けろっこデメタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
けろっこデメタン
ジャンル テレビアニメ
放送時間 火曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1973年1月2日 - 同年9月25日(39回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ竜の子プロダクション
企画 吉田竜夫
演出 吉田竜夫ほか
原作 鳥海尽三
脚本 鳥海尽三ほか
プロデューサー 吉田健二九里一平
出演者 久松夕子
岡本茉莉
富田耕生
北村弘一
荘司美代子
大竹宏
八代駿
北浜晴子ほか
オープニング 「けろっ子デメタン」(堀江美都子
エンディング 「まけるなデメタン」(堀江美都子)
テンプレートを表示

けろっ子デメタン』(けろっこデメタン)はタツノコプロが製作し、フジテレビ系で放映されたテレビアニメ。英文タイトルはDemetan Croaker, The Boy Frog

放映期間は1973年1月2日から9月25日で、火曜19時から19時30分の全39話。

ストーリー[編集]

アマガエルのデメタンは、雨太郎とアマ子夫婦の子。おもちゃの露天商を営む両親の手伝いで学校に行くこともできなかったが、訪れた「虹のお池」で大富豪トノサマガエル一家の娘・ラナタンと出会い、字を教えてもらったりして仲良くなる。しかし、それを好ましく思わないラナタンの父・ギヤ太やその部下のイボ吉、キャールたちから執拗に狙われるようになってしまう。デメタンとラナタンの二つの一族の対立を軸にカエルロミオとジュリエットとして話が展開する。物語後半ではギヤ太を傀儡として操り池の全住民を支配していた大ナマズからの解放闘争に発展する。

登場人物[編集]

デメタン一家[編集]

デメタン
声 - 久松夕子
主人公のアマガエルの男の子。小学4年生という設定[1]。元々住んでいた池がある日突然イモリ達の襲撃に遭い、逃げる途中に起きた土砂崩れも加わって兄弟を全て失った。
虹の池に引っ越してきた時にラナタンと出会い、互いに惹かれ合っていくが、貧しい家柄なのでギヤ太を始めザリやイボ吉達から快く思われず、虹の池から出て行く様に親子共に様々な嫌がらせを受ける。上記の理由で子ガエル達の中で唯一学校に行けない。ラナタン達が学校に行っている間は雨太郎のおもちゃ作りの手伝いをしている。
当初は弱虫で泣き虫だったが、虹の池でラナタンに出会ったことや、様々な生き物との出会いや別れを経験して次第に誰にでも立ち向かう勇気と優しさを身につけていく。頑固な面もあり、ラナタンやタニシのおばあさんと喧嘩をしたことも。
雨太郎が作ってくれたケロケロ笛という笛を常に持ち歩いており、よく吹いている。その音色は美しく、ラナタンや他の生き物達からも人気がある。ザリと戦った際は木刀の様に使用したこともある。
イモリ達が虹の池に攻めてきた際ラナタンとたった二人で残って戦い、ナマズ入道にその勇気を賞賛され助けられ、ナマズ入道の事を神様だと思っていたが、仲良くなったエレ吉の兄弟を皆食べられたのと、ギヤ太を利用し池の住民から貢ぎ物を取り立てていた事を知ったことで次第に考えを変えていき、虹の池を平和な場所にする為に池の生き物達、エレ吉父子と一丸となってナマズ入道に立ち向かう。
最後は平和になった虹の池でラナタンと寄り添って笛を吹いた。
雨太郎
声 - 北村弘一
デメタンの父。
元々住んでいた池がイモリ達の襲撃に遭い、デメタンと雨子を連れて虹の池に引っ越してくる。
曲がったことが大嫌いで嫌がらせを仕掛けてくるギヤ太達にも立ち向かうが、力が弱く返り討ちに会うことがほとんど。
おもちゃ作りをして生計を立てているが、ギヤ太の圧力であまり売れず、家は貧しい。
改心したギヤ太を許す心の広さもあり、デメタン達と一丸となって共にナマズ入道に立ち向かう。
最後は寄り添うデメタンとラナタンを優しく見守った。
雨子
声 - 荘司美代子
デメタンの母。
ギヤ太達の嫌がらせにも屈せず雨太郎を支え、デメタンを優しく見守る。
デメタンの兄弟達
オタマジャクシ
元々はデメタンを含み沢山いて、雨太郎両親と楽しく暮らしていたが、突然のイモリ達の襲撃でほとんどが食べられ、残った数匹も逃げる途中の土砂崩れに巻き込まれデメタンを除き全て死んでしまった。

ラナタン・ギヤ太とその子分たち[編集]

ラナタン
声 - 岡本茉莉
ギヤ太の娘のトノサマガエル。デメタンと同じく小学4年生という設定[1]。デメタンと出会ったことから池を飛び出し、父を改心させて池を開放しようと頑張る。
ギヤ太
声 - 富田耕生
ラナタンの父にして、「虹のお池」を仕切るトノサマガエル。実はナマズ入道の傀儡だった。
イボ吉
声 - 大竹宏
ギヤ太の子分であるイボガエル。少しどじな所が有る。いつもキャールと共に行動。
ザリ
声 - 田中康郎
ギヤ太の子分のリーダー格であるザリガニ。イボ吉やキャールも頭が上がらない強者。
キャール
声 - 八代駿
ギヤ太の子分であるカエル。力は無いが、悪知恵が働きずるい。ギターが得意。リンチや処刑の場面などでは参加せず怯えながら見ている場面が多い。

その他[編集]

沢五郎
声 - 加藤精三
ナレーション
声 - 北浜晴子

スタッフ[編集]

  • 企画:吉田竜夫
  • 原作:鳥海尽三
  • 構成:酒井あきよし
  • 美術監督:中村光毅
  • 音楽:越部信義
  • 総監督:笹川ひろし
  • キャラクターデザイン:吉田竜夫、天野嘉孝
  • 作画監督:林政行、川端宏
  • 原画:田島実、前田英美、他
  • 動画:中村実、松本清、他
  • 背景:多田喜久子、新井寅雄、アップルズ、大沼敏孝、吉原一輔、プロダクションわーと、山口幸子
  • 背景設定:大沼敏孝、多田喜久子、中村光毅
  • 色指定:金原恵美、他
  • 仕上:野村千恵子、浅上まり子、他
  • 特殊効果:朝沼清良、他
  • 検査:村上篤美、他
  • 撮影:天平フィルム、他
  • 編集:三木幸子
  • 進行:米津和彦、他
  • 制作担当:栃平吉和(タツノコプロ)、津田義夫(読売広告社
  • 効果:イシダサウンドプロ
  • 録音ディレクター:水本完
  • 録音:棚岡元(読広スタジオ)
  • 現像:東京現像所
  • プロデューサー:吉田健二九里一平
  • 制作協力:フジテレビ
  • 制作:タツノコプロ

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「けろっこデメタン」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子
エンディングテーマ - 「まけるなデメタン」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 堀江美都子

放送リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 演出
1 とび出せ!デメタン 鳥海尽三 吉田竜夫
原征太郎
2 勇気だ!父ちゃん 酒井あきよし 高橋資祐
3 負けるな!三段跳び 鳥海尽三 岡崎邦彦
4 守れ!愛のタマゴ 酒井あきよし 富野喜幸
5 泣くな!デメタン 永田俊夫 高橋資祐
6 ふたりぼっちのケロケロ笛 鳥海尽三 原征太郎
7 まごころに消えた憎しみ… 柴田夏余 富野喜幸
8 さようなら小さな旅人 陶山智 岡崎邦彦
9 虹の池の地獄ジャングル 鳥海尽三 原征太郎
10 友情は海の彼方に 酒井あきよし 棚橋一徳
11 秀才蛙が現われた 永田俊夫 高橋資祐
12 ギャ太の策略 酒井あきよし 棚橋一徳
13 生きろ広い世界で 富野喜幸
14 わんぱく蛙がやって来た 鳥海尽三 鹿島恒保
15 命の川をとりもどせ 永田俊夫 高橋資祐
16 救え緑の命 陶山智 岡崎邦彦
17 虹の池の魔神 鳥海尽三 原征太郎
18 飛ぶんだ大空へ 三宅直子 富野喜幸
19 開け希望の灯 酒井あきよし 高橋資祐
20 シャボン玉は海に向う 三宅直子 富野喜幸
21 泣くな友情のケロケロ笛 小山高男 原征太郎
22 デメタン海からかえる 鳥海尽三
23 捨てるな勇気 笹川ひろし 高橋資祐
24 へそ蛙君さようなら 酒井あきよし 富野喜幸
25 消すな命の炎 永田俊夫 鹿島恒保
26 負けるなやせ蛙 鳥海尽三 高橋資祐
27 ナマズ入道大あばれ 富野喜幸
28 ひびけ!愛のケロケロ笛 小山高男
29 わたせ友情のかけ橋 酒井あきよし 高橋資祐
30 さよならカニッ子たち 久保田圭司 林政行
31 炎に負けるな 陶山智 富野喜幸
32 小さな池の王様 永田俊夫 原征太郎
33 虹の池がかわく時 若松はじめ 鈴木康彦
34 頑張れデメタン 鳥海尽三 光延博愛
35 戦え!デメタン 酒井あきよし 富野喜幸
36 ナマズ入道に負けるな 鳥海尽三 原征太郎
37 恐怖の地獄ジャングル 富野喜幸
38 ナマズ入道をやっつけろ 酒井あきよし 原征太郎
39 ひびけ平和のケロケロ笛 鳥海尽三

放送局[編集]

ほか

補足[編集]

その後[編集]

当番組はその後、テレビ東京などで再放送された。特にテレビ東京では、1982年4月放送の『手塚治虫のドン・ドラキュラ』がわずか4回で打ち切られた後、2時間単発特番→『びっくり世界一』開始までの穴埋めとして当番組を再放送したことがあった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 読売新聞』1972年12月14日付朝刊、13頁。
フジテレビ 火曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
けろっこデメタン