ヴェルファーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ヴェルファーレ・エンタテインメント
Velfarre Entertainment Inc.
Velfarre floor 1.jpg
ヴェルファーレ場内(2005年8月撮影)
種類 株式会社
略称 VFE
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:107-8525
東京都港区南青山3丁目1番30号
エイベックスビル
設立 1997年2月7日
業種 サービス業
事業内容 キャバレー、ディスコ、ライブハウスの経営及び経営コンサルタント
代表者 代表清算人 緒方仁子(解散時点での代表取締役社長)
資本金 1000万円
決算期 3月31日
主要株主 エイベックス・エンタテインメント 100%
特記事項:2010年3月31日会社解散、同年6月30日清算終了。
テンプレートを表示

ヴェルファーレ(velfarre)は東京都港区六本木7-14-22(地図座標: 北緯35度39分50秒 東経139度43分51秒)に存在したディスコクラブ・イベントスペースである。1994年12月にオープンし、2007年1月1日に閉店した。通称、六本木ヴェルファーレ、ヴェル、ヴェルファ。店名は折口雅博自身が考案したもので、「ヴェルサーチ」「フェラーリ」「アルマーニ」などを混ぜた造語である。

本項では運営会社の株式会社ヴェルファーレ・エンタテインメント、旧運営会社の株式会社ヴェルファーレについても記述する。

概要[編集]

1994年12月、「アジア最大のディスコ」として東京都港区六本木7-14-22にオープン。地下3階、地上3階建て、1500人収容。所有者は小室哲哉並びにavex trax

トランスユーロビートテクノパラパラ等の流行の発信地として知られた。また、アニメ声優のイベント・ライブも開催されたことがある。

借地契約期間満了に伴い閉店。2006年12月31日の「LAST DANCE」営業後、2007年1月1日0時00分をもって12年間の歴史に幕を閉じた。ヴェルファーレ・エンタテインメントはその後飲食店の営業のみを行っていたが、赤字が続いていたため、2010年3月31日付で解散。同年6月30日に清算が終了し、ヴェルファーレの名は名実ともに完全消滅した。

歴史[編集]

  • 1993年11月:旧運営会社の株式会社ヴェルファーレを設立。
  • 1994年12月10日:開店。これに合わせイメージCDアルバム「velfarre volume ZERO」が同年11月9日に発売される。
  • 1996年8月:世界初のインターネット連動型ライブ・イベント「avex dance net'96 in verfarre」を開催。
  • 1997年2月7日:新運営会社の株式会社ヴェルファーレ・エンタテインメントを設立。
  • 1997年4月1日:運営が株式会社ヴェルファーレから株式会社ヴェルファーレ・エンタテインメントに移管。株式会社ヴェルファーレはエイベックス本社に合併。
  • 1998年8月:エイベックス創業10周年を記念して「avex non-stop 150h in verfarre」と題したイベントを開催。
  • 1999年8月10日:「avex dream 2000」の決戦大会が行われる。
  • 2002年8月23日:パラパラオールスターズの解散ライブが行われる。
  • 2005年4月1日:親会社がエイベックス・グループ・ホールディングス株式会社からエイベックス・エンタテインメント株式会社に異動する。
  • 2006年12月20日:パラパラオールスターズの一夜限りの復活ライブが行われる。
  • 2007年1月1日:閉店。株式会社ヴェルファーレ・エンタテインメントは本店をエイベックスビルに移転。
  • 2010年2月22日:株式会社ヴェルファーレ・エンタテインメントが臨時株主総会で同年3月31日付で解散することを決議。
  • 2010年6月30日:株式会社ヴェルファーレ・エンタテインメントの清算終了。その旨の登記が8月3日付でなされて登記簿が閉鎖され、法人格消滅。

その後[編集]

2009年6月、跡地にセントラム六本木ビルが竣工している[1]。2011年7月にエイベックスと資本関係にあるドワンゴとその子会社のニワンゴが同ビルの地下にニコニコ動画ユーザー向けのイベント施設「ニコファーレ」を開設、18日にオープンした[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]