わが青春に悔なし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わが青春に悔いなし
監督 黒澤明
脚本 久板栄二郎
製作 松崎啓次
出演者 原節子
大河内傳次郎
藤田進
音楽 服部正
撮影 中井朝一
編集 後藤敏男
配給 東宝
公開 日本の旗 1946年10月29日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

わが青春に悔なし』(わがせいしゅんにくいなし)は、1946年昭和21年)に公開された日本映画である。監督は、黒澤明

物語は滝川事件ゾルゲ事件をモデルとしており、黒澤作品としては通算5作目にあたる。

概要[編集]

GHQの奨励したいわゆる民主主義映画の一つである。ファシズムへの断罪がテーマになっており、黒澤は「自我の確立ということを描きたかった」と語っている。なお、本作と同時期に同じ題材の映画が企画されていたため、「新人監督をつぶすつもりか」との労働組合の圧力を受けて、黒澤の意図に反して映画後半の展開を大幅に変更せざるをえなかった。農村シーンに込められた異様な気迫は、この圧力に対する反感があったからと黒澤は述懐している。なお映画自体はモノクロだが、米国戦略爆撃調査団により京都でのロケーション撮影中の様子がカラーフィルムに収められている。

ストーリー[編集]

日本が戦争へと歯車が狂い始めていた昭和8年、京都の吉田山。京大教授の八木原(大河内伝次郎)の娘として何不自由無く活発に育った幸枝(原節子)と、父の教え子である、糸川(河野秋武)と野毛(藤田進)を含む、7人の前途有望な学生達がいた。

全てに慎重で常識と立場を重んじる糸川、正しいと信じた事は立場に関係なく主張する野毛の二人は幸枝に好意を持っていた。幸枝は好対照な二人それぞれにひかれる。

八木原教授への弾圧により、わき上がった学生運動をきっかけに、糸川と野毛はより生き方が別れていく。

幸枝は自らの満たされた生き方に疑問を感じていた。時代が戦争へと流れていく中、自分を自制し安心感のある穏やかな普通の人生を送るのか、それとも、自分の意志に忠実に生き、波乱の人生を送るのかという選択に迫られる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

挿入歌[編集]

  • 逍遥の歌
  • 戦友 - 滝川事件当時に作られた替え歌が劇中で流れる。

関連項目[編集]

  • 瀧川幸辰 - 「八木原教授」のモデルと考えられる人物。
  • 尾崎秀実 - 「野毛」のモデルと考えられる人物。ただし史実上、尾崎と滝川に接点は存在しない。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊朝日』1979年7月27日号。