徳利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳利(通徳利)
様々な徳利

徳利(とっくり、とくり)とは、首が細く下部が膨らんだ容器の一種。現在では主に日本酒を注ぐために使われる。

概要[編集]

一合徳利と盃(グイ呑み)の例。

陶製または金属製、ガラス製で、内容量によって1から1程度まである。現在ではそのなかでも、燗酒に用いる1合から2合程度の容量のものがよく売られている。

注いだとき「トクトク」と音がするものが好まれ、この意味では口が広すぎてはならないが、一方で狭すぎては内容物がスムーズに出てこない。両者の兼ね合いからは、小指が入る程度のものが適している。

酒器としては、鎌倉時代頃までは瓶子が使われていたが、注ぎ口が小さく酒を注ぐに不便な事から、次第に徳利に代わっていった。瓶子と比べると徳利の形は多種多様であり、共通性は瓶子より多少注ぎ口が広いという程度である。

ガラス瓶やプラスチック製の液体容器が普及する以前には、酒に限らず醤油など液状のものを貯蔵するために広く使われた(醤油徳利、油徳利)。現在でも風味に悪影響を及ぼさないとして陶製の徳利が好まれることがあり、蕎麦店などではそばつゆを徳利(蕎麦徳利)に入れて供することも多い。

数え方は「一本」、または肩に下げて持ち歩いたことから「一提」(ひとさげ・いっちょう)とも数える(「一枝」(いっし)という数え方もあるがあまり使われない)。

一般に徳利を銚子(お銚子)と呼ぶこともあるが、銚子とは本来、神道の結婚式などで用いる長い柄のついた器のことをいう。

文化[編集]

落語
徳利は落語にも多く登場し、備前徳利御神酒徳利など、「徳利」の名を持つ演目も存在する。このように、かつて徳利は伝統的な液体容器として生活に密着した道具であった。
通い徳利
酒屋が貸し出していた陶磁製の小売用容器は通い徳利と呼ばれ江戸時代中期に一般化した[1]ガラスプラスチック容器が一般化する以前、酒等の小売店は客に店名・商標等を書いた徳利を渡し、商品(酒)をその中に注ぐという方式で販売していた。客は中身を使いきったら空の徳利を持って再び来店し、代金と引き換えに商品を注いでもらう。現代的な観点から言えば、廃棄物が出ない環境に優しい販売方法とも言える。現代では一部の酒類の大規模量販店が、安売りの手段、あるいは演出として、類似の販売方法を行っている例もある。

イカ徳利[編集]

スルメイカを徳利状に形成乾燥させたものは「イカ徳利」と呼ばれ、酒器であると同時に、それ自体つまみとして食用となる。

出典[編集]

  1. ^ 通い徳利 関ケ原町歴史民俗資料館

関連項目[編集]