Wake Up, Girls!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Wake Up, Girls!
ジャンル アイドル、ヒューマンドラマ
アニメ
原作 Green Leaves
監督 山本寛
シリーズ構成 待田堂子
脚本 待田堂子
キャラクターデザイン 近岡直
音楽 神前暁MONACA
アニメーション制作 Ordet×タツノコプロ
製作 Wake Up, Girls!製作委員会
放送局 #放送局参照
放送期間 2014年1月 - 3月
話数 全12話
アニメ:うぇいくあっぷがーるZOO!
原作 Green Leaves
監督 森井ケンシロウ
脚本 森井ケンシロウ、松田恵里子
岡篤志、関根聡子
キャラクターデザイン 宮嶋星矢
音楽 MONACA、立山秋航
アニメーション制作 Ordet×スタジオモリケン
製作 うぇいくあっぷがーるZOO!製作委員会
配信サイト #配信サイト参照
配信期間 2014年10月 -
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

Wake Up, Girls!』(ウェイクアップ・ガールズ)は、Ordet×タツノコプロ制作の日本アニメ。略称はWUG(ワグ)。

テレビアニメ2014年1月10日から3月28日まで放送された。またテレビアニメ放送初日の2014年1月10日に劇場アニメ『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』(ウェイクアップ・ガールズ しちにんのアイドル)が全国公開された。

概要[編集]

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の発生を機に、山本寛東北地方を舞台とした作品の企画を始め[1]2012年9月10日アイドルアニメとして制作することを発表した[2]。そこでスタッフが公開され、スペシャルサポーターとして声優加藤英美里福原香織も参加した[注 1]。主役7人の声優の選考は「81プロデュースavexが共同でオーディションを行い、プロダクションに所属していない一般人から選ぶ」と発表[2]

2012年9月10日から12月15日まで、「avex×81produce Wake Up, Girls! AUDITION 第2回アニソン・ヴォーカルオーディション」が開催[3]。合格者7人が声優ユニット「Wake Up, Girls!」を結成。

2013年7月28日の「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 18」にて、担当声優やキャラクター設定が公開されるとともに、2014年初春よりのテレビ放送および劇場版公開が発表された。設定も紹介され、宮城県仙台市にある芸能プロダクション「グリーンリーヴス・エンタテインメント」が舞台となっている。

アニメディア』2013年7月号よりWake Up, Girls!応援企画として、山本寛監督のインタビューや応援イラストが掲載されている他、『声優アニメディア』2013年10月号からも各担当声優のインタビューが掲載されている。

TV版は劇場版の続きの話である。劇場版はWake Up, Girls!を結成し活動を開始するところまでのエピソードであるが、TV版はその劇場版の直後からのエピソードとなりWake Up, Girls!が活動を本格的に始動するところから開始する。

劇場版サブタイトル、およびTV版の各話サブタイトルはすべて黒澤明作品が元ネタとなっている。

ストーリー[編集]

劇場版[編集]

2013年7月、仙台に拠点を置く弱小芸能プロダクション「グリーンリーヴス・エンタテインメント」は所属していた最後のタレントにも逃げられ、危機を迎えていた。そこで打開策として社長の丹下順子はアイドルグループの結成を思いつく。さっそくアイドルのスカウトを始めた事務所のマネージャー、松田耕平は公園で1人口ずさむ少女を発見する。その歌声に魅了された松田は声をかけてみるものの、彼女はアイドルという言葉を聞いて立ち去ってしまう。その彼女はかつて人気を博していたアイドルグループのメンバーで、とある事情からグループを脱退した島田真夢だった。

S-Style 8月号(地域情報タウン誌)での広告や街での勧誘の結果、オーディションで6人のメンバーを選抜する。林田藍里の付き添いで島田真夢も現れ、社長や松田が再度勧誘するも拒絶される。結果6人でWake Up, Girls!の活動を開始しダンスやボイストレーニングに励みつつ、ストリートライブを敢行するなど徐々に活動を始める。その後真夢はレッスンの会場前まで藍里の付き添いで行った際、Wake Up, Girls!がダンスをする風景を見て思わず歌に合わせてステップを踏んでしまう。

社長・松田はグループの核と見込んでいた島田真夢を諦めきれず、林田藍里を介して三度目の勧誘を行うもやはり拒絶されるが、その際I-1クラブ時代の輝いていた真夢が映ったDVDを無理やり渡す。やがてWake Up, Girls!はCDデビュー&デビューライブが決まり、難航していたデビュー曲も丹下社長と懇意にしていたユニット・Twinkleに作詞・作曲の提供をしてもらい、インディーズながらCDが完成する。その矢先、丹下社長が会社の金を持ち逃げ失踪してしまう。結果予定されていたデビューライブは中止となり、松田やWake Up, Girls!の6人たちは浮足立ち、互いにWake Up, Girls!や自分の今後を考え始める。デビューを望んでいた藍里がWake Up, Girls!の危機に泣きながら真夢に話をしたことで真夢が自分の過去と重なる部分を思い出し、松田から渡されたI-1クラブ時代の自分が映ったDVDを泣きながら見る。自分のしたいことに気づいた真夢は家を飛び出し、雨の中を走って、グリーンリーブスの事務所に飛び込んだ。

ちょうど事務所では、松田と6人のメンバーが集まって、最後に1回だけでもライブをやろうかと話し合っている最中だった。飛び込んで来た真夢がWake Up, Girls!に入りたいと宣言すると、全員が戸惑う中、佳乃が真夢の覚悟を問いただし、加入が決定した。結局、真夢を含めて最初で最後のライブを12月24日のクリスマスイブに行うことが決まった。しかし、衣装代が用意できず制服のまま歌うことになり、飛び込みでやることになったライブは事前告知も出来なかった。雪も降り出し、人もまばらな夜の勾当台公園野外音楽堂で、Wake Up, Girls!の7人は1曲だけのステージを歌い上げた。すると、観客の一人から「アンコール」を連呼され、メンバーは喜びで一杯になった。

TV版[編集]

ステージから数日後、年が明けたが依然として社長は帰ってこず、松田は自宅で請求書の山に項垂れていた。Wake Up, Girls!は正式に解散しておらず、また連絡するとして宙ぶらりの状態となっていた。Wake Up, Girls!のメンバーはライブによりまた活動したいという意欲が沸々と湧いてきていた。やがて松田はメンバーを招集し活動再開に際して、社長の代わりにプロデューサーとして須藤という怪しげな男を紹介する。

須藤の持ってきた仕事は健康ランドの休憩所でのライブだったが、(違法まがいの)酒類提供の接客営業を兼ねたものであった。客からの下卑た視線や言動にメンバーは不満を吐きつつ、芸能経験のある佳乃や真夢の言葉に励まされ頑張るも、ついに酔った客のセクハラに耐えかねた未夕は脱退を宣言し帰宅してしまう。健康ランドの担当者に確認すると、既に金は須藤に前払いで払っていることが判明し、松田が契約書を読んでいなかったことも明らかとなった。不穏な空気になった時、たまたま居合わせた丹下社長が負傷した須藤とともに現れ、健康ランドから受け取った金の返却と、今後Wake Up, Girls!に近づかないことを約束させる。その後、事務所に戻り、これまでの責任をとり仕事を持ってくることを約束する丹下社長だが、未夕がいないことに気づき連れ戻すように命じる。佳乃が未夕がメイド喫茶に勤めていたことを思い出し、二手に分かれて探すと、予想通り未夕はメイド喫茶で店を手伝っており、迎えに来た真夢、佳乃、藍里にメイド喫茶でのライブを見て言って欲しいと声を掛けた。未夕のライブ中、未夕を応援する人たちばかりなのを見て、真夢はあったかいなという言葉と意味深な表情を見せた。メイド喫茶の客の中には、12月の勾当台公園でのライブを見ていた人たちがおり、メイド喫茶の客全体から応援の言葉が届き、未夕はWake Up, Girls!としてがんばることを決める。 翌日、丹下社長により、地元TV局のTV番組に持ち込んだ2つの企画が通ったことが明かされる。くじ引きの結果、真夢、実波、菜々美がロケもあるグルメレポートコーナーを担当し、佳乃、藍里、夏夜、未夕は当初熱湯に入る熱湯天気予報の担当となるが、松田により企画が動物の着ぐるみかぶったアニマル天気予報に変更され、本格的な活動が再開されることとなる。

この活動で、特に実波の食べっぷりによりグルメレポートコーナーが評判となり視聴率が上々であったことから、テレビ局のイベントで、Wake Up, Girls!のミニライブが行えることになった。しかし当日、応援してくれている民謡同好会の磯川が倒れたことを知った実波は磯川の元へ向かってしまう。集合時間になっても実波が来ないことから不安に思ったメンバーが電話を掛け、事情を知った丹下社長も実波抜きの6人でライブを乗り切ることをメンバーに伝える。一方、入院している磯川からライブに行くように優しく諭された実波はライブ会場へ向かい、なんとか開始時間に間に合う。7人全員で行うことができたライブは盛況のうちに終了した。しかし、その報道が東京まで届き、島田真夢に関連してゴシップを追うマスコミも関心を持ち始め…。

登場人物[編集]

Wake Up, Girls![編集]

キャラクターの苗字はそれぞれ『七人の侍』の登場人物に由来している。キャラクターとその担当声優の下の名前の読み方が同じになっており、またキャラクターデザインもその担当声優をモデルにしている。各キャラクターにイメージカラーとイメージアニマルが設定されている。劇中において、グループ名命名者の丹下は(特に略称は)Wham!から名前を採ったとしているが、後に同名のラブホテルがあったことに6人[注 2]は愕然としている。

結成当初は真夢を除く6人で活動していたが、ファーストライブ直前に真夢が合流する。

島田真夢(しまだ まゆ)
声 - 吉岡茉祐
本作の主人公。
15歳の高校1年生。1997年11月7日生まれの蠍座。血液型はO型。身長159cm、体重46kg、B75/W57/H83。出身地は東京都杉並区、趣味は歌、好きなものはひよこ、嫌いなものはうそ[4]
I-1クラブに所属していたことがある元アイドルで高校1年生。元アイドルだけであって歌やダンスはメンバー内で一番優れている。イメージカラーは赤、イメージアニマルはライオン。I-1クラブは1期生として12歳で加入し初代センターになり、I-1クラブをブレイクさせたものの、後に脱退。過去の経緯もあり当初はWUGに入ることを拒んでいたが、松田の説得とWUGの活動を見て参加を決める。ただしWUG加入後もI-1クラブの出来事は真夢に暗い影を落としている。頑固な性格で長らくWake Up, Girls!のメンバーにも過去のことは話さなかったが、合宿で夏夜が過去を明かしたことにより真夢も過去を明かし、それを聞いていた他のメンバーともわだかまりがなくなり和解した。もともとは東京出身だが、I-1クラブ脱退後は仙台にある母親の実家に母親と一緒に身を寄せている。母親とは不仲でアイドル活動を再開したことも快く思われていなかったが、後に和解している。愛称はまゆしぃ。家族は母親と祖父と祖母に3人で父親は母親が真夢がI-1クラブを脱退した前後に離婚したことにより離れている。
林田藍里(はやしだ あいり)
声 - 永野愛理[注 3]
15歳の高校1年生。1998年1月19日生まれの山羊座。血液型はO型。身長155cm、体重45kg、B77/W58/H85。出身地は宮城県仙台市、趣味は料理、好きなものは洋菓子・ケーキ、嫌いなものはゴキブリ[4]。実家は和菓子屋。
真夢の学校のクラスメイトで真夢とは親友。タウン誌の募集広告を見てオーディションに応募し、合格した。「アイドルを再びやろう」と松田に請われる以前から真夢に勧めていた。ダンスや歌に目立った才能と技量はないが、グループ内一番の努力家。マイクの扱い方などアイドル活動の基本を真夢から教わっていた。Wake Up, Girls!に関してもファン視点から抜け切れておらず、プロとしての自覚が薄いことを早坂プロデューサーから指摘される。イメージカラーは名前の通り藍色でイメージアニマルはサメ。愛称はあいちゃん。家族は父親、母親と弟の3人。
片山実波(かたやま みなみ)
声 - 田中美海
14歳の中学3年生。1999年1月22日生まれの水瓶座。血液型はA型。身長150cm、体重40kg、B72/W57/H84。出身地は宮城県石巻市、趣味は民謡、好きなものはやきいも・美味しいもの・パンケーキ、嫌いなものは運動[4]。家族は父親・母親と兄と妹がいる。プロフィールの通り美味しいもの好きだが、大食漢のところもあり、仙台テレビの企画で選ばれたグルメレポーターで成功している。
民謡好きで歌唱力があり、東北のど自慢大会で優勝したことがある(そこに居合わせた丹下にスカウトされメンバー入りしているが、丹下は仮設住宅で歌っていた頃から実波を追っていたようである)。メンバーの中では妹的存在でムードメーカー。イメージカラーは黄色、イメージアニマルはトラ。愛称はみにゃみ。
七瀬佳乃(ななせ よしの)
声 - 青山吉能
16歳の高校1年生。1997年5月15日生まれの牡牛座。血液型はA型。身長159cm、体重44kg、B70/W58/H82。出身地は青森県青森市で佳乃の芸能活動により、宮城県仙台市に移住して現在の住所である。家族は父親、母親そして妹の3人。趣味はスキー、好きなものはぬいぐるみ、嫌いなものはズルイ人[4]
モデルやCM出演の経験があるローカルタレント。上京志向があるものの、その足掛かりにするためのオーディションで優勝できなかったことを丹下に指摘され、今まで所属していた事務所を辞め、グリーンリーヴスに所属してグループ入りすることを決める。芸歴の長さもあり、社長の命によりWUGのリーダーを務めるが本人はリーダーに向いているかわからないままグループ内を引っ張るリーダーシップ的な面を持とうとする。そして責任感が強くI-1クラブのリーダーの近藤麻衣のインタビューを参考にしたり、リーダーであろうというするために勉強をしつつもストレスを貯めこむ面もある、また東京で成功していた真夢に対して嫉妬に似たものを持っている他、過去を明かしたがらない真夢への不満と対抗意識を持っていたが、後に和解して2人で一緒に帰宅するほか泊まる部屋が同室になるなど仲良くなっている。イメージカラーは青色、イメージアニマルはシロクマ。愛称はよっぴー。
久海菜々美(ひさみ ななみ)
声 - 山下七海
13歳の中学2年生。1999年7月19日生まれの蟹座。血液型はA型。身長148cm、体重39kg、B74/W50/H79。出身地は山形県山形市、趣味はピアノ、好きなものは光塚歌劇団、嫌いなものは納豆[4]
光塚歌劇団を志しているだけあってエリート思考な面を持ちピアノ・ダンス・歌についてグループ最年少ながら完成されている。しかし我が強く他のメンバーともよく衝突する。WUGに関しては光塚歌劇団入団のための通過点と思っている。技術はあっても、基礎体力は歳相応で劇場版では寒さに震えていたり、基礎体力訓練においてもついていけていない面がある。一人でいる場面では光塚歌劇団の映像を良く視聴している。一時は光塚歌劇団の入学準備のため、Wake Up, Girls!を辞めるつもりで松田だけに伝えたが、他のメンバーに影響され1年先送りすることに決め撤回した。イメージカラーは紫色、イメージアニマルはオオカミ。愛称はななみん。家族は父親と母親がおり、母親は劇場版のコミカライズのみ登場している。
菊間夏夜(きくま かや)
声 - 奥野香耶
18歳の高校3年生。1995年3月1日生まれの魚座。血液型はA型。身長164cm、体重50kg、B85/W59/H83。出身地は宮城県気仙沼市で仙台市在住、趣味はジョギング、好きなものはお笑い、嫌いなものは海[4]
メンバーのお色気・ファッション担当。お色気担当だけあってグループ内で一番巨乳。多少スレているが情に厚い面をもつ。今は高校に通いつつアルバイトをしている[注 4]。松田がアルバイト先で声を掛けたこととタウン誌の募集広告を見たことがきっかけでオーディションに参加しWUGに入っている。両親とは幼少の頃に死別しており、親戚が養父母となりその民宿に住んでいたが、震災を期に仙台に引っ越し高校も転校していた。幼なじみの男性(声 - 鶏冠井美智子)もその震災で亡くしている。イメージカラーは緑色、イメージアニマルはワニ。愛称はかやたん。
岡本未夕(おかもと みゆ)
声 - 高木美佑
17歳の高校3年生。1995年9月8日生まれの乙女座。血液型はO型。身長162cm、体重48kg、B80/W60/H86。出身地は宮城県仙台市、趣味はカラオケ、好きなものはアイドル・からあげ、嫌いなものは活字の本[4]。家族は父親のみ。
ミーハーでアイドルオタク。松田にスカウトされオーディションに参加した。WUG加入前はメイド喫茶でアルバイトをしており、大勢の常連客がつく人気スタッフだった。店内限定とはいえ幾度もステージをこなしてきたプロであり、観客を楽しませるポーズやトークの研究に余念がない。精神的には打たれ弱くヘタレな面があり、アイドルとしての先行きに不安を感じている。誰に対しても「です・ます」口調。イメージカラーはオレンジ色、イメージアニマルはワシ。愛称はみゅー。

I-1クラブ[編集]

日本でトップグループの国民的アイドルグループ。2010年1月に第一期生20人から開始し、2011年1月に二期生が加入し50人、2012年1月にさん期生オーディションを開催して総勢150人、2013年1月に四期生オーディションを開催し200人規模となり2013年8月に五期生オーディションで250人規模となっている。[5]総勢200人以上の巨大なアイドルグループの中には、第1軍のI-1と第2軍のI-2と第3軍のI-3があり、随時入れ替わりがあったり、毎月メンバーが加入される一方、白木より一方的に退団を宣告されるメンバーが数人出るなど競争が激しい。またI-1のメンバーが不慮の事故に会った際は下部メンバーがヘルプに入る。年齢層は中学生から20代までと幅広い。モットーは「休まない、愚痴らない、考えない、いつも感謝」でI-1クラブ全体で復唱させるなど軍隊式ともいえる体制となっている。ピンで雑誌の表紙を飾るなど個人活動が多いメンバーもいる。また規模としてはテレビアニメ版では地方に劇場を構えるほど。

岩崎志保(いわさき しほ)
声 - 大坪由佳
17歳の高校2年生。1996年6月11日生まれの双子座。血液型はO型。身長163cm、体重45kg、B82/W55/H81。出身地は栃木県、趣味はDVD鑑賞、好きなものは晴れの日、嫌いなものは幽霊[4]
I-1クラブの一期生でI-1チームのフロントメンバーかつ二代目センターを務めるI-1クラブ中興の祖。アイドルに全てを賭ける情熱を持ちつつ現実主義者でもある。真夢と争った過去があり、I-1クラブをやめた後Wake Up, Girls!に所属した真夢への対抗意識をむき出しにしている。「〜してしほしほ☆」がキャッチフレーズ。愛称はしほっち。
近藤麻衣(こんどう まい)
声 - 加藤英美里
20歳。1992年11月26日生まれの射手座。血液型はB型。身長168cm、体重48kg、B85/W58/H88。出身地は福岡県、趣味は読書、好きなものは根性、嫌いなものは弱音[4]
I-1クラブの一期生。I-1チームのフロントメンバーかつ全体の200人を束ねるキャプテンを務めており、決められた戒律を重視して監督する立場にあり、厳しく取り締まっている。愛称はまいまい。
吉川愛(よしかわ めぐみ)
声 - 津田美波
16歳の高校1年生。1997年6月8日生まれの双子座。血液型はA型。身長155cm、体重40kg、B74/W56/H80。出身地は東京都、趣味はショッピング、好きなものは猫、嫌いなものはアボカド[4]
I-1クラブの一期生。おっとりしていているためか真夢がいた時期はI-1チームとI-2チームを行き来を繰り返していたが、現在はI-1チームのフロントメンバーに入るほどの実力を持っており努力も欠かさない。真夢とは親友的存在で、真夢がI-1クラブに所属していた際は真夢と同じ学校にかよっていた。真夢のI-1クラブ脱退後も連絡をとり続けている。愛称はよしめぐ。
相沢菜野花(あいざわ なのか)
声 - 福原香織
19歳の大学2年生。1993年8月11日生まれの獅子座。血液型はAB型。身長160cm、体重42kg、B80/W58/H84。出身地は熊本県、趣味は寝ること、好きなものは健康、嫌いなものは尖ったもの[4]
I-1クラブの二期生でI-1チームフロントメンバー。麻衣、愛や志保と一緒が要ることが多く真夢とも面識がある。突拍子のない発言や行動をたまにとる不思議ちゃんでへっぽこ番長と呼ばれることも。実は虎視眈々とセンターの位置を狙っている。メガネっ娘。愛称はナノカス。
鈴木萌歌(すずき もか)
声 - 山本希望
13歳の中学2年生。1999年8月9日生まれの獅子座。血液型はO型。身長146cm、体重35kg、B69/W55/H75。出身地は東京都、趣味と好きなものはアニメ・ゲーム、嫌いなものはトマト[4]
I-1クラブの四期生で最年少の中学2年の13歳だが、加入してまもなくI-1チームのフロントメンバーに早々に入り次期センターを奪えるというほどの逸材。玲奈と合わせてW鈴木と呼ばれている。愛称はもか。
鈴木玲奈(すずき れな)
声 - 明坂聡美
20歳。1993年1月2日生まれの山羊座。血液型はO型。身長162cm、体重44kg、B78/W52/H85。出身地は愛知県、趣味は詩を書くこと、好きなものはお風呂、嫌いなものは乗り物で特に飛行機が苦手[4]
I-1クラブの二期生で萌歌と同じくW鈴木の一人。グループ内でトップクラスの歌唱力を持つがそれは努力を重ねた苦労の賜物らしい。愛称はれんれん。
小早川ティナ(こばやかわ ティナ)
声 - 安野希世乃
18歳の高校3年生。1995年7月9日生まれの蟹座。血液型はO型。身長165cm、体重49kg、B88/W60/H86。出身地は埼玉県、趣味はスキューバダイビング、好きなものは夏、嫌いなものは冬[4]
I-1クラブの三期生かつI-1チームのフロントメンバーかつでイギリス人と日本人のハーフ。肉感的なスタイルからグループ内のお色気担当。愛称はてぃーな。
白木徹(しらき とおる)
声 - 宮本充
I-1クラブのゼネラルマネージャーであり、プロデューサーかつ運営会社の社長。I-1クラブを国民的アイドルまで持ち上げた敏腕プロデューサーで「人間である前にアイドルである」強い信念を持つ。ルールや指示に従えないメンバーは人気があろうとクビにしている。一期生のメンバーに限らず、真夢も例外ではなく辞めさせている。過去にアイドルグループ「セイント40」を立ち上げていたことがあり、ゴールドディスクのリリーフを持つほど一時活躍しているが、その後自然消滅している。
黒川芹香(くろかわ せりか)
声 - 秋奈
第9話に登場。I-1クラブの第1期生で真夢の親友。恋愛禁止の戒律に背いたためI-1クラブを辞めさせられる。辞めたくないと白木に抗議するも一蹴された。真夢のI-1クラブの脱退の遠因となった。I-1クラブ時代は真夢に次いで2番手の実力で真夢、志保とともにセンターを務めていたことがある実力者であった。真夢と愛とプライベートでも仲が良かったが、脱退後は不明。
高科里佳(たかしな りか)
漫画「リトルチャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1 club- 」の主人公。I-1クラブの第5期生で、体型が岩崎志保に似ていたことから、多忙な岩崎志保に代わりアンダーとなる。性格は基本的にミーハーでポジティブシンキングである。

グリーンリーヴス・エンタテインメントのスタッフ[編集]

松田耕平(まつだ こうへい)
声 - 浅沼晋太郎
事務所のマネージャー。居酒屋で社長にスカウトされた駆け出しで、作中ではマネージャー歴1年3ヶ月である。出身地は宮城県加美町。社長の指示により、あてもなく街中でスカウトを行うことになる。東京の三流大学に進学しアーティストを目指していたが、挫折して仙台に帰郷している。丹下不在時は事実上事務所の責任者になっていた。仕事の面に際しては契約書に目を通さない等抜けており、丹下やWUGのメンバーに揶揄されてる面もあるが、後には業務をそつなくこなすようになっている。早坂の厳しいやり方を多少不満に思っている。
丹下順子(たんげ じゅんこ)
声 - 日髙のり子
事務所の社長でWaKe Up, Girls!のプロデューサー。出身地は熊本県。血液型はAB型。身長157cm、体重46kg、B79/W58/H83。出身は熊本県。ヘビースモーカーで禁煙の場所でも平気で吸っている。東京・大阪と事務所を経営した後、仙台に流れ着いた。後の人気デュオTwinkleの世話をしていたことがある。仙台においてもタレントを何人か育成していたが、退社や廃業によって所属タレントが0の状態に陥る。その際テレビに映った「I-1クラブ」からアイドルグループの構想を得る。部下の松田に罵詈雑言を浴びせるだけでなく、ムチャぶりでタレント探しを命じた[注 5]。WUGデビュー直前に運転資金を持ち逃げしてしまった(愛するダーリンが緊急事態のため)[注 6]。先の経緯で事務所に戻りづらくなっていたが、偶然WUGが営業に来ていた健康ランドでWUGと松田に再会。須藤の悪行を裁く過程で社長業に復帰している。真夢に会った際「大きくなったわね」と声をかけており、真夢の昔を知っている。「I-1クラブ」とI-1クラブ社長の白木の過去を知っており、早坂が事務所を訪れた際「I-1クラブ」に断りを入れたか気にするなど「I-1クラブ」とは無駄なことで対立したくはないと思っている。松田とは違い、早坂の厳しいやり方に思うところがあるのか、静観を貫いている。
早坂相(はやさか たすく)
声 - 鈴村健一
世界で活躍している音楽プロデューサーでI-1クラブをプロデュースしており、I-1クラブをスターダムに押し上げた立役者の1人でもある(ただし真夢が在籍していた時期とは重ならない)。仙台のライブハウスでWake Up, Girls!のライブを見たことがきっかけで興味を持ち、丹下社長に『Wake Up, Girls!に関する全権をしばらく自分に預けるかわりに、自らノーギャラでプロデュースする』という条件でWake Up, Girls!のプロデュース提案をする。丹下社長と契約書を交わす際金銭にはたいして興味はなく、原石のアーティストを磨きあげるなどの仕事を情熱が持てるかに関心があるため、I-1クラブへのプロデュースの興味は失ったと語っている。その後、毎週1回来仙しWake Up, Girls!に体力向上や基礎訓練等のレッスンを行う他、月に2回、1日3回公演のライブ公演を命じる。後に能力と覇気が劣る藍里に脱退宣告をし、他のメンバーにも、藍里を守るために全員クビか、藍里を切るかの選択を迫るも、藍里の説得とメンバーに課した他の条件を守らせたことで脱退宣告等を撤回する。その後「アイドルの祭典2014」の出場を決めWake Up, Girls!に宣告し、その出場のため作詞作曲した「極上スマイル」や決勝用に「7Girls War」を提供している。

Twinkle[編集]

全国で活躍する二人組女性デュオグループ。二人組で作曲作詞も行っている。全国をツアーで回ることが多い。丹下社長とはデビュー当時の縁があったため、難航していたデビュー曲の作詞・作曲の提供者になっている。その後時々事務所を訪れ、Wake Up, Girls!に「Wake Up, Girls!」らしさや「喧嘩できているか」など忠告やアドバイスを行っている。なおWake up,Girls!への提供曲は「タチアガレ」と「16歳のアガペー」。

カリーナ
声 - 戸松遥[6]
アンナ
声 - 花澤香菜[6]

その他[編集]

大田邦良(おおた くによし)
声 - 下野紘
仙台在住のI-1クラブ古参ファン。I-1クラブを脱退した島田真夢を気にかけていたが、公園で配られたWUGライブのチラシに島田真夢の名前を見つけ驚愕する。最初で最後かもしれないWUGのライブでただ一人アンコールを行った。以降もワグナーの代表格の一人としてWUGを応援している。
浅津正樹、屋沢良、城本一
声 - 祐仙勇松本健太高橋大輔
大田と組む一緒にライブに通い詰めるWake Up,Girls!のファンで私設応援団グループ。浅津はバンダナ、屋沢はメガネ、大柄な帽子が特徴の城本の3人。浅津と矢沢は元々未夕が勤務していたメイドカフェの常連客で未夕のファンで、勾当台公園でのデビューライブにも見に行っていた。
真夢の祖父、祖母
声 - 西村知道定岡小百合
東京から戻ってきた娘である母親と真夢を優しく迎えるも、どこか気を使い踏み込めずにおりどちらともギクシャクしている。真夢がアイドルを再開したことを応援しているが、そのことに対しても真理と対立してしまう。
島田真理(しまだ まり)[注 7]
声 - 島本須美
真夢の母。I-1クラブを辞めた真夢とともに仙台に帰郷する。仕事の大変さからスレており、娘の真夢や両親に対して投げやりな態度をとっている。真夢がアイドルを再開した際には反発していたが、後に和解しアイドル活動を認め所属同意書・契約書にサインする。素直に娘を応援するようになった。フルネームは第10話での真夢の契約書に記載されていた。小説版によれば白木徹がかつて立ち上げていた「セイント40」のオーディションを受け、落ちた経験もあり、真夢に自分の夢を重ねていた部分もあったようで白木の手法もある程度知っていたようである。
藍里の父親、母親
声 - 柴本浩行伊藤美紀
夫婦で老舗和菓子屋を切り盛りしている。両親とも藍里のアイドル志望に対しては本人の自由に任せつつもどこか心配している。父親は藍里がアイドル活動を辞めようとした際に厳格な態度をとり続ける。また藍里が説得されて再開しようとする際に「継続は力なり」という言葉と応援する言葉を娘に向けた。
磯川(いそかわ)
声 - すずき紀子
実波がよく遊びにいく仮設住宅に住んでいる老年の女性。実波が歌う演歌のファンで、実波が所属するWUGに対しても応援している。仙台テレビのイベント直前に心臓の病気で入院する。
吉田和子(よしだ かずこ)
声 - 亀井芳子
夏夜の叔母。気仙沼で旅館を営んでいる。幼いころに両親を亡くした夏夜を母親代わりとして育て、震災を機に仙台に越した夏夜を心配し手紙を送っている。そして夏夜の提案で合宿に来たWUGメンバーらを温かく迎えた。フルネームは夏夜に送った手紙の封筒に記載されている。
須藤(すどう)
声 - 中尾隆聖
第1話・第2話に登場。丹下不在時のグリーンリーヴズに仕事を斡旋した芸能プロデューサー。その実態は丹下曰く「ゴロツキプロデューサー」と呼ばれる悪質な男で、世間知らずの松田とWUGを手玉にとり、水商売まがいの仕事をあてがって一儲けを目論んだ。結局、営業先に偶然居合わせた丹下にピンハネを見抜かれ、鉄拳制裁まで喰らって退散する羽目に。
鈴木ディレクター(すずき)
声 - 松本健太
第3話・第4話に登場。フルネームは鈴木文明(第4話に登場した名刺より)。テレビ局のディレクターで、島田真夢が仙台で活動を再開したことを知り、島田真夢の脱退について詳細を知るために、偽企画を用意し、グリーンリーブスに取材企画を通させてWUGメンバーに部下の山田AD(声 - 宮下栄治)とともにインタビューを始める。真夢のゴシップのための取材とバレた後は開き直りWUGや事務所へ中傷をするも怒りに任せた丹下により殴られ事務所から追い出された。。

テレビ版[編集]

2014年1月から3月まで、テレビ東京ほかにて放送された。全12話。

スタッフ(テレビ版)[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「タチアガレ!」(第1話 - 第2話)
作詞 - 辛矢凡 / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - Wake Up, Girls!
第3話では劇中歌として使用。ただしBlu-ray Disc版1・2話は挿入歌となっている。
「7 girls war」(第3話 - 第12話)
作詞 - 辛矢凡 / 作曲 - 神前暁・田中秀和 / 編曲 - 田中秀和 / 歌 - Wake Up, Girls!
Blu-ray Disc版では1・2話から7 girls warがオープニングとなっている。
エンディングテーマ「言の葉 青葉」
作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - 岡部啓一 / 歌 - Wake Up, Girls!

劇中歌[編集]

太陽曰く燃えよカオス」(第2話)
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 田中秀和 / 歌 - 岡本未夕
「16歳のアガペー」(第5話)
作詞 - 只野菜摘 / 作曲 - 広川恵一 / 歌 - Wake Up, Girls!
「ジェラ」(第5話)
作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - 田中秀和 / 歌 - I-1クラブ
「DATTE」(第5話)
作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - 広川恵一 / 歌 - 小早川ティナ from I-1クラブ
「あぁ光塚歌劇団」(第8話)
作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - 高橋邦幸 / 歌 - 光塚歌劇団
「極上スマイル」(第8・10・11話)
作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - 田中秀和 / 歌 - Wake Up, Girls!(第8・10話)、I-1クラブ(第11話)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 元ネタとなった
黒澤明監督作品
絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
#1 静かなる始動 静かなる決闘 山崎雄太 宍戸久美子、高瀬さやか
小林恵祐
近岡直
#2 ステージを踏む少女たち 虎の尾を踏む男達 江島泰男 有冨興二 池田志乃、原修一
相田誠、保村成
星野真澄、吉田伊久雄
中野良一
#3 一番優しく 一番美しく 高橋幸雄 南伸一郎、しまだひであき 近岡直
後藤圭佑
#4 スキャンダル 醜聞 藤澤俊幸 清水明 内原茂、服部憲知
#5 天国か地獄か 天国と地獄 小俣真一 有冨興二、榎本守
橋口洋介、山本寛
石原恵治、中山竜
榎戸駿、今岡律之
桂憲一郎、普津澤時ヱ門
#6 まだまだだよ まあだだよ 大原実 加藤顕 清水博幸、新妻瑠維
#7 素晴らしき仲間たち 素晴らしき日曜日 伊藤良太 佐々木勅仁、野木森達哉
小林恵祐
桂憲一郎、榎戸駿
今岡律之、小林恵祐
#8 波乱 高橋幸雄 所俊克 南伸一郎、しまだひであき
清水勝裕、青木真理子
鵜池一馬
#9 ここで生きる 生きる 中山奈緒美
杉村苑美
有冨興二
中山奈緒美
竹森由加、深澤謙二
今岡律之、普津澤時ヱ門
#10 登竜門 羅生門 板垣伸 島崎奈々子 阿部可奈子、亀田霰
#11 アイドル狂詩曲(ラプソディ) 八月の狂詩曲 山崎雄太 山崎雄太
小林恵祐
柳沢まさひで、中山竜
榎戸駿、後藤圭佑
近岡直
#12 この一瞬に悔いなし わが青春に悔なし 山本寛
中山奈緒美
山本寛、有冨興二
伊藤祐毅、中山奈緒美
桂憲一郎、石原恵治
普津澤時ヱ門、今岡律之

放送局[編集]

日本国内[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2014年1月10日 - 3月28日 金曜 25:23 - 25:53 テレビ東京系列
愛知県 テレビ愛知 金曜 26:05 - 26:35
大阪府 テレビ大阪 2014年1月11日 - 3月29日 土曜 26:30 - 27:00
宮城県 仙台放送 2014年1月12日 - 3月30日 日曜 25:15 - 25:45 フジテレビ系列 2月2日は放送休止
3月30日は2話連続放送
日本全域 ニコニコ生放送 2014年1月13日 - 3月31日 月曜 24:00 - 24:30 ネット配信 2月3日分は総集編を配信[7]
3月31日は2話配信
ニコニコチャンネル 月曜 24:30 更新
AT-X 2014年1月14日 - 4月8日 火曜 23:00 - 23:30 アニメ専門CS放送 リピート放送あり
バンダイチャンネル 2014年1月19日 - 4月13日 日曜 12:00 更新 ネット配信
dアニメストア[8] 2014年1月26日 - 4月13日
熊本県 熊本放送 2014年2月23日 - 5月18日 日曜 25:50 - 26:20 TBS系列
岩手県 IBC岩手放送 2014年4月5日 - 6月28日 土曜 6:00 - 6:30 地上波では唯一の深夜時間外放送
奈良県 奈良テレビ 2014年4月18日 - 7月4日 金曜 25:35 - 26:05 独立局

日本国外[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
北米 Crunchyroll[9][10] 2014年1月10日 - 3月28日 金曜 27:30 更新 ネット配信 英語字幕あり
スペイン語圏 スペイン語字幕あり
ポルトガル語圏 ポルトガル語字幕あり
フランス
中国 Tudou[9][10]
Youku[9][10]
韓国 ANIPLUS 2014年1月13日 - 3月31日 月曜 22:30 - 23:00 CS放送IP放送
ケーブルテレビ
ネット配信
韓国語字幕あり

劇場版[編集]

Wake Up, Girls! 七人のアイドル
監督 山本寛
脚本 待田堂子
原案 山本寛
原作 Green Leaves
製作 Wake Up, Girls!製作委員会
出演者 吉岡茉祐
永野愛理ほか
音楽 DIVE II entertainment
主題歌 Wake Up, Girls!
「タチアガレ!」
製作会社 Ordet
タツノコプロ
配給 東宝映像事業部
公開 日本の旗 2014年1月10日
上映時間 53分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

Wake Up, Girls! 七人のアイドル』(ウェイクアップ・ガールズ しちにんのアイドル)のタイトルで、2014年1月10日より全国公開された。なお、公開初日には映画本編の冒頭一部をニコニコ生放送にて無料配信する[11]他、劇場版全編のサイマル配信を有料にて行うこととなっている[12]。また、Crunchyroll(北米・スペイン語圏・ポルトガル語圏・フランス)、TudouYouku(いずれも中国)のサイトを活用し、劇場映画の公開初日に本編全てを世界108ヵ国・地域に向けて同時配信を行う[11]。このような試みは世界で初となる[11]

公開初日に、仙台市にて舞台挨拶および「仙台シネマ」認定式が行われた[13]

キャスト(劇場版)[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌「タチアガレ!」
作詞 - 辛矢凡 / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - Wake Up, Girls!
挿入歌
「シャツとブラウス」
作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - 広川恵一 / 歌 - I-1クラブ
「リトルチャレンジャー」
作詞 - 辛矢凡 / 作曲・編曲 - 田中秀和 / 歌 - I-1クラブ
「大空のプリズム」
作詞 - 辛矢凡 / 作曲・編曲 - 神前暁 / 歌 - 島田真夢

スタッフ(劇場版)[編集]

  • 原作 - Green Leaves
  • 原案・監督・絵コンテ - 山本寛
  • 脚本 - 待田堂子
  • 演出 - 久保田雄大、有冨興二、榎本守、山本寛
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 近岡直
  • 衣装デザイン - 川妻智美、澤田知世、中田知里
  • 作画監督 - 小林恵祐、後藤圭佑、川島尚、西村広、桜井正明、橋本正則、石原恵治
  • 音楽 - 神前暁、MONACA
  • 色彩設計 - 辻田邦夫
  • 色指定 - 庄司詩織
  • 仕上げ検査 - 庄司詩織、河合真理子、青山遥、清田直美
  • 美術監督 - 田中孝典
  • 美術設定 - 井伊篤
  • 撮影監督 - 石黒晴嗣
  • CG監督 - 濱村敏郎
  • デジタル映像監修 - 吉浦康裕
  • 編集 - 奥田浩史
  • 音響監督 - 菊田浩巳
  • 音楽プロデューサー - 村上貴志
  • 音楽制作 - DIVE II entertainment
  • 製作 - 齊藤淳、勝股英夫、田中修一郎、安藝貴範、平岡利介、山田昇、増山敬祐、古澤佳寛、佐々木絵美、難波秀行
  • プロデューサー - 田中宏幸、矢橋清志、田中聡、菅沢正浩、清水美佳、藤森裕、吉澤隆、菊地等、高篠秀一
  • 制作統括プロデューサー - 竹内宏彰
  • アニメーションプロデューサー - 藤尾勉
  • アニメーション制作 - Ordet×タツノコプロ
  • 制作協力 - カオスプロジェクト、ライデンフィルム、ミルパンセ
  • 製作 - Wake Up, Girls!製作委員会(エイベックス・エンタテインメントタツノコプログッドスマイルカンパニーテレビ東京AT-X学研パブリッシング東宝セガ創通
  • 配給 - 東宝映像事業部

OVA[編集]

Wake Up, Girls! 出逢いの記録』は、2013年12月29日に秋葉原UDXで開催されたイベント[14][15]で販売された前売り券に付属したDVDに付属した6分程度のテレビ&劇場未使用のショートエピソードのアニメ。

Wake Up, Girls!の島田真夢以外のメンバーがグリーンリーブスのオーディションを受けた際のエピソードをアニメ化しており、各キャラクターの自己紹介映像となっている。なお島田真夢が藍里の付き添いで来たという場面のみテレビや劇場で使用された。時系列としては、劇場版の中の話である。ディスクには、販売元としてエイベックス・エンタテインメントとしてクレジットされている以外は、スタッフ・スタッフ等はクレジットされていなかったが後に脚本・コンテ&演出、総作監のみ判明している。また、Blu-ray 第6巻の特典映像として再録された[16]。担当声優は以下のとおり。

キャスト(OVA)[編集]

スタッフ(OVA)[編集]

  • 脚本 - 山本寛
  • 絵コンテ・演出 - 山崎雄太
  • 総作画監督 - 近岡直

Webアニメ[編集]

うぇいくあっぷがーるZOO!』は、『Wake Up Girls!』のスピンオフアニメ。略称は「わぐZOO!」[17]

2014年8月10日に発表され、9月5日にお試し版がYouTubeにて配信された。10月22日よりdアニメストア、バンダイチャンネル、J:COMオンデマンド、ビデオパス、U-NEXT、RakutenShowtime、TSUTAYA TV、Gyao!ストア、DMM、ビデオマーケット、GyaO!、ニコニコチャンネルで正式配信。

Wake Up Girls!にはメンバーごとイメージアニマルが設定されており、本編3話等でアニマル天気予報としてイメージアニマルに則したきぐるみを一部のメンバーが着用していた場面がある。仙台市八木山動物公園が協力としてクレジットされており、舞台のモデルとなっているとみられる。

あらすじ[編集]

仙台の校外にある小さな動物園。最後の一匹の動物が死んでしまい、園長は飼育員の松田に新たな動物を探すことを命じる。集まってきたのは猛獣の女の子たちだった…。

登場人物(わぐZOO!)[編集]

マユ
声 - 吉岡茉祐
ライオンの女の子。
松田飼育員に勧誘されるも一端は拒絶。思わず松田を食べてしまう。
アイリ
声 - 永野愛理
サメの女の子。
魚類であるのに、第2話では水槽に入れられ溺死しかける[18]。このため、カヤと共に第2話のエンディングには登場していない。第4話でも水族館で溺死した姿が見られる。
ミナミ
声 - 田中美海
トラの女の子。
ヨシノ
声 - 青山吉能
しろくまの女の子。第4話ではパンダの格好をしている。
ナナミ
声 - 山下七海
オオカミの少女。
カヤ
声 - 奥野香耶
ワニの女の子。
第2話では水槽に入れられ溺死しかける[18]。このため、アイリと共に第2話のエンディングには登場していない。第4話でも水族館で溺死した姿が見られる。
ミユ
声 - 高木美佑
ワシの女の子。
第4話で自分がヒロインのゲームを作る。
松田飼育員
声 - 浅沼晋太郎
動物園の唯一の飼育員。ポスターを街中に張り、猛獣達の女の子を集めてくる。マユを勧誘するも食べられ、第4話ではミオナミとナナミのご飯になる。
丹下園長
声- 日高のり子
動物園の園長。動物が一匹しかいなくなるほどの状態になっており、経営手腕には疑問符がつく。

スタッフ(わぐZOO!)[編集]

  • 原作 - Green Leaves
  • 監修 - 山本寛待田堂子
  • 監督 - 森井ケンシロウ
  • 脚本 - 森井ケンシロウ、松田恵里子、岡篤志、関根聡子
  • キャラクターデザイン - 宮嶋星矢
  • 音響監督 - 菊田浩巳
  • 音楽 - MONACA立山秋航
  • 音楽プロデューサー - 村上貴志
  • 音楽制作 - DIVE II entertainment
  • 編集 - スタジオモリケン
  • 製作 - 勝股英夫、渡邉季之、安藝貴範、平岡利介、山田昇、古澤佳寛、佐々木絵美
  • プロデューサー - 田中宏幸、矢橋清志、田中聡、菅沢正浩、清水美佳、吉澤隆、菊地等
  • アニメーションプロデューサー - 竹内宏彰
  • アニメーション制作 - Ordet×スタジオモリケン
  • 製作 - うぇいくあっぷがーるZOO!製作委員会

主題歌(わぐZOO!)[編集]

エンディングテーマ「ワグ・ズーズー」
作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - 高橋邦幸 / 歌 - Wake Up, Girls!

各話リスト(わぐZOO!)[編集]

話数 サブタイトル 脚本 演出 絵コンテ 作画監督 配信日
第1話 動物園でGO! 松田恵里子、関根聡子
岡篤志、森井ケンシロウ
衣谷ソーシ 宮嶋星矢 2014年
9月5日(お試し版)
10月22日(正式版)
第2話 水族館でGO! 松田恵里子 10月22日
第3話 怪談でGO! 関根聡子 宮嶋星矢 11月5日
第4話 ゲームでGO! 衣谷ソーシ 11月19日

メディアミックス(関連商品)[編集]

漫画版[編集]

4コマ漫画
『メガミマガジン』(学研パブリッシング)2013年11月号より2014年6月号まで連載された。作者はしろ。タイトルはなく、サブタイトルのみ掲載。キャラクターの設定にそったぼのぼの4コマ紹介漫画である。毎月1本掲載。掲載されたものは「Wake Up, Girls! COMPLETE BOOK『WUGpedia』」に収録されている
ワクワク4コマ
『月刊アニメディア』(学研パブリッシング)2013年11月号より2014年4月号まで連載された。作者は水知せり。各月に紹介される2-3人の登場キャラクターの設定に沿った4コマ紹介漫画。毎月2本掲載。掲載されたものは「Wake Up, Girls! COMPLETE BOOK『WUGpedia』」に収録されている
4コマ漫画(タイトルなし)
『声優アニメディア』(学研パブリッシング)2013年10月号より2014年6月号まで連載された。作者ははんざわかおり。タイトルはなく、サブタイトルのみ掲載。リアルの声優のWake Up,Girls!のキャラクターを題材にした紹介漫画である。毎月2本掲載。掲載されたものは「Wake Up, Girls! COMPLETE BOOK『WUGpedia』」に収録されている
劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」
ノーラコミックスレーベル(学研パブリッシング)より発売。原作Green Leaves、作画は緋呂河とも。劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドルのコミカライズにあたる。オフィシャルガイドブックにプレビュー版としてプロローグ20ページ分の冊子が収録された。またアニメディア2014年4月号には40ページ分のプレビュー版の冊子が収録された。全1巻。久海菜々美の家族など、アニメにおいては描かれていない描写が描かれている。
リトルチャレンジャー Wake Up, Girls! -side I-1 club-
『メガミマガジン』(学研パブリッシング)2013年5月号より連載開始。原案は山本寛、ネーム原案はアニメのシリーズ構成脚本の待田堂子、漫画はU.G.Eが担当した。I-1クラブ視点のスピンオフコミックで、テレビ未登場キャラクターのI-1クラブ5期生のI-3に位置する新人の高科里佳が主人公である。多忙となり全体レッスンに参加できなくなったI-1クラブセンターの岩崎志保のアンダー(代役)としてレッスンで伝えられた振り付け等の変更点を志保に伝わる役割となった。アンダーとなっためかI-1の選抜チームとの交流が多くなりI-1クラブの内面がアニメより濃く描かれている。単行本はノーラコミックスレーベル(学研マーケティング)にて発売。2014年10月現在既刊1巻。
  1. 2014年9月29日発売、ISBN 978-4-05-607125-2

小説版[編集]

小説版Wake Up, Girls! それぞれの道
学研パブリッシングにより発売された。B6判。著者はアニメのシリーズ構成を担当した待田堂子が担当し、イラストはU.G.Eが担当した。Wake Up, Girls!がアイドルを志すまでのエピソードで、劇場版の前日譚にあたるエピソードのほか、テレビ最終話の後も少し描かれている。Wake Up, Girls!の詳細プロフィールも掲載されている。

ファンブック[編集]

Wake Up, Girls! Official Guide Book
2014年1月9日に発売された。学研パブリッシング発行、学研マーケティング発売である。メガミマガジン編集部編。発売当時までに発表された版権イラストを収録した他、劇中のキャラクター相関図、Wake Up, Girls!やI-1クラブのプロフィールの詳細、そしてその周囲の人々達のプロフィールが描かれている。また声優Wake Up, Girls!の本人たちのプロフィールや、オーディションから放送までの軌跡が掲載されている他、監督の山本寛、脚本家の待田堂子、音楽の神前暁やプロデューサー達のインタビュー等が掲載されている。そして、舞台である仙台のロケ地や名所などを紹介している他、関連商品の紹介も収録されている。特典としてコミック版『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』のコミックプレビュー版、表紙イラスト&声優録りおろしピンナップポスターの他、SNSゲーム版『Wake Up, Girls! ステージの天使』の特典シリアルカードが封入されている。ISBN 978-4-05-610331-1
Wake Up, Girls! ステージの天使 The Illustrations
2014年6月10日初版発行。ISBN 978-4-05-405022-7。学研パブリッシング発行、学研マーケティング発売である。ソーシャルゲームWake Up, Girls! ステージの天使の2014年4月までのイラストを収録した画集となっている。アニメ版のキャラクターとゲームオリジナルキャラクターを含む全キャラクター69種の詳細プロフィールとイラストが掲載されており、SR。SRプラスカードはセリフも掲載されている。また、一部ゲームオリジナルキャラクターには声優が付けられているが、声優のクレジットも記されている。巻末にはアニメのキャラクターデザインを担当したアニメーターの近岡直とWake Up, Girls! ステージの天使のメインイラストレーターでアニメーターの小島大和の対談、ゲームスタッフ座談会、Wake Up, Girls!の声優のうち田中美海、青山吉能、高木美佑の座談会も収録されている。付録として大石陽奈のオリジナルのカードのコードが収録されている。
Wake Up, Girls! COMPLETE BOOK『WUGpedia』
2014年7月15日に発売された。学研パブリッシング発行、学研マーケティング発売である。ISBN 978-4-05-406056-2。キャラクター解説やキャスト・製作委員会のプロデューサー、脚本家の待田堂子、監督の山本寛のほか制作スタッフや作詞家、音楽制作スタッフそして宮城県のロケ先の関係者等を含めた総勢70人以上にも登るインタビューも収録されている。楽曲解説、劇場版やTVアニメの各話解説やそれに合わせた年表も収録されており、各話演出担当者のコメントや絵コンテ等が掲載されているほか、改めて監督・脚本・プロデューサー三者が参加した誌上コメンタリーと題した各話解説も収録された。またキャラクター・美術設定が収録された他、メガミマガジンやアニメディア、声優アニメディアで掲載された4コママンガも収録している。その他に仙台のロケ先の紹介やWake Up, Girls!の関連商品紹介等も掲載されている。
Wake Up, Girls! ビジュアルコレクション
2014年9月22日に発売された。学研パブリッシング発行、学研マーケティング発売である。メガミマガジン編集部編。ISBN 978-4-05-406146-0。アニメWake Up,Girls!のアニメ版権の大部分と声優「Wake Up,Girl!」の写真が50点ほど収録されており、A4サイズのカードとなり切り離せる仕様となっている。また付録として描きおろしのアニメ版権と声優『Wake Up,Girls!』のお風呂ポスター計2枚が収録されている。

ソーシャルゲーム[編集]

Wake Up, Girls! ステージの天使
2013年12月よりMobageにて配信中。開発元はgloops。テレビにはいないゲームオリジナルキャラクターが40名以上おり、一部ゲームオリジナルキャラクターには新しく声優も付けられている。登場キャラクターはCOOL、Pretty、SUNNYの3属性区分されておりそれぞれステータスに偏りが設けられている。登場キャラクターを用いたゲームオリジナル4コマ漫画「天使のブランチ~4コマ劇場~」が随時更新されていた。アニメにも対抗チームのアイドルとして登場している。

登場アイドル[編集]

太字はアニメ原作のメインキャラクターで、太字のないものはステージ天使オリジナルキャラクター。

ステージの天使のオリジナルキャラクターである一ノ瀬咲、真木絵梨香、金城桃花はアニメ第9話に、対抗アイドルとして登場すると発表された[19]。しかし第9話には登場せず、一ノ瀬、金城は後述している第10話以降に登場しているが、真木は10話以降も未登場となっており発表に混乱が見られる。

ステージ天使のオリジナルキャラクターのアニメ出演は、第10話において、国仲友香、松原春奈、西山結香、一ノ瀬咲、倉本留美が登場した。 また第12話においては、赤味噌オールスターズとして穂坂裕美、榊遙佳、坂井ゆき、水島まりや、金城桃花が登場している。第10・12話ともに声優はキャスティングはされておらずカメオ出演扱いとなっている。

PRETTY

SUNNY

COOL


CD[編集]

発売・販売元はエイベックス・マーケティングエイベックス・ピクチャーズ。劇場版の主題歌はBlu-ray版の特典として収録されている。

発売日 タイトル 規格品番
CD+DVD盤 CD盤
2014年2月26日 7 girls war AVCA-74092 AVCA-74093
言の葉 青葉 AVCA-74094 AVCA-74095
2014年3月26日 リトル・チャレンジャー AVCA-74099 AVCA-74100
2014年4月23日 極上スマイル AVCA-74101 AVCA-74102

BD[編集]

発売元はエイベックス・マーケティングエイベックス・ピクチャーズ。発売はBDのみ。初回限定版が終了した後は封入特典がカットされた通常版に切り替わる。

劇場版
初回限定盤の仕様は封入特典として劇場版主題歌「タチアガレ!」が収録されたCDが同封される他、アフレコ時に使われた吉岡茉祐の書き込みが入った複製台本、特製ブックレット、SNSゲームの限定シリアルコードが付属する。シアター限定版は、上記特典に加え、劇場版主題歌『タチアガレ!』の6人バージョンのCDの他、好みのメンバーの直筆サイン色紙が封入される。
TV版
全6巻。封入特典として、初回特典のWake Up, Girls!1st LiveTour「素人臭くてごめんね!」優先申込応募券(第1巻のみ)や、各巻に初回特典の書き込み有りの複製台本が収録された(第1巻は吉岡茉祐、第2巻は高木美佑、第3巻は田中美海、第4巻は永野愛理、第5巻は奥野香耶、第6巻は青山吉能)。また、各巻にSNSゲーム『Wake Up, Girls! ステージの天使』 限定シリアルコードや、収録話の解説、キャラ設定、キャストインタビューやイベント等の模様等を収録した特製ブックレット、劇中の挿入歌が収録されたCD(第2巻)、ドラマCDが収録される他、映像特典としてダンス教則映像『Wake Up, Dance!』(劇場版・第1巻はタチアガレ!、第2・3巻は7 Girls War、第4・5巻は言の葉青葉)、各巻のジャケットのキャラクターがキャラクターの声優を実写の映像とともにナレーションで紹介する『Wake Up, Introduction!』が収録された。
発売日 収録話 規格品番
初回限定版
劇場版 2014年2月28日 劇場版 AVXA-74098
1 2014年3月28日 第1話 - 第2話 AVXA-74103
2 2014年5月16日 第3話 - 第4話 AVXA-74104
3 2014年5月23日 第5話 - 第6話 AVXA-74105
4 2014年6月27日 第7話 - 第8話 AVXA-74106
5 2014年7月25日 第9話 - 第10話 AVXA-74107
6 2014年8月22日 第11話 - 第12話 AVXA-74108

関連番組[編集]

【Wake Up, Girls!】山本寛アワー ワグっていいとも!
2013年11月から2014年3月まで不定期でニコニコ生放送で配信された。全5回。Wake Up, Girls!がパーソナリティーを務めるが必ずしも毎回で7人全員が参加はせず、ゲストでI-1クラブの声優が参加する回もあった。テレビアニメや劇場版の情報、イベントや商品情報などが発表された情報番組である。「山本寛アワー」を名乗るが、山本は出演していない。
Wake Up, Radio!
2013年秋冬に計4回開催されたWake Up, Girls!ショーケースイベントで行われた仮想ラジオコーナーを、2014年4月27日にステラボールで行われた「Wake Up, Girls!FESTA. イベント、やらせてください!」で『帰ってきたWake Up, Radio(仮)』として再開催の際にレギュラー化された。
2014年5月11日にニコニコ生放送で特別番組「Wake Up, Radio! <生>ラジオ配信開始直前スペシャル」が配信され、翌日2014年5月12日より(月曜日から金曜日まで)平日正午に毎日更新でニコニコチャンネルの超!アニメディアチャンネルで配信、なお最新回のみ無料動画となる。
原則としてWake Up, Girls!のメンバーが週替わりの2人1組のペアで出演するトークラジオ。ハッシュタグ#wugradio

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 後に加藤と福原はアニメにおいて担当声優としても参加した。
  2. ^ 結成当時は島田真夢は未加入。
  3. ^ 永野の苗字は「ながの」ではなく「えいの」と読む。
  4. ^ デビュー前はラーメン屋、デビュー後はガソリンスタンド。
  5. ^ 外面は非常に良い。
  6. ^ 後にその運転資金はスってしまったことが明らかになる。
  7. ^ スタッフロールでは「真夢の母」と表記されている

出典[編集]

  1. ^ ヤマカンに訊く! 山本寛監督が語る「Wake Up Girls!」 第1回“アイドルアニメ””. アニメ!アニメ! (2014年1月9日). 2014年8月4日閲覧。
  2. ^ a b アニメイトTV『らき☆すた』から5年、あのスタッフが再集結しオリジナルアニメ『Wake Up,Girls!』を制作決定! 7人の主役はすべて新人声優オーディションで起用!”. 2013年7月28日閲覧。
  3. ^ エイベックス・オーディション - オーディション情報”. エイベックス・オーディション. 2014年8月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n キャラクター”. 公式サイト. 2013月12月23日閲覧。
  5. ^ 学研パブリッシング発行、学研マーケティング発売、「Wake Up,Girls! COMPLETE BOOK WUGpedia」、30頁
  6. ^ a b 「Wake Up, Girls!」追加キャストに戸松遥と花澤香菜、劇場版舞台挨拶やBlu-ray、OP/EDシングル情報なども到着”. OKMusic. OKWabe. 2013年12月23日閲覧。
  7. ^ ニコニコ動画【WEB最速】「Wake Up, Girls!」放送内容変更のお知らせ - 公式サイトのNewsより
  8. ^ Wake Up,Girls!”. ドコモ・アニメストア. dアニメストア. 2014年5月19日閲覧。
  9. ^ a b c 劇場版『Wake Up,Girls!』、公開初日に冒頭映像の無料配信を決定! 全世界に向けて、劇場版全編のサイマル同時配信も開始!”. アニメイトTVニュース. animateTV. 2014年1月7日閲覧。
  10. ^ a b c Animate.tv: Crunchyroll to Stream Wake Up, Girls! Anime”. Anime News Network. Anime News Network. 2014年1月7日閲覧。
  11. ^ a b c 劇場版「Wake Up, Girls!」 公開初日に世界108ヵ国・地域に全編配信スタート”. アニメ!アニメ!. 2013年12月28日閲覧。
  12. ^ 劇場同時放送】劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」上映会”. ニコニコ生放送. ニワンゴ. 2014年1月3日閲覧。
  13. ^ 「仙台シネマ」への認定も! 『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』初日舞台挨拶レポート in MOVIX仙台(SENDAI Magazine 2014年1月11日)
  14. ^ Wake Up, Girls! 炎の七番勝負 ヤマカン出てこいやー!」 物販開始時間とステージ詳細のご案内(2013年12月22日配信、2014年1月18日閲覧)
  15. ^ 「Wake Up, Girls! 炎の七番勝負 ヤマカン出てこいやー!」 物販情報(2013年12月15日配信、2014年1月18日閲覧)
  16. ^ 学研パブリッシング発行、学研マーケティング発売、「Wake Up,Girls! COMPLETE BOOK WUGpedia」、136頁
  17. ^ [「Wake Up Girls!」が動物キャラになって戻って来る 「うぇいくあっぷがーるZOO!」制作決定”. 2014年8月10日閲覧。
  18. ^ a b 第3話で復活しているため完全に死んでいなかったもよう
  19. ^ エイベックス、劇場版アニメ「Wake Up, Girls!七人のアイドル」のBD発売…初回盤にはソーシャルゲームで使える特典も(2014年2月28日配信、2014年11月15日閲覧)

外部リンク[編集]

テレビ東京 金曜25:23枠
前番組 番組名 次番組
Wake Up, Girls!
【本作のみアニメ枠】