外して後端辺で接続し手持ちの六角盾として使用する。フリスビーのように投げて攻撃することもある。

獣骨メカ[編集]

マゼラン帝国の主力兵器。その名の通り獣のを模したロボットである。ダイケンゴー出現以前は銀河連盟にとって獣骨メカは脅威の対象となっていた。

獣骨メカは基本的に恐竜などの脊椎動物をモチーフにしているが、コツパイダーやガニーラのような節足動物をモチーフとしたものも存在する。また、量産化されている機体も存在しており[7]、魚の骨の形をした戦闘機も多数出現している[8]

一部の雑誌では「骨獣メカ」と掲載されているが、正しくは「獣骨メカ」である。

その他[編集]

  • サラブレッダー
ブライマンが搭乗する馬型のマシン。前足にある2門のレーザー砲が主武装。
  • エンペルコマンド
エンペリアス星が所有する大型戦闘母艦。艦内に無数の戦闘機が搭載されている。ダイケンゴーを除けば、銀河連盟が所有する現時点での最大戦力といえる。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • オープニング「宇宙魔神ダイケンゴーの歌」
歌:堀江美都子こおろぎ'73ザ・チャープス 作詞:鳥海尽三 作曲:小林亜星 編曲:高田弘
  • エンディング「宇宙の男ライガー」
歌:MoJo、ザ・チャープス 作詞:酒井あきよし 作曲:小林亜星 編曲:高田弘

放送リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 登場獣骨メカ
1 1978年
7月27日
あらくれ星雲児 鳥海尽三 八尋旭 チラノザウラー
2 8月3日 孤独の星武者 陶山智
山村一朗
古川順康 ステゴザウラー
3 8月24日 さすらい星ブライマン 酒井あきよし
福島みちお
山内重保
4 8月31日 二つのはぐれ星 鳥海尽三
毛利元
古川順康 ボーンバード
5 9月7日 友情の小惑星(アステロイド) 陶山智
山村一朗
6 9月14日 さらばゲリラ星 酒井あきよし
福島みちお
八尋旭 マウント
7 9月21日 第三惑星異常なし 鳥海尽三
毛利元
山内重保
8 9月28日 愛の裏切り星 酒井あきよし
福島みちお
八尋旭 コツコブラー
9 10月5日 二連星の誓い 鳥海尽三
毛利元
古川順康
10 10月12日 泣くな母恋星 酒井あきよし
福島みちお
山内重保 フェニボーン
11 10月19日 地獄星雲の対決 鳥海尽三
毛利元
八尋旭 ナトカッツ
12 10月26日 嵐を呼ぶ王星 酒井あきよし
福島みちお
古川順康 リゴダー
13 11月2日 ブライ星の秘密 ガニーラ
14 11月9日 移動星の設計図 海老沼三郎
酒井あきよし
八尋旭 ロバダン
15 11月16日 魔の怪物星 酒井あきよし
福島みちお
山内重保 モンギュラー
16 11月23日 星の渡り鳥 古川順康 コツパイダー
17 11月30日 第三惑星の友情 鳥海尽三
毛利元
八尋旭
18 12月7日 謎のゆうれい星 酒井あきよし
福島みちお
古川順康
19 12月14日 銀河のはぐれ星 鳥海尽三
毛利元
レヴィアタン
20 12月21日 母なる星の危機 福島みちお 八尋旭 スコーピオン
チラノザウラー
ステゴザウラー
リゴダー
21 1979年
1月4日
星の十字架 古川順康 バットボーン
22 1月11日 危うし! 第三惑星 八尋旭
23 1月18日 マゼラン星雲の陰謀 酒井あきよし
福島みちお
ザメーズ
24 2月1日 星魔王の挑戦 福島みちお 古川順康 星魔王
25 2月8日 星雲灯台X-01
26 2月15日 戦え! 王星三剣士 陶山智 八尋旭 ウォンタイガー

ANNフルネット局所在地域の系列外放送[編集]

広島地区では、既に4局フルネット化が達成された後でありながら、本来のテレビ朝日系列局である広島ホームテレビ(HOME・当時UHT)ではなく、番組販売扱いで中国放送(RCC・TBS系)の金曜17:00~17:30の時間帯にて放映されていた。ちなみに広島ホームテレビの木曜18:00~18:30の時間帯では、「トムとジェリー」(TBS系・広島地区ではRCCで放送)等の過去の系列内外のアニメ作品の再放送の月~金曜帯放送枠としていた。

※RCCはUHT開局前、「モーニングショー」の同時ネットや「アフタヌーンショー」の時差ネットを受けるなど、NETテレビ(現テレビ朝日)・毎日放送MBS・当時はNET系列)と親密な関係で、UHT開局後も、テレビ新広島(tss・フジテレビ系)が開局するまで、UHTが広島テレビ放送(HTV・日本テレビ系。tss開局までフジテレビ系にも加盟)の編成から外れた日本テレビ・フジテレビ系の番組を放送した関係で、編成から外れた一部のNET・MBS(1975年4月以降は腸捻転解消に伴いNET・朝日放送ABC))の番組については、引き続きRCCが放送していたため、その名残でもある。またRCCは中国新聞(RCCの事実上の親会社でHOMEにも少数出資。かつては大株主だった)・朝日新聞(かつては大株主だったが、中国新聞との間で多数のHOME株と交換したため、現在は少数出資)との資本関係でUHT(→HOME)と兄弟会社的な関係で、民間放送教育協会への加盟でテレビ朝日との関係を維持していた。

映像ソフト化[編集]

2014年12月5日に東映ビデオから初のソフトになるコンプリートDVDが発売が決定。

脚注[編集]

  1. ^ "ベルト剣"と云ってもウルミの様にベルト状に巻き付いているのではなくバックルから取り出す様な表現をされている。
  2. ^ 東京12チャンネル時代は系列局を持たない東京ローカルだった。テレビ東京への社名変更初期も系列を持たない時期にはこの状態だったので放送可能な自社コンテンツは少数であった。
  3. ^ この当時の他局製作コンテンツ放送時の御多分に漏れずOP等の局名表示部はカットされブルーバックにて他の製作スタッフ部のみ表示された。
  4. ^ a b コクピット内構造は左右同一で、どちらで操作しても全く同じ操作が可能。従ってどちらがどちらに乗ると云う決まった位置は無い。場合によっては同じコクピットに二人で乗っている事もある。
  5. ^ 劇中では「リープ航法」と呼ばれる。
  6. ^ 両腹部シャッターを開けたまま突入し機を見て射出する奇襲型の戦闘もある。
  7. ^ 1話で複数登場した機体もあれば、再登場した機体もある。このことから、マゼランの技術力・生産能力は銀河連盟を上回っているといえる。
  8. ^ 魚型戦闘機は劇中で数種類登場しており、比較的大型である指揮官タイプや小型の一人乗りタイプ、大型宇宙魚雷搭載タイプなどのバリエーションが存在している。また、獣骨メカの脱出ポッドにも採用されており、ロボレオンが破壊された獣骨メカから脱出するときに使用している。
テレビ朝日 木曜18時台前半枠
前番組 番組名 次番組
再放送枠(月 - 木)
※直前は『勇者ライディーン
宇宙魔神ダイケンゴー
再放送枠(月 - 木)
※最初は『超電磁ロボ コン・バトラーV

6時のサテライト(月 - 金)