素晴らしき日曜日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
素晴らしき日曜日
監督 黒澤明
脚本 植草圭之助
製作 本木荘二郎
出演者 沼崎勲
中北千枝子
音楽 服部正
配給 東宝
公開 日本の旗 1947年6月25日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

素晴しき日曜日』(すばらしきにちようび)は、東宝が1947年に製作した日本映画

暮しの手帖』にある同名の読者投稿コーナーは無関係(こちらは「すばらしき―」と前半が平仮名表記)。

あらすじ[編集]

戦争の傷跡が残る東京。

幸い職についてはいるが、友人の家に居候の雄造(沼崎勲)、姉の家に同居の昌子(中北千枝子)のカップル。一緒に住むこともままならず、週に1度、日曜日にお互いに会えることだけが唯一の楽しみであった。しかし、手持金はわずか35円(現在の貨幣価値に換算すると、約3,500円)。それでも楽しいランデヴーを計画する2人の前に、切なく惨めな現実が立ちはだかる。

真面目に生きることのむなしさに失望しそうになりながら、2人は喫茶店を開く夢を語り合う。

エピソード[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]