ベン・トー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベン・トー
ジャンル コメディ
小説
著者 アサウラ
イラスト 柴乃櫂人
出版社 集英社
レーベル スーパーダッシュ文庫
刊行期間 2008年2月 - 2014年2月
巻数 本編全12巻
漫画:ベン・トー zero Road to witch
原作・原案など アサウラ
作画 柴乃櫂人
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア
発表号 2011年5・6月合併号 - 10月号
話数 全5話
漫画:ベン・トー another Ripper's night
原作・原案など アサウラ
作画 柴乃櫂人
出版社 集英社
掲載誌 スーパーダッシュ&ゴー!
発表号 2011年12月創刊号 - 2012年10月号
アニメ
原作 アサウラ
監督 板垣伸
シリーズ構成 ふでやすかずゆき
脚本 各話リスト参照
キャラクターデザイン 平田雄三
音楽 岩崎琢
アニメーション制作 david production
製作 HP同好会
放送局 放送局参照
放送期間 2011年10月 - 12月
話数 全12話
インターネットラジオ:
下野紘と伊瀬茉莉也の『ベン・トー』 RADIO 『ラジ・オー』
愛称 ラジ・オー
配信期間 2011年9月28日 - 12月31日
配信サイト HiBiKi Radio Station
配信日 毎週水曜日
配信回数 全14回
パーソナリティ 下野紘伊瀬茉莉也
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

ベン・トー』(BEN-TO) は、アサウラによる日本ライトノベル。イラストは柴乃櫂人スーパーダッシュ文庫集英社)より、2008年2月から刊行されている。

概要[編集]

半額弁当の購入を巡って、閉店間際のスーパーマーケットで毎晩のように超人的なバトルや駆け引きが行われているという設定の現代日本を舞台として、貧乏学生であった少年がその争奪戦に巻き込まれ、自らその渦中に飛び込む物語である。宝島社発行、『このライトノベルがすごい!2009』にて新規部門6位、また『このライトノベルがすごい!2010』においては総合8位、『このライトノベルがすごい!2011』では総合5位、『このライトノベルがすごい!2012』では総合3位に入賞。

3巻発行に併せて2009年1月にスーパーダッシュ文庫公式ウェブサイトで特集サイトが立ち上げられる。発行元が集英社のため、『週刊少年ジャンプ』に登場するネタが多用されており、また一部の記述において2ちゃんねるなどのインターネット上で使われる叫び声等の表現が利用される。

プロット段階での仮タイトルは「BEN-TO」であり、それを見た担当編集者が「『ベン・ハー』みたい」と発言したことから「ベン・トー」というタイトルが決定した。その為『ベン・ハー』とは一切無関係[1]。なお、本作の内容に関しては作者が大学時代に半額弁当で生活していた経験談をもとに書かれている[2]

原作イラストを担当する柴乃櫂人による漫画化作品が『ジャンプスクエア2011年5・6月合併号より連載。さらに、『スーパーダッシュ&ゴー!』にも連載中。また、テレビアニメが2011年10月から12月にかけて放送された。

ストーリー[編集]

ビンボーな高校1年生・佐藤洋はある日ふらりと立ち寄ったスーパーで半額シールを貼られた弁当に手を伸ばす。しかし直後に意識を失い、気がつくと彼は精肉コーナーの前で倒れていた。既に半額弁当は消えており、残っていた惣菜もその場にいた他の人に買われていく。仕方なく売れ残った梅おにぎりを手に取ろうとした際、同じ学校であるメガネをかけた少女・白粉花と出会い、またその様子を眺める1人の女生徒に目を奪われる。

このスーパーで一体何が行われているのか確かめるため、翌日からスーパーに通い詰めた佐藤は《氷結の魔女》と呼ばれるその女生徒・槍水仙から狼と呼ばれる者達の争い《半額弁当争奪戦》について説明され、自らもこの戦場へと足を踏み入れることとなる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

佐藤 洋(さとう よう)
声 - 下野紘
本作の主人公。私立烏田高等学校1年の男子。身長は1巻の時点で173cm。実家を離れ、半額弁当に手を出したのを機に「ハーフプライサー同好会」へ入部し、半額弁当を求める「狼」となる。
座右の銘は「バカと体力には自身あり」。変態行為を(不可抗力もあるとは言え)作中で何度も披露するが、自身は変態であることを否定している。一家そろってセガコンピュータゲーム好きで、1歳の時から「セガのゲームのお世話になって」いる。子供の頃に父親の職場で爆死しかけたり、中学に入るまでキップを買わずに駅の自動改札口を通っていた。学業の成績は意外にも優秀で学年上位50位に必ず入る程である。中でも理数系が得意で蘭から教えを請われる程である。
体力については父親が絡んだ小学3年の夏休みの事件により自信がある。また祖父に様々なトラップ技術を仕込まれており、小学4年生の夏休み自由研究は勇気を被験者にしたトラップ動画を提出している。なおこの動画は作中のネットに流出しており、好評価を得ている。また狼の中にもファンは存在する。
仙の策により、半ば無理やりにハーフプライサー同好会に所属する。優との共闘で得た初めての半額弁当が月桂冠であり、その勝利の味が忘れられないために《ダンドーと猟犬群》の誘いを蹴り、ハーフプライサー同好会に継続して所属する。以降、狼としての頭角を現し《帝王》や《オルトロス》と相対する。
勝負事に対しては相手にハンデを与えることはあっても決して手を抜かず、全力でぶつかることを信条としている。また、勝っても負けてもそれ以前と同様に相手と接する為、相手から嫌われることは少ない。
戦闘では主に徒手空拳やカウンター技を多用しているが、他の狼の技の模倣や相手の特徴を見極めた上で戦い方を即座に変える柔軟性を持つ。また、腹の虫の加護が極限まで達すると「黒い犬」と呼ばれる状態になり獣じみた動きで敵を圧倒するため、先の特徴と合わせて二つ名の由来となっている。連からは《変態》の二つ名を付けられてしまっているがまだ定着はしておらず、自身の二つ名の話題になるたびにごまかしている。しかしその変幻自在な戦闘スタイルから「変態」を別の意味で捉えた鉄平より、8巻終盤で《カペルスウェイト》の二つ名を与えられる。以降、《カペルスウェイト》状態になると腹の虫の加護のリミッターが外れ、普段とは比べ物にならないほどの動きを見せ、地方の二つ名を持つ狼や歴戦の猛者達らと互角以上の戦いを繰り広げる。
槍水 仙(やりずい せん)
声 - 伊瀬茉莉也
本作のメインヒロイン。私立烏田高等学校2年の女子。念入りな髪のセッティングと化粧により野性を感じさせる、黒いストッキングと頑丈な厚底のブーツを履くやや長身の女子。茉莉花という10歳の妹がおり、目に入れても痛くない程可愛がっている。
人から疎外されることが苦手であり、負けず嫌いである。カードゲームボードゲームなどのテーブルゲームを得意とするが、コンピュータゲームは不得手である。
氷結の魔女》の二つ名で呼ばれる名うての狼にして、ハーフプライサー同好会の代表。西区における代表的な狼の1人であり、洋と花をハーフプライサー同好会に所属させた。かつて優の後ろをついて様々な技術を学んでいたが、何らかの事情で優がハーフプライサー部を離れたことから袂を分かっていて、佐藤や白粉に訳を隠そうとする。なお、彼女の二つ名はジュースと間違えてチューハイの「氷結」を購入しようとしたところからきている(店員に止められたため買えなかった)。
佐藤 洋や白粉 花といった将来有望の狼を見つけ出す。戦闘スタイルは主に厚底のブーツを生かしての足技で、回し蹴りなどの攻撃技をはじめ、厚い靴底を生かしての防御など多種多様な足技を使いこなす。身体能力は作中ではトップクラスである。
著莪 あやめ(しゃが あやめ)
声 - 加藤英美里
丸富大学付属高校1年。イタリア人の母を持つ、洋の従姉弟。長い金髪を乱雑にし、普段は眼鏡をかける少女。バイクを移動手段として利用する。
幼いころから佐藤家に出入りし、姉弟のように育つ。洋同様にセガのコンピュータゲームが好きである。
ファミリーコンピュータ部(通称:ファミ部)に所属し、同部に所属しているあせびと親友。あせびの不幸の影響を受けないように内緒で神社のお守りを持ち歩いている(しかしあせびと一緒にいる時は徐々に焦げていき、夏休み前に1回灰になった)。花に抱きついたところを梅に見咎められて家に連れて行かれてからは、梅に恐怖を覚えている。
東区の実力のある狼として《湖の麗人》の二つ名を持つ。由来は、見た目と公園の噴水の側で寝てしまったことがあるため。《帝王》の謀略を西区に伝える役割を担わされるが、《帝王》の真の目的に気づき、洋や《魔導士》とともに相対する。
大会に出場するレベルの洋の父親と対等に戦えるレベルの格闘ゲームスキルの持ち主。
戦闘スタイルは主に徒手空拳を使い、時には割り箸などを得物にしてトリッキーな技を使う。なお、割り箸による戦闘スタイルはアニメオリジナル設定である。
お風呂やプールに入るときも眼鏡をかけているが、戦闘の時だけは眼鏡を外す。
白粉 花(おしろい はな)
声 - 悠木碧
私立烏田高等学校1年。小柄で、やや長めの髪を後ろで束ねている少女。梅から過度の寵愛を受けている。「かっこいい」を「かぁこいい」と言う癖がある。
成績は学年トップ10に入るほど優秀。
ハーフプライサー同好会以外にライトノベル研究会にも所属しており、小説を書いている。筋肉質な男性同士の同性愛を好んでおり、一部を除きその作風も同様である。洋をモデルにした人物が主人公の『筋肉刑事(マッスルデカ)シリーズ』は、作中のネットの一部で人気がある。
ボーイズラブに繋がる単語を聞くと途端に豹変し、例えば「浣腸」という単語を聞くと前触れもなく佐藤に指浣腸をするなど、奇行が目立つ。一応アニメ版では抑えられている。
いじめられていた経験から、他人からの接触を極端に嫌がる。そのためあやめに抱きつかれてからはあやめに対して苦手意識と敵愾心を持つ。
アニメ版では一個のカップ麺を洋と一緒に食べる(間接キッス的にあったが本人自身無頓着)描写があり、ある程度気を許している相手に対しては多少は平気らしい。
洋とともに半額弁当争奪戦を知り、仙に接触する。《ダンドーと猟犬群》に一時期所属していた際に得た技術を基に、乱戦の隙間をすり抜けるように動き回り洋より高確率で半額弁当を入手する。
しっかりとした二つ名はまだなかったが、鬼塚から《幽霊》という二つ名で呼ばれる。
物語終盤での《魔導師》との戦闘時、新能力で《魔導師》を追い詰めるがあと一歩のところで敗北した。
白梅 梅(しらうめ うめ)
声 - 茅野愛衣
洋の同級生でかつ学級委員長。腰まである長髪を白いリボンで止めている少女。春の選挙で私立烏田高等学校生徒会長に任命された。
成績はダントツの超優等生。
花を溺愛しており、花といつも一緒に行動している洋を何かと目の敵にしている。洋には事あるごとに理不尽な暴力と制裁を加えているが、花が風邪で倒れた際に洋に女子寮まで送っていくようお願いするなど一応信用はしている模様。花が男性同士の同性愛をネタにした小説を書いていることには気付いていない。
男性に対する折檻は暴力を伴う非常に厳しい物だが、女性に対しては逆にやさしい。
家には本物のドレスがあったり、梅自身の体のサイズとは別のサイズの服がある。
白粉を心配して、一度だけ半額弁当争奪戦に参加したが、結果的に彼女の足を引っ張ってしまったことを悔いて、もう争奪戦に参加しないと誓った。
理不尽な暴力とはいえ、そもそも佐藤が変な言い間違い・聞き間違いをしたり、話を聞いてなかったりする事が多いため、理由がないわけではないのだが、アニメ版では佐藤のそういった描写が少なくなっているため、ただ理不尽に暴力を受けているように映っている。

西区の狼[編集]

顎鬚(あごひげ)
声 - 樋口智透
本名不明。私立烏田高校2年生で、洋らとたびたび半額弁当を争う無名の狼。ホストのような外見で、坊主とはコンビではなくお互いの本名すら知らない間柄であるにも拘らず、高頻度の確率で行動を共にする。
尚、5.5巻に掲載されたイラストでは耳と唇にピアスを空けているが、本文中にそれに関する記述は無い。戦闘スタイルは拳を主としたストリートファイト
烏頭 みこと(うず みこと)
烏田高校の卒業生で現在は専門学校に通う19歳。高校時代はハーフプライサー部に所属する狼であると同時に心霊現象研究部の副部長を務めていた。《ウルブズベイン》の異名を持つ。相手の食欲を奪うようなグロいトークと痺れるような重い一撃を武器に戦う。
かつて喨と交際していたが、後輩の優に惚れた為別れる。しかし優に全く相手にされず、その為仙に嫉妬し、彼女を狼の世界から追放しようと試みたことが優の逆鱗に触れ、優の退部の引き金を引く。
ウルフヘア
本名不明。烏田高校1年の女性狼。容姿は活発的な可愛らしい女の子だが食べ物を前にすると目の色が変わる。洋よりも後に狼になりビッグ・マムの店を縄張りにしており、そこで働く柚子に憧れている。
実は仙の部屋の隣に住んでおり、ひょんなことから洋に『ウっちゃん』と呼ばれるようになる。
争奪戦では珍しい柔道を使い、合気道や柔術といった類の技を織り交ぜる。腹の虫の加護が攻撃力よりも耐久力に回っているようで打たれづよい。
ビッグ・マムから洋のことを「幼女に手を出す最低のペド野郎」と聞いているため、非常に警戒している。
また、好意を抱いてくるジョニーをストーカーと勘違いしており、洋共々危険視している。
大猪(おおじし)
声 - 斉藤貴美子
本名不明。主婦。巨漢の体格をした女性。せっかちで、礼儀知らず。ルール無用で、半額シールを貼る前の弁当を強引に全部奪い店員(半額神)に半額シールを要求する。買い物用カートを武器に猪突猛進的なパワーで、狼達をやすやすと蹴散らす。最後は洋に妨害され金城優の不意を付いた攻撃に敗れる。その後大人しくなる。
金城 優(かねしろ ゆう)
声 - 宮野真守
私立烏田高校3年。長身の少年。あやめと同じくバイクを移動手段として利用する。
烏田高校に所属しているが特待生であり出席を免除されている。代わりに海外の大学の研究機関に所属している。
買い物用のカートを片手で持ち上げる膂力があり、相手の行動を誘導する事により自爆へ導く他、天井や壁を利用してアクロバティックな動きをするなど、多種多様な戦闘スタイルを持ち、その魔法のような闘い方から《魔導士(ウィザード)》の二つ名を持つ、西区最強の狼。
東区最強の《オオカバマダラ》に勝利した実績がある。以前はハーフプライサー部に所属しており部長として部を牽引していたが脱会している。洋の成長を楽しみにしている。アニメ版では海外留学のためアメリカへ旅立ち、狼たちは仙を後継者として見ている。
戦闘時はシンプルかつ独特なリズムの技を放ち、本人いはく「理解はできても対応はできない」
ダンドーと猟犬群
壇堂と彼が組織した剣道部の部員たちにつけられた二つ名。争奪戦におけるスタイルは、壇堂がリーダーである場合とそうでない場合とで完全に異なる。
壇堂が参加する場合、猟犬群(剣道部の部員たち)が他の狼をつかむなどして動きを妨害し、その間にダンドーが攻撃して戦えなくなるまで叩きのめす。完全な集団戦であり、二つ名クラスの狼が手を組まない限り対抗できない。猟犬群はダンドーが弁当をとるために組織しており、ダンドーが弁当を取るまで猟犬群は弁当を取ってはならず、足りなければ全員に行き渡らないこともありえるという完全にダンドー本位のシステムだが、他の狼が大体戦えなくなった後、猟犬群は楽に弁当を取ることができるために成立している。
壇堂が不参加の場合、山原がリーダーとなる。猟犬群を甲乙2つのグループに分け、甲が他の狼を押しのけて道を作り乙がそこを通って弁当を取る。弁当を取った後の乙は弁当を持っている者を攻撃してはならないという争奪戦のルールを利用して壁役となり甲に弁当を取らせる。
猟犬群のリーダーが卒業する際には猟犬群のリーダーを別の部員に引き継がせるようである。
壇堂 健治(だんどう けんじ)
声 - 斧アツシ
私立烏田高校の国語教諭であり、剣道部の顧問。《ダンドーと猟犬群》の総指揮者。学生時代からスーパーを駆けている。彼一人を指して《ダンドー》と呼ぶ事もある。普段は烏田高校の近くのラーメン屋をメインにしているが、財布が心許なくなってくると猟犬群を組織してスーパーに来る。
争奪戦におけるスタイルは、ダンドーと猟犬群の項目を参照。
山原 知昭(やまはら ともあき)
声 - 岡本信彦
私立烏田高校3年。剣道部に所属している少年。
顧問である国語教師の健治を筆頭とする《ダンドーと猟犬群》の代表。ダンドーが参加しない場合単独で猟犬群を運用する。組織立って半額弁当を得る犬。洋と花を組織に誘ったが断られプライドを傷つけられた為、洋と花を目の仇にしている。原作でのキャラ紹介では「山原」とだけ表記されていたが、アニメで初めてフルネームが設定された。
茶髪(ちゃぱつ)
声 - 中村繪里子
本名不明。私立烏田高校3年生で、洋らと度々半額弁当を争う女性狼。ふくよかで大変発育した乳房の持ち主。いつも顔の上半分が隠れている。[3]西区の無名の狼達の中では一番二つ名持ちに近い人物と称されていたが、ついに8巻で《シーリーコート》の二つ名を得た。戦闘スタイルは掌底打ちを主とした徒手空拳。
坊主(ぼうず)
声 - 高橋良吉
本名不明。私立烏田高校2年生で、洋らと度々半額弁当を争う無名の狼。見た目は漫画『ドラゴンボール』に登場するキャラクター、クリリンに瓜二つである。学園祭ではクリリンのコスチュームでたこ焼き屋をしていた。戦闘スタイルは中国拳法まがいの徒手空拳。
山木 柚子(やまき ゆず)
丸富大学の4年生のリアルボクっ娘。《ガリー・トロット》の二つ名を持つ。半額神《ビッグ・マム》の弁当に心奪われ、東区の学校に所属するも西区のスーパーを縄張りにしている女性狼。ここ数年で一気に台頭した大手アパレルメーカーを経営している兄が3人いる。自身も大学卒業後は兄の会社に就職が内定している。ノーブラ派。
現在はビッグ・マムの店で働いている。

東区の狼[編集]

井ノ上 あせび(いのうえ あせび)
声 - 竹達彩奈
丸富大学付属高校1年。長めの前髪で片目を隠し、季節に合わない厚めの服装をした少女。一人称は「あっち」。
井ノ上総合病院の院長の娘。自身では自覚していないが、頻繁に不幸に見舞われており、彼女に触れた者にも恐ろしい不幸が身に降りかかる。高所からの落下や車両に跳ねられるのは日常茶飯事であり、現在は長期間風邪に悩まされている。また、写真を撮ると必ずこの世のものでは無い物が写る。
ファミ部に所属しており、あやめの友人。ゲームショップでアルバイトをしており、そこで格闘ゲームの腕を鍛えている。
半額弁当争奪戦に参加することもあるが一度も弁当を入手したことがない犬未満の存在。ただし彼女が赴くところでは不幸が多発するため異例だが《死神》の二つ名を得ている。
遠藤 忠明(えんどう ただあき)
声 - 安元洋貴
丸富大学3年。白いコートを羽織る大柄な青年。
庶民経済研究部に所属し、《ガブリエル・ラチェット》を率いる東区における代表的な狼の1人。かつては《パッドフット》と呼ばれていたが、《オオカバマダラ》に勝利し《帝王(モナーク)》の二つ名を得た[注 1]。最強の名前「王様蝶(モナーク・バタフライ)」を求めて《魔導士》と相対することを望み、謀略を練る。戦闘スタイルは、その体躯と腕力を生かして重い一撃を放ち、タンクを片手で軽々と持ち上げ振り回すパワー型。タンクによって攻撃した狼を吹き飛ばし、それも攻撃の1つとして扱うなど乱戦を得意とする。
沢桔姉妹(さわぎしまい)
幼い頃から親の会社が経営するスーパーマーケット(ソニックストア)を遊び場にしており、その縁で半額弁当争奪戦に参加した経験を持つ。《オルトロス》の二つ名を得ていたが、3年前ある事情により親元を離れて2人で暮らしている。3年前までは夢広町出身。
長らく半額弁当争奪戦から離れていたが、《ガブリエル・ラチェット》が残した情報に触れ、近隣のスーパーに現れるようになる。買い物カゴを利用し、2人で連携した戦いを行う。
アニメ版では東西の代表たる槍水仙や遠藤忠明以上の実力を持つ最強の狼。(ただし仙は、風邪で体調を崩していた事も起因している)
沢桔 梗(さわぎ きょう)
声 - 田村ゆかり
丸富大学付属高校2年にして同高生徒会長。鏡の双子の姉。長い髪の半ばから緩やかなカールがかかっている。
夢と現実を混同し奇矯な発言を行うが、語彙が不足しているため頻繁に言葉が詰まる。また嬉しいときも言葉に詰まり、悲しいときは滑らかに言葉を発する。
性的なことに関する語彙力は長けており、いかがわしい単語を口にしては妹を唖然とさせる。しかし、そのほとんどが意味を履き違えていることが多い。
沢桔 鏡(さわぎ きょう)
声 - 堀江由衣
丸富大学付属高校2年にして同高副生徒会長。梗の双子の妹。髪は短めだが、左右のもみ上げからひと房ずつ髪が伸びている。
姉のフォローを行うことが自分の役割と認識しているが、奇矯すぎる発言に対しては自重を求める。
洋と連が2人で姉妹を追いかけてきたことから、《ツードックス》の二つ名提案を行う。
アニメでは省略されていたが、実はヘラクレスの棍棒に好意を抱いていて、その気持ちを利用された経緯があるため、梗以上にトラウマは深かった。
ジョニー
本名不明。非常に大柄な体格をした無名の男狼。洋とは何度か対戦がある顔馴染み程度だが、とある会話の最中に洋が彼のことを「ジョニー」と呼んだために便宜上ジョニーと称されている。カゴを利用した独特の攻撃を最も得意とする。
ウルフヘアに好意を抱いていて、彼女と親しげに話す洋に嫉妬しているが、彼女にとってはいい迷惑のようでかなり嫌われていると勘違いされている。
ウルフヘアを勝手に「オレの天使」といっている。
二階堂 連(にかいどう れん)
声 - 興津和幸
丸富大学2年。片方の耳にピアスをつけた青年である。
庶民経済研究部に所属する《ガブリエル・ラチェット》の頭目。情報処理に長け、不明なことは自ら赴いて情報を得る活動家。
《オオカバマダラ》に憧れ、仲間と共に《ガブリエル・ラチェット》を組織立てた。現在は組織を解散し、無名の狼として弁当を求める。洋に《変態》の二つ名をつけ、他の狼達にも広めようとしている。松葉菊に対しては恋愛感情のような憧れを抱いている。鏡に洋と共に《ツードックス》の二つ名を考案をされたが、断っている(しかし、現在も二人が組んだときに時折使われる)。
山乃守 喨(やまのもり りょう)
丸富大学の卒業生。在学時は庶民経済研究部に所属しており、《ガンコナー》の異名を持つ。
女好きで常に4〜5人の女性を囲っている。大学卒業後はニート同然のヒモ生活を送り、周りの者から事有るごとに「ダメ人間」「人間の屑」と言われている。とある理由から洋にナンパのテクを教授することになり、洋を弟分として可愛がっている。
現在は烏頭みことと同棲中である。

夢広町の狼[編集]

沢桔姉妹(さわぎしまい)
三年前まで半額弁当争奪戦に参加した双子の狼。
詳しくは上記の東区の狼の項目を参照。
古狼(ころう)
声 - 山本格
アニメ版に登場。本名不明。ラルフストア・夢広店を縄張りとしている狼。三年前に沢桔姉妹が、夢広町を去ることになった経緯を知る人物の一人で、再び動き出した《ヘラクレスの棍棒》から沢桔姉妹を救ってやってくれと二階堂連に託した。松葉菊とは昔馴染み。
《ヘラクレスの棍棒》(ヘラクレスのこんぼう)
声 - 石田彰
本名不明。夢広町出身。沢桔姉妹の両親が勤務する会社が経営するスーパーマーケットチェーン店を縄張りとしている狼。過去に《オルトロス》を駆逐と称し半額弁当争奪戦より永久追放した経歴の持ち主。《オルトロス》に対抗できる唯一の人物と自負している。3年後に再び《オルトロス》の前に姿を現し駆逐しようとするが、洋達によって阻止された。アニメ版では黒幕的な存在となっている。ストリートファイト風な戦闘スタイルを持つ。

その他地区の狼[編集]

秋鹿 雅(あきじか まさ)
元HP部同好会に所属していた狼。二つ名は大厄の闘牛士(たいやくのマタドール)。現在は東北の大学に通っており、かつては《ウルヴァー》という二つ名で呼ばれていた。
とても後輩想いであり、かつてHP部同好会で後輩だった槍水を救う為に同じく後輩であった《魔導師》を倒さんと力を付けていた。が、同じく槍水のことを想っていた《カペルスウェイト》と拳を交え、佐藤に自身の想いを託す。
争奪戦では主にエコバッグを使い、見るもの全ての腹の虫の加護を弱める無差別の毒を切り札に持つ。
淡雪 えりか(あわゆき えりか)
ハーフプライサー同好会が夏合宿のため訪れた「淡雪ロッジ」のオーナーの娘で、中学3年生のツンデレ娘。
親の仕事を良く手伝う優しく勝気な性格であり、《ギリー・ドゥー》の相方も務めている女性狼。水泳部所属。真希乃とは親友。
アン
小学生の時に太蔵に告白して彼氏彼女の関係なって以来、ずっとラブラブかつ妖艶な高校1年生。
汗と筋肉フェチで、花の執筆した『筋肉刑事(マッスルデカ)シリーズ』の愛読者であり、陰で花を先生と呼び慕っている。The novel of Four o'clockのファンサイトも運営しているほど。また登場人物である「サイトウヒロシ刑事」のモデルが洋であることを薄々感づいている。
《大顎》(おおあご)
本名不明。女性狼。2つの買い物カゴを用いて相手をなぎ倒すスタイルからその名前が付いた。
大谷 昌義(おおたに まさよし)
洋やあやめと同郷で有名国立大学に通う狼。佐藤家や著莪家に程近いスーパーマーケットに出没し、小柄な体格を活かした機敏な動きや跳躍力がある。
美人の女性狼を見ると見境無く手を出そうとするため、人喰いにして娘攫いのゴブリンの名である《ホブヤー》の二つ名を付けられ、女性狼からは嫌われている。二つ名持ちではあるものの、狼としての実力は今ひとつ。
鬼灯ランのお兄ちゃんの1人であったが、牧との交際を機に辞めた。
鬼塚 博(おにづか ひろし)
身長は180を優に超えるだろう丸めがねの大柄な男。『謎好きの男』として知られ、特殊能力を有する狼たちから畏怖される。
退魔師》の二つ名を持ち、自身が興味を持った狼を観察・分析する。
かつてのハーフプライサー部の猛者である《ウルブズベイン》こと、烏頭 みことをライバル視しており、二つ名とは裏腹に戦い方は豪快。
現在は東北の大学に通い、探偵事務所で働いている。東区の狼、ジョニーは彼の従弟にあたる。
《毛玉》(けだま)
本名不明。細身の体にアフロヘアー、銀色のサングラスをかけた青年。鉄平の大学の先輩にあたる。
拠点を持たず各地を放浪するために情報通であり、「歩くニュースペーパー」を自称するが、連曰く「浅く広い情報網しか持たない、ただ騒ぎ立てるだけの三流ゴシップ」とのこと。
鉄平は学生時代の後輩に当たる。
企業戦士サラリーマン(きぎょうせんしサラリーマン)
平日の早朝のみ販売される駅弁「お粥弁当」を狙う社会人5人組。5人とも知り合いという間柄ではないが、余所者が弁当を奪いに来た時のみ手を組み妨害する。
レッド
赤いハンカチを胸ポケットに入れた男性。「企業戦士サラリーマン」をはじめ自分達の呼び名は、勝手に心の中でつけている。
HP同好会との戦いの後、重大な会議をすっぽかす羽目になり、地方に左遷されるも、左遷された先で偶然にも洋と再び出会い、紆余曲折を経て元の職場に栄転という形で復職する。
近頃、狼デビューしたが実力は未知数。
グリーン
いつも草臥れた安物のスーツをきた男性。
ブルー
皺一つ無い青いピンストライプの入った高級スーツを着こなした男性。
イエロー
「らん☆らん☆る〜」と書かれた黄色いシャツを着た男性。
ピンク
下着が見える位薄いシャツを着たキャリアウーマン。
《天井の蜘蛛》(てんじょうのくも)
本名不明。長い黒髪とガリガリに痩せた身体が特徴の男性狼。天井に張り付くことができるほか、天井からの攻撃を武器とする。
《東北のカナリア》(とうほくのカナリア)
本名不明。透き通った中性的な声を持つ男性狼。情報屋的な存在だが毛玉とは違い、「狭く深く」といったところ。自身の眼で直接見たことを、「詠う」。
響 鉄平(ひびき てっぺい)
赤毛のツンツンヘアーにサングラスという、パンクロッカーのようなファッションを好む狼。《サラマンダー》の二つ名を持ち、《ナックラヴィー》からは最強に最も近い狼で、相手になるのは《魔導士》クラスのみと評される凄腕。佐藤の二つ名《カペルスウェイト》の命名者である。
出身は関東地方で《毛玉》とは先輩後輩の間柄。現在は東北の大学に通っており、《毛玉》が近場に足を運んだ際には行動を伴にしている。
女性狼に対してはセクハラ紛いの挨拶を交わし、普段からとてもフランクな性格。
争奪戦では相手に弁当でなく自分に意識を向けさせ、その相手を潰したうえで奪取するスタイルをとる。また、腹の虫の加護を最大限に発揮することで自身の痛覚を麻痺させ相手の攻撃をものともせず、単純な力比べでは《魔導士》をも凌ぐほどである。
牧(まき)
洋やあやめと同郷で有名国立大学に通う女性狼。非常に大柄で恰幅が良く、昌義とは幼稚園から大学までずっと一緒の幼馴染である。
禊萩 真希乃(みそはぎ まきの)
存在感の薄い天然ドジ眼鏡っ娘の中学3年生。《ギリー・ドゥー》の二つ名を持つ狼でもある。
運動が得意で水泳部に所属している。水泳の全国大会にも出場し、高校から特待生としてスカウトを受けるほどの実力の持ち主。
嫌なことでも嫌とは言えない性格で、小学生の頃に人から嫌なことを押し付けられ困っていたところをえりかに助けられて以降、親友となる。えりかと共にいることを望んで彼女と同じ水泳クラブに入会し、中学校進学後はえりかと共に水泳部に入部する。
森丘 太蔵(もりおか たいぞう)
ナックラヴィー》の二つ名を持つ筋肉質の高校3年生。夏場でも革のコートを羽織っている。2歳年下のアンと長年交際しており、周囲からウザがられるほどのバカップルぶりを発揮している。着ている服装は全てアンの好みである。

半額神[編集]

アブラ神(アブラしん)
声 - 金光宣明
西区のスーパー「ホーキーマート」の半額神。別名「アブラ親父」。烏田高校に入学した洋と花が狼達によって初めてボロボロにされた後、彼らを介護して狼の存在とスーパーマーケットという戦場の存在を教授し、カロリーメイトSOYJOYのどちらか好きな方をタダでくれた。作る弁当は、非常に長く独創的な名前の弁当が多い。
江戸っ子半額神(えどっこはんがくしん)
声 - 山本格
スーパー「オードリィ」の半額神。江戸っ子口調で喋る。土用の丑の日には焼きたてのうなぎ弁当を売り出し、ハーフプライスラベリングタイムになると出来立てにも関わらず半額になるという大盤振る舞いをする。
ジジ様(ジジさま)
声 - 樫井笙人
西区のスーパー「スーパーときわ」のベテラン半額神。やや行動がゆっくりなところがあり、それゆえに大猪(声 - 斉藤貴美子)の餌食となることもある。また、半額シールをわざと貼らずに狼達を焦らすこともある。洋の将来性を買っており、優に洋を見守るよう頼むなど面倒見は良い。サバの味噌煮やサバの塩焼きなど、サバをメインにした弁当は人気が高い。烏田高校周辺では、ホーキーマートの半値印証時刻の約1時間後にスーパーときわの半値印証時刻が来るため、ホーキーマートで弁当を獲れなかった狼がスーパーときわへ来ることも多く、激戦になりやすい。
ビッグ・マム
大柄な男性半額神。同性愛者であり、オカマ口調である。当初は洋に一目惚れしていたが、彼が茉莉花の胸を揉みしだく現場を目撃したために洋をペドフィリアと思い込み、現在では毛嫌いしている。ただし、狼として洋のことは認めている。ビッグ・マムの店はやや高級志向のスーパーであるため、そもそも半額弁当自体が出にくい。
陳(ちん)
台湾出身の半額神。「肉の陳」と呼ばれ、肉料理全般の評価が高い。
松葉 菊(まつば きく)
声 - 大原さやか
東区に新しくできたスーパー「ラルフストア」の半額神。《マっちゃん》と親しみを込めて呼ばれている。先端を黄褐色に染色した黒色の長髪をポニーテールにまとめ、バンダナキャップをかぶっている。
かつては東区の最強の狼《オオカバマダラ》や《女帝蝶(モナークバタフライ)》として[注 2]半額弁当争奪に参加していたが、《魔導士》に敗北したことや付き合っていた男性から結婚を申し込まれたことにより、狼の世界から身を引く。
自分についてきた《ガブリエル・ラチェット》を放置したことに後悔を覚えていたが、《帝王》の謀略の際に決着をつけた。
狼のために作ったと言われる「ザンギ弁当」は絶品の味であり、通常価格でもよく売れて滅多に売れ残らないため、常に月桂冠が貼られており、奪い合いが激しい。また、テレビアニメ版では「むっちゃハワイやんパーク」のオリジナル弁当の発案にも関わっている。
むっちゃハワイやんパークの半額神
アニメ版に登場。去年新しくオープンした「ラルフストア」系列店の屋内プール施設「むっちゃハワイやんパーク」のイルカの着ぐるみを着た半額神。イルカの着ぐるみを着ての登場により姿形や顔は隠れているが、半額シールを貼るため着ぐるみの右腕部分を破り捨てため右腕のみ確認できる(恐らく男性従業員)。当然なから喋ったりもしない。他店の半額弁当争奪戦とは多少異なりむっちゃシンセンポールに入れた弁当をプールの水面上に流し水面上に浮いてる弁当での取り合いによる半額弁当争奪戦となる。

その他[編集]

主要人物の家族[編集]

佐藤父(さとうちち)
声 - 若本規夫(ドラマCD)
陸上自衛隊に所属する洋の父親。旧姓は著莪。熱狂的なセガ信者である。
気合さえあればかめはめ波を撃てると信じており、早朝からに庭で「かぁーめーはーめーッ……波あぁあぁああああ!」と長時間月を吹き飛ばしかねないパワーを込めて大声で叫び続けたり、国家機密である職場の情報を某国に売り渡したり、猛吹雪の中にパンツ一枚で買い物に出て全裸で帰ってきたり、息子を乗用車で撥ねたりと破天荒な行動を繰り返す、近隣では知らない人間が居ないほどの有名人。
著莪家の長男であるが、結婚の際に「著莪という名は普通の人は読めないだろうからいちいち説明するのが面倒」という妻の一言で佐藤家の婿養子になる。正月の一族の会合の席で弟に大声で言い放った一言がきっかけで家族全員会合に呼ばれなくなった。
佐藤母(さとうはは)
洋の母親。ハンドルネームは「ネネ14歳」。
ネット廃人でRPG中毒者。家事をせずにネットにハマることもある。正確には「ネットゲームにハマった中学生を演じる」という少々ややこしい遊び方をしている。中学生が学校に行っている時間帯はネットをせず、テスト期間が近づいてくるとゲームの時間を減らすなど。そのキャピキャピとした迫真の演技は家族の誰もが鳥肌を立てるほどである。
槍水 茉莉花(やりずい まりか)
声 - 花澤香菜(アニメ6巻初回特典映像)
仙の妹で入退院を繰り返す病弱な10歳。愛玩犬の様な可愛らしい少女。何でも信じる素直な子である。
お姉ちゃん子な甘えん坊で、姉を最強の狼として信じて疑わず、憧れを抱いている。
まだブラジャーを必要としない体型だが、洋のために自分の胸を揉ませる大胆な一面を見せる。
あやめの謀略により洋から洗脳を施されてしまい、着々とセガ信者としての道を進む。
著莪パパ(しゃがパパ)
あやめの父親で佐藤父の弟。父も兄も自衛隊員だが大学院で博士号を修得し、現在は民間の医療機器関係の企業で研究職に就いている。
特別講師として訪れた母校である丸富大学付属高校で出会ったイタリアからの留学生の少女に手を出し結婚。中学生アイドルユニットの追っかけをしており、あやめが中学生になったあたりから娘を見る目つきが変わるなど、かなりアレな性癖の持ち主。
著莪ママ(しゃがママ)
あやめの母親。高校生の時に留学先の高校の特別講師だった著莪パパと結婚したためまだ若く、甥に当たる洋を始めとする親戚一同には本名の「リタ」と呼ばせている。
白梅パパ(しらうめパパ)
本名不明。梅の父親。金髪で20代にも見える様な若々しい格好をしている。梅の趣味に薄々勘付いているらしく、娘が男性を寄せ付けず、浮いた噂一つないことを心配しており、「誰でも良いから家に男を連れて来い」と常々娘に口癖のように語っては娘からきついお仕置きを受けている。
白梅ママ(しらうめママ)
本名不明。梅の母親。有名なファッションデザイナーである。娘より身長は低いが非常に娘と似ている。
井ノ上父(いのうえちち)
井ノ上総合病院の院長であせびの父親。娘の不幸体質で傷ついた洋を無償で精密検査と検査入院させてくれる優しい先生。
井ノ上母(いのうえはは)
あせびの母親。あせびと並んでいると姉妹のように見える位幼い外見をしている。
子供の頃から病弱な体質で井ノ上総合病院に入院していた時に、跡取り息子である現院長に一目惚れし結婚。あせびを出産した途端、今までの憑き物が落ちたかのように病弱な体質が改善され一切怪我や病気にかからなくなる。

烏田高校関係者[編集]

内本 宏明(うちもと ひろあき)
声 - 井口祐一
洋の同級生。マゾヒストであり、洋が梅に制裁を受けている場面を見ては洋に同好の士になるよう求めている。
神田(かんだ)
洋の寮仲間で『夏のはじまりにバッドエンド事件』を体験した1人。資本主義の申し子。
蔵田(くらた)
洋の寮仲間で『夏のはじまりにバッドエンド事件』を体験した1人。目的のためには手段を選ばない。
矢部(やべ)
洋の寮仲間で『夏のはじまりにバッドエンド事件』を体験した1人。男兄弟ばかりの上に危うく親に男子校に入れさせられそうになるも必死に抵抗して烏田高校に入学。金髪ロシア美女のエロ画像収集が日課。又、クラスの女の子全員の使用済み靴下を手に入れるというギャルゲーをプレイしている。
霧島(きりしま)
烏田高校男子寮で洋の隣の部屋に住む男子生徒。ロリコンであり、己の欲望が臨界点に達した時に世界に危機が訪れるらしい大変危険な人物。口癖は「第二次性徴が憎い」。
木之下 桃(きのした もも)
仙の同級生。バンドを組んでいる彼氏とラブラブな女子高生。
紫華 蔓(むらさきけ かずら)
仙の同級生。人に喜ばれることに生きがいを感じておりボランティア部に所属している。桃にいつもいいように振り回されている。桃にそそのかされて洋に対し色仕掛けを仕掛けた結果、唐突に意味不明な言葉を言い始めたり、5分おきに電話とメールをしてくる電波系の女子高生キャラとして洋に恐れられている。
田辺 清吾(たなべ せいご)
烏田高校の卒業生。大学受験に失敗した後、予備校にも通わず就職活動もせずダラダラとした生活を送るニート。町で偶然あせびを目撃し一目惚れする。彼女と同じ学校に通う事を夢見て予備校に通うも我慢し切れずに、彼女のバイト先である「ゲーマーズショップ フォローミー」のバイト募集に応募し一緒に働くことになる。
T
烏田高校の卒業生。Tの名は通称で本名不明。心霊現象調査研究部の創設者にして“伝説の部長”と呼ばれる人物で、現部員曰く「お寺生まれ」。母校の寮に封じられながらも結界を破ろうとした霧島の再封印を試みた部員たちの加勢として姿を現す。

丸富大学付属高校関係者[編集]

警備のオッちゃん(けいびのオッちゃん)
声 - 乃村健次
本名不明。丸富大学付属高等学校の警備員。マッチョなハゲ頭で洋を目の仇にしている。かわいい女子生徒に手を出すものはすべて制裁の対象とみなすなど性格に問題があり、あまりのキモさに学校で話しかけてくるのはあやめとあせび位である。洋のことは「ヒロシ」と呼ぶ。

洋とあやめの過去の友人[編集]

石岡 勇気(いしおか ゆうき)
洋の幼馴染。洋とは別の高校に進学した。劇中には登場せず、彼自身の間抜けなエピソードと、洋が彼に対して行った非道な仕打ちが洋の口から語られるのみである。女性にはモテない。
広部 蘭(ひろべ らん)
洋やあやめの小中学校時代の同級生であり、当時のクラスのマドンナ的存在。洋の幼馴染で初恋の相手でもある。
小学校時代に芸能界にスカウトされ、「鬼灯ラン(ほおずき・ラン)」の芸名で売り出し中の妹系アイドル。ニックネームは「ランラン」。私立三ノ輪高等学校に進学するも交換学生制度を利用して烏田高校に転校してきたことで洋と再会する。
非常に負けず嫌いの努力家であり、当時クラスの人気を二分していたあやめとは、幼馴染であり親友同士でありライバルの間柄であやめに対する憧れと共に常に対抗心を燃やしていた。
鬼灯ランのファンは一般に「お兄ちゃん」と呼ばれている。また、公式ファンクラブは存在しないが「観ラン者」という非公式サイトが存在しファンクラブと同様の機能を果たしている。

用語[編集]

アラシ
スーパーマーケット内での暗黙のルールを理解せず、礼儀を持たずに半額弁当を求める人たちへの蔑称の1つ。新入部員の強化合宿中や文化祭期間中など期間限定ではあるが、一度に半額弁当を買い込んでいく人たちを指す。類義語に「豚」や「大猪」がある。
淡雪ロッジ(あわゆきロッジ)
えりかの両親が経営するロッジ。スキーシーズンには多くのスキー客で賑わう。ロッジの中は広く、4つの部屋に分かれており、5人が同時に入浴できる大きさの檜風呂も装備されている。
犬(いぬ)
スーパーマーケット内での暗黙のルールを理解し、最低限の礼儀を弁えているのに腕が未熟なため、戦線の最前列に身を置くことのできない人たちへの呼称。
井ノ上総合病院(いのうえそうごうびょういん)
あせびの実家。あせびの不幸体質に巻き込まれた人は無償で治療を受けられる。
Mの兄弟(エムのきょうだい)
宏明が創立したマゾヒストの性癖を持つ人たちの集まる変態サークル。定期的に機関紙を発行し、合宿も行なうなど活動内容はそこそこ充実している。白梅梅後援会との業務提携を行なっている。
狼(おおかみ)
スーパーマーケット内での暗黙のルールを理解し、それに則って礼儀を持って誇りを懸け、半額弁当の争奪に挑む人たちの総称。
大猪(おおじし)
スーパーマーケット内での暗黙のルールを理解せず、礼儀を持たずに半額弁当を求める人たちへの蔑称の1つ。半額弁当と半額惣菜を買い溜めに来た主婦を指す。腹の虫の加護はないが、家族のために戦う「生活力」によって狼をやすやすと蹴散らす。類義語に「豚」「アラシ」がある。
カゴ
どこのスーパーマーケットにも置いてある普通の買い物カゴのこと。使い方によっては武器にも防具にもなるが、習熟するには相当な鍛錬が必要。
ガブリエル・ラチェット
丸富大学庶民経済研究会に所属する会員有志十数名で結成された部隊。本来は西区に大量発生した「豚」を駆逐するために《オオカバマダラ》をサポートする組織として、連が結成した。組織の構成員についての詳細は不明で、当事者以外には分からないよう徹底されている。また、構成員以外にも協力者が多数存在する。
神(かみ)
半額神のこと。
烏田高校(からすだこうこう)
正式名称は「私立烏田高等学校」で、本作のメイン舞台となる高校。私立三ノ輪高等学校と提携を結んでいる全寮制の進学校で、学生交換制度を取り入れている。寮には食堂はあるが、生徒たちに自立心を持ってもらうべく朝食しか出ないために昼・夕食は自炊や外食に頼ることになる。その結果、生徒の中には食費を節約するためにスーパーマーケットの半額弁当を求め、狼になる者もいる。
駆逐(くちく)
ヘラクレスの棍棒が発案し、沢桔姉妹に対し強すぎることを理由に半額弁当争奪戦から強制退場させ永久追放へと至らせた行為を指す。ヘラクレスの棍棒を筆頭に全ての狼達が、沢桔姉妹に対して半額弁当争奪戦での戦いを拒否。沢桔姉妹が弁当を取った後で争奪戦を開始するというもの。しかし参加した狼達は後に自ら狼の誇りを捨てたと猛省していた。
ゲーマーズショップ フォローミー
あせびがアルバイト中のゲームショップ。新作のゲームは数えるほどしか置いておらず、1世代前のゲームを中心に取り扱っている。月に1回ゲーム大会が行なわれ、昼間は小学生の部、夜は大人の部として開催される。なお、参加資格は3500円以上商品を購入することである。
月桂冠(げっけいかん)
半額神が太鼓判を押した特別な半額弁当。通常の半額シールではなく、店ごとに特別な半額シールが貼られる。これを手にした者はその日、月桂冠シールの半額弁当が置かれたフィールドでの絶対的勝者となる。
古狼(ころう)
一身上の都合で戦線から離脱した元狼。引退ではなく極稀に現場復帰するが、一般的には元狼の中でも現役時代に二つ名を与えられていたクラスの狼でないと、古狼とは呼ばれない。
The novel of Four o'clock(ザ・ノベル・オブ・フォー・オークロック)
花が管理人を務める、汗と筋肉が大好きな腐女子が集まるノベルサイト。 "Four o'clock" には「オシロイバナ」という意味があるため、直訳すると「白粉花の小説」という意味になる。『筋肉刑事(マッスルデカ)』シリーズや『脱ぎ捨てられたジャージ』シリーズなど、花が執筆した小説がこのサイトに掲載されている。簡単にはアクセスできないようになっているが、最近はアクセス数が急上昇中である。
勝利の一味
争奪戦で獲った弁当を食べるとき、争奪戦の高揚感や勝利したという満足感などで普段より美味いと感じられること。
食費を浮かせるためという理由以上にこれを求め、争奪戦に参加している者も多い。
スルーア
別名《亡者の群れ(ホースト)》とも呼ばれる。半額になる前の弁当を、多くの人間が学園祭などの理由で買い求める現象のこと。
タンク
買い物用カートのこと。主に大猪が武器として使用する。
西区(にしく)
本作の主な舞台となる土地の大まかな区分け。西区に所属する狼が主に使用する。私立烏田高等学校が存在する区域に当たる。対義語は東区。
ハーフプライサー同好会(ハーフプライサーどうこうかい)
私立烏田高等学校に存在する、半額弁当争奪を目的として作られた組織。会長は仙。洋と花も所属している。顧問は烏田という理事長と同じ名前である。元はハーフプライサー部という名前であったが、仙以外の部員が一度に退部したため、部員不足で同好会に降格してしまった。しかし、現在でも与えられたままの部室は他の部より広く、中には電子レンジや割り箸など半額弁当を食べるための設備や備品が揃っている。
「同好会のメンバー同士で同じ弁当を取り合ってはならない」というルールが存在する。
活動範囲は町内だけに留まらず、遠征を行うこともある[注 3]
作中では「HP同好会」と頭文字を取った略号で表記されており、学校内でもHP同好会と表記される。そのため、何も知らない学生からは「ホームページ同好会」の略と勘違いされることもある。
半値印証時刻(ハーフプライスラベリングタイム)
半額神によって半額シールが貼られる時刻のこと。大体、閉店1時間前の所が多い。夏場の食材の傷みやすい時期や長時間の停電などが発生した時には、前倒しされたり、残った弁当が少ないと遅くなることもある。
腹の虫の加護(はらのむしのかご)
空腹感と弁当を食べたいという欲求によって、普段よりも身体能力が上がること。
争奪戦においては身体を鍛えているかや格闘技経験の有無などよりも、これの強さが勝敗を左右する。このため、周りの狼が食欲をなくすような戦法を取る狼も存在する。
逆に、争奪戦に備えて朝食昼食の量を少なめにする、絶食などをする狼も存在する。
半額神(はんがくしん)
スーパーマーケット内で惣菜や弁当に半額シールを貼る人。面々は#半額神を参照。
半額弁当争奪戦
狼たちが半額弁当を獲得するために拳を交えて奪い合いをすることで、スーパーマーケットの弁当コーナー周辺をフィールド範囲とする。一般人にはあまり知られておらず、スーパーマーケット関係者や狼たちのみの暗黙の闘いとなっている。弁当を獲った狼は勝者となり、他の狼は手を出せない他、「礼儀を以って誇りを賭けろ」に集約された色々なルールがある。
東区(ひがしく)
作品の主な舞台となる土地の大まかな区分け。東区に所属する狼が主に使用する。丸富大学及び付属高校が存在する区域に当たる。対義語は西区。
豚(ぶた)
スーパーマーケット内での暗黙のルールを理解せず、礼儀を持たずに半額弁当を求める人たちへの蔑称の1つ。一人で何個も半額弁当を買う、半値印証時刻より前に弁当を確保して半額神にシールを貼ってもらう、など。主に一個人を指して使用する。類義語に「アラシ」「大猪」がある。
二つ名(ふたつな)
狼の中でも目立つ人につけられるあだ名。実力のある人は目立つため、二つ名がある=強いというイメージがある。言動や見た目、争奪戦のスタイルなどから付けられるが、稀に特別な事情により付けられる場合もある。作中に出てくる二つ名の多くは、イギリスの民話やギリシア神話をモチーフとしている。ただし「二つ名」の扱いは「あだ名」よりも良く、例として、茶髪というあだ名を持つ狼が「シーリーコート」と言う二つ名を得るなど、ある程度の分別はなされている。
亡者の群れ(ホースト)
スルーアの項を参照。
筋肉刑事シリーズ(マッスルデカシリーズ)
花が執筆した極一部に大人気の小説。「サイトウヒロシ刑事」という人物が主人公で、彼の身体のデリケートな部分が毎回辱めを受ける。毎回、濡れ場が近くなると主人公名が「サイトウ」ではなく「サトウ」と誤記されるため、ファンの間ではサトウと呼ぶのが常識となっており、サイトウと呼ぶ奴はとして扱われる。タイトルの筋肉刑事とは、サイトウヒロシの相棒のガントウ刑事。
丸富大学(まるとみだいがく)
東区に存在する大学。付属高校と併設されている。著莪パパは同大学の卒業生である。
丸富大学庶民経済研究部(まるとみだいがくしょみんけいざいけんきゅうぶ)
丸富大学の中に存在する、半額弁当争奪を目的として作られた組織。現在の部長は忠明。主に東区全域をテリトリーにしており、有能な狼の情報収集を目的としている。《ガブリエル・ラチェット》もここに所属している。元は東区に群がる豚や大猪を駆逐していた菊をサポートするために発足したが、その後は東区から豚が姿を消したため、活動内容を現在のものに変更した。
かつてOBが大学のメインサーバーと部室のパソコンを大学側に無断で直結させたため、現在でも部室に居ながら大学のメインサーバーを稼動できるようになっている。
丸富大学付属高校(まるとみだいがくふぞくこうこう)
正式名称は「私立丸富大学付属高等学校」。高偏差値の進学校であるため、ほとんどの学生が丸富大学に進学する。あやめやあせび、沢桔姉妹が通っており、あやめの両親も同校出身である。
最近はスポーツにも力を入れており、多額の経費をつぎ込んで施設の改修や特待生の獲得に余念がなく、真希乃も特待生としてスカウトされた。
むっちゃハワイやんパーク
テレビアニメ版に登場する屋内プール施設。天候に関係なく水遊びを楽しめるうえ、プールサイドには弁当の充実した売店が存在する。また、敷地内には露天風呂風の入浴施設が併設されている。
実はラルフストア系列の施設であるため、売店の弁当は基本的には本家と同じであるが、ここでしか購入できないオリジナル弁当も存在する。閉店1時間前には本家と同じく半額神が現れ、弁当に半額シールを貼っては球状の透明カプセルで封入し、プールへ浮かせていく。狼たちはプール内でカプセルの争奪戦を繰り広げるが、これは常に移動するために獲り辛く、狼たちも思うように動きが取れないために疲労度も増す。
夢広町
沢桔姉妹のかつての出身地で、沢桔姉妹に関して深く関わり合う舞台。

書誌情報[編集]

小説既刊一覧[編集]

スーパーダッシュ文庫刊(集英社発行) 全15巻完結
巻数 サブタイトル 第1刷発行日 第1刷発売日 ISBN
1 サバの味噌煮290円 2008年2月27日 2008年2月25日 ISBN 978-4-08-630405-4
2 ザンギ弁当295円 2008年6月30日 2008年6月25日 ISBN 978-4-08-630430-6
3 国産うなぎ弁当300円 2009年1月28日 2009年1月23日 ISBN 978-4-08-630467-2
4 花火ちらし寿司305円 2009年7月29日 2009年7月24日 ISBN 978-4-08-630495-5
5 北海道産炭火焼き秋鮭弁当285円 2010年1月27日 2010年1月22日 ISBN 978-4-08-630528-0
5.5 箸休め 〜燃えよ狼〜 2010年4月28日 2010年4月23日 ISBN 978-4-08-630551-8
6 和栗おこわ弁当310円 2010年8月30日 2010年8月25日 ISBN 978-4-08-630561-7
7 真・和風ロールキャベツ弁当280円 2011年2月28日 2011年2月25日 ISBN 978-4-08-630594-5
7.5 箸休め〜Wolves,be ambitious!〜 2011年7月27日 2011年7月22日 ISBN 978-4-08-630622-5
8 超大盛りスタミナ弁当クリスマス特別版1250円 2011年12月27日 2011年12月22日 ISBN 978-4-08-630650-8
9 おかずたっぷり! 具だくさん! 香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円 2012年6月22日 ISBN 978-4-08-630680-5
9.5 箸休め〜濃厚味わいベン・トー〜 2012年10月25日 ISBN 978-4-08-630705-5
10 恋する乙女が作るバレンタインデースペシャル弁当350円 2013年4月25日 ISBN 978-4-08-630734-5
11 サバの味噌煮弁当【極み】290円 2013年11月22日 ISBN 978-4-08-630760-4
12 デザートバイキングプライスレス 2014年2月25日 ISBN 978-4-08-630773-4

短編作品一覧[編集]

サブタイトル 掲載媒体 発表年月日 備考
1 佐藤洋、十六歳の誕生日[注 4] スーパーダッシュ文庫公式ホームページ内
特集サイトにて掲載
2008年6月15日 第5.5巻収録
2 名も無き狼たち 2009年1月15日
3 白粉花の週末
4 著莪あやめのお見舞い 第4巻発売記念サイン会にて限定配布 2009年10月24日
5 白粉花の夏休み スーパーダッシュ文庫公式ホームページ内
特集サイトにて掲載
2010年1月15日
6 モモとカズラと 2010年4月15日 第7.5巻収録
7 天使の贈り物 2010年8月15日
8 男子寮と従姉とバレンタインデー 2011年2月15日
9 違いの分かる狼 ジャンプSQ.別冊付録スーパーダッシュ
漫画プログラム内『ベン・トー間食版』掲載
2011年4月21日
10 桜色のアレ 2011年6月4日
11 十人十色 2011年7月4日
12 だいたいいつもそんな感じ スーパーダッシュ文庫公式ホームページ内
特集サイトにて掲載
2011年7月15日 第9.5巻収録
13 その、存在価値 ジャンプSQ.別冊付録スーパーダッシュ
漫画プログラム内『ベン・トー間食版』掲載
2011年8月4日
14 弁当 2011年9月3日
15 有明の狼たち スーパーダッシュ文庫公式ホームページ内
特集サイトにて掲載
2011年12月15日
16 やっぱりいつもこんな感じ 8巻&雑誌『スーパーダッシュ&ゴー!』
創刊2号発売記念サイン会にて限定配布
2012年1月7日
17 波の音 スーパーダッシュ文庫公式ホームページ内
特集サイトにて掲載
2012年6月16日
18 永遠(エタニティ)の始まり 第12巻書店特典、ベン・トー完結記念スペシャル小冊子に収録 2014年2月25日

漫画既刊一覧[編集]

スーパーダッシュコミックス刊(集英社発行)
  • 『ベン・トー zero Road to witch(愛蔵版コミックス)』2011年10月25日発売

コミック[編集]

ベン・トー zero Road to witch
漫画 - 柴乃櫂人 / 原作 - アサウラ
ジャンプスクエア』2011年5・6月合併号より2011年10月号まで別冊付録スーパーダッシュ漫画プログラム (SDMP) にて連載。全5話。
ベン・トー another Ripper's night
漫画 - 柴乃櫂人 / 原作 - アサウラ
スーパーダッシュ&ゴー!』2011年12月創刊号より連載。

テレビアニメ[編集]

スタッフ
原作 アサウラ
集英社スーパーダッシュ文庫刊)
イラスト 柴乃櫂人
監督・構成・デザインワークス 板垣伸
キャラクターデザイン 平田雄三
総作画監督 平田雄三、杉本功
弁当作画監督 片山貴仁
プロップデザイン 岩畑剛一、森木靖泰
美術監督 海野よしみ
色彩設計 大西峰代
撮影監督 山田和弘
3Dディレクター 平将人
編集 廣瀬清志
音響監督 明田川仁
音響効果 中野勝博
音楽 岩崎琢
プロデューサー 高野貴志、兼光一博
石黒達也、梶田浩司
アニメーションプロデューサー 笠間寿高
アニメーション制作 david production
製作 HP同好会

2011年10月から同年12月にかけ、独立局ほかにて放送された。全12話。

テレビアニメ化は2011年2月27日に発表された[4]キャッチコピーは「戦って、喰え!! 半額シールが舞う時『狼』たちの咆哮が上がる!」。

食べ物(弁当)を題材にした内容であり、弁当の美味しそうな描写は原作でも見所であることから、テレビアニメ版では弁当専用の作画監督を役職として設けるなど、食事描写に注力した[5][6]。暗がりで食べる冷めた弁当を映像で美味しく見せることは難しく、技術を要したという[6]

原作小説での描写を反映したうえでテレビアニメ版ではセガ大塚製薬の公認を受けており、セガサターン本体やセガサターン版『バーチャファイター2』、カロリーメイトSOYJOYなど、実在の商品が登場する[5][7]

原作小説では仙よりあやめの方が出番に恵まれていたのに対し、テレビアニメ版では製作側からの注文によって逆にあやめより仙の方が出番に恵まれているほか、洋の成長劇としても構成されている[8]。また、原作小説では各スーパーマーケットに店名がなく「アブラ神の店」など半額神名で呼ばれるのみだったが、テレビアニメ版ではいくつかの店名が設定された。

主題歌[編集]

オープニングテーマ
LIVE for LIFE 〜狼たちの夜〜」(第1話 - 第3話、第5話 - 第11話)
作詞 - 松村龍二 / 作曲・編曲 - 佐々倉有吾 / 歌 - 愛美
歌詞は原作のストーリーを忠実に反映させたものとなっている[9]。監督の板垣によれば、発注時の要望は「テンポと抑揚と元気があり、社会人がカラオケで堂々と歌えるようなアニメソング」というものであったという[10]。第1話が謎解き中心の地味な導入で始まることから、アバンタイトル直後からの勢いで視聴者を惹きつけることも意図された[10]
第10話と第11話はOP映像が大幅に変わり、歌詞も2番に変更されている。
※第12話ではエンディングテーマとして使用。
「Treasure!」(第4話)
作詞 - 宮崎まゆ / 作曲 - 岡本健介 / 編曲 - 山田高弘 / 歌 - 著莪あやめ(加藤英美里
著莪あやめが初登場する回のみの限定オープニングで、監督が自らOP映像の絵コンテを担当した[11]。企画当初はオープニングやエンディングを複数用意する案もあり、その名残であるという[11]
エンディングテーマ
笑顔の法則」(第1話 - 第11話)
作詞 - Satomi / 作曲・編曲 - 川崎里実 / 歌 - 槍水仙(伊瀬茉莉也
映像は部室で槍水が誰かを待ち続けるものとなっており、監督の板垣はこの映像を、槍水が一時の孤独を恐れず、いずれ出逢えるであろう仲間を待つ内容であると説明している[12]
※第12話ではオープニングテーマとして使用。
挿入歌
おさかな天国」(第1話、第4話、第8話、第10話、第12話)
作詞 - 井上輝彦 / 作曲 - 柴矢俊彦 / 編曲 - 佐々倉有吾 / 歌 - 佐々木温
「今日もエンジョイ☆ホーキーマート」(第1話 - 第4話、第10話)
作詞・作曲・編曲 - 佐々倉有吾 / 歌 - 鴨志田智愛
「あなたを笑顔に♪スーパーときわ」(第2話、第3話、第11話)
作詞・作曲・編曲 - 佐々倉有吾 / 歌 - 鈴木静那
「行こうよ!ラルフストア」(第5話、第6話、第8話)
作詞・作曲・編曲 - 佐々倉有吾 / 歌 - 水野佐彩
「常夏サマー」(第7話)
作曲・編曲 - 佐々倉有吾[13]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
#1 ネバれ、納豆オクラ丼ぶっかけチーズトッピング弁当 440kcal 板垣伸 江副仁美
板垣伸
Shin Hyung Woo
#2 サバの味噌煮弁当 674kcal ふでやすかずゆき 板垣伸 橋本裕之 宮下雄次
#3 大盛りチーズカツカレー 1080kcal 加藤敏幸 しんごーやすし
#4 豚肉生姜焼き弁当 852kcal 山田由香 津田尚克 津田尚克
板垣伸[14]
かどともあき
#5 北海道の鮭を使ったあら汁 326kcal ふでやすかずゆき 板垣伸 ソエジマヤスフミ
江副仁美
Shin Hyung Woo
清水博幸
#6 特製ザンギ弁当 795kcal 岸本みゆき 城所聖明
山本天志
秋田英人
橋本英樹
#7 オムっぱい弁当 752kcalとロコもっこり弁当 1100kcal ヤスカワショウゴ 中野英明 宮下雄次
浜津武広
小林亮
#8 たっぷりニラハンバーグ弁当 765kcal 山田由香 津田尚克 宗廣智行 栗原基彦
永吉隆志
#9 西洋和風幕の内詰め合わせ重 2910kcalとほっこりおかゆ弁当 340kcal ヤスカワショウゴ 向井雅浩 谷川政輝
筆坂明槻
#10 それは昔祖母の家で食べた温かで優しい味わい。
心にも体にも優しい和の料理。
梅とちりめんじゃこご飯と季節の野菜たっぷりの煮物弁当 480kcal
ふでやすかずゆき
板垣伸
板垣伸 南康宏
ソエジマヤスフミ
板垣伸[14]
清水博幸
Shin Hyung Woo
向山祐治
#11 ポカリスエット 125kcal ヤスカワショウゴ 加藤敏幸 かどともあき
#12 国産うなぎ弁当 790kcal ふでやすかずゆき 板垣伸 江副仁美
城所聖明
板垣伸[14]
かどともあき
横山謙次
宮下雄次

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
愛知県 テレビ愛知 2011年10月8日 - 12月24日 土曜 26:20 - 26:50 テレビ東京系列
近畿広域圏 毎日放送 土曜 27:28 - 27:58 TBS系列 アニメシャワー』第4部
神奈川県 tvk 2011年10月9日 - 12月25日 日曜 25:30 - 26:00 独立局
日本全域 AT-X 2011年10月10日 - 12月26日 月曜 11:30 - 12:00 CS放送 リピート放送あり
東京都 TOKYO MX 2011年10月11日 - 12月27日 火曜 25:30 - 26:00 独立局
日本全域 ニコニコ生放送 2011年10月12日 - 12月28日 水曜 12:00 - 12:30 ネット配信
ニコニコチャンネル 水曜 12:30 更新 第1話は常時無料
それ以外は最新話配信後1週間無料
その後は有料配信
アニマックス 2011年11月9日 - 2012年2月1日 水曜 22:00 - 22:30 CS/BS放送 リピート放送あり

関連商品[編集]

BD / DVD[編集]

2011年12月21日から2012年5月16日まで、初回版と通常版の2種類で発売された。BD初回版は柴乃櫂人描き下ろしのスリーブケース仕様。DVDとBD初回版共通の封入特典として、アイキャッチおかずイラストカードが同梱。音声特典として、キャストオーディオコメンタリーが収録されている。

巻数 収録話 発売日 映像特典 規格品番
BD DVD
1 第1話 - 第2話 2011年12月21日 白梅梅のサディスティック劇場 PCXG-50111 PCBG-51981
白粉花の筋肉(マッスル)劇場
ノンテロップオープニング・エンディング
2 第3話 - 第4話 2012年1月18日 ピクチャードラマ「佐藤洋、十六歳の誕生日」 PCXG-50112 PCBG-51982
第4話ノンテロップオープニング
3 第5話 - 第6話 2012年2月15日 ピクチャードラマ「名もなき狼たち〜茶髪より愛を込めて〜」 PCXG-50113 PCBG-51983
4 第7話 - 第8話 2012年3月21日 告知映像集(各種PV&TV CM) PCXG-50114 PCBG-51984
5 第9話 - 第10話 2012年4月18日 ピクチャードラマ「著莪あやめのお見舞い」 PCXG-50115 PCBG-51985
6 第11話 - 第12話 2012年5月16日 ピクチャードラマ「槍水茉莉花の来訪」 PCXG-50116 PCBG-51986

2014年3月19日には、全12話をBD6枚に収録したBOX盤『ベン・トー Blu-ray Hungry BOX』が完全初回限定生産で発売された。

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2011年10月25日 『スーパーダッシュ&ゴー!』2011年12月創刊号 特別付録ドラマCD
2011年11月2日 笑顔の法則 PCCG-70131
2011年11月16日 &エトセトラ「Treasure!」と、その他「ベン・トー」な歌つめ合わせ PCCG-1209
2011年12月21日 ベン・トー オリジナルサウンドトラック PCCG-1214

WEBラジオ[編集]

下野紘と伊瀬茉莉也の『ベン・トー』 RADIO 『ラジ・オー』』のタイトルで、2011年9月28日から2011年12月31日までHiBiKi Radio Stationにて配信された[15]。全14回。毎週水曜日更新。パーソナリティは下野紘(佐藤洋 役)、伊瀬茉莉也(槍水仙 役)。

ゲスト
  • #2、#13(10月12日、12月28日)悠木碧(白粉花 役)
  • #4(10月26日)茅野愛衣(白梅梅 役)
  • #5(11月2日)愛美(OPアーティスト)
  • #7(11月16日)加藤英美里(著莪あやめ 役)
  • #9(11月30日)竹達彩奈(井ノ上あせび 役)
  • #11(12月14日)興津和幸(二階堂連 役)
関連CD
巻数 発売日 収録回 規格品番
vol.1 2012年1月27日 第1回 - 第7回 BENTO-0001

モバイルゲーム[編集]

ベン・トー 戦って食え!!
Mobageにてブルズ・アイソーシャルゲームが2012年2月13日から提供された[16]。同年夏頃に配信の終了。

備考[編集]

  • ブシロードのトレーディングカードゲーム、ヴィクトリースパークに参戦している。収録タイトルは、ベン・トー (2012年2月18日発売)
  • 2011年10月13日11月8日にアニメ・映画などとのコラボレーションを行っているパセラ×エンタテイメントによる企画展開の一環で「エグゼクティブ弁当!!」がカラオケパセラのチェーン店舗の一部で実施された。作品由来の弁当3種(「から揚げ弁当」,「ホーキーマートの激辛ニンニクハンバーグ弁当」,「スーパーときわのチーズカツカレー大盛り」)にくわえオリジナルのバリ風「パセラ・ベン・トー」4品がラインナップ。缶バッジが特典になっていた[17]
  • 2011年11月9日よりファミリーマートの通販サイト「ファミマ.com」がアニメ専門チャンネル「アニマックス」とのコラボを企画しアニメ「ベン・トー」と連動した商品がその第1弾として展開された。個数限定でグッズが販売された[18]
  • 2012年6月28日7月8日の期間中にアーケードゲーム『ボーダーブレイク エアバースト』(セガ)とコラボキャンペーンがおこなわれた。“全国対戦モード”をプレイすると“半額シール”を獲得でき、勝利するとさらに“エンブレム”を入手できる。その“半額シール”を“BB.NET”の“特設半額ショップ”で利用すると、一定確率でミニゲーム“キャラクターバトル”が発生。バトルに勝利すれば“オリジナル通り名”を獲得可能[19]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 実際は闘っておらず、マッちゃんが引退しても女帝蝶(モナーク・バタフライ)の存在が消えるのを認めたくなかったため、モナークの名を襲名した。
  2. ^ 闘うその姿がチョウのように美しかったため、狼達が敬意を込めて付けた二つ名。
  3. ^ 本編から1年前の金城らが在籍していた時の冬、雪山にあるスーパーマーケットの半額弁当を求めてバスで遠征したが、途中で猛吹雪のために立往生した部員たちは猛吹雪の中5kmの山道を走ってスーパーマーケットへ到着し、月桂冠を手に入れたという逸話がある。
  4. ^ 公式ホームページ掲載時のサブタイトルは無題で、第5.5巻に掲載時に現在のサブタイトルが付けられた。

出典[編集]

  1. ^ アサウラ公式blog『アサウラの生存観察室』2011年8月7日更新分より。
  2. ^ 話題のアニメ&ライトノベル『ベン・トー』原作者アサウラ「定価の弁当なんてブルジョアの食い物ですよ!」
  3. ^ BD/DVDの最終話で目の付いた顔が公開されている。
  4. ^ アニメイト (2011年2月27日). “戦いはついに“弁当”争奪戦へ――『ベン・トー』TVアニメ化!”. ニュース. アニメイトTV. 2014年3月4日閲覧。
  5. ^ a b 笠間寿高 (2011年11月12日). アニメ質問状 :「ベン・トー」 弁当デザインは成分表示まで アニメ界初の「弁当作監」も. インタビュアー:まんたんウェブ. 毎日新聞デジタル.. http://mantan-web.jp/2011/11/12/20111111dog00m200040000c.html 2011年12月13日閲覧。 
  6. ^ a b 板垣伸 (2011年9月29日). “第236回 『ベン・トー』放映間近”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. WEBアニメスタイル. 2011年12月13日閲覧。
  7. ^ ベン・トー公認アイテム”. 公式サイト. 2014年3月4日閲覧。
  8. ^ 板垣伸 (2012年3月29日). “第260回 『ベン・トー』の話(16)”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. WEBアニメスタイル. 2014年3月4日閲覧。
  9. ^ 板垣伸 (2011年10月27日). “第240回 『ベン・トー』の話(3)”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. WEBアニメスタイル. 2011年12月13日閲覧。
  10. ^ a b 板垣伸 (2011年10月20日). “第239回 『ベン・トー』の話(2)”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. WEBアニメスタイル. 2011年12月13日閲覧。
  11. ^ a b 板垣伸 (2011年12月8日). “第245回 『ベン・トー』の話(6)”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. WEBアニメスタイル. 2011年12月13日閲覧。
  12. ^ 板垣伸 (2011年11月10日). “第241回 『ベン・トー』の話(4)”. 板垣伸のいきあたりバッタリ!. WEBアニメスタイル. 2011年12月13日閲覧。
  13. ^ Twitter / hp_club: 【訂正】「ベン・トー」第7話EDクレジットで、誤記がありまし ...
  14. ^ a b c アクション演出
  15. ^ 番組紹介:下野紘と伊瀬茉莉也の『ベン・トー』 RADIO 『ラジ・オー』
  16. ^ もち子 (2012年2月13日). “ブルズ・アイ、Mobage「ベン・トー 戦って食え!!」配信開始!!”. ピコプラネット. http://picopla.net/?p=9647 2012年2月13日閲覧。 
  17. ^ フェイトちゃん (2011年10月13日). “カラオケパセラ、アニメ「ベン・トー」とのコラボレーションが10月13日よりスタート!”. AKB通信 (マキシムライト). http://www.akb-tsushin.com/news_cyErWysAb4.html 2011年10月13日閲覧。 
  18. ^ “ファミマから「ベン・トー」限定グッズ アニマックスとコラボ”. ねとらぼ (ITmedia). (2011年11月9日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1111/09/news035.html 2011年11月9日閲覧。 
  19. ^ 『ボーダーブレイク エアバースト』×『ベン・トー』コラボキャンペーン実施決定”. ファミ通.com (2012年6月22日). 2012年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
家庭教師ヒットマンREBORN! 隠し弾
(2009年3月号まで)
ジャンプスクエア連載の小説作品
ベン・トー間食版
(2011年5・6合併号から)
次代:
-