紅三四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

紅三四郎』(くれないさんしろう)とは、「九里一平タツノコプロ」による漫画及び「吉田竜夫とタツノコプロ」による漫画である。またアニメ化され、1969年4月2日から同年9月24日まで、フジテレビ系で毎週水曜日19時 - 19時30分に放送された。全26話。

漫画[編集]

もともとテレビアニメ化を前提とし、その原作として九里一平とタツノコプロによる漫画版が「週刊少年サンデー」で1968年の31号から47号まで連載。連載が終わってからテレビアニメ化が決定し、九里一平の兄の吉田竜夫が原作名義となる[1]コミカライズとして、吉田竜夫原作でタツノコプロ名義の漫画版(吉田竜夫自身がすでにタツノコプロの経営に着手し、漫画家として半ば引退同然だったため、実際には内山まもるら内部スタッフが描いている)が「週刊少年ジャンプ」にて1969年の10号から13号まで連載された。集英社側はこのジャンプ版『紅三四郎』を「週刊少年ジャンプ」初のアニメ化作品と称しているが、実質的にはコミカライズ化作品である。

それらとは別に、タツノコプロ文芸部による描き下ろしのコミカライズ版がオハヨー出版(のちの松文館の前身)から単行本で全2巻発行されている。

単行本[編集]

九里一平版の単行本は秋田書店からサンデーコミックスブランドとして発行されていたが、早期に絶版したため高額のプレミアム価格で取引され、吉田竜夫版に至っては単行本化すらされずにいたが、2007年になってようやくマンガショップ社から復刻版が刊行された。復刻版は完全版と称して両方のバージョンを収録しているが、先述のオハヨー出版によるコミカライズ版は収録されていない。なお、2008年11月17日に集英社から発行された『ジャンプレジェンド』に吉田竜夫版の第1話が再収録された。

テレビアニメ[編集]

日本国外版のタイトルは「JUDO BOY」。

紅三四郎
ジャンル テレビアニメ
放送時間 水曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1969年4月2日 - 同年9月24日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビタツノコプロ
企画 鳥海尽三
演出 九里一平ほか
原作 吉田竜夫
脚本 鳥海尽三ほか
出演者 西川幾雄
雷門ケン坊
大竹宏
内海賢二ほか
オープニング 「紅三四郎」(前期、美樹克彦
「紅三四郎」(後期、堀江美都子
エンディング 「男の荒野」(前期、美樹克彦)
「夕陽の男」(後期、嶋崎由里、山尾百合子)
テンプレートを表示

ストーリー[編集]

果たし合いの末、父の命を奪った「片目の男」を追って、紅流柔術の達人・紅三四郎は愛車のバイク紅号を駆って世界各地へ旅を続ける。行く先々で出会う人々と交流しながら、さまざまな武術や格闘技の使い手である「片目の男」と対決していく異種格闘技戦が毎週のクライマックス。毎回、敵と戦う前にはヒーローの「変身シーン」のような演出で、高く空中に投げ上げた赤い道着を鮮やかに身に付け、黒帯を締めて決めポーズをとるのが恒例となっていた。戦いの場も荒野や森林、ビルの建築現場の鉄骨の上など、バラエティーに富んでいた。

登場人物:出演者[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • オープニング1「紅三四郎」作詞:関沢新一、作曲:越部信義、編曲:越部信義、歌:美樹克彦、(第1話~第13話)
  • オープニング2「紅三四郎」作詞:丘灯至夫、作曲:和田香苗、編曲:和田香苗、歌:堀江美都子、(第14話~第26話)
  • エンディング1「男の荒野」作詞:関沢新一、作曲:越部信義、編曲:越部信義、歌:美樹克彦
  • エンディング2「夕陽の男」作詞:丘灯至夫、作曲:和田香苗、歌:嶋崎由里、山尾百合子

サブタイトル[編集]

  1. 紅の風雲児
  2. 摩天楼の片目
  3. 猫魔族の挑戦
  4. 燃ゆる大平原
  5. 荒野の暴れん坊
  6. 必殺!紅十字星
  7. 海の虎・ハリマオ
  8. 魔の超人マシン
  9. 白銀の対決
  10. 幻の独眼帝王
  11. キリマンジャロの戦士
  12. 夕陽の決斗
  13. 紅脱出作戦
  14. 殺し屋オリンピック
  15. 決死の復讐犬
  16. 地獄の三四郎
  17. 片目の鬼将軍
  18. 墓場をあばけ
  19. 裏切りの報酬
  20. 片目の白虎(前編)
  21. 片目の白虎(後編)
  22. 必殺マグマ流
  23. 三四郎絶体絶命
  24. 極意天地崩し
  25. 猿人殺法
  26. 秘剣美少女

スポンサー[編集]

提供スポンサーは、前番組『ドカチン』までは森永製菓一社提供だったが、本番組は森永製菓とサッポロビールトモエ算盤の3社提供だった。このあと「タツノコプロ制作・メインスポンサー森永」作品は日曜日の18時前半枠に移動し、『ハクション大魔王』に受け継がれる。

関連商品[編集]

2008年にはJPSからこの作品をモチーフとしたパチスロ機が登場している(保通協による形式名「クレナイサンシロウ」)。
2012年3月28日に、タツノコプロ創立50周年記念の一環で、ベストフィールドから「想い出のアニメライブラリー 第2集」としてデジタルリマスター版DVD-BOXが発売された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 原口正宏、長尾けんじ、赤星政尚『タツノコプロ・インサイダーズ』講談社、2002年、p.23。九里一平インタビューより。
  2. ^ 紅三四郎DVD-BOX デジタルリマスター版”. ベストフィールド. 2012年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜19:00 - 19:30枠(当番組までアニメ
前番組 番組名 次番組
ドカチン
(1968年10月2日 - 1969年3月26日)
(本番組まで森永製菓一社提供
紅三四郎
(1969年4月2日 - 9月24日)
夜のゴールデンショー
(1969年10月1日 - 1970年3月25日)
(月 - 木)