超時空騎団サザンクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
超時空シリーズ > 超時空騎団サザンクロス
超時空騎団サザンクロス
ジャンル ロボットアニメ
アニメ
シリーズディレクター 長谷川康雄
※(チーフ・ディレクター)
シリーズ構成 鳥海尽三
キャラクターデザイン 園田美世、湖川友謙(原案)
メカニックデザイン 小川浩、大倉宏俊、小野隆嗣
音楽 佐藤健、檀雄司
アニメーション制作 タツノコプロ
製作 タツノコプロ、毎日放送
放送局 毎日放送、TBS
放送期間 1984年4月15日 - 9月30日
話数 全23話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

超時空騎団サザンクロス』(ちょうじくうきだんサザンクロス)とは、1984年4月15日から同年9月30日まで、毎日放送を製作局として、TBS系列ほかで放送されたSFロボットアニメ。放送時間は、毎週日曜14:00 ‐14:30(JST)。全23話。

概要[編集]

超時空シリーズ
通番 題名 放映期間
第1作 超時空要塞マクロス 1982年10月
〜1983年6月
第2作 超時空世紀オーガス 1983年7月
〜1984年4月
第3作 超時空騎団サザンクロス 1984年4月
〜1984年9月

超時空要塞マクロス』『超時空世紀オーガス』に続く超時空シリーズ第3弾にして最終作。SF作品分類ではファーストコンタクト物に当たり、惑星グロリエを襲う異星人ゾル人との戦いを若い3人の女性兵士を通して描く。

超時空シリーズの前2作と異なり、『超時空要塞マクロス』に関して外部企画作品への制作協力的な立場で参加したタツノコプロが実制作した。前作オーガスの不振から心機一転を図り、メインスタッフを総入れ替えしている。

しかし視聴率は低迷し、数話のエピソードを残したまま(当初は3四半期39話を予定)。番組が打ち切りとなった。このため、ゾル人の起源などのストーリーの核心となる部分が結局最後まで明かされないままとなっている[1]

日本国外では、『超時空要塞マクロス』、『機甲創世記モスピーダ』と共に ハーモニーゴールド USA 社(Harmony Gold USA)が著作権商標権をタツノコプロから買い取り、各作品が同じ作品世界の違う時代を扱った1つの大河シリーズ翻案作品『ロボテック』(ROBOTECH)の第二シーズン " The Robotech Masters " (aka. " Southern Cross "; 24 episodes)として、演出や脚本・音楽等を改変、一部新作作画を加えた再編集された版が放映された。また『メガゾーン23』の再編集版である劇場版『Robotech The Movie』にも、本作の映像が多く使用されている。

当初、『超時空世紀オーガス』の後番組としては、キャラクターデザインに漫画家の内山亜紀を起用したコミカルタッチのヒロインアクションものが企画されていた。その企画が不採用となり、本作が放送されるに至った経緯がある。

ストーリー[編集]

21世紀末、戦争等により汚染され居住不可能になった地球を捨てた人類は「マルス・ベース」「ジュピター・ベース」を介し、新天地を目指した。既に開発にめどのついた近隣の恒星プロキシマ星系の惑星「リベルテ」に次ぐ新たな植民地として開拓されつつあるエリダヌス座ε星系の惑星グロリエは、人々が住む都市部を離れると荒野と砂漠が広がる過酷な環境ではあるが、ようやく資源・食料などの必需物資の自給も可能となり始めていた。

西暦2120年[2]のある日、突如惑星の上空に異星人「ゾル」の巨大宇宙船団が現れ、惑星の明け渡しを要求する。
到底受け入れられない要求を前に開戦を余儀なくされた、惑星グロリエの警備と守備を司る開拓惑星軍サザンクロス軍は、開拓母星である殖民惑星「リベルテ」からの支援を受けられず、独力で全く正体不明の敵、ゾルを迎え撃たなければならない。

危機を迎えたサザンクロス軍。その中には奔放ながら持ち前の行動力で物事に立ち向かう戦略機甲師団の分隊長「ジャンヌ・フランセーズ」少尉、男勝りで姉御肌の宇宙機甲隊中隊長「マリー・アンジェル」少尉、規律と職務に忠実な憲兵隊少尉の「ラーナ・イザヴィア」、そしてジャンヌの部下の面々といった多くの若者達がいた。

彼女らの前に現れるゾルの人型の生物駆動系の兵器「バイオロイド」のパイロット「サイフリート」とは何者なのか、そして、同じ姿をした者が常に3人1組として行動する三位一体のゾル人の秘密、生命の花とゾル人の関係、ジャンヌの部下「ボウイ・エマーソン」と出逢った異星人の民間人音楽奏者「ムジカ(ムジエ、ムゼル)」の正体、地球人が開拓した惑星グロリエが異星人ゾル人の故郷というのは真実なのかといった謎が提示されてゆく。

登場人物[編集]

サザンクロス軍[編集]

ジャンヌ・フランセーズ
声 - 富沢美智恵
本作の主人公。戦略機甲隊第15分隊小隊長。軍規違反の常習犯で、営倉に入れられるのも日常茶飯事という札付きの女性兵士。1話ではジャンヌとシャルルで営倉入れ替わりという光景もみられる。元々シャルルの部下だったが、彼が降格処分となり、2話の戦功により彼女が少尉に任命され、小隊を指揮する事となる。兵士であることを除けば、少尉任官式でスパルタス頭部にウサギの耳を模した飾りを付けるなど茶目っ気あふれ、シャワーを浴びるのが大好きで、おしゃれにも結構うるさい、年頃の少女である。
ロボテック版では、「超時空要塞マクロス」のマクシミリアン・ジーナスミリア・ファリーナの娘、コミリア・ファリーナ・ジーナスに相当する人物になっている。
マリー・アンジェル
声 - 水倉久美子
宇宙機甲隊の男勝りの女性兵士。あだ名はコスモアマゾネス。戦闘で負傷し入院していた際にシャルルが見舞いに訪れ、急速に仲が進展していく。
ラーナ・イザビア
声 - 土井美加
泣く子も黙るグロリエ惑星軍憲兵隊少尉。軍規違反を繰り返すジャンヌやシャルルを目の敵にしている。
アンジェイ・スラウスキー
声 - 目黒裕一
グロリエ内戦内乱の鎮圧)を経験したジャンヌ小隊こと第15分隊軍曹。実戦経験もない小隊の兵士達を事あるごとに馬鹿にする。小隊内では数少ない軍人気質の堅物で、ジャンヌが小隊長に任命された際、一番猛反対をする。
ロボテック版では、マイクローン化した元ゼントラーディ人という設定。
シャルル・ドゥ・エトワード
声 - 島田敏
中尉でジャンヌの上官だったが、上官の恋人に手を出したとの事で営倉に入れられ、そのまま二等兵に降格処分される。ただし、降格に関して本人はあまり気にしていない。飄々とした性格で数々の女性遍歴があるプレイボーイだが、宇宙機甲隊のマリーと恋仲になる。
ちなみにプラモデルは中尉時代のアーミング・ダブレットの姿で発売された。
ルーイ・デュカス
声 - 二又一成
ジャンヌ小隊きってのメカおたくの兵士で、暇さえあれば銃やメカの整備をしている。メカの扱いにかけては天才的で、独力で戦術支援システムを開発するほど。
後に第16話で、彼の考案が不本意にもスパルタスの射撃管制装置プログラムに取り入れられた際には、「自分のアイディアが戦争の道具に利用された事」に対し憤慨し、火炎放射器でスパルタスを焼き払おうとした行動を、ジャンヌ隊長や、元敵方であるサイフリート・ヴァイスに一喝され、我に返るエピソードがある。
なお海外版ロボテック:シャドウ・クロニクルRobotech:The Shadow Chronicles)では、ルーイ・ニコルス (Louie Nichols)という氏名に変更され、サザンクロス軍崩壊後に、、遠征艦隊軍(UEEF/REF)の科学調査艦「デュカリオン」の艦長として、深宇宙の科学探査に活躍し、技術少佐に昇進している。更にはVince Grant(ヴィンス・グラント)艦長の片腕として航空宇宙重巡洋艦イカロス」に乗船し、他の同作品の登場人物と共にRick Hunter一条輝提督Lisa Hayes早瀬未沙艦隊司令を捜索・救助に向かうなどの活躍をみせる。
アラン・デイビス
声 - 井上和彦
ラーナ少尉の上司で憲兵隊中尉。融通の利かない性格ではラーナと同等かそれ以上。
第15話で、レオン大将の意に沿わない人物を第三次攻撃隊に編入する人選リスト作成で、誤ってデニス・ブラウン中尉を編入したラーナ少尉のミスを、参謀本部ジョー・ヤザワ大佐と共に叱責する。
マウリ・セキーシマ
声 - 拡森信吾
都市防衛隊長で大尉。彼の勇み足(ロルフ参謀長官の発言)による対衛星/宇宙艦ミサイルによる先制攻撃から戦端が開かれる。
ボウイ・エマーソン
声 - 長谷有洋
グロリエ惑星軍の参謀総長(副司令官)を父親に持つ、ジャンヌ小隊の上等兵ピアニストになりたかったが、無理やり軍隊に入隊させられており、父親には反発している。隊舎ではいつもピアノを弾いている、心優しい少年兵である。ピアノ・ジャズを得意とする。戦闘中にムジカと出会い、彼女に恋心を抱く。
サイフリート・ヴァイス
声 - 平野義和
回収された敵バイオロイドに搭乗していたパイロット。どうやら素性はグロリエの第2衛星アルス基地の兵士で、基地が襲撃された際に敵に捕らえられ洗脳されていたようである。元友軍兵士という事で、監視の意味も含めてジャンヌ小隊の預かりとなっている。
ロボテック版では、プロトカルチャーの生き残りとしてのかつてのゾル人の科学者Zor Derelda(ゾア・デリルダ)の情報を探るため製造されたクローンZor Prime(ゾア プライム)であり、かつ捕らわれた地球人(グロリエ人)に偽装して送り込まれたスパイという複雑な設定を持ったキャラクターとして登場する。
クロード・レオン
声 - 郷里大輔
陸軍の軍閥出身のサザンクロス軍最高司令官。頑固で和平交渉など念頭に無い典型的なタカ派軍人。第9話では捕らえた捕虜を治療・調査尋問もせず「既に死亡した」として焼却するなど、横暴さが目立つ。最終話では、ゾル軍の総攻撃により大量破壊兵器による攻撃を受けて、司令本部の消滅と運命を共にした。海外ロボテック版では『闘将ダイモス』の三輪防人長官や『機動戦士Ζガンダム』におけるティターンズジャミトフ・ハイマンバスク・オムの役割を併せ持つ存在として人物が肉付けされ、各種の漫画作品で主人公達の市民感情や和平への道を阻害する自軍の悪役的人物(獅子身中の虫)として公式設定作品や様々な二次的連続性作品に登場する。
ロルフ・エマーソン
声 - 麦人
ボウイの父親でグロリエ惑星軍の副司令官(参謀総長)。顔には出さないが、前線で戦う息子の身を案じている。息子と分かり合えることなく、終盤で戦死する。
なお、ロボテック版では、実の親子ではなく、遠征艦隊軍(UEEF/REF)に参加するVince Grant(ヴィンス・グラント)艦長が、養父として預けたという設定になっている。
  • サイモン二等兵 - 飛田展男
  • グリーン大佐 - 郷里大輔
  • コクトー博士 - 井上和彦
  • デニス・ブラウン中尉 - 戸谷公次
  • ヤザワ大佐 - 笹岡繁蔵
  • クラント / エディ一等兵 - 拡森信吾
  • アントワーヌ大佐 / ベケット / クリーガー中佐 / ノードフ隊長 - 沢木郁也
  • クロムウェル少佐 - 山口健

行政府&民間人[編集]

惑星リベルテ[編集]

ゾル[編集]

ムジカ・ノヴァ
声 - 日髙のり子
生粋のゾル人で、バッキ人(びと)(貴族クラスの市民階級)のシャンタール音楽家の意味→ラテン語の「歌い手」から)でゾル人の人格分担である「情報・判断・行動」のうち、情報を担当し、判断・行動を担当するムジエ・ムゼルと共に3人で1個人を形成する。楽器担当は「デージピセル」と彼等の言語で呼ばれるレーザーハープ。なお、本編をみる限り、姉妹間でも完全に対等な関係ではなく、ムジカは他の2姉妹から妹分的な扱いを受けている。
第15分隊の侵入の際にボウイと出会い、当初は音楽家同士として、次第に男女間の恋愛感情の相手として意識し、ゾル人の間に定められていた禁忌を犯す。この結果としてムジエ、ムゼルは不完全者の収容施設に入れられることになり、ムジカは同胞を裏切ったことで思い悩むことになる。
ロボテック版では三姉妹のオリジナル「ムジカ」が欠損(死亡)したために、新たに製造されたクローンであるとして、ムジエ・ムゼルとの力関係の差の整合性をつけている。
デス・デラ・デミ
声 - 鈴置洋孝
元老「ゾスマ・ゾスム・ゾスモ」の命を受け、惑星グロリエの地球人との戦争の指揮を執る総司令官。目的のためには同胞を犠牲にすることも厭わない。
ゾスマ・ゾスム・ゾスモ
声 - 沢木郁也(ゾスマ・ゾスム)、飛田展男(ゾスモ)
ゾル人の船団の長老(Robotech Elders)とでも言うべき存在。高齢のため、実権はすでにデス達に譲り、作戦、政治に関する助言等を行っている。
ロボテック版ではゾル人(The Zor)は、別名ロボテック・マスターズ(Robotech Masters)或いはティロリアン(Tirolian)と呼ばれ、「超時空要塞マクロス」本編で未登場の監察軍に相当する。
  • ムジエ - 日髙のり子
  • ムゼル - 水倉久美子
  • ファイド - 沢木郁也
  • ファイダ - 飛田展男
  • ヴィーダ - 笹岡繁蔵
  • ヴィーラ - 郷里大輔
  • ヴィーア - 安藤ありさ
  • ファイズ / ミゲレ / ミゲル - 大塚芳忠
  • ミゲア - 安藤ありさ
  • ジェラール - 中原茂
  • ラテル - 平松広和

その他[編集]

  • ナレーター - 鈴置洋孝

登場メカニック[編集]

サザンクロス軍側[編集]

ATAC・01-SCA スパルタス(Spartas)[3]
ヒロインであるジャンヌ少尉が所属する戦略機甲隊が使用するホバー式の戦闘車輌。状況に応じて、移動用のホバークラフト形態(スナイピング・クラッパー)・自走高射砲形態(ウォーカー・キャノン)・人型形態(バトル・スナイパー)の3形態に変形可能。バトル・スナイパー(バトロイド)以外の形態では開放型操縦室(オープン・コクピット)であるが、選択装備として気密装備取り付け可。
なお、株式会社ポピーPopy co.,Ltd)が、1984年8月に発表した完全変形玩具に関する報道向け資料(その後、無し崩し的に無発表のまま撤退)では、『汎用・発達型・ホバークラフト自走砲』として、MAHG / Multi‐purpose Advanced Hovercraft self-propelled Gun の兵装システム名称が付与されている[4]
TASC・01-SCF ローガン(Logan)[5]
ヒロインの一人、マリー少尉が所属する宇宙機甲隊が11話まで使用した可変戦闘爆撃機。全長6m強と、この種の機体としては小型簡易化の傾向。状況に応じて戦闘爆撃機形態から、半人半鳥の形態である「ガウォーク」形態まで2形態の可変をする。ただし、この機体の「ガウォーク」は人型(ロボット)形態に近い。
TASC・02-SCF オーロラン(Auroran)[6]
宇宙機甲隊が12話以降、激化する戦局に対応して使用した可変戦闘機。全長(全高)12m強と、本作品の可変戦闘機としては最も大型の部類に入る。
宇宙空間・高空ではファイター形態、低空・対地攻撃では安定性・信頼性の高いヘリコプター形態(2重反転式ローターホットサイクル式ローター)、人型(ロボット)に3形態に変形する。超時空シリーズの脚付き変形メカとしては珍しく、ガウォーク形態を持たず、その形態の代替用途に当るものとしてヘリコプター形態が設定されている。
ゾルとの実戦参加後、直ちに主戦場を宇宙空間に移して展開したため、大気圏内低空での対地攻撃を任務とするヘリコプター形態が本編で活躍することは一度も無かった。
 なお、株式会社ポピーPopy co.,Ltd)が、1984年8月に発表した完全変形玩具に関する報道向け資料では、『汎用・発達型・武装ヘリコプター』として、MAAH / Multi‐purpose Advanced Attack Helicopter の兵装システム名称が付与されている。[7] デザインの基になったのは、ロッキードによって開発された、アメリカ陸軍向けの試作攻撃ヘリコプターAH-56 シャイアン

アーミング・ダブレット(A.D)
ヒロイン「ジャンヌ」ほか、惑星グロリエの軍隊で着用されている、動力付き軽甲冑の総称。
戦闘車両等にはこれを着用して搭乗するが、特に車両・航空機との操縦伝達等のためのリンク機構などは設けられていないので、この点では、通常のパイロットスーツと大差はない。
動力アシストは、「倍力無し。補助比率:1対1のみ」から「特別な外骨格の補強を必要としない、倍力限界である最大値4倍=0.8馬力」まで。それぞれの小隊長(尉官クラス)、分隊長(軍曹伍長下士官クラス)、一般兵と階級に合わせてヘルメットのデザインや小火器の形状が変えられている。
小口径の小銃や、小口径粒子ビーム銃にある程度の距離で耐えるボディアーマー程度の装甲しか無いが、パワードスーツのように着用者の動きを妨げることなく、着用したままヘルメットを外すだけで、飲食や用便を足せるなど、衣服のように使用できる点と、グロリエの厳しい高温・低温の温度差や乾燥・高湿度等の自然環境を緩和する環境スーツの役割を持つ。偵察分隊や砂漠分隊、海洋分隊など作戦を展開する環境に合わせて部隊ごとにスーツのデザインが異なっている、なお、地上部隊のスーツに関しては厳密な意味での気密は施されていないため、本来は宇宙空間での使用には耐えない。そのためジャンヌ達が宇宙空間で作戦する16話以降、簡易宇宙服の機能を有するように改造が加えられたようである。なお、アーミング・ダブレット(Arming doublet)とは、15世紀から17世紀頃の、主に男性向けの腰のくびれたフェンシング胴着に由来する。

ゾル軍側[編集]

バイオロイド(グロリエ側呼称)[8]
異星人ゾルが使用する5m程度の生体部品使用の人型機動兵器。パイロットは胸部と頭部の間にある気密繭に座位で姿勢し、機体と生体的にリンクして自分の手足の延長として動かすため、厳密には操縦するロボットでは無くパワードスーツに近い。

派生型(サブタイプ)、形式等記号は未解読につき不明。

なお、ゾル側呼称のカタカナ【英文字綴り】は、海外ロボテック版で、オリジナル・メカデザイン・グループの「アンモナイト」が名づけた機種の愛称である。

グロリエ側区分 ゾル側呼称
【英文字綴り】
邦訳 解説 備考
前期I型 ノス・ドュール
【Nous'dohl】
戦士 初期量産型。 劇中「青色」塗装。
前期II型 トゥ・シィエンドラル
【T'siendral】
歩哨 上記センサー能力改良型。 劇中「緑色」塗装。
前期II型改 ジスタ・ドュール
【Gister'dohll】
戦将または指揮官 上記II型をマイナーチェンジした指揮官仕様。サイフリート・ヴァイス搭乗。 劇中「濃赤色」塗装。
中期I型 トゥ・シィエランプ
【T'sienramp】
観察者 耐圧&耐衝撃性能、センサー等探査能力強化型。
偵察機として、戦域偵察にも多用される。
劇中「淡水色」塗装。
中期II型 インヴィダ・シィエンディエル
【Inbida -T'siendiel】
インビット 用・歩哨 立体的な三位一体攻撃作戦行動の為に3機1組で行動出来るように、連動行動の戦術リンク&通信システムや、コンビネーション作戦用の行動ソフトウェアが組まれている。 劇中「鮮赤色」塗装。
後期I型 スザッチ・ドュール
【Szatchi'dohl】
革命的戦士 前期I型の改良型。
量産性及びセンサー能力向上。エネルギー資源枯渇の為、性能を維持しながら、省資源性が考慮されている。
劇中18話以降登場。青又は赤色塗装。
対地上戦投入分はサンディ・ブラウン&ブロンズ塗装。
後期II型 ツゼンシィ・ドュール
【Tzensi'dohl】
前線指揮官 前期II型及びII型改の後継機。
主な改良点は耐衝撃性能。その他の改良点は後期I型に同じ。
劇中「古代紫」塗装。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 『星のデジャ・ブー
歌 - 鹿取容子 / 作詞 - 三浦徳子 / 作曲・編曲 - 佐藤健
エンディングテーマ - 『約束』
歌 - 鹿取容子 / 作詞 - 三浦徳子 / 作曲・編曲 - 佐藤健
挿入歌
『WALKING IN THE SUN』
歌 - 鹿取容子 / 作詞 - 三浦徳子 / 作曲・編曲 - 佐藤健
『恋のサザンウインド』
歌 - 富沢美智恵 / 作詞 - 庄司菜穂子 / 作曲 - 檀雄司 / 編曲 - 富田芳正
『Let's GO!SOUTHERN-CROSS』
歌 - 山中のりまさ / 作詞 - 竜の子プロ文芸部 / 作曲 - 佐藤健 / 編曲 - 和田春彦
第15分隊歌。
『私の白い部屋』
歌 - 富沢美智恵 / 作詞 - 庄司菜穂子 / 作曲 - 檀雄二 / 編曲 - 富田芳正
劇中歌
『STAR DUST MEMORY』
歌 - 影山ヒロノブ / 作詞 - 寺田憲史 / 作曲・編曲 - 檀雄司
9話の舞台のピアノ・バーでジョルジュ・サリバンが歌手として歌う。
『MUSICA』
歌 - 日高のり子 / 作詞 - 竜の子プロ文芸部 / 作曲 - 檀雄司 / 編曲 - 檀雄司
ムジカのハープ状楽器「デージピセル 」の伴奏と共に唄われる即興の望郷歌。
『いのちのはな・生命の花/(乙女達)』
歌 - 日高のり子 / 作詞 - 竜の子プロ文芸部 / 作曲 - 檀雄司 / 編曲 - 檀雄司
ゾルの民族歌。同作品のサウンド・トラック中、唯一音源化がなされていない。
AR歌 - 『星のデジャ・ブー
歌 - 富沢美智恵 / 作詞 - 三浦徳子 / 作曲 - 佐藤健 / 編曲 - フラワーズランド

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 邦訳 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第1話 1984年
4月15日
プリズナー
Prisoner
囚人 鳥海尽三 長谷川康雄 山村正幸
第2話 4月22日 メイク・アップ
Make-up
化粧 古川順康 須永司 鈴木英二
第3話 4月29日 スター・エンゼル
Star-angel
星天使 下河内久登 康村正一 田代文夫 山田高広
第4話 5月6日 ハーフム-ン
Half-moon
半月 高野太 須永司 鈴木英二
第5話 5月13日 トラブル・シティ
Trouble-city
混乱都市 鳥海尽三 山田勝久 長尾粛 新井豊
小泉謙三
第6話 5月20日 プレリュード
Prelude
前哨 川崎知子 矢沢則夫 小島正幸 野崎恒伸
第7話 5月27日 ラビリンス
Labyrinth
迷宮 須永司 なかじまちゅうじ
第8話 6月10日 メタルファイア
Metal-fire
銃火 下河内久登 秦義人 新井豊
第9話 6月17日 スター・ダスト
Star-dust
星屑 寺田憲史 吉田浩 田代文夫 山田高広
第10話 6月24日 アウト・サイダー
Outsider
部外者 下河内久登 古川順康 鈴木幹雄 野崎恒伸
第11話 7月1日 デジャ・ブー
Déjà vu
既視感 鳥海尽三 長尾粛 高橋朝雄
第12話 7月8日 ロストメモリー
Lost-memory
失われた記憶 川崎知子 鈴木幹雄 野崎恒伸
第13話 7月15日 トリプルミラー
Triple-mirror
三面鏡 鳥海尽三 吉田浩 五月女有作 高田三郎
第14話 7月22日 アイアン・レディー
Iron-lady
鉄の女 寺田憲史 秦義人 新井豊
第15話 7月29日 ラブ・ストーリー
Love-story
恋愛小説 古川順康 山田高広
第16話 8月5日 ハンター・キラー
Hunter&killer
索敵と殺戮 川崎知子 鈴木幹雄 野崎恒伸
第17話 8月19日 バイオサイカー
Bio-psycher
生或る魂達
(テレパシスト)
鳥海尽三 古川順康 鈴木幹雄 高橋朝雄
第18話 8月26日 ワンダー・ランド
Wonder-land
御伽の国 長谷川康雄 五月女有作 高田三郎
第19話 9月2日 クライシス
Crysis
危機 寺田憲史 鈴木幹雄 野崎恒伸
第20話 9月9日 デイ・ドリーム
Day-dream
白昼夢 秦義人 新井豊
第21話 9月16日 ナイトメア
Nightmare
悪夢 古川順康 山田高広
第22話 9月23日 カタストロフ
Catastrophe
大破局 鳥海尽三 小島正幸 鈴木幹雄 野崎恒伸
第23話 9月30日 ジェネシス
Genesis
創世(生) 長谷川康雄 高田三郎

1984年6月3日は1984年全米女子プロゴルフ選手権中継、8月12日はロサンゼルスオリンピック (1984年)関連の中継番組[9]を放送したため休止。

海外ロボテック版では、本編の前に前夜祭的な構成の特別編集版の追加エピソード「Dana's Story(ダーナの物語)」が挿入されるなど、放映サブタイトルが多少異なる。詳細は英語版エピソード・リスト(The Super Dimension Cavalry Southern-Cross#Episode-List)を参照せよ。

商品化[編集]

前作までのタカトクトイスに代わりバンダイがメインスポンサーになった。番組開始時にアニメ雑誌等で公表された情報によると、スパルタスの変形玩具を発売する予定となっていたが、関連商品を一切発売しないままスポンサーを離れた。TVCMは当時公開を控えていた『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の商品のものが放映された。

プラモデルは前作までのイマイ有井製作所エルエスが加わり、3社共同となった。しかし、ラインアップは1/12スケールの各種アーミング・ダブレットが9種発売されたものの、それ以外には1/48スケールのサイフリート・ヴァイス専用バイオロイド前期II型改(赤)と1/20スケールのフラッシュ・クラッパー(ホバーバイク・ジャンヌのフィギュア付)の2種がエルエスから発売されたのみ。ロボットアニメであるにもかかわらず、主人公側(サザンクロス軍)のロボット類の玩具は、結局これらスポンサーからは発売されなかった。 イマイの1/12プラモデルでは各部隊のメタルエンブレムのキーホルダーと、メタル製の足先と肩アーマーが付いていた。

有井製作所の憲兵隊・ラーナ少尉のアーミング・ダブレットのプラモデルには、装甲を外すと裸の上半身が露出するギミックがついている[10]。TVCMにもその画像が使用された。初版の上半身パーツを収めたブリスターパックの台紙には、「ロリコンを採り入れたボディ」なる謎のキャッチ・フレーズが添えられている。

当初エルエスの戦略機甲隊・ジャンヌ少尉のアーミング・ダブレットのプラモには、上記ラーナ少尉や、今井科学の宇宙機甲隊長マリー少尉に付属した素顔の部品がなく、ヘルメット時の頭部のみだったが、主演声優の富沢美智恵及び当時のファンの強い要望で、第2版から素顔の頭部がブリスターパック入りで付属するようになった。

なお、主役三人娘にはボーナスパーツとして、プラスチック製の六角形台座やハンドバッグ小銃を肩に担ぐための革ベルト(スリング・ベルト)が付属した。

海外商品[編集]

海外ではロボテックの放映時に、変形可能なスパルタスやヒロインのジャンヌの可動フィギュアが騎乗できる構造のホバーバイクなど、数種の玩具が発売されている。

また、ロボテック公式ウェブサイトでは、本放送(西暦1985年)から28年振りとなる、2012年4月下旬に「ジョルジュ・サリバン」役の「ケント・ハリソン・ヘイズ」[11] の歌うコンパクト盤(EP盤)ミニアルバムCD " It's You "(邦訳例:「君だけに・・・」 )が発売された。[12]

ただし日本国内では、それらの商品もタツノコとビックウエストの権利裁判闘争の煽りで、公式には入手不可能ということになっている。

ネット局[編集]

以下の各局は、1984年9月の時点で本作を放送していた局である。 系列は本放送当時のもの。

放送地域 放送局 放送系列 備考
近畿広域圏 毎日放送 TBS系列 製作局
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 岩手放送
宮城県 東北放送
山形県 山形テレビ フジテレビ系列 遅れネット
福島県 テレビユー福島 TBS系列
関東広域圏 東京放送
山梨県 テレビ山梨
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送
静岡県 静岡放送
石川県 北陸放送
中京広域圏 中部日本放送
鳥取県
島根県
山陰放送
岡山県
香川県
山陽放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

TBS系列 日曜14時台前半
前番組 番組名 次番組
超時空世紀オーガス
(1983年7月3日 - 1984年4月8日)
超時空騎団サザンクロス
(1984年4月15日 - 9月30日)
日本列島縦断クイズ
(1984年10月7日 - 1985年3月31日)