デ・ジ・キャラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デ・ジ・キャラットDi Gi Charat)は、ブロッコリーが展開するキャラクター企画、またはそのキャラクターの名前。キャラクターデザインはこげどんぼ*

概要[編集]

1998年に、ブロッコリーと同社が運営するキャラクターショップ「ゲーマーズ」のマスコットキャラクターとして、ゲーマーズ情報誌「フロム・ゲーマーズ」に掲載された4コマ漫画げまげま』第2回にて「ゲーマーズの妖精さん」として正式に登場する。名前を明かしたのはその第2話である。それ以前は、ポストカードやイラストPOPに登場する謎のキャラクターであった。

デ・ジ・キャラットの外見は、黄緑色の髪にネコ耳、両耳の上に付けた大きい鈴及び首に着けた鈴、そしてメイド服の組み合わせといった愛らしい格好で、設定年齢は10歳(初めは14歳)の少女。また、喋るとき語尾に「にょ」を付けるのが特徴。デ・ジ・キャラットを中心としたメディアミックスの一環でアニメ化やゲーム化も行われた。作品によっては若干のデザイン・設定の変更がある。

なお、2008年の誕生10周年にあわせ、2007年からデ・ジ・キャラットのデザインが変更されており、メイド服のデザインが一新され、頭部がこれまでのネコ耳帽子から頭から生えたネコ耳+ネコの目の入ったカチューシャに、さらに目の色も緑から赤になっている。こうしたデザインの変更理由については今後順次明らかにしていくという。また2007年秋から放送されている新CMではデ・ジ・キャラット担当声優もこれまでの真田アサミから明坂聡美に変更、プチ・キャラット、ラ・ビ・アン・ローズの声優も新たにオーディションを実施して決定された。

猫耳や鈴、尻尾といった消費者の萌えにアピールする特徴的な要素(萌え要素)を散りばめたデザインであることから、批評家東浩紀データベース消費論(データベースに蓄積された個別要素の組み合わせによってキャラクターが構成され、特権的な作家性は後退すること)を展開する際にその代表例としてデ・ジ・キャラットを挙げている[1]。ただし、デ・ジ・キャラットのデザインにおいて作家性が消失していると見るかどうかには異論もある(データベース消費#評価・批判および代替・関連モデルを参照)。

2013年、「15周年プロジェクト」が始動。
旧シリーズのマイクロファイバーバスタオルを1ヶ月に1種、12ヶ月連続販売する事となった他、記念Tシャツや缶バッジなども発売された。
他にも、でじこ・ぷちこ・うさだ・ブラゲマ団のTwitterも開設、2013年7月20日には、前田登(はりけ〜んず)とでじこの声優・真田アサミ、でじこ本人の3人が、会話を行ったこともある。


主な登場人物[編集]

初代の配役については、主役であるデ・ジ・キャラット役の声優は1999年3月に開始された公募声優オーディションによって決定された。真田アサミが選抜されるとともに、沢城みゆきが審査員特別賞に選ばれている[2]

2代目の配役については、デ・ジ・キャラット役の声優が明坂聡美に変更された[3]。また、プチ・キャラット役については、初代と同様に公募による選考が2007年10月より実施、2008年1月27日に開催された公開オーディションでの結果、みなかみ菜緒が選ばれ、またこれに併せてラ・ビ・アン・ローズ役も今回の応募者の中から矢澤りえかが選ばれた[4][5]

なお、後述ゲーム「超ヒロイン戦記」は2代目決定後に発売されたが初代メンバーが声を当てている。

デ・ジ・キャラット / ショコラ
- 真田アサミ(初代) / 明坂聡美(2代目)
2月8日生まれ / 10歳 / O型(当初は14歳)
本作の主人公。デ・ジ・キャラット星からやってきた王女様。通称でじこ。1998年7月に初登場[6]。当時は名前がなく、翌1998年8月に名前と通称が決定した[6]。語尾に「にょ」を付けて話す。(ドラマCD版では「にゃ」と言っていたこともある)白猫の帽子に尻尾。ライトグリーンの髪で、髪飾りに大きな鈴(王家の印)を左右に1つずつ付ける。この語尾について、ファンの間で「最初期の設定では『〜なんよ』であったが、キーボードで打つ際のミスタイプにより『〜なにょ』になり、それが定着した」という噂があったが、制作側はこの噂の存在を認めつつも、ネーム作成の時点ではパソコンが使用されないことを理由として公式に否定している[7]
地球にやって来た目的は「大女優を目指すため」と「アナローグ星のデ・ジ・キャラット星襲撃から逃げるため」の2つの説があるが、実は両方ともが公式設定であり、作品によって異なる。得意技は「目からビーム」で、好きな食べ物はブロッコリー。外見とは裏腹に生意気、狡猾、そして迂闊な性格が一番の魅力。当初は「巨大化する」という設定があった(原作本等では「公然の裏設定」としてときどき使われる)。『にょ』ではまねきねこ商店街で暮らす事になっているが、大抵の設定では秋葉原のゲーマーズにて女優を目指しながら働いている。『~ファンタジー』では記憶喪失になった。夏や冬にはコミケに走り、いおりん本を買いあさる。最近では業界に慣れたのか、当人も同人誌を描いていたりする。ちなみにワンダフル版アニメ第7話ではムラタクとミナタクをネタにした「やばい同人誌」を描こうとし、ゲマに咎められていた。
初代のでじこ(緑色の瞳)はいくつかのパターンがあってそれぞれについての繋がりの矛盾が言及された事は無いが2代目でじこ(赤い瞳)とは明確に別人であり、初代でじこが既にデ・ジ・キャラット星に帰っていてゲーマーズを統括していると言う形だが、2代目は初代からアニブロゲーマーズを任された、と言う展開となっている。
2代目の正体は「ブロッコデス」[8]
プチ・キャラット / カプチーノ
声 - 沢城みゆき(初代) / みなかみ菜緒(2代目)
1月21日生まれ / 5歳 / B型
でじこの妹分で、もう一人の主人公。通称ぷちこ。1999年7月初登場[6]。デ・ジ・キャラット星の出身。語尾に「にゅ」を付けて話す。なぜ妹分なのかというと、昔でじこに穴にはまっていたところを助けられたかららしい。茶色の髪に虎猫の帽子と尻尾。初期ではセーラー服(下はちょうちんブルマー)という設定だったが、「デ・ジ・キャラットにょ」では青いワンピースであり、パンツが丸見えとなっていた。ロングの髪を左右に分けて先でくくっている。でじこの親戚か否かという具体的な描写はないが、王家の印である鈴を(髪飾りとして)身に着けているので、王家の一員と思われる。口数は少なく、たまに発する一言がすごく毒舌でいざというときは行動派。でじこと同じく「めからびーむ」が出せるが、成功率は低く、謎のゲルや煙や水が出たりと失敗が多い。好物は公式ではレアステーキだが、アニメやアンソロジーでは刺身納豆などとなっている。大の荒くれ者。
2代目の正体は後述のほっけみりん[8]
ゲマ
声 - 亀井芳子
7月13日生まれ
でじこのお目付役。デ・ジ・キャラット星の出身。黄色いゴムまりに小さな腕が付いたような単純な形が特徴。いつもでじこの「目からビーム」を食らっている、いわゆる、でじこのストレス発散要員。水を吸うと膨張し、トイレに行くと元の姿に戻る。本人曰く、中身は餡子らしい。「マルムシ」や「きいまる」(「にょ」でのやっさん)などちょっと可哀想なアダ名があるのも特徴。一見上下が逆に見えるが、本人曰く、これで普通の状態らしい(「にょ」では、普通の顔にあたる状態で穴にはまったとき、「逆さまに埋まっちゃったゲマ、やな感じゲマ」と言う)。かつて、ゲマの中には美少年が入っているとの噂が流れたが、虚説らしい(「にょ」などで特殊な型や装置を使って美少年に変身した事はある)。アニメでは家事をこなすなど、けっこう有能である。『にょ』の設定では、あやとりが得意でおにぎり作りが苦手。このおにぎり作りが苦手という設定がワンダフル版でも共通ならば、ワンダフル版に登場するおにぎりはでじこかぷちこの手料理という事になる。
ワンダフル版ではうさだから居ても役に立たないと思われている。
ラ・ビ・アン・ローズ / うさだヒカル
声 - 氷上恭子(初代) / 矢澤りえか(2代目)
8月30日生まれ / 14歳 / A型
地球人の少女。でじこのライバル。本名は1999年5月に一般公募を開始し、同年6月の「デジキャラフェスティバル」にて発表された[6]。通称うさだ。だが本人はうさだと呼ばれるのを嫌っており、でじこなどからうさだと呼ばれる度に怒っている。藤桃色の髪のツーテールに特大のうさ耳、サイコロの髪飾りが左右。性格は高飛車で、勝気だが、意外と面倒見がよく優しいところもある。普段はアイドルを目指す、メガネに三つ編み姿の中学生。学校ではクラスの学級委員を務める。実は貧乏で寂しがり屋さん。年齢の割にはスタイルがよい。
「うさ耳コプター」、「耳からパンチ」、「ラビアンランチャー」、飛び膝蹴り等の得意技を持ち、特にうさ耳はまるで腕のように柔軟に、非常に力強く可動する。好物は笹団子柿の種
両親がアメリカ暮らしなので貧乏な一人暮らし生活を送っている(アイドルになるという夢は両親がアメリカに行く際に出した課題である)。母親のフランソワうさだが日本人とフランス人とのハーフなので、彼女自身少なくともフランス人とのクォーターである。
でじこ達が地球に来る2年前はG.G.F.と共に戦い活躍した(ウェイトレスコスチュームやウサ耳はこのときに初着用。しかも自分からではなく、当初はかなりこの格好を恥ずかしがっていた)。『にょ』では、従姉のお姉さんの「うさだあかり」も登場。また、実家は散髪屋。
「バラ色の人生」を表すフランス語"La vie en rose"とは綴りが異なり、"Rabi~en~Rose"と表記される。
2代目の正体は後述のまじんがっぱ[8]
まじんがっぱ
10月25日生まれ
うさだの使い魔。季節によって増殖したりする。おなかに「ま」という文字があるが、下を向いて自分で書いたので上下逆になっている。得意技は水芸。好物は、かっぱらしくきゅうり。デザインはこげどんぼ*ではなくPN「くりむ」さんという方。ちなみにこちらもブロッコリー社員である。
ほっけみりん
ぷちこのお友達の、平べったくて二足歩行をして蟹歩きをする猫。「さ」「し」「す」「せ」「そ」という5児のお母さんでもある。正確には「さとうゼリー」、「しおゼりー」、「すゼリー」、「せうゆゼリー」、「みそゼリー」という。小説やドラマCDでは「ニャー」と鳴くが、アニメでは全く言葉を発していないのが謎。よくぷちこの横で回ったり左右に揺れたりしている。
ゼリージョー
ほっけみりんの夫で「さ」「し」「す」「せ」「そ」の父親。全身が半透明なゼリー状の猫で巨大化するが、ぷちこ曰く興奮して毛を逆立てているだけらしい。ゼリージョーが近くを通ると清涼感が得られる。まんまる神社に生息している。
ピョコラ=アナローグIII世
声 - 林原めぐみ
10月23日生まれ / 8歳 / AB型
アナローグ星(デ・ジ・キャラット星の隣)の出身。通称「ぴよこ」。悪の軍団「ブラックゲマゲマ団(以下BG団)」女首領。貧乏なので、でじこを営利誘拐し、身代金をがっぽりもらおうと企んでるが、根が良い子だからかいつもでじこに騙されている。語尾に「ぴょ」を付けて話す。得意料理は「黒豆の煮付け」。好物は「バターサンドクッキー」。得意技は「口からバズーカ」で、目からビームと同等の威力を持つ。しかし、「口からバズーカ」は「目からビーム」よりも字数が多いため、口からバズーカと言い終わる前に目からビームを受けてしまう。母星に気を遣い、いつも無理をしがちなのが一番の魅力かもしれない。
基本デザインは『フロムゲーマーズ』における公募の優秀作品、それをこげどんぼ*がパンダをイメージする服装にリメイクしてレギュラーキャラ化した。
本名を一般公募し、2000年6月の「デ・ジ・キャラット 3rdコンサート」にて発表された[6]
なお、ドラマCD3巻で初登場した際はまだ名前が決まっていなかったので、始終「首領」と呼ばれている。
ちなみに、アナローグ星は初期設定から貧しい星であったが(筍が主要生産物)、別の銀河からコンピュータを導入して経済力をつけた。しかし、アナローグ星の王がデ・ジ・キャラット星侵略戦争に失敗したため、今の様な貧乏星に逆戻りした。アナローグ星の王はほとぼりが冷めるまで温泉旅行に出掛けている。
モブでは無くキャストテロップに名も出るちゃんとした形で魁クロマティ高校アニメ2話に登場している。声優も林原めぐみ。
リク=ハイゼンベルク
声 - 鳥海浩輔
4月4日生まれ / 26歳 / AB型
BG団元帥。こげどんぼ*が『ちっちゃな雪使いシュガー』の取材でドイツへ行ったあと、以下の2人とともに誕生。冷静沈着で、あくどいことを平気で口にする。動物が大好きで御茶目な26歳。獣医師で貧乏な人からはお金は取らない。動物に好かれている事を誇りに思っていて動物の仲間がいっぱい。また、動物と会話が出来る能力を持つ。好物は焼きそば。けれど密かに寿司に憧れている。
なお、ドラマCD5巻で初登場した際はまだ名前が決まっていなかったので、始終「元帥」と呼ばれている。
カイ=シュヴァイツァー
声 - 鈴木千尋
3月3日生まれ / 17歳 / A型
BG団中将。歯科医で、ぴよこの朝晩の歯磨きチェックは彼の仕事。生真面目な性格だが、予想外の事件が起きると一番慌てふためくタイプ。ぴよこに仕える事を誇りに思っている。ぴよこの大好きなバターサンドクッキーも彼の手作りらしい。お母さんの形見のマグカップを大切にしている。『にょ』では、少し目付きがきつい。好物は甘口カレー。
なお、ドラマCD5巻で初登場した際はまだ名前が決まっていなかったので、始終「中将」と呼ばれている。
クウ=エアハルト
声 - サエキトモ
5月5日生まれ / 13歳 / O型
BG団少佐。有能な内科医。公式かどうかは分からないが、飛び級しているらしい。ぴよこの幼馴染で、ぴよこを呼び捨てにしている。いつも首輪の後ろ(『にょ』では胸ポケット)にぴよことの思い出のパンダのぬいぐるみを持ち歩いており、洗濯するなど、大切にしている場面が端々で窺える(OVA6話より)。性格は生意気で不器用だが、その中にある優しさも散見される。好物はもちと納豆。しかし食べ物なら何でも好きな面がアニメ等では分かる。アニメ版ではよく犬の姿でデフォルメして描かれることが多い。
なお、ドラマCD5巻で初登場した際はまだ名前が決まっていなかったので、始終「少佐」と呼ばれている。
  • リク・カイ・クウの3人を演ずる声優によるユニット「P・K・O」が存在している。
暴れん坊(すばちゃん)
声 - 上田祐司
生年月日不詳
「ワンダフル版」では暴れん坊として登場し、「にょ」ではすばちゃんとして登場する。好物は不明だが、「メロンパン」は嫌いのようだ。ワンダフル版ではなぜかでじこの家の隣に住んでいる。
暴れん坊はその名に恥じず、暴れまくるが本人曰く器物破損はしない主義らしい。また、この暴れん坊の暴れを見たもの誰もはいない(暴れを目撃する=死)。
音楽が得意で伝説の暴れ太鼓を披露する上、以外と手先が器用で、丸太一本からベースギターを作製できる。

ドラマCD[編集]

最初のメディアミックス作品であり、主にゲーマーズにて7巻まで発売された(現在は全て廃盤)。

主な登場人物はワンダフル版と共通だが、巻によって登場人物の喋り口調や性格が若干異なっていたり、一部の登場人物の名前が異なっていた(前述)こともあった。

また番外編として2003年に発売された「でじこの野望」シリーズがあり、vol.2 「アニメ店長と対決にょ!」ではアニメイトのマスコットキャラ兄沢命斗がゲスト出演している(アニメ店長側からは他に星井ラミカと西公妃CoCoが出演している)。

アニメ[編集]

『ぱにょぱにょデ・ジ・キャラット』・『デ・ジ・キャラットにょ』・『ウィンターガーデン』以外のアニメ作品に関する詳細は Di Gi Charat (ワンダフル版) を参照。

当時ブロッコリー社長であった木谷高明は「ハローキティ」の様なキャラクターを本作品の目標としており、『デ・ジ・キャラットにょ』では小学生や幼児の視聴者を狙ったが、関東地方では視聴率に苦戦した。

ゲーム[編集]

この他、厳密にはゲームではないが、ドリームキャスト用インターネットクライアントソフト『ドリームパスポート3』のデ・ジ・キャラットバージョン『でじこのマイブラ』も発売された。また、ブロッコリーのトレーディングカードゲームアクエリアンエイジ』『プロジェクト レヴォリューション』にもキャラクターカード上のキャラクターとして登場している。

過去には、MMORPG(オンラインゲーム)『エミル・クロニクル・オンライン』で装備アイテム、アバターアイテムが購入キャンペーンにて提供されていた。現在は終了している。

漫画[編集]

表紙デザインの違うブロッコリー版も秋田書店版と同時発売された(ゲーマーズ限定)。
  • デ・ジ・キャラット でじこだにょ(コゲどんぼ著、ジャイブCR COMICS
  • デ・ジ・キャラット(こげどんぼ*著、ソフトバンククリエイティブコミデジコミックス
    • 『ウィンターガーデン』漫画版併録
  • でじこ★あどべんちゃー(コゲどんぼ原作・キャラクター原案、霧賀ユキ作画、角川書店角川コミックスドラゴンJr.、全3巻)
  • でじこ☆あらもーど(コゲどんぼ原作・キャラクター原案、霧賀ユキ作画、角川書店・角川コミックスドラゴンJr.)
  • でじこのススメ(コゲどんぼ原作・キャラクター原案、とろろ作画、角川書店・角川コミックスドラゴンJr.)
  • デ・ジ・キャラット劇場 ぴよこにおまかせっ!!(ひな。著、メディアワークス電撃コミックス
  • デ・ジ・キャラット ぴよぴよぴよこちゃん(ひな。著、ジャイブ・CR COMICS)
  • デ・ジ・キャラット GGBG!(山田J太著、ジャイブ・CR COMICS)
  • デ・ジ・キャラット GGBG!おかわり(山田J太著、ソフトバンククリエイティブ・コミデジコミックス)
  • デ・ジ・キャラット ラ・ビ・アン!-うさだの恋の物語-(花屋敷ぼたん著、ジャイブ・CR COMICS)
  • デ・ジ・キャラットにょ(水瀬いつる著、小学館フラワーコミックススペシャル
  • デ・ジ・キャラット公式コミックアンソロジー(メディアワークス・電撃コミックス、全4巻)
  • デ・ジ・キャラットオフィシャルコミックアンソロジー(ブロッコリー)

小説[編集]

  • デ・ジ・キャラット(菜の花こねこ著、メディアワークス・電撃文庫、全6巻)
  • デ・ジ・キャラットスペシャル 彗星祭りは大パニックにょ!(菜の花こねこ著、メディアワークス・電撃文庫)
  • デ・ジ・キャラットファンタジー(菜の花こねこ著、富士見書房富士見ファンタジア文庫、上下巻)
  • デ・ジ・キャラット「でじこのごきげん日記」(菜の花すみれ著、ソフトバンククリエイティブ・コミデジコミックス)

ラジオ[編集]

地上波(ラジオ大阪)[編集]

でじこのへや
放送局 : ラジオ大阪
放送期間 : 1999年10月〜2001年9月
パーソナリティ : 真田アサミ、氷上恭子、沢城みゆき
でじこのへや2
放送局 : ラジオ大阪、文化放送
放送期間 : 2001年10月〜2002年3月
パーソナリティ : 真田アサミ、氷上恭子、沢城みゆき
でじこさん
放送局 : ラジオ大阪、文化放送他
放送期間 : 2002年4月〜2003年3月
パーソナリティ : 真田アサミ、氷上恭子、沢城みゆき
G.A.だにょ
放送局 : ラジオ大阪、文化放送他
放送期間 : 2003年4月〜2003年9月
パーソナリティ : 真田アサミ、田村ゆかり新谷良子
にょにょらじ
放送局 : ラジオ大阪、文化放送他
放送期間 : 2003年10月〜2004年3月
パーソナリティ : 真田アサミ、氷上恭子、森訓久井口裕香
でじこのうっかりパニック!
放送局 : ラジオ大阪、文化放送他
放送期間 : 2004年4月〜9月
パーソナリティ : 真田アサミ、氷上恭子、沢城みゆき、井口裕香

インターネットラジオ[編集]

ぷちこのおしえて! ほっけみりん。
配信局 : ラジオ大阪(インターネットラジオ)
配信期間 : 2000年3月〜2004年9月
パーソナリティ : 沢城みゆき
D.U.P.のWelcome!PARTY☆NIGHT
配信局 : BEAT☆Net Radio!
配信期間 : 2004年10月〜12月
パーソナリティ : 真田アサミ、氷上恭子、沢城みゆき
真田アサミのコミックデ・ジ・キャラット
配信局 : ブロッコリー内公式サイト・音泉
配信期間 : 2005年2月〜10月
パーソナリティ : 真田アサミ、井口裕香
でじこのへや for ウィンターガーデン
配信局 : 音泉BEWE
配信期間 : 2007年3月〜5月
パーソナリティ : 真田アサミ
でじこラジオ
配信局 : 音泉BEWE
配信期間 : 2008年4月〜2009年4月
パーソナリティ : 明坂聡美みなかみ菜緒矢澤りえか
地球発デ・ジ・キャラットラジオ略して地デジラジオ
配信局 : アニメイトTV
配信期間 : 2009年7月〜2010年5月
パーソナリティ : 明坂聡美みなかみ菜緒矢澤りえか

ライブ[編集]

P.K.O LIVE TOUR 2003 CAUTION![編集]

出演者

  • P・K・O
    • 鳥海浩輔
    • 鈴木千尋
    • サエキトモ

D.U.P.ラストステージ 「FINAL PARTY NIGHT」[編集]

デ・ジ・キャラットから生まれたユニット、D.U.P.の解散コンサート。

出演者

雑誌企画[編集]

でじこのチャンピオンカップ
週刊少年チャンピオン2001年4月から2002年8月まで連載された巻末読者コーナー。でじこら本作のキャラクターがDJを務める。

パロディ作品[編集]

にょコにょコ動画[編集]

2008年7月23日からニコニコ動画内のニコニコアニメチャンネルにて、誕生10周年記念企画として公式動画配信サイト「にょコにょコ動画」を開設した。『げまげま』のニコニコ動画出張版である『にまにま』を始め、『げまげま』の動画版(以上の動画は新声優によるアテレコがなされている)、『ぱにょぱにょ〜』『ぴよこにおまかせぴょ!』といった過去のアニメ作品の配信を行うほか、モバイルコンテンツやユーザー参加企画も展開する予定となっている。

その他[編集]

でじこのこべや

メールソフト。拡張版ソフトとして『うさだのこべや』、『ぷちこのこべや』、『ぴよこでおじゃま』の3本が発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ 東浩紀 『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会』 講談社、2001年、63-66頁など。ISBN 978-4061495753
  2. ^ デ・ジ・キャラット声優オーディションの最終選考会は1999年5月2日に六本木ヴェルファーレにおいて、公開で行われた。
  3. ^ 当初は誰が演じているかは未公表で、担当声優を当てるクイズが実施された。
  4. ^ [1]
  5. ^ ただし作者のこげどんぼ*は自身のブログの中で、「元々キャスト交代ではないので初代メンバーファンの方も今後の展開を楽しみにしていてほしい」と述べている。[2]
  6. ^ a b c d e 『でじこん Di Gi Charat Complete』ブロッコリー、2000年。ISBN 4938867753
  7. ^ 「Di Gi Charat DVD-BOX すぺしゃるパーティー」 Disc10 Chapter1 において、ファンの間に噂があることを認め、またそれを明確に否定している。
  8. ^ a b c [3]
  9. ^ アニマックスでは36話
  10. ^ テレビ東京系列以外のネット局は52話(26回放送分)

外部リンク[編集]