吉田健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吉田 健二(よしだ けんじ、1935年1月1日 - )は、京都府出身の日本アニメプロデューサー、漫画原作者、イラストレーター。アニメ制作会社の竜の子プロダクションの第2代社長、初代会長。

来歴・人物[編集]

  • ペンネームは丸山健二(まるやま けんじ、芥川賞作家丸山健二と同姓同名になったのは偶然)。タツノコプロ創業経営者一族の「吉田三兄弟」の次男で、兄は漫画家・アニメ原作者・タツノコプロ初代社長の吉田竜夫、弟は漫画家・アニメプロデューサー・タツノコプロ第3代社長の九里一平。タツノコプロ作品などのデザイナー・イラストレーターの吉田すずかと、アニメ制作会社Production I.G役員でアニメのカラーデザイナー、アニメ制作者だった石川みちるは姪にあたる。
  • 16歳頃から、京都ですでに挿絵画家として活動を始めていた兄・竜夫の仕事を手伝い始める。その後漫画家となり上京した竜夫の後を追い、23歳の時に弟の吉田豊治(九里一平)とともに上京。竜夫や九里一平のマネージャーを務めながら、丸山健二のペンネームを用いて貸本漫画の表紙絵を描いたり、タツノコプロの漫画作品の原作を手がけた。タツノコプロがアニメ制作に乗り出した後は自らの創作はやめ、プロデューサー・企画などの重責を担うとともに、タツノコプロの経済的な面での経営の一切を切り盛りした。『ハクション大魔王』『アニメンタリー 決断』『新造人間キャシャーン』など、多くのタツノコプロ制作アニメでプロデューサーを務めた。また、脚本も執筆し、丸山健二のペンネームはその際にも用いた。
  • 竜夫の死後、後を継いで就任したタツノコプロ社長在任中の10年間は、ほとんどのタツノコアニメで制作(製作)者として指揮を執った。独自のプロダクションを設立しタツノコを離れていた時代には、テレビアニメ『横山光輝 三国志』(1991年テレビ東京系)の制作に携わった。その後タツノコに復帰後の会長在任中には『マッハGoGoGo』のリメイク版(1997年)のエグゼクティブプロデューサーなどを務めた。

経歴[編集]

  • 1935年 - 京都府京都市生まれ
  • 1958年 - 弟の九里一平と共に上京。
  • 1962年 - 竜夫、九里一平の三兄弟でタツノコプロを設立。取締役専務に就任。
  • 1977年 - 竜夫の死去に伴い、タツノコプロの第2代社長に就任。
  • 1987年 - タツノコプロ社長を退任、タツノコプロも退社。「遊エンターテインメント」を設立。
  • 1995年 - タツノコプロに復帰し、初代の会長に就任。
  • 2005年 - 7月、タツノコプロが大手玩具メーカーのタカラ(現・タカラトミー)の子会社になった事に伴い、会長を退任。この時、九里一平社長も同時に退任したため、吉田三兄弟がタツノコの経営から離れた。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

先代:
吉田竜夫
タツノコプロ社長
第2代:1977年 - 1987年
次代:
九里一平