ヤッターマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイムボカンシリーズ > ヤッターマン
アニメ:タイムボカンシリーズ ヤッターマン
原作 タツノコプロ企画室
監督 笹川ひろし
脚本 鳥海尽三ほか
キャラクターデザイン 天野嘉孝
メカニックデザイン 大河原邦男
音楽 神保正明山本正之
アニメーション制作 フジテレビ、タツノコプロ
製作 吉田竜夫
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1977年1月1日 - 1979年1月27日
話数 108話
テンプレート - ノート 

タイムボカンシリーズ ヤッターマン』(英語表記:Yatterman)は、1977年1月1日から1979年1月27日までフジテレビ系列で毎週土曜18時30分 - 19時00分(JST)に全108話が放映された、タツノコプロ制作のテレビアニメである。『タイムボカンシリーズ』第2作目に当たる。

なお、リメイク作品として、2008年1月から2009年9月まで日本テレビ系列でテレビアニメが放送され、2009年には実写映画が松竹系で公開された。これらについては以下の各項を参照。

作品概要[編集]

地球上のどこかにある“お宝”のありかを示したアイテムをある個数集めようとする、ヤッターマンとドロンボー一味との戦いを描いた作品。

ヒーローに変身する男女ペアの主人公、ゾロメカ、おだてブタ、三悪メカ爆発時のドクロ雲など、後にシリーズを象徴することになる要素のほとんどが本作で誕生した。ツナギをベースにしたヒーローコスチュームというのも異色である。

企画段階では『タイムボカン』とは無関係の作品とされており、シリーズの多くの作品とは違いタイムトラベルをしない(しかし、第11話においてタイムトラベルと思われる描写が行われている。また、第38話においてタイムトラベルを行っているが実はボヤッキーの夢だった)。

題材は初期には世界七不思議(雪男モアイネッシーなど)や世界各地の風物(カーニバルなど)、世界的に有名な俳優・歌手などを扱っていた。放映4か月目以降より、『タイムボカン』のように名作児童文学や昔話、伝記などのパロディーが激増する。舞台も明らかに現代とは思えない話が多い。サブタイトルの大半や登場人物・舞台は、これらの物語の元になっている話がわかるようなギャグパロディーとなっていた。

2年間の平均視聴率は20.1%と、タツノコプロ制作のアニメの中で最も高い数字を残している。タカトクトイスが発売したヤッターワンの玩具は出荷数120万個を超えた。そしてタイムボカンシリーズ作品では唯一リメイク版テレビアニメ実写映画版も制作された。1990年代にリリースされたOVA『タイムボカン王道復古』でも初代の『タイムボカン』を差し置いて本作がメインを飾っている。

あらすじ[編集]

オモチャ屋の息子・ガンちゃんは、父親が製造途中で放棄してしまった大きな犬型のロボットをガールフレンドのアイちゃんと一緒に密かに完成させる。父親がロボット犬を金儲けの道具にしか使わないことを危惧したガンちゃんはこのロボット犬を正義のために役立てることを考え、自らも正義を守るヒーロー『ヤッターマン』となることを決意した。

一方イカサマ商売で活動資金を荒稼ぎする悪党・ドロンボー一味のもとに泥棒の神様を自称するドクロベーと名乗る謎の人物から「大金塊のありかを記したドクロストーンが4つに割れて地球の方々に散らばっていて、1つは自分が持っている。もし残り3つのドクロストーンを見付けることができたら、金塊は折半しよう」という申し出を受け、ドクロベーに従う。ドロンボーの計画を知ったガンちゃんたちは、ロボット犬=ヤッターワンを駆って一味に立ち向かう!!

ストーリーフォーマット[編集]

  1. ドロンボー一味がインチキ商売で稼いだ金でその商売にちなんだメカを作る。
    • インチキ商売の店舗にはシンボルのドクロマーク(前作「タイムボカン」では白だったが本作より赤に変更)が必ず付いている。この地下にメカ工場がある(第39話では、メカ工場を「ドロンボー株式会社練馬支店」と表現していた)。
    • インチキ商売で物を売りつける際の値段は概ね10万円と決まっている。まれに競売形式の商売もあり、中でも第14話では1億7,000万35円[1]を稼いだ。売る商品(サービス)の値段が10万円程度で追いつかない場合(車など)では、100万円になることもある。また、最初には安価または無料を謳い、後から多額の料金を要求することもあった。
    • 状況によって、第28話や第39話の様にドクロベーが資金援助をすることもあった。またその逆に、第19話ではドロンボーが強奪した大量の札束を没収したり、第78話では売上金の大半を没収するということもあった。
  2. ガンちゃん(ヤッターマン1号)とアイちゃん(ヤッターマン2号)の2人(時折、オモッチャマ1人)がインチキ商売を嗅ぎ付け、店舗の赤いドクロマークでドロンボー一味の仕業と確信してから、潜入してドクロストーンに関する情報を入手する。
    • 地下のメカ工場への入り口は外から見える場合とカモフラージュされている場合があるが、どんなにうまくカモフラージュしてもオモッチャマが見つけ出す。ただし第55話では情報を得る前にドロンボーがメカを完成させて出発してしまうが、店舗の残骸の中から見つけた地図でドロンボーの行先が分かった。
  3. ドロンボー一味はドクロベーの怪しげな情報を元にドクロストーン探しに出る。ヤッターマンはそれを追跡する。
    • 多くの場合、ドクロベーが指令を伝えた後に爆発し、ドロンジョたちの服がボロボロになる(第75話では、ガンちゃんたちが爆発に巻き込まれた)。ただし、初期はテープやフイルムが消えるだけのことが多く、それに対しボヤッキー・トンズラーが、「○○は消える指令は残る、ほんにあなたは屁のような」、あるいは「声はすれども姿は見えず、ほんにあなたは屁のような」と言うのが定番だった。また終盤においてドロンジョの裸が露出すると、「アッ!見たわね、小林君と小林君のお父さん、後でお電話ちょうだいね。」(第97話のドロンジョの台詞)や「目を消毒して早く寝なさい!」(第105話のボヤッキーの台詞)などのように、視聴者に呼び掛けることがあった。
    • 多くの場合、メカが地上に出る際にインチキ商売の店舗を破壊するが、回によっては破壊せず、きれいに建物が割れて、その間から飛び出してくることもある。
  4. 先にご当地に着くドロンボー一味、地元のトラブルに乗じ、ご当地の悪人や心の歪んだ者を結託させ、言葉巧みにヤッターマンを陥れ、ドクロストーンと思しきものを詐取。
  5. 誠意もしくは実力で危機を脱したヤッターマンと馬脚を露わしたドロンボー一味との戦闘。白兵戦はヤッターマンが圧倒、メカ戦に移行し序盤はドロンボー一味が優勢だが、ヤッターマンの「メカの素」で生み出されたビックリドッキリメカ(ゾロメカ)で形勢逆転。そしてドロンボーメカはビックリドッキリメカに解体され爆発(自爆スイッチで爆破の回もある)、ドクロ雲を残す(ヤッターキングが登場してからはドクロ雲が雪だるまのように2つに増えていた)。最後にヤッターマンは勝利のポーズを決める。勝利のポーズは前期、中期、後期と大きく分けて3種類がある。
    • 後期には白兵戦はなくなった。
    • なおドロンボーメカが爆発しなかったことが3回あり、1回目は第15話で弾き返された溶解液を浴びて溶け、2回目は第98話でメカをヤッター側の虫歯メカに食われ、「ヤッターマンのスカポンタン!!」と叫んで退散。3回目は第101話で50年後の戦いの想像の果てに戦わずして退散(メカが破壊されていないにも関わらずおしおき三輪車で退散している)。
  6. 多くは誤解に基づくご当地トラブルはドロンボー一味の成敗と共に無事解決し、奪還されたターゲットがドクロストーンでないことも判明する。そしてドロンボーとの結託者は改心するか、ご当地の警察などに御用になるかのどちらかとなる。なお、本物は第14話と第34話で見つかっており、第34話ではヤッターマンが確保したものの、第84話でドロンボー一味に奪われている。
  7. ドロンボー一味、3人乗り自転車(通称「タンデム自転車」「おしおき三輪車」)で敗走する途中、「おしおきだべぇ」の一言でドクロベーの「ママより怖いおしおきタイム」が始まる。おしおきの際、ドクロベーが「ミュージック」とコールすると、ベートーヴェンの『運命』のイントロ部分が、おしおきファンファーレとして流れ、直後におしおきが執行される。内容としては主に「動物に襲われる」、「ミサイルや爆弾に撃たれる」、「岩や隕石などの下敷きになる」、「檻に閉じ込められる」、「釜茹でや火あぶりにされる」、「水中や砂地獄に落とされる」というパターンが多い。変わったところでは、95話で逃亡の時に劇中でドロンジョが約束を破ったキーザーの軍隊に追いかけられるというものもあった(ドクロベエは直接手を下さず、3人を助けに来た後見捨てて逃げた)。後期には、「おしおきポーズ」が登場し、その決めセリフは「ドクポンタン」(意味は、ドクロベーのスカポンタン)。
    • 第17話や第47話では、おしおきに逆上した一味が「ドクロベーのスカポンターン!!」と叫ぶシーンがあった(その後とどめのおしおきをされる)。
  8. ヤッターマン、ナレーションと共に凱旋する。

本作では2年と1か月、計108回にわたって同じパターンを延々と続けていた(時折これらのパターンが破られることがあり、視聴者を飽きさせない工夫がされている)。この放送期間内で放送休止となったのはわずか1週(1978年8月12日)であった。制作者側もマンネリを開き直っている様子が後期エンディングテーマ「ドロンボーのシラーケッ」の歌詞から窺える。一方、前作でよく見られた「敗北した際の責任のなすりあい」は無い。ただし、時々脱出する際にさっさと逃げようとするドロンジョにボヤッキーが怒るという描写はあった。

後期に入るとナレーションの富山敬がBGMに合わせて「♪がんばーれー ヤッター ヤッターマーン」などと歌うこともあった。なお、第31話・第61話・第96話・第99話・第101話・第103話・第105話では、ヤッターマンの凱旋シーンが省略された。

なお、テレビアニメ2作目も、概ねこのフォーマットを踏襲している。

登場人物[編集]

ヤッターマン[編集]

2人揃って「ヤッターマン」。ヤッターワンを完成させた2人はドロンボー一味の悪巧みを知り、ヤッターマンとなって戦う。基本的に何らかの形でドロンボー一味の企みを察知するが、事前に彼らのアジトを急襲することはしない。

ガンちゃん(ヤッターマン1号)
- 太田淑子 / 喜多村英梨タツノコ VS. CAPCOM
主人公。本名は高田(たかだ)ガン。父の高田徳兵衛(たかだ とくべえ。名前の由来はメインスポンサーのタカトクトイスから)が経営する高田玩具店の一人息子。身長165cm。正義感と熱血漢に溢れる性格の持ち主だが、ドロンボーに対しては容赦がなく、悪党相手とはいえ、彼らを騙したり、悲惨な姿を見ようとするなど正義の味方らしからぬこともする。武器はケンダマジックだが、第37、38話のみタカトクが販売していたシュルシュルカッター(薄い物を切り裂く熱線銃。元は発泡スチロールを電熱線の熱で自在に切り取る工作用器具)も使用している。前作の丹平と同様に13歳という設定だが、体格は20歳前後の青年のものであり、逞しい。いつもは常に青色のツナギを着ており、変身する際は空に投げたツナギを裏返しに着装してヤッターマン1号となる。ドロンボー一味の前に姿を現す際は決め台詞(「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」と言うパターンが多い)を発す。決め台詞後には歯をキラリと光らせるが、第62話では股間を光らせ、ドロンボーの3人をズッコケさせ、ドロンジョに「光ってりゃいいってもんじゃないよ!!」と言われた。後期以降からはドロンジョを捕まえて口説くシーンがお約束になり、彼女の心を弄ぶが、アイちゃんの怒りを買い、お仕置きされる。
第101話で描かれた50年後の姿では、白い髭を蓄え、腰痛(本人はリウマチと言っていた)持ちであり、ドロンジョと抱き合って満更でもない表情をしていた。
アイちゃん(ヤッターマン2号)
声 - 岡本茉利 / 加藤英美里(タツノコ VS. CAPCOM)
ヒロイン。本名は上成愛(かみなり あい)。ガンちゃんのガールフレンド。父の上成吾呂三(かみなり ごろぞう)が経営する電気屋の一人娘。身長161cm。1号同様正義感が強く愛に満ちているがドロンボーには容赦がなく、悪党相手とはいえ暴言を吐くなど正義の味方らしからぬこともする。武器はシビレステッキ。12歳だが、ガンちゃんに合わせて20歳弱程度の女性の体格で描かれている。ガンちゃんと同じようにいつもは黄色のツナギを着ている。変身する際は空に投げたツナギを裏返しに着装。決めゼリフ(まれに「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えないわよ」とお色気混じり(というよりブリっ子のように)に言う場合あり)の後に目をキラリと光らせる。2人の決めゼリフの後にドロンジョが「目医者歯医者のコマーシャルやるな!!」などとしばしば反発する。また、第78話ではボヤッキーに決め台詞を先に言われて、ガンちゃんの胸にすがりついて泣き出した。稀だが一部の回ではボヤッキーやトンズラーとの戦いで二人にセクハラをされたり、第75話ではとっさの機転で自爆しようとするドクロベエのロボットを投げたボヤッキーにより下着姿にされたことがある。
シリーズ後半でドロンジョに「2号さん」と揶揄される。第101話で描かれた50年後の姿では、丸々と太って笑顔を絶やさない温厚なキャラクターになっていた。
オモッチャマ
声 - 桂玲子
サイコロ型ロボットで、ガンちゃんの父親が経営する高田玩具店のマスコット。前作のチョロ坊と同様にロボットでありながら喜怒哀楽の感情を持つが、ガンちゃんには感情を否定されている(否定されたことに対し、「独断と偏見だコロン」と言い返したこともある)。乾電池をエネルギー源とし頭からプロペラを出して飛行することができる。ドロンボー一味のアジトに乗り込み、悪事を一番先に察知する役割。
ドロンボー一味のインチキ商売を自ら手を下して暴いたこともあり(第28話)、更にはインチキのからくりを逆に利用して悪戯をしたこともある(第38話)。一方でおませな一面もあり、インチキ商売の偵察中にドロンジョの美貌に目が行ってしまい、ガンちゃんに「ませてるんだから!」と一喝されたり(第7話)、ガンちゃんとアイちゃんのラブシーンを想像して2人に「ませすぎ!」と一喝されている(第86話)。成人男性を吊り上げることもできる(第81話)。
ヤッターキング用のメカの素を内部に格納していたこともあるが、1度取り出すと重すぎて自力では持てなくなり乾電池が切れる描写がある。ヤッターキングの内部仕様変更後は、椅子取りゲームを妨害された第66話を除き、メカの素を取り出す直接的な描写は見られない。少々生意気な一面もある。
一人称は「ボッチ」で、語尾は「○○だ(で)コロン」。各話タイトルの読み上げ、次回予告のナレーションも担当(ただし本放送当時は無く、再放送で日の目を見た)。後期の次回予告では作品中で初めて「三悪」という言葉が使われている。なお、第45話に限りタイトルの読み上げがなかった。
第101話では、人間であるヤッターマンやドロンボー一味ばかりか、双方のメカも古くなった描写がされる中、オモッチャマだけ「ボッチは歳取らないから」とそのままの声や姿で出ていた。
第1話で自ら「オモッチャマ」と名乗っているにも関わらず、しばしば企画書での名称である「サイコロン」との表記がなされる(特に、ヤッターペリカンがエンディングにクレジットされる回において顕著だった)事もあった。第41話ではヤッターアンコウから「(サイ)コロンはうるさいの!」と言い返される場面がある。

ドロンボー一味[編集]

インチキ商売(ただし中には正当法もある)で活動資金を得て泥棒家業を働く悪党にして義賊(自称)。たまに本気なのか冗談なのか自分達が「悪党」であることを忘れることもある。3人そろって「ドロンボー一味」。 本放送の放映中は前作の『タイムボカン』のマージョ一味が改名したという設定だった。前作『タイムボカン』最終回で、マージョ一味は丹平たちの町から姿を消しすが、そのエンディングテーマ曲の中で、マージョたち自身が「もうタイムボカンはおわりだよ。でも次週からはドロンボー一味となって世界中のお宝をいただくんだよ。私はマージョ改めドロンジョ、じゃ私はグロッキー改めボヤッキー、ワルサー改めトンズラー」とコメントを入れている。宿敵の名でもあり、口癖でもある『やった』という言葉は彼らにとって縁起が悪い言葉という事で禁句となっており、言った後はほぼ必ず悲惨な目に遭っている。回によってはファンの力を借りるがうまく行かず、特に電話に関してはファンに恵まれず、場合によってはファンがヤッターマン側で彼らを騙して裏切られた回もある。毎回負けている印象が強いが16話でヤッターワン、43話でヤッターペリカンなどヤッターメカをボディを破壊したもしくはバラバラにしたことがあるなど歴代三悪と比較しても実力は高いほうで一度引き分けに終わった回もある。

ドロンジョ
声 - 小原乃梨子
ドロンボー一味のリーダー兼お色気担当。身長173cm。24歳。「ドロンジョ様」「ドロンコ」などの呼称を持ち、金銀宝石を愛するドロンボー一味の女ボス。本名はササッガワ・ヒロッコで、名前の元ネタは総監督の笹川ひろし。スタイル抜群で頭脳明晰な美女だが本シリーズ歴代女ボスの中でも最も特徴ある大きなフード型の仮面を被っており、序盤ではインチキ商売では素顔を見せていたが、第14話からはインチキ商売でも仮面を着用して素顔を見せなくなる(ただし第95話のみ1クール目同様、インチキ商売に限り素顔を見せている[2])。普段は髑髏型のキセルタバコを吸い、吐き出す煙が髑髏状である。ヤッターマンが名乗る時や、ヤッターメカの出動時に悪態をつくことが多い。ただし、第88話でヤッターマン1号の瞳を間近に見て以降、1号に恋心を抱き、困惑することがしばしばあった。フライドポテトが好物で、第5話によるとネズミコンニャクが大嫌い。子供の頃、ネズミに鼻を噛まれたことがトラウマで、それ以来ネズミが嫌いになった。後の第2作目でもこの設定は使われた。コンニャク嫌いの原因は、昔、コンニャクを食べて中毒になったことらしい。戦闘は基本的にボヤッキーとトンズラーに任せているが第5話など一部の回では自ら戦いに参加したり、メカを操る回もある。ボヤッキーとトンズラーを扱き使うも一方で死んだと思うと悲しんだり、回によっては失敗を許すなどボスらしく面倒見が良い一面もある。実は主要人物の中で唯一過去の経歴が作中で語られておらず、設定資料にすら書かれていないので、一番謎の多い人物であったりする。
ドロンボーが解散になった際、ボヤッキーとトンズラーに「いい女は振り返らないものなんだよ」と涙ながらに語っていた。ネーミングモデルはフランスの女優で小原の持ち役でもあるミレーヌ・ドモンジョに由来。加えて、元々は忍者映画からの比喩で、泥棒はドロンと消失する如く逃亡することにも由来している。
一方、ボヤッキーからは「売れ残り」(婚期を逃した女性という意味)、「お嫁のもらい手がない」などと、結婚できないことを揶揄されることがよくある。第91話では「黒い服を着て体は白くて売れ残るとシワシワになるもの」というなぞなぞに対し、「ドロンジョ様」と即答された程である(正解はナス)。
ネタのひとつに、ドロンジョのポロリシーンが多く見受けられる。例えば、第13話で服が破けた際、正面から乳首が露になっている。
第101話で描かれた50年後の姿は、すっかり萎びてしまい、入れ歯をしていた。またヤッターマン1号からメカ戦を持ちかけられた際には「おトイレが近いから」と即座に受け入れた。遠慮なくヤッターマン1号に抱きつき、気があるところも見せるが、ヤッターマンに敗れたことを知るや、血圧が上がり過ぎて倒れてしまった。
ボヤッキー
声 - 八奈見乗児
ドロンボー一味のメカ設計開発・作戦担当。フルネームはブツクサ・ボヤッキー。身長168cmだが、第14話から第26話まではドロンジョより、大きくなった。25歳(ただし、ある回では、年齢を詐称したと言われたことがある)。このフルネームは、3人の中で唯一第1話にて紹介された他、『ドクロベエさまに捧げる歌』においてネタとして使われている。福島県会津若松市出身。故郷におハナちゃんという恋人を残し、ドロンボー一味に入るため上京してきた。オネエ言葉で話すがゲイではなく女子高生好きで知られる。一人称は「アタシ」または「ボクちゃん」、ごくまれに「私」や「俺(特に王道復古でソバ屋を経営していたとき)」の場合もある。売り上げをくすねるなどセコイ所があるが約束を守るなど妙に真面目な部分もある。後半に入ってからは、ナレーターのフレーズ「説明しよう」を多用するようになり、ドロンジョに「富山敬ちゃんの領域を奪うな」と言われたことがある。「全国の女子高校生の皆さん」やボタンを押す際の「ポチッとな」(初めて言ったのが第28話)などの決まり台詞がある。物語の中期から後期にかけては、完成したメカを披露する際に「全国○×協会推薦です」の一言が入ることがある。第78話ではヤッターマンが述べる決めのセリフを先に口にしてアイちゃんを泣かせた。普段からゴーグルを着用しており、OVA『タイムボカン王道復古』ではトンズラーと共にゴーグルを外した素顔を見せている。名前の由来は「ぼやき」から。
第101話で描かれた50年後の姿では、すっかり萎びてしまっており、ゾロメカを出そうとファンファーレをやろうとしたところ、顎が外れてしまった。
最終回では、新ボスに推薦されたため、ドロンボーが解散することに一番納得しておらずドロンジョを説得する場面があるも、結局解散することになり、故郷で晴れておハナちゃんと結婚してソバ屋をひらいた。後の王道復古での彼は「今の生活を壊したくない」という理由で唯一レースの参加を断り、2人からの誘いも無視するほどであったが、ドロンボーのピンチに見ておられずに駆けつけ、危機を救った。
トンズラー
声 - たてかべ和也
ドロンボー一味の怪力担当。フルネームはスタコラ・トンズラー。身長138cm。30歳。ボヤッキーと同様に、フルネームは『ドロンボーの嘆き唄』においてネタに使われている。元プロレスラー岩手県出身だが、関西弁を多用し語尾に「〜まんねん」を付けて話す。ボヤッキーを『ボヤやん』と呼んでいる。
本作ではインチキ商売において暴力を振るう場面があり、戦闘でもその怪力とタフさを活かしてヤッターマンを追い詰めるも毎回返り討ちに合い、ボヤッキー共々、ボスのドロンジョに助けを求めて泣き縋るなど小心で情けない部分もある。名前の由来は逃げるという意味の「とんずら」から。実はハゲている。
第101話で描かれた50年後の姿では、シビレステッキの電撃を受けて痛がるどころか気持ち良さそうにしており(ボヤッキーも同様)後の第2作目でもこの設定は使われた。
ドクロベー
声 - 滝口順平
「泥棒の神様」を自称する謎の男。三悪をそそのかしドクロストーンを探させる。その正体はドクロ惑星・XYZ星人という宇宙人で、地球誕生時の爆発に巻き込まれバラバラになった自分の体であるドクロストーンを集めさせるため、宝のありかがあると嘘を言った。一人称は「我輩」。通称は「ドクちゃん」「ドクベエちゃん」「ドクベエ」だが、本人は「馴れ馴れしい口調は嫌い。」と発言している。毎回やられてぼろぼろのドロンボー一味に対し、趣向を凝らした「ママより怖いおしおき」を行う。これがシリーズを通して人気を博した。
ドクロストーンの情報をドロンボー一味に与えて捜索させるが不正確な情報が多く、ドロンボー一味に無駄足を踏ませることが大部分。しかし、負けて敗走中のドロンボー一味へのおしおきに関しては割り切って必ず行う。ドロンボー一味がガセ情報について抗弁しても無駄であり(抗議に対して逆ギレすることの方が多い)、「これをやらないと、我輩飯がうまくねぇの!」「おしおきを楽しみにしてるファンの身にもなれ!」「これをやらんと、持病の魚の目が痛むの!」などと身勝手な理由付けをしたり、自分の情報が間違っていた侘びの印をやると言いつつも結果はおしおきとなる(例:「飲み物の大サービスをするだベ」と言いながらジュース攻め、「石焼き芋をご馳走するだベ」と言いながら「芋が無かったベ。お前たちを焼くベ!!」と言ってドロンボーを石焼きにするなど)おしおきは必ず執行される。作戦が成功してドクロストーンを手に入れたにも関わらず「いつもやっていることなのでやっておかないと気持ち悪いから」という理不尽極まりない理由でおしおきを執行するが、このおしおきはドクロベーの唯一無二の趣味だった。
後半では、誤った情報を流したことに反省したり、お詫びとしてドロンボー一味に親切にしたりする場面が見られるが、結局おしおきを執行してドロンボー一味を痛い目に遭わせて楽しんでいるだけという腹黒い部分もある(本人は嘘は嫌いだといっているが実際は大好きで一回だけ好きと言いかけた回もある)。
インチキ商売の売れ残りなどに似せたメカか映写機の映像で現れることが多い。指令が終わると『スパイ大作戦』のパロディで自爆することが多い。実はドロンジョのファンである。また、阪神タイガースファンで、ドクロベーが(ドロンボーに指令を送りながら)見ていた阪神VS巨人戦では、サヨナラのチャンスで田淵が打席に立った時に「田淵、打つんだべぇ〜!」と声援を送るが、レフトの張本へのフライで阪神が引き分け、ドクロベーは不機嫌になった。
機嫌が良いと、指令を歌でやることもある(第21話、第23話、第49話、第78話等)。第83話では、ヤッターワンとヤッターマン1号に扮して登場した。通常は「成功を祈るだべぇ」と言って爆発・消滅するが、機嫌が悪い場合には「失敗を楽しみに」「おしおきを楽しみに」等と言う。後期には「成功を祈りつつおしおきを楽しみに(時折、「成功と失敗を祈ってるだべぇ」になる)」と混ざることも多かった。最終回で見せた人間の姿はロボットであったがその後気に入っているのか『王道復古』以降の作品ではこの姿でドロンボーの前に現れる。また30年後の第2作目ではカラーリングが変わっているが後にその後の登場は本来の姿であるドクロストーンから作り出された者でイメチェンだと思われ、『王道復古』以降の作品もおそらくこの力で彼らの前に現れたと思われる。
放送当時の名前は「ドクロベー」であり、エンドロールでもそのように表記されていたが、『王道復古』以降の作品では「ドクロベエ」に変更されており、こちらにほぼ統一されている[3]

その他[編集]

ナレーター
声 - 富山敬
要所要所で「説明しよう」などのフレーズで、様々な解説を行う。回が進むと「メカの素」などについては省略することもしばしばあった。声を担当した富山はこれ以外にもおだてブタ、おほめブタ、なげきブタも演じていた。また、劇中の青年キャラクターも演じることもあった。

登場メカ[編集]

ヤッターマン側のメカ[編集]

ヤッターメカ[編集]

  • ブル、コパンダ、ドジラ、よこづな以外の声は全て池田勝
  • 第45話までは出動したメカのみが表記された。第44話では「ヤッターワン・ペリカン」と表記された。なお、ヤッターアンコウは「ヤッターアンコー」と表記されている。第46話でヤッターキングが登場してからは、実際に登場しなかった第91話から第107話でも、ヤッターキングが表記された。
ヤッターワン
ガンちゃんたちが作り上げた型メカ。地上戦専用であり飛行能力はないが、水上航行が可能なため地球上のどこにでも移動できる。ホネ型のメカの素を食べてパワーアップ、様々な生き物(ワニ、アリ、カメ、カバ、ネズミ、スカンク)のゾロメカ「ビックリドッキリメカ」を出動させる。自我を持っており女好きで、ガンちゃんやオモッチャマの命令は聞かないがアイちゃんの言うことだけは聞く。一人称はオイラ。エンジンの起動は手動のクランクハンドル式であり、初期オープニングはガンちゃんがこれを回し起動させるシーンから始まる。これは、乗員が機外に掴まって移動することとあわせてモチーフになったのが消防車であるためとの指摘が『BSアニメ夜話』においてなされている。他にも、頭部エンブレムから紐、エンブレムが開くとそれを引く手が出ていて、鼻の上の鐘に結び付けられていて、それが鼻の上の鐘を鳴らしている。その音たるや、当時の消防車のそれである。更に右手もサイレンを回し、その音もまた然りである。
Wii用ソフト『タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES』の宣伝映像として、2008年12月にみんなのニンテンドーチャンネルで配信された笹川ひろしのインタビューにおいて、「ヤッターワンの乗り方はSLがモチーフ」「SLを車庫に入れる際、(乗務員が)SLにぶらさがる姿が好きだった」という趣旨の発言がされている。
自前の攻撃手段には尾の手前にあるノズルからの放水や、鼻からパチンコ玉の様な弾を連射する「チンジャラ砲」がある。なお、OPや第2話の予告では、鼻から火炎放射を出す場面もあった。
生身の犬同様縄張り意識が強く、第4話では出動中に「帰り道がわからなくなったときのために」という理由で電柱におシッコを引っかけマーキングしている場面が見られた。
第45話でドロンボー側メカと刺し違えて大破。2008年版を含めて作品中唯一勝負が引き分けとなった。その後、ガンちゃんによってヤッターキングに改造された。
また、神棚に祀られた「ヤッターワンの神」に礼拝してから出動するという描写がなされた回もあった。
ヤッターペリカン
ペリカン型メカ。初登場は第14話。主に飛行による移動を行い空中戦を得意とするが、陸上走行も可能である。甲高い声が特徴。ペリカンの大好物がドジョウということで、メカの素もドジョウ型。このドジョウ型メカの素で、鳥形のビックリドッキリメカ(初期においては「ビッグショックメカ」と呼称)を作る。ヤッターキングが登場以降は、最終回の全機出動まで出動はなかった。
ヤッターアンコウ
アンコウ型メカ。初登場は第27話。主に水中移動を行い水中戦を得意とするが、飛行や陸上移動も可能である。第28話では出動2度目にして宇宙に出動した。あんパン型のメカの素で魚類など水棲動物のビックリドッキリメカ(当初は「ビックラヒャックラメカ」とも呼称)を作る。ヤッターマンが内部に乗り込むことができる潜水艦メカであるが、他のヤッターメカ同様に機外に掴まって搭乗することもできる。通常の口以外にもコクピット内にある口からもメカの素を食べさせることができる(この機能はヤッタードジラに継承されている)。ドロンジョには「ヤッターナマズ」と呼ばれていた。なお、ヤッターアンコウがゾロメカを出すときのファンファーレは前作の「タイムボカン」で「今週のハイライト」の場面に使われていたものに、水泡音のエフェクトをかけたものである。武器はヤッターワン同様の放水や背びれのカッターなど。さらには口の中にハンマーや鉄鍋などの凶器を隠していた。ヤッターキングが登場以降は、第54話でヤッターキングに格納される形で出動した場合を除いて、最終回の全機出動まで出動はなかった。本来の「アンコウ」ではなく「アンコー」とクレジットされる事もあった。
ヤッターキング
第45話で大破したヤッターワンをガンちゃんが1週間徹夜して改造したメカ。ヤッターワンより遙かに大型であり、後方に大幅に長くなった胴体部を持つ。ヤッターワンが後ろ足のみで立ち、前足を「両手」として使う二足歩行型だったのに対し、ヤッターキングは「両手」とは別に「四本足」を持つケンタウロス型のスタイル(手を含めると「六本足」)となった。第50話では直立もしている。通常ヤッターマンたちは外部側面に掴まって移動するが、2度の宇宙出動の際には内部に乗り込んだ。
首には人命救助犬セントバーナードをモチーフとした樽が付けられている。この樽の中に鼓笛隊をモチーフとしたファンファーレメカが全部で10体入っている。
メカの素はヤッターワンと同様に骨型だが、パワーが10倍入っており、その分重量も10倍である。そのため投入方法は1号がジャイアントスイングで投入したり、オモッチャマが直接投入するほか、初登場の第46話ではアイアムテルがアーチェリーで投入、第50話では柿を食べて強くなった柿太郎が投入、第56話では女子プロレスラーのピンクペアが2人で投入、第57話では河童が念力で投入と、様々なパターンがあり、さらに第53話のみ、自分で飛行して投入するメカの素が登場した。ドロンジョには「ヤッターギャング」と呼ばれていた。ヤッターワン同様、様々な生き物のビックリドッキリメカを出すが、ヤッターワンの頃によく出していたゾロメカ(カバやスカンク)を出すこともあれば、ヤッターワンの頃とは違ったペンギン、ノミ、象などの生き物が出てくることもあった。また、赤鬼や河童、昔話の主人公である桃太郎、金太郎、浦島太郎が出てくることもあった。放水器から出すことも可能。チンジャラ砲や放水も、ヤッターワンから継承されている。
後に胴体部に他のヤッターメカを格納する母艦(もしくは移動要塞)としての機能も持つようになった。第54話でヤッターアンコウを格納したのが最初である。第58話からは毎回ヤッターパンダ&コパンダ、ヤッタードジラ、ヤッターブルを格納して基地を発進するようになった。胴体部の前半分が上に持ち上がって格納メカを発進させる。ただ最終回でヤッターペリカン、ヤッターアンコウを格納して出動した際には、口からスロープを下ろして発進させている。第54話と最終回ではヤッターキングとヤッターアンコウの大きさの比が画面上で異なる。
ヤッターゾウ
第91話より登場した、ヤッターキングの後継機となる大型のゾウ型母船メカ。この回から最終話まで出動している。ヤッターキング同様巨体で、これまでのメカと同様外部側面に掴まって移動するが、内部に乗り込むこともできる。ダンボのように耳を駆使して飛行が可能。キングと違い、戦闘シーンはなく、ビックリドッキリメカも出動させる場面はない。鼻からの放水が可能。口癖は「だゾウ」。ブル、ドジラ、パンダ&コパンダ、よこづなを搭載している。勝利のポーズの後起こす地響きはキングをも上回る衝撃で、最終回はキングと並んで勝利の四股を踏んだ。
ヤッターパンダ&コパンダ
コパンダの声 - 滝沢久美子
パンダ型のメカ。コパンダは名の通り子供で、普段はパンダの頭上に乗り、サイレンを手動で回す。コパンダの一人称はオレ。コパンダ独自で行動する場面も時折見られた。初出動は初登場した第58話。動物園で飼われているパンダの餌であるサトウキビ型のメカの素で、野菜や果物をモチーフにしたビックリドッキリメカを作る。肩からフットボールタイヤが飛び出して攻撃する。ファンファーレはコパンダの咥える笹笛。
ヤッタードジラ
声 - 田中勝、富山敬(第58話)
恐竜型の小型潜水艇メカ。第58話でその姿が披露され、初出動は第59話。脚部の足部分はスキー板状になっており、水上や雪山の滑走などが可能である。ひょうきんな印象を与える表情の顔ととぼけたしゃべり方が特徴で語尾に「○○ズラ」を付けて話すクセがある。一人称はオイラ。ドラ焼き型のメカの素で日用品をモチーフにしたビックリドッキリメカを作るが、第90話では卵メカを出していた。他のヤッターメカとは違い、ゾロメカを複数種作ることがあり、これらを組み合わせて攻撃する。メカの素は口に放り込む以外にコックピット内にあるドジラの顔型レリーフの口からも食べさせることができる。尻からファンファーレメカの卵を産む。ファンファーレメカは鍵盤ハーモニカでの演奏が終わると跳び上がってドジラの尻の穴に戻る。ドロンジョにビア樽と揶揄される回もある。ヤッターゾウから出動したのは第100話だけ。
ヤッターブル
声 - 緒方賢一
ブルドッグ型メカ。第58話でその姿が披露され、初出動は第63話。第64話では宇宙で戦った。逆立ちをした変わった姿で行動。少し恥かしがりやな性格だが、タフで一度噛み付いたら絶対に離さない。一人称は僕ちん。ホットドッグ型のメカの素でビックリドッキリメカ(ボヤッキーいわく「犬が拾ってくる物」(靴など))を作る。ドロンジョにはさまざまな名前(ヤッタースピッツ、ヤッタードーベルマン、ヤッターダックスフントなど)で呼ばれる。出番は11回と一番少なく、ヤッターゾウ登場以降は最終回まで出撃していない。
ヤッターよこづな
声 - 緒方賢一
横綱(闘犬)型メカ。初登場はヤッターゾウと同じく第91話。第91話以降のほとんどの回で出動している。金平糖のような突起がついた白い球形(番組内では白星型と説明していた)のメカの素でお菓子やパンなどをモチーフにしたビックリドッキリメカを作る(ただし第93話のみ、液体爆弾入りの柄杓メカが登場)。闘犬をモチーフした割には体格が異常に華奢であり、毎回悪玉メカと相撲をとるも負けてばかりいた。一人称は僕。ドロンジョが「ヤッター前頭三枚目」、「ヤッターおむすび」または「ヤッターふんどしかつぎ」とおちょくる。
語尾に「○×でごんす」と言うことが多い(「ヤットデタマン」のダイゴロンも「ごんす」をつけて話している)。
第101話の50年後の設定では、すっかり古びてしまっており、メカの素がうまく飲み込めずにドロンジョに呆れられ、ビックリドッキリメカを出動させる段になっても、呼び出しが映るブラウン管は故障気味であった。

出動するヤッターメカの選択[編集]

第27話-第47話

  • 第14話から第26話までのヤッターワン・ヤッターペリカンの2機体制の間は、どちらを出動させるかについては特に描かれなかった。ただ、ヤッターワン出動時のみガンちゃん・アイちゃんの通常と異なる変身パターンが描かれていた。第27話でヤッターアンコウが登場して3機体制となってからは、ヤッターキングが登場する直後までは、基地における出動メカの選択シーンが描かれた。先の変身パターンはヤッターアンコウが登場してからは見られなくなっている。
  • コンピュータシステムと連動した壷でサイコロモードのオモッチャマを振り、出た目の数が1、2ならヤッターワン、3、4ならヤッターペリカン、5、6ならヤッターアンコウを出動させた(2の目は一度も出ていない)。ただし、回によってはルーレット型システムやスロットマシン型システムが用いられた。決め台詞は「何出る、あれ出る、これが出る」。
  • 第41話ではヤッターアンコウの提案でメカ同士でじゃんけんをして、ヤッターワンが出動した。
  • 第44話ではオモッチャマが中途半端に止まって、1と4が出てしまったため、ワンとペリカンがそろって出動した。
  • 第46話及び第47話では1が出てヤッターキングが出動する。第48話からは基地でのメカ選択シーンは描かれなくなった。

第58話-第90話

  • 第58話から第79話までではグー子、チョキ子、パー子(いずれも外見は同じで、声は滝沢久美子が担当している)による椅子取りゲームで、パンダ&コパンダ・ドジラ・ブルのいずれか一体を選択し発進させる。3人は揃って「何取る、これ取る、椅子を取る」と言いながら椅子の周りを回る(このときのBGMは後述する「ヤッターマン・ロック」のインストルメンタルを早回しにしたもの)。グー子が勝てばヤッターパンダ&コパンダが、チョキ子が勝てばヤッタードジラが、パー子が勝てばヤッターブルが出動する。
  • 第66話では椅子取りゲームがドロンボーメカに妨害されたためいずれも発進できず、ヤッターキングが自らビックリドッキリメカを出動させて応戦した。
  • 第80話から第90話までではお見合いダック(声:滝沢久美子)(エンディングでは「アヒル」と表記された)が黒ラインを歩いてメカ選びをする方式(『クイズ・ドレミファドン!』の、当時のコーナーチャンピオン賞選びのパロディ)が用いられたが、この間は回によっては出動メカの選択シーンが省略されている。
  • 第91話以後、母艦がヤッターゾウに代わってからは出動メカの選択シーンは描かれていない。

ビックリドッキリメカ(ゾロメカ)[編集]

各ヤッターメカのピンチに際しガンちゃんの与える「メカの素」により、ヤッターメカの内部で大量生産される、毎度姿の異なる小型メカ。ワンとキングは大型メカを出すことも可能。

当初は「ビックリドッキリメカ(ワン)」「ビッグショックメカ(ペリカン)」「ビックラヒャックラメカ(アンコウ)」と、ヤッターメカによって「正式名称」は若干異なっていたが、後に「ビックリドッキリメカ」に統一された。

  • ドラムロールあるいはファンファーレの後に登場、例えば「ナベ!ナベ!ナベ!……(ナベメカ)」「ヒツジ!ヒツジ!ヒツジ!……(ヒツジメカ)」など、自分のモチーフになっているものの名前を延々と連呼しながら出てくる。ほとんどの場合ヤッターマンのエンブレムを身に着けている。よってたかってドロンボーメカに取り付き、切り刻んだり、喰い荒らしたりするなどして解体し、最後は爆発させる。
    • なお初期は、ネズミメカの「チュー、チュー、チュー……」や、アヒルメカの「クェッ、クェッ、クェッ……」のように、鳴き声のある動物の場合はその鳴き声を連呼しながら出てきた。また第50話で、桃太郎メカと金太郎メカと浦島太郎メカが登場した際には、それぞれの童謡を歌いながら出てきた。
  • 初期は爆発前に退却してヤッターワンの口の中に帰還していたが、後に退却せずにドロンボーメカと共に自爆することが多くなる。
  • 中期からはヤッターマンに対抗して、ドロンボー一味もその回のヤッターマン側に対抗したゾロメカを出すことが多くなる(例(カッコ内はその回でのビックリドッキリメカ)バリカン(羊メカ)、中学生用の鞄(ランドセルメカ)など)。身に着けているのはドクロマーク。ヤッターマンの裏をかいたつもりのようである。また、第17話では、ドロンジョの姿を模したゾロメカも登場している。
  • 複数のゾロメカが登場するケースもあり、最初に出したゾロメカがピンチに陥った時、次に出したゾロメカによって形勢を逆転するというケース(第78話など)も見られた。
  • 終盤はヤッターメカとドロンボー大型メカとの戦闘シーンはあまり見られなくなり、双方のゾロメカが合戦や歌合戦、クイズ合戦などで対戦し、負けた方の本体が自爆するというパターンに落ち着いてきた。
  • 第96話では双方のゾロメカがより小さなゾロメカを発進させ、そのゾロメカがさらにそのまたゾロメカを発進させ、……という戦闘になった。
  • 第101話では、ヤッターよこづながオモッチャマが食べさせたメカの素を喉に詰まらせ、どうにか飲み込んだあとに出てきたのは、ボロボロの煎餅メカが1体だけで、それもスロープを降りてくる途中で足を滑らせて転倒し、戦わずしてバラバラになった。ドロンボーに至ってはゾロメカすら用意されていなかった。
  • 最終回はヤッターキング以下ワン以外の全てのメカが登場、ヤッターキングのファンファーレと共にビックリドッキリメカ大行進となる(ただし、キングとゾウはビックリドッキリメカを発進させていない)。
  • 頻出したネズミメカ、カバメカ、スカンクメカ、ワニメカなどは、リメイク版放送開始後にタカラトミーが発売した「DXヤッターワン」のビックリドッキリメカ別売りセットで、初回限定版として一種類ずつ封入された。
  • ワンやペリカン、アンコウのビックリドッキリメカには、「コンチューター(ネズミメカ)」、「パワニー(ワニメカ)」、「コケッコン(ニワトリメカ)」、「フグレッター(フグメカ)」のような正式名称があったが、劇中では第9話でネズミメカが出た時、ボヤッキーが「アラ、『コンチューター』ってメカよ」と言ったことと、第29話でのイダテンチョー(ダチョウメカ)が使用されたのみ。なお正式名称は、1978年ケイブンシャから発売された『全怪獣怪人大百科・1979年版』(当時同大百科はアニメも取り上げていた)に掲載されていたり、タカトクトイスから発売された玩具やフジサキから発売されたプラモデルの商品名に使用されていたり、バンプレストワンダースワン用ゲームソフト『ボカン伝説 ブタもおだてりゃドロンボー』の敵キャラクター名称で使用されていた。

ファンファーレ担当メカ[編集]

ヤッターメカがビックリドッキリメカを発進させる際に演奏を行うメカ。劇中では名称は語られていない。ヤッターワン、ヤッターペリカン、ヤッターアンコウ、ヤッターキング、ヤッタードジラ、ヤッターブルに内蔵されている。

演奏メカの形態と演奏曲はメカごとに以下のとおりになっている。

  • ヤッターワン:3匹の犬のドラマーによるドラムの演奏。第45話でヤッターワンが大破した際には無傷で放り出され、ヤッターマン達とヤッターワンはこの3匹に引かれて帰還している。
  • ヤッターペリカン:3羽のペリカンによるトランペットの演奏。
  • ヤッターアンコウ:3匹のアンコウによるラッパの演奏。
  • ヤッターキング:約10匹の犬(ヤッターワンと同じ形態)の合奏団による演奏で、曲目はロッシーニ作曲『ウィリアム・テル序曲』の第4部「スイス軍隊の行進」の冒頭部分。最終話ではヤッターキング自身はビックリドッキリメカを発進させなかったが、代表して演奏を行っている。
  • ヤッタードジラ:1匹の恐竜型メカ(顔は卵の殻に隠れていて見えない)による鍵盤ハーモニカの演奏。曲目はヤッターキングと同じ。
  • ヤッターブル:1匹のブルドッグ型メカによるドラムの演奏。メロディーはヤッターワンと全く同じ。

その他のメカについては以下のとおりである。

  • ヤッターパンダの場合はコパンダがこの役を務めており、演奏専門のメカは装備されていない。曲目はヤッターキングと同じだが若干はしょっている。1回目は笹笛の音であったが2回目から別の楽器の音に変更された
  • ヤッターよこづなの場合は化粧回しのパネルに登場する呼び出し(声:滝口順平)が行っている。
  • ヤッターゾウはビックリドッキリメカを発進させる場面がなく、そもそもビックリドッキリメカを製造する能力があるかも不明。

バリエーション

  • ヤッターワン:第9話では、アフリカの原住民に扮した犬ドラマーがボンゴを叩いた。第31話では、敵の攻撃で犬ドラマーが吹っ飛ばされたため、オモッチャマのバッテリーで動かした。
  • ヤッターアンコウ:初登場の第27話では、出撃する際のセリフ(今週のビックラシャックラメカ発進)抜きでいきなりファンファーレ。続く第28話では、メカの素を食べずに「今週のビックラシャックラ…」と叫ぶもドロンボー側に攻撃され、その直後にメカの素を食べて「本日ビックラシャックラメカ、2度目の発進!!」と変型台詞でトビウオメカを発進。
  • ヤッターキング:第52話では、敵の攻撃のためにファンファーレが逆さモードに(逆回転で演奏)。第55話では、敵の攻撃で楽団の樽が壊れて楽団が散らばってしまい、指揮者が口三味線で行う。
  • ヤッターパンダ:ゾロメカ戦が「坊つちやん」のパロディとなった第103話では、まず最初に「今週のビックリメカのみ発進」の台詞とファンファーレ付きで、カボッチャンメカ(カボチャ+坊っちゃん)を発進、その後ドロンボー側のアカシャツカブ(カブ+赤シャツ)とノダイコン(ダイコン+野だいこ)が襲い掛かると、「今週のドッキリメカ発進」と叫んで、ファンファーレ抜きでイモアラシ(サツマイモ+山嵐)とイモ学生メカ軍団を発進と、2段仕立て。
  • ヤッターよこづな:初登場の第91話では相撲で勝敗を決めたため、ファンファーレはおろか、ビックリドッキリメカも無し(ビックリドッキリメカが登場しなかったのはこの回だけ)。第99話では出撃セリフ無し。

ヤッターマン基地[編集]

ガンちゃんとアイちゃんの家の近所にある、小さな古い家を改造して造った基地。門は厳重に閉まっており、2人とオモッチャマは近くの古井戸から入る。ヤッターメカの格納庫は、ヤッターワンとヤッターペリカンまでの時代は、双方は別々の場所に格納していたが、ヤッターアンコウの登場後、3体は並列して並べ、ヤッターキングとヤッターゾウはこれらとは別の場所に格納した(ヤッターブルなどのアクションメカはキングやゾウに収納されたまま)。またワンが大破後、基地内にワンを象った「ヤッターワンの神」が祭られ、出撃前にお祈りをしていた。なおこの「神」には、第34話でヤッターマンが入手したドクロストンの一片を隠している。

通常の出撃方法は次の通り。

  • ヤッターワン・ヤッターキング・ヤッターゾウ:基地の壁が左右に開いて出撃する。なおヤッターキングとヤッターゾウは機体が大きいので、壁の上の部分が上に移動して、更に出撃口を大きくする。
  • ヤッターペリカン:屋根の片方(正面向かって左)が開いて、飛びながら出撃する。
  • ヤッターアンコウ:ヤッターマンを乗せたまま基地地下の出撃場へ移動し、回りから出された水が溜まった所で出撃口が開き、基地近くを流れる川に入って出撃する。

また宇宙への出撃時には、次の様な方法で出撃した。

  • ヤッターアンコウ(第28話):川までの移動は通常と同じだが、その後空中へ舞い上がり、目的地のまで向かった。
  • ヤッターキング(第64・76話):基地自体が左右に開いて出撃レールが現れ、キングが垂直に飛び上がる。
  • ヤッターゾウ((第93話):基地近くから長いレールが坂の様に伸び、ゾウがそのレールを伝わって飛び上がる。

所在地は極秘であるため、ドロンボー一味にも知られなかったが、第84話でギローマへ出動中のドロンボーが、盗聴後に帰還しようとしたオモッチャマを発見したため後を追い、オモッチャマを殴って気絶させると、隠していたドクロストンの一片を取り返した[4]。これによりドロンボーは基地の場所を知った訳だが、その後基地を襲ったりする事は一切無かった。

ドロンボー側のメカ[編集]

ドロンボー一味の巨大メカ[編集]

第1話でのレストラン→台所用品をモチーフにしたダイドコロンなど、その話のインチキ商売がテーマとなっているデザインのものがほとんど。

ヤットデタマンのミレンジョ一味の巨大メカと同じくコアとなるメカが存在しないのも特徴。ただし第55話および第57話では、コアメカらしき物があった。

コクピットの背後にはドロンジョ専用のバスルームがある。まれに、「予算の関係」だと言って、冷凍食品が積んであったことが2度ほどあった。

インチキ商売で得た資金を元手に、全てボヤッキーが設計し、トンズラーと共同で製作している。操縦と攻撃も主にボヤッキーの役目だが、ドロンジョやトンズラーも操縦や攻撃を担当することがある。

中盤からは視聴者からのアイディアによるメカ、さらに「全国○○協会推薦メカ」が登場するようになる。

脱出用一輪車(3台連結式)
ドロンボー一味が敗北しメカが爆発した後、帰還するために使用する自転車。3人で「エイホ」と声を掛け合いながら漕ぐ。特に固有の名称はない(作中ではドロンボー一味に「自転車」と呼ばれている)が、先頭部分にドクロベーからの受信機が付いており、大体これを漕いでいる際にドクロベーのおしおきを受けるため「おしおき三輪車」と通称されている。
ビックリドッキリメカに破壊されたことがあったが、帰還する際には登場して乗っている。
構造は縦列3輪で一輪車を3両繋いだ構造をしている。何らかの噴射機構のような物を3基備えているように見えるが詳細は不明。また、ステアリング機構がない。
バリエーションとして、気球が付いている物や、ハングライダー状になっている物や、プロペラ付きの物もある。また宇宙用では、小型ロケットの上に自転車の上部が付いている物がある。

コクピットメカ[編集]

なんまんだぶ
声 - 富山敬
袈裟をつけた坊主型ドクロのメカ。第38話と第45話に登場。「なーんまーんだぶ」と連呼したり、木魚を叩いて「御愁傷様」と言うものの2パターンがあり、第38話と第45話ではデザインも若干違う。
ドッチラケメカ
声 - 田中勝
おだてブタが登場する前の主力メカで、ドロンボーの誰かが下らないことを言った時に「シラーケ」、またはメカ爆発時に「ちんちろりんのドッチラケ」と登場する骸骨型のメカ。一見すると女子高生のような服装だが、ヒゲが生えている。後期エンディングの最後にも登場する。
アクション予報メカ
声 - 富山敬
ゲタの形をしたメカで天気予報風に戦いの結果を予言する。第50話などに登場。なお戦いの結果を予想するのを目的とした装置は、「オタスケマン」にて再登場することとなる。
おだてブタ
声 - 富山敬
本作の代表的なコクピットメカ(キャラクター)の一つだが登場は遅く、初登場は第60話。ブタ型のコクピットメカで、ヤシの木を登って「ブタもおだてりゃ木に登る」と言う。
ボヤッキー曰く、「おだての波長を感知して反応するメカ」(ただし、1度だけ間違えたタイミングで登場してドロンジョにつっこまれた。)とのことで、主にボヤッキーがドロンジョにメカの出来栄えを褒められ、得意気になった頃合いに現れることが多い。だいたい最後は爆発に巻き込まれて吹き飛ばされるが、他の2体(お褒めブタ・なげきブタ)とともに爆発前に逃げ出したこともある。のちにテーマ曲も作られている。時々ボヤッキーが真似することもあり、この時メカではないブタが木に登ろうとしたことがある。
また第101話では50年後のおだてブタが登場し、最終回(第108話)では製作者であるボヤッキーの荷物の中にまぎれていた。
「ゼンダマン」第2話にも特別出演し、このときアクダマンの服装が一瞬ドロンボーとなった。
お褒めブタ
声 - 富山敬
第65話にて初登場(ただしこの時はボヤッキーが手に持っていた)。ドクロの扇子を持ち、赤いちゃんちゃんこを着たブタメカシリーズ第2弾。ドロンボーが面白い事を言うと、「ハハハァ、ここんち又上手!うまいなァ!」と囃す。第74話では、ヤッターマン側のゾロメカによって細切れにされた。
なげきブタ
声 - 富山敬
第67話にて初登場。負けそうになったり、ボヤッキーがドロンジョに叱られると現れる、おばさんブタ型コクピットメカ。おだてブタ、お褒めブタと違い、色は赤。「ヒーン、カワイソカワイソ。なぜなぜこの世に生まれたの」と言ったあとに鼻をかむ。時折台詞が変わることがある。第75話では、ヤッターマン側のゾロメカに熱攻めにされた際に登場し、この台詞を言った後ドロドロに溶けてしまった。
ドクロファンファーレ
第13話にのみ登場。前作『タイムボカン』からスライド出演。ドロンジョが「さあ、『今週のハイライト』(これも前作より)だよ」と言うと登場(ファンファーレは変更)。この時ドロンジョは、「アラ、何となく懐かしいねぇ」と言った。
名称不明のカラス
第58話にのみ登場。3羽のカラスが出てきて「アホー、アホー、アホー」と歌うと引っ込む。
トリオ・ザ・ビックリ
声 - 富山敬
第99話で出てきた三人組のメカで「ビックリー」「トックリー」「シャックリー」と歌う。
アキレカエル
声 - 西川幾雄
第106話にのみ登場した帽子をかぶった紳士風のカエル型メカ。

登場人物のその後[編集]

本作のキャラは、後にリバイバル企画『タイムボカン王道復古』のOVAにおいてその後が描かれた。三悪についてはCD『タイムボカン名曲大全』で、タイムボカン王道復古までの解散後のエピソードを聞くことができる他、平成タイムボカンでは再びドロンボーを結成し主役を務めている。

  • ガンちゃんとアイちゃんは結婚し、見ている方が恥ずかしくなるほどのアツアツ新婚生活(いわゆる「バカップル」)を送っていた。オモッチャマがドロンボー復活を知らせに駆け込んできても、相手にしてもらえなかった。なお、普段の服装はツナギではない。
  • ヤッターキングは再度改修され、ヤッターワンFZ(ファイナルゼット)へとパワーアップ。全身にミサイルポッドなどの強力な武器を装備している。
  • ドロンジョも西麻布のスナックのママを経た後、ドロンボーのメンバー以外の男性と結婚し、既に子持ちとなっていた。7歳を筆頭に5人の年子がいるという。
  • ボヤッキーはドロンボー解散後、一時期六本木のホストクラブで「ヘルニアのボヤ」という有名売れっ子ホストになるが、その後は故郷・会津若松市に住む恋人・おハナちゃんと結婚し喜多方蕎麦屋を国分寺市で経営する。『王道復古』の作中ではガッチャマンのメンバーと南部博士にコロッケそばを食い逃げされていた。『平成タイムボカン』ではハッピーという名前の娘も登場する。
  • トンズラーはウサギ売りのテキ屋をやっていたが、その後芸能プロダクションのマネージャーに転職し辣腕を振るっている。この設定については演ずるたてかべが当時はタイムボカンシリーズや『ドラえもん』など旧来からの役を除いて既に声優業から殆ど引退し、声優プロダクションのマネージャーをしていたことが元ネタではないかとの指摘もある。

出演者にまつわる話[編集]

  • 太田淑子岡本茉利桂玲子の3名の善玉役は前作の『タイムボカン』から引き継いでいる。善玉の声優が前作から引き継がれたのはシリーズ中、唯一本作のみである。
  • 緒方賢一田中勝滝沢久美子はレギュラー出演以前以後ともしばしば(田中・滝沢は中盤以降ほぼ毎回)別の役でも登場しており、その役名と共にクレジット表記がされている。田中は主に町人や王族の兵士・家来系。滝沢は主に幼い少年少女やお姫様役が多かった。太田もエカコシストの老母を演じた事がある。
  • また、桂はオモッチャマ以外にドロンボーに騙される客やメカ戦中にドロンボーと電話で話をする視聴者等、滝口順平はドクロベーやヤッターよこづなの「呼び出し」以外にドロンボー一味以外の悪人等、富山敬はナレーション以外に勇敢な青年キャラクターやドロンボーのインチキ商売にだまされる客等、それぞれ幅広い役を演じているが、この3人については本来の役以外のクレジット表記がされていない。
  • 滝口は本作及びアニメ第2作、実写及びアニメ劇場版の全バージョン[5]において、同じ役を演じた唯一の出演者である。
  • 第85話「人魚姫だコロン」では、後番組のゼンダマンで主役3人を演じることになる三ツ矢雄二、滝沢、麻上洋子が揃ってゲストキャラクターを演じた。
  • 岡本、緒方の2人はリメイク版にもゲスト出演(緒方は劇場版にも出演)している。
  • 大平透は日曜6時のタツノコアニメ枠全作品に出演しているが、タイムボカンシリーズの出演は本作第65話の1回のみ。

スタッフ[編集]

吉田竜夫は放映中の1977年9月5日に他界。その後は竜夫の後を継いだ弟の吉田健二が製作の指揮を執った。しかし本作では健二の名はクレジットせず、最終回まで竜夫を製作者とした。

主題歌[編集]

レーベルは全てビクター音楽産業。特に『ヤッターマンの歌』は山本正之の歌唱作品としては最大の50万枚を超える売り上げを記録した。

"ヤッターマン" OP ~西尾夕紀ver.~ http://www.youtube.com/watch?v=t3rAxFlM6CA

『ヤッターマンの歌』『天才ドロンボー』を収録したシングルは、2008年にJVCエンタテインメントflying DOGレーベルからCDで復刻された。その際、『タイムボカン王道復古』のために制作された『ヤッターマンの歌'93』が追加され、それぞれのカラオケも収録されている(『天才ドロンボー』のカラオケのみモノラルでの収録)。

オープニングテーマ
『ヤッターマンの歌』(第1話 - 第58話)
作詞 - 若林一郎 / 補作詞・作曲 - 山本正之 / 編曲 - 神保正明 / 歌 - 山本正之、少年少女合唱団みずうみ
初代オープニング。また、リメイク版の最終話としても使用された。
ヤッターキングが登場した第48話 - 第58話のOPは、ヤッターワン時代のOP(第1話 - 第47話)の内、ワンが映し出されている部分を別なシーンに変えて継続していたが、歌は変わっていない。
なお、リメイク版放映時に冒頭「ウー チチンチン」の部分が「ウー ジンジンジン」に変わっていると話題になったが、もともとこの部分の歌詞は「ジンジンジン」が正しく、JASRACに登録されている管理楽曲も、また当時発売されたレコードなどのジャケットもすべて「ジンジンジン」で統一表記されている。この現象は当時放映されたアニメのオープニングパートの歌詞テロップが「チチンチン」と誤表記されていたことに由来する。なお冒頭のこの部分を「チンチンチン」とするのは全くの誤りである。
『ヤッターキング』(第59話 - 第108話)
作詞・作曲 - 山本正之 / 編曲 - 神保正明 / 歌 - 山本まさゆき、スクールメイツ・ブラザーズ
※リメイク版の第1話では、アイちゃんの携帯電話の着信メロディとして同曲のBメロが流れていた。
エンディングテーマ
『天才ドロンボー』(第1話 - 第58話)
作詞・作曲 - 山本正之 / 編曲 - 神保正明 / 歌 - 小原乃梨子八奈見乗児たてかべ和也
初代エンディング。劇中ではメカを作る際によく歌っていた。第34話の劇中では高速バージョンで流れた。シリーズであることを強調するため、前奏や間奏を『タイムボカン』のEDである『それゆけガイコッツ』のものを流用しており、同じ理由で劇伴も一部は『タイムボカン』のものを流用している。このベースの旋律が三悪の象徴として扱われるが、実際にはテレビシリーズのEDとして使用されたのは『それゆけガイコッツ』と『天才ドロンボー』のみで(他にはOVAのEDである『さんあく18年?君を離さない チュ☆』、『怪盗きらめきマン』の挿入歌である『壊盗ドロンボー』がある)、さらに三悪の声を担当した声優が歌ったものは後者のみ。
「ドロンボーのシラーケッ」(第59話 - 第108話)
作詞・作曲 - 山本正之 / 編曲 - 神保正明 / 歌 - 小原乃梨子、八奈見乗児、たてかべ和也
2代目エンディング。Yahoo!動画やカートゥーンネットワークの再放送では、エンディングは初回から『ドロンボーのシラーケッ』を流している(途中で背景のアニメが変わる)(キッズステーションの再放送でも、放送枠によって同様に流している)(ファミリー劇場での再放送ではオリジナル通り、58話まで『天才ドロンボー』が流されている)。また『タイムパトロール隊オタスケマン』の第6話にてEDとして使用されたこともある。(Yahoo!動画配信時のみ)なお、DVDでは本放送と同様に『ドロンボーのシラーケッ』がかかるのは『ヤッターキング』がオープニングになった回からであり、オープニングではタイトルが『ドロンボーのシラーケ』と表記されている。
挿入歌
『ドクロベエさまに捧げる歌』
作詞 - 若林一郎 / 作曲 - 山本正之 / 編曲 - 神保正明 / 歌 - 山本正之、小原乃梨子、八奈見乗児、たてかべ和也
自転車で逃亡する際に、このインスト型がよく流れる。山本正之が歌う歌入りバージョンは劇中では使用されていないが、第9話、第10話では三悪がインスト型に歌を乗せている。
2008年発売の企画アルバム「ドロンボー伝説」では、山本に代わり、小原がヴォーカルを務め、八奈見・たてかべはコーラスを担当している。
『ヤッターマン・ロック』
作詞 - 若林一郎 / 作曲 - 山本正之 / 編曲 - 神保正明 / 歌 - 山本まさゆき、少年少女合唱団みずうみ
インスト型が戦いのシーンでよく使われる。なお、歌入りのバージョンは第33話の冒頭で聴くことができる。
『おだてブタ』
作詞 - 松山貫之 / 作曲・編曲 - 筒井広志 / 歌 - 筒井広志、スクールメイツ・ブラザーズ
第80話で初登場し、サビ前の部分で「おーい、○○も見てるぞ~」と写真付きでいろいろな人物が紹介されている。ドロンボーやナレーションが歌う回もあった。メロオケも存在しているが、作曲者が違うためサウンドトラックCDには入っていない。
『ドロンボーのなげき唄』
作詞 - 松山貫之 / 作曲 - 山本正之 / 編曲 - 神保正明
歌 - 小原乃梨子、八奈見乗児、たてかべ和也 / セリフ - 富山敬(2008年版は山寺宏一)、滝口順平
アナログ17cmシングル盤「おだてブタ」のB面だったが、本編では使用されなかった。

幻のオープニング[編集]

第47話から第57話にかけて、曲は「ヤッターマンの歌」であるがほとんどの映像が差し替えられたオープニングが放送された。2000年代まで地方局での再放送で確認された。(2013年9月現在)
LD・VHS・DVDには一切収録されておらず、DVDの特典として、ノンテロップ(音声は46話までのものを流用)で収録されている。

各話リスト[編集]

※リストが多いため、伸縮型のメニューとして表示する。

演出が2名居る場合は、前者が絵コンテ担当。1名の場合は演出・絵コンテを兼任。ただし、エンディングテロップでは「演出」と連名表記。

放送局[編集]

放送局 放送期間 放送曜日 時間
フジテレビ系列局(一部除く) 1977年1月1日 - 1979年1月27日 土曜日 18:30 - 19:00

CM出演[編集]

劇場版[編集]

1977年3月19日、『東宝チャンピオンまつり』内で第5話のブローアップ版が上映された。

映像ソフト[編集]

  • VHS
  • 竜の子TVアニメ・シリーズ タイムボカンシリーズ(ポリドール
1989年5月25日発売。3巻に第28話。5巻に第44話を収録。
  • ヤッターマン ヤッターマン出動だコロン編(パイオニアLDC
  • ヤッターマン アワテルローの戦いだコロン編(パイオニアLDC)
1998年9月25日発売。それぞれ、1-2話、108-最終話収録。
  • LD
  • ヤッターマン パーフェクトコレクション(ポリドール
上巻 1993年12月10日発売。
下巻 1994年7月1日発売。
  • DVD
  • ヤッターマンDVD-BOX(パイオニアLDC)
BOX1 2003年7月2日発売。
BOX2 2003年8月22日発売。
BOX3 2003年10月24日発売。
  • Blu-ray
  • タイムボカンシリーズ ヤッターマン ブルーレイBOX(松竹
2012年6月27日発売。

ゲームソフト[編集]

客演での登場
タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES(2008年12月、アーケードおよびWii用)
ヤッターマン1号とドロンボー一味が登場。ヤッターマン1号のみ代役で喜多村英梨が演じる。
TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS(2010年1月28日予定、Wii用)
上記4人に加え、ヤッターマン2号も登場。声は代役で加藤英美里が演じる。

パチンコ・パチスロ[編集]

パチンコ
パチスロ

携帯電話用アプリ[編集]

ダウンロード用アプリ
ブラウザゲーム

なお、Mobageでの提供もあるバタフライの『モバ7』では実機シミュレーションアプリが配信されている。

パロディ[編集]

  • エンドーマン
絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』の驚いてはいけないで遠藤章造の両親が演じた。

脚注[編集]

  1. ^ ソロモン王の王冠の落札額1億35円と、クレオパトラの王冠の落札額7,000万円の合計。
  2. ^ 第108話では終盤で素顔を出している。
  3. ^ 1977年版ヤッターマン スタッフ・キャスト1977年版ヤッターマン ストーリー
  4. ^ この時ガンちゃんとアイちゃんは、近所の土手でデートしていたため事態に気付かず、再出動したドロンボーメカ「サウナブター」を見て驚き、急いで基地に帰還したが、時既に遅く、ドクロストンは取り返された後だった。
  5. ^ 加えて、ゲームやスピンオフ等全ての関連作品。
  6. ^ 最高視聴率28.4%

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 土曜18時台後半
前番組 番組名 次番組
タイムボカン
(1975年10月4日 - 1976年12月25日)
タイムボカンシリーズ
ヤッターマン(アニメ第1作)
(1977年1月1日 - 1979年1月27日)
タイムボカンシリーズ
ゼンダマン

(1979年2月3日 - 1980年1月26日)